人生なんて、まるでおとぎ話。

I know we've come so far, but we've got so far to go

カテゴリ: 語学学校

学校へ通うのも、残すところあと2日となりました。
過ぎてしまえば、なんとあっという間だったことか。

ではなく、おもちゃ屋のHamleysに行ってきました。
Regent Streetにあります(www.hamleys.com)。
学校から歩いて15分程度。
すげー混んでた………。
クリスマス前だからだろうか。
いやその前にハロウィンがあるよな。
空気悪いし、変な風邪とかもらいそうだった。
一緒に行ったタイ人のJipは大はしゃぎでしたけど。
従姉のとこの双子へのお土産を探しに行ったのですが、
大したものは見つかりませんでした…。

店を出たのは17時だったのに、外すごい暗いし…。
なんか夏時間終わってから極端に日が暮れるのが早くなった。
恐ろしいなヨーロッパ。
まだ18時半なんですけど…。
夏は夜の9時とか10時でも夕方くらい明るかったのになぁ。
だからイギリス人は夏になるとはじけるのか。


学校にて。
今日は2人一組の電話のロールプレイング。
すっげーつまんなかった…。
思いっきり寝そうだった、
授業後シブいトルコ人のSamに、
「寝てたろ。俺向かい側から見てたぜ」
と突っ込まれた。
いや、寝てないし。確かに寝そうだったけど!
先生、やたら発音をcorrectしてくるんだが、
スペイン人の発音は直さないんだよな。
これだからネイティブじゃないやつは…!!
確かにCarlosはすごく話せるかもしれないけど、
めちゃ訛ってるから私らにはわかり辛いぜ?
でもわかるのは先生がneitive spanish speakerだからだろうが。
どうしてそれがわからんかねー。

14日でちょうどロンドンに来て6カ月が経過した訳です。
そして英語のほうはさっぱりです。
新たにスペイン語やイタリア語やドイツ語に興味も出てきたし、
もっといろんな国に行ってみたいと思った(特に南米)。
昨日、携帯電話のtop-upに行ったら、
店員さんに、英語よく話すんだね!って言われたけど、
簡単なことだったらやっぱり答えられるんだけど、
ちょっと早口でべらべらって喋られたら対応できない。
話せない→相手の言ってることが理解できていないから
という構図なんだということがこの6カ月でよくわかった。

学校。
学校に2回complainしたからか、
昨日授業前に思いっきり先生につかまって
(レセプションは、complainをした人の名前は出さないと言っていたが)
(いや、別に出されてもよかったんだが)
授業のペースはどうだとか、内容は理解できているか?
といったことを聞かれた。
私は、全然わかんねーよ、あんたしゃべってばかりだし、
教えてないじゃん、それにあんたの発音にも問題あるよ。
って思いっきり言ってやった。そしたら、
「僕の発音は完ぺきだよ!」
って言われて唖然とした。もうムリニダ(韓国語)。
そのことを、韓国人のミヨンと、日本人のクラスメイトに話したら、
二人とも唖然として、苦笑いしていた。

というわけで(どんなわけか)、11月も学校に行きますよっと。
でも、今のクラスに居続けたくないので、
Generalに行くか、他の学校に行くか、どうしようかしらね。

I strongly hope the situation to change immediately because I have just four weeks to go.
The teacher, Joe, I think he is not teaching in the class, I and other students also think that he seems to be just speaking and talking what he wants to talk apparently.
We are not learning English for business, rather, some of us feel that we are studying business or economy in English.
He takes time too much before he starts talking (this is absolutely waste of time). He must prepare the contents for class before coming to the classroom.
His pronunciation is still hard to listen and he stutters out too much. I think he might not so if he speaks slower and clearly and I hope so.
He also doesn’t write on the board even though we want spell of words. Sometimes he does, but the handwriting is incomprehensible.
Besides, last week, when all of students came to class, he said that this situation is unusual (I don’t remember exactly how he said, but something like that). Because we paid the fee for the course we should be expected to attend the class. This was a very disgusting statement. It sounded that we are not welcome to school.
Personally, we need another business English class for upper intermediate level. Or I want another teacher to replace instead of him.



最近、PCがよく止まる…新しいのに。
HDDが止まるっぽい。電源ボタンにて強制終了してます。
原因は不明…ウィルスかしら。
セキュリティソフト入れてるんだけど。
ウィルスチェックしたら、2回くらい特定のファイルのところで動作不能になりました。
リカバリしたいけど、リカバリ中に止まってご臨終とかなったら困るしな…。
帰国までだましだまし使うしかないようです。
何かいい方法あったら教えてください。

寒いです。
景色は秋ですが、気温は果てしなく冬。
そしてグレーな空。
憂鬱です。

学校、兎に角先生が嫌。
クラス替えの申請をしたところ、
upper intermidiateのBEクラスは1つしかないから、
クラスを変更することは不可能とのこと。
しかもクラス人数めちゃ多いんですけど。
昨日もfullで全員来てて、
椅子足りない、揚句、先生の一言、
「今日は全員来てるね、これは普通じゃない」
お金払ってるんだから、学校来たら悪いか?
だったら、30分遅れて来た生徒を入れなきゃいい話だろうが。
そういうcontractなんでしょうが。
しかも先生がしゃべってばっかりで、
全然teachingしてないじゃん…ちゃんと授業進めろよ。
なんだか、Engkish for businessを勉強しているというより、
study business(economy) in Englishな気がしてきた。
ボキャブラリとか全然やらんのな。
先生しゃべってばっかりだし。
何故南米のコーヒーチェーン店事情からロンドンのフラットのレントの話になるんかね。
しかも15分くらい延々と。
先生変えてくんねーかなー。
とりあえず今日もcomplainしてみます。

イタリアが真夏だったせいもありますが、
ロンドンは最早冬です。
今日は吐く息が白くなるくらい寒かった。
これからもっと寒くなるんだろうな、やだな。

今日は新しいコースの初日。
先生がイギリス人じゃありません。
他の生徒に聞いたら、どうやらスペイン出身?
で、両親のどちらかがスコティッシュらしいです。
一生懸命しゃべってくれるのはいいんだけど、どもってます。
「on sunday」を云うのに、onを5〜6回云ってたぞ。
そして、making mistakeを怖がらないで、
どんどんspeakして、participateしてください、
と言ってくれるのはいいんだけど、
先生の話すこと全然聞き取れません、
そして生徒の話していることが分からないっぽい。
どうして「shere」がわからなかったんだろう。ダメじゃん。
他の皆はわかってたのに。
そんなおかしい発音でもなかったのに。
そこがネイティブじゃないからだろうな、
でもダメじゃんわからなきゃ!先生なんだから!!
明日、クラス替えてもらえるかどうかレセプションに相談します。
あんな先生のもとで4週間も勉強するなんて耐えられない。

来週から二週間、ホリデーをとるので、
学校に通うのもあと四週間です。
今日はコースの変更の申請をしました。
残りの四週間はビジネスイングリッシュコースです。
校舎もホルボーン付近のブルームスベリーセンターに変わります。
そして授業の時間が12時〜15時に。
Advanceクラスだったら午前中だったんだが。
バイト先に云って、バイトの開始時間変更してもらわないとなぁ。
とりあえずその四週間で、11月も学校に通うか考えます。
他の安い学校に行ってもいいし、何もしなくていもいいし。
帰国まであと丁度4カ月ってとこか。早いもんだ。

そして学校帰りにまたPrimark行ってやったぜ。
家から冬服を送ってもらったんだけど、
「送って」って云ったTシャツとかが入ってなかったので、
安くで買いそろえることにしました。
今日もTシャツ2枚、セーター1枚、靴下2足、小さめの毛布(throw)、
全部で15ポンドちょい。なんて安いんだ。
日本から送ってもらった送料を考えたら、
全部こっちで買った方がよかったかも……それくらい安いです。

萌え系韓国人ヴィヴィアンに、韓国語を教えてもらいました。
でも彼女、日本語めっちゃしゃべるよ!

タッチャ(黙れ)
シックラ(うるさい)
アジョシー(おっさん)
ゴジョ(出ていけ)
チョジピラマグ(最低な奴だ)

とりあえず男前な韓国人リーさんに云ってみた。
が、発音が悪くてあまり通じなかった。
何故かアジョシーだけは通じた。そしたら、
「俺oldじゃないよ!それに、おっさん(私)の方が年上じゃん!」
「でも私の方が若く見えるよ!」
不毛な言い合いが始まった。
そしたらタイ人クワンが、
「おっさんって何歳?22歳?」
って聞いてきて(ふふ…22歳だって……)
「違うよーもっと上だよ」
「23歳?もしかして、24歳!?」
って聞かれたので、
「ううん、もうすぐピー歳」
と答えて、また教室中をドン引きさせてしまった。
クワンとブラジル人のルイーゼが、まじまじと私を見て、
「嘘ついてるよね?」
「冗談云ってるんでしょ?」
だって。いや、本当だし。

そう言えば昨日はバイト先で、Yさんに17歳に見えると言われたが、
さすがにそこまでサバは読めない……。

授業もあと20分で終了、というところで、
いきなり非常ベルが鳴りました。そして、
「皆外へ出て〜急いで〜」
というクリスの緊張感のない声が。
「なんで?」
「I don't know〜Because something emergency〜」
とまたもやる気のない声。
避難訓練かと思ったら違ったみたい。
原因は不明でした。
そしてうやむやのままに授業終了。

今日はブレイクの時間に、前のクラスメイトのVeronicaに会いました。
隣の教室だったらしい…。

そしてナイスガイなスイス人から久々に連絡が。
10月11日に帰国するから、それまでに会おうということでした。
きっとこれでもう一生会うこともないんだろうなぁ…。
というか、学校で知り合った人全員。
皆色んな国から来てるから、よほどのことがない限り、
学校が終われば、もう会うこともない…。
しかし逆に、前向きに考えるなら、
皆に会いに色んな国に行けるということでもある。
でもコロンビアやブラジルは遠いよ…。

ああ、今週もあっという間に終わりそうだ。

家から宅急便が届くまでに、長袖を少し買おうと思って。
なのに今日に限ってscorching!!
クリスが授業中に、今日は27度くらいになるらしいよ。と言っていたが、本当に暑かった。
朝、天気が悪そうだったので長袖着て行った私負け組orz
でも長袖Tシャツ3枚とセーター買った。全部で?11.75ナリ。
セーター?4だったんですけどwww安すぎwwww
しかもPrimark何故か結構空いてた、いつもに比べて。
(いつもはレジ前に長蛇の列だし、店内ごった返し。)

今日はM&Sに寄ってユーロを少しゲットしようかとも思ったのですが、
あまりにもポンド⇔ユーロのレートが悪すぎて断念。
この前パリに行った時の残り?35があるので、それでローマまで行って、
あとは現地でキャッシングした方がいいかなという結論になりました。

ついでにH&Mに寄って安いチークを買おうかと思ったら、売ってない!
マーブルアーチ駅からトッテナムコートロード駅までH&Mが3件、
3件目でコスメを発見するも、チークはなし。
結局Bootsで?1.99で購入。
ファンデーションも買ってみました。
白人向けだろうからどうかと思ったら、意外にイケた。

帰りにスタバに寄りました。
次に暑くなったら絶対にキャラメルフラペチーノ食べにいこうと決めていたので。
家の近所にスタバがあるって最高です!
地元じゃ車で20分は走らないとないという…orz

学校のこと。
昨日、クリス髪の毛を切ってきた。
ロン毛というほどでもなかったけど、そこそこ長かったので、
切ったらどんなふうになるんだろう、若返るんだろうかと思ってたら、
別に若返った印象もなかった……。
勿論、見た瞬間「who are you?」とは聞いたけど。
「new teachere...maybe」という答えが返ってきた。
そしてクラス、また人数増えた…また18人に……。
混みすぎだよMalvern House。
トラファルガーセンターから移ってきたJuanに久々に会った。
キスしようとしたら思いっきり頬をぶつけた…たまに失敗するんだよね。
というか昨日、キングスクロスに移ったとskypeで連絡が来た。
よく話を聞いてみたら教室向かい側だった。
金曜日から2週間ほど、イタリアとスペインに行くらしい。
T馬くんもイタリアに行ったらしい。
みんなイタリア行くのね。私も行くけど。

今日はPRIMARKへ行ってきました。
安くて小さい財布を買うつもりが、
バッグまで買ってしまいました……。
恐るべしPRIMARKの価格マジック………!!!

学校ではドイツ人ケヴィンが修了。
可愛かったなぁケヴィン。
クリスが、
「今日は遅れてきた人がいたら皆でジッと見ようよ、"sorry"って言うまで。絶対に笑っちゃだめだよ!」
と云ったのですが、とても笑わずにジッと見るなんて絶対出来ない!
何も知らないケヴィンが遅れて来て、皆が沈黙しつつ自分を見るので、
「Hi, nice to meet you」「My name is Kevin」とか言い出し、皆で爆笑。
クリスも笑いを噛み殺すのがやっとの状態。
最終的にケヴィンから「sorry」という言葉が出ました。
そんな彼が昨日紹介してくれた動画がこれ↓↓↓
ワロタwww


今日は金曜日。
クラスでもコース修了者が続々です。

日本人Cちゃん(女子大生、可愛かった)、
イタリア人ガブリオレ(あんまし絡めなかった)、
アラビック系アナ(うちのクラスにいたのは一週間)、
スペイン人オレオ(老けてたけど25歳だったそうだ)。

私もこんな風に学校を去っていくのかなぁ、と思ったら、寂しかった。
でも、語学学校というところは、本当に素敵な出会いの場所なんだ。
いつか結婚できて、子供が産まれたら、絶対に留学させようと思う。
きっと今この時間は、何年経っても、いい思い出になる、と確信している。



By the way、
今日はヘヒョン、クリスティーンとGreenwichに行く予定でしたが、
ヘヒョンの都合が悪くなったので来週に延期。
帰ってきて1時間昼寝をした後、Morrisonsを探しに出かけました。
というか今日の午後はスーパーマーケット巡りだな。
Morrisons→M&S→Waitrose→sainsbury's。
因みに学校行く前にtesco寄ったんで、あとLIDL行けば完璧だった?
tescoで9pのテスコオリジナルショートブレッドを見つけたので、
帰国の際は大量購入間違いなし。
だって10個買っても90pって超安いじゃん!!
Morrisonsでtiptreeのジャムの小さい奴が27pで売ってたので、
これも帰国時に大量購入決定。
あと、
jam











これがこっちでは£2.5(いや、£2しなかったかも?)で売ってるので、
買って帰る予定です。日本価格1300円て……ないやろ。
スーパーは楽しいなぁ。

おもわづ皆の大合唱「ok, stay away from me!」
まぁswine fluではないようなのですが、fluではあるようです。
しかも授業中に電話がかかってきて、
ガールフレンドがquite illなので、僕行かなくちゃ、でも授業が、
みたいな感じで、結局なんと授業がキャンセルに!
いやー、こんなこともあるんですなぁ。
9時50分くらいには解散になったのですが、
特に予定もないし、午後からスピーキングクラスもある子がいたりして、
時間をつぶすのに、教室に数人が残ってネットでゲームなんかしてました。
ドイツ人のケビンが紹介してくれたのが、これ。
http://www.physicsgames.net/game/Demolition_City.html
ビルの解体ゲームなんですが、なかなか面白いです。
橋を造るやつも面白かった。

今日は部屋にこもって真面目に勉強します。
(blog更新してる時点で駄目だと思うんだ…)

Nowadays people address environment problem. Key words for environment such as “recycling”, “reuse” are now familiar. These are things we can do easily. But I dare to say, there is nothing that we as individuals can do to prevent climate change.

For instance, in Japan, the government has announced a deal which called “eco-point” as an environment improvement plan. People who bought some energy-saving home electronics are given “eco-point”, and they can use this point for buying another energy-saving home electronics. (Besides, this campaign intends to boost up the economy.)

This policy might be good in few cases because people will have a chance buying new electronic products with government help. Recent home electronics are high quality and take into account environment problem. So we will be able to save the energy by using new ones.

However, I don’t think this is one thing what we have to do for the environment. Old home electronics should be disposed and it is not easy. I suspect that they just increase waste. This is only my opinion, but people also ought to keep in mind where those old ones thrown away. There is no explaining, so nobody knows indeed.

Another example, plastic bags from supermarket have charged a little amount tax in some countries. Many supermarkets are suggesting the customers to carry their own shopping bags for reduce plastic bags which are not reused, ending up as waste basically. They sell original shopping bags and they are popular in Japan. This policy has succeeded apparently.

Whereas, there is also a contradiction. I don’t know in other countries, but in fact, some of Japanese look for good shopping bags especially brand-name ones even if the bags are very expensive and they buy too much. (Do you know that Tesco – Cath Kidston reusable bag are traded at a high price in Japan?) It is what a waste, ridiculous, isn’t it?

People say that we consider and take care something tiny good for the environment is important. Yes, we can improve climate, if all of the people across the world try and keep doing. But I still doubt people who can’t even quit littering on the street do it.

書き終わってから、テーマとあんまり関係がないことに気付いた。

6時半に起床して、7時45分頃家を出ます。
バスを乗り継いで、学校に着くのが8時半頃。
勿論、教室にはいつも私が一番乗り。
毎朝欠かさずやることは、
22度にセットしてあるエアコンの温度を27度に上げること。
普通に寒すぎるんですけど!
クリスは大体時間通りに教室に来るから嬉しい。
(前の先生は7,8分遅れるのは当たり前だった。)
そして空調の温度設定を22度に下げる……。
でも、他の皆も寒い!!って言ってるし。
最近の授業で、
「皆niceって言葉を使いすぎだよ!もっと他の言葉を使おう」
って言ったにも関わらず、昨日も今日も、
「Ok, now we finish today, have a nice...」
今!今have a nice afternoonって言うつもりだったろ!!
と、皆から突っ込みが入る。
最初の先生のBenは、「have a nice day」なんて米国人ぽくてよくないって言ってたのになぁ。
だから私もバイトでお客さんには、「have a good day」て言うようにしてるんだけど。

あー、明日はバイトもないし放課後何しようかなぁー。
お金ないけどセンター行くかねぇ。
(またKnightsbridge行ってもいいかも。)

といってもどうせあと3日ですよ。

今日はブレイクの後、2チームに分かれてのゲームでした。
ブラジル人のエリスとコロンビア人のツグがチームリーダーで、
4人:4人のチームに別れました。
先ずはエリスが私を選んで、ツグがJDをげっと。
その後、いらないのに(失礼)もう一人の日本人を…。
同じ日本人でもN子さんにしておけばいいのに(泣
この時点であかん、このチームオワタヘ(°◇、°)ノ~って感じでした。

ゲームの内容は至ってシンプル。
今までの授業で出てきた単語を当てるというもの。
そして誰も答えない。
何故か私が5問くらい連続奪取。
その後は相手のチームのJDがかなり頑張ってて、
マテコラ私vsJDのゲームなのかこれ??みたいな。
うちのチームも相手チームも誰も答えなかったんだ…。
残念ながら最後の問題を2連続JDにしてやられました。
うーん、わかってたんだけど、手を上げるのが遅れた。

クラスメイトもやる気のあるクラスメイトだと勉強の捗り具合が違いますね。
前のクラスで一緒だったカミーロとちょっと話したけど、
彼の英語かなりよくなってたし、頑張ってるんだろうなと思いました。
それか先生の差かな。
私も頑張らないと。
とにかくupperに上がれますように!

同じクラスに、日本人の女の子がいます。
愛媛県出身で、私より2〜3歳年下です。
この間ジャパセンの場所を教えてほしいってことで一緒に行ったんですが、
なんとこの子、パソコンを持ってきていないらしい。
話をしているうちにわかったことなんですが、
生活の70%がネットの私には、「ぇ。。。」って感じでした。
E美さんにそれを話したら、
「このご時世でパソコン持ってきてないとか!ありえないでしょ!!」
って言ってました。
リア充の彼女が言うんです。間違いありません。
そんな彼女、現在ホームステイ中なのですが、フラットを探しています。
3か月後には学校のコースが終わり、ファームステイを希望しているようです。
でも、パソコンもなしにどうやって調べるんだろうと私は思ってます。
どこから情報をもらうんだろうかと。
学校はただの語学学校だから、そんなサポートはやってないと思うし。
色々突っ込みどころ満載の彼女ですが、
こっちから口出しすると最後まで面倒を見る羽目になりそうなので、
しばらく傍観することにします。
E美さんからもM子さんからも、
「あなたは面倒見がいいから、親切をしてしまうだろうけど、ほっときなさい」
って言われてしまったし。

別に面倒見がいいわけではない、まじで突っ込みどころ満載なんだぜ。

私、学校では、「Intermidiate(中級)」クラスにいます。
ど真ん中のクラスです。

コロンビア人のやたら巻いた舌の英語が聞き取れず、
(やたらrをルだかラだか発音する)
ブラジル人の「SHE」が「HE」にしか聞こえず、
(SHEとHEの区別がつかないのかもしれないが)
韓国人の文法の出鱈目さに辟易しております。
(文章書いてて過去形ができないとかまじでやばすぎるし)
今日も韓国人の女の子、「ZOO」を「ジュー」って発音してた。
私が「ズー」って言っても全然わからないみたいだった。
さすがに、先生に指摘されてたけど。

うーん、なんとかUpper Intermidiateに入れないだろうか。

このページのトップヘ