mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

24 7月

ちょっぴりエッチな王様ゲーム

信じられないってほどではないんだが、俺が経験した刺激的な体験。

大学時代関東の地方から出てきてひとり暮らしをしていた。
付き合っていた彼女と俺のツレ(3人は同じサークル)、ツレの彼女との4人でよく遊んでいて俺の家で飲むことがよくあった。

ちなみにツレの彼女は俺の彼女の高校の同級生で彼女の紹介で付き合うことになったという経緯もあり4人とも仲が良かった。

その日も俺の家で四人で飲んでて、みんなかなり酔っぱらってた。
で、大学生独自のノリというか悪ふざけで王様ゲームが始まった。

王様ゲームは割り箸に1?3の数字と王様の印をつけて俺が束ねて持って、みんなに引いてもらうという形でやっていた。
最初のうちは定番の、「抱き合う」とか「胸を触る」とか「酒のイッキ」とかって風に普通に王様ゲームが進んでいった。
みんなはますます酔っぱらってかなりベロベロ。中でも一番酒の強い俺が何とか正気を保っているような状態。

俺の正面にツレ、俺の左側に彼女・右側にツレの彼女(Aちゃん)が座ってやっていたのだが、
ゲームを進めていくうちに俺はあることに気付いた。
割り箸を引くとき彼女は必ず一番左の割り箸を引き、ツレは2番目の割り箸、Aちゃんは必ず右側の割り箸を引く。

つまり俺は誰がどの割り箸を引いたかすべてわかるし、逆に俺の思い通りの割り箸をそれぞれみんなに引かせることが可能な状態だった。

つまり王様ゲームを支配できる状態であった。

それでもまだ正気を保っていた俺は怪しまれないように、
王様を適度に散らしたり、俺が王様になった時に
「ツレの番号と俺がキスをするー」とか、「女同士でキス」
といったふうにして少しずつ命令を過激なものにしていった。

女同士のべろちゅーとかの命令しても素直に従うし、これには正直興奮した。
ツレと俺の彼女が絡んでいるのを見るのも嫉妬と興奮が混ざった変な感じだった。
さすがに俺とツレがべろちゅーとかっていうのは避けるようにしたがw

そして頃合いを見て、「俺(王様)とAちゃんがディープキスー」って命令。
ツレと俺の彼女にもその前にべろちゅーさせたりしていたので誰もこれを拒むことはできない。
自分の彼女の前でするべろちゅーはすんげぇ興奮した。
最初はちょっと躊躇したAちゃんだったが、いったん舌が触れ合うと普通に絡めあって濃厚なキスをした。

ちなみに俺はその時の彼女が初めての彼女だったので、キスをしたのもAちゃんが二人目www

そんな風に自分がいい思いをする命令を入れつつさらに命令を少しずつハードに。
みんなが王様になった時も空気を読んでか俺の命令の流れに乗るようになっていた。

「生乳を触る」とか「耳にキス」とか「(服の上から)股間を触る」とかって風に、どんどんエロ方向へエスカレート。
で、「王様(俺)がAちゃんのあそこを直接触る」って命令したと同時に俺はAちゃんを押し倒した。
そのまま何度もディープキスをして手を服の下に入れて胸をまさぐった。
しばらくしているとツレも俺の彼女を押し倒していたw

Aちゃんも最初のうちは「ダメだって」とか言って少し抵抗してたけど、自分の彼氏のそんな姿を見たからか俺に身をゆだねてくれた。
で、手をAちゃんのパンツの中に入れて触るとそこはぐっしょり濡れていて、またもや俺大興奮。
びちゃびちゃと音を立てながら触ってくると、Aちゃんの手も俺の下着の中に入ってきてギンギンの俺のものを触りだした。
たぶん大した時間じゃなかったんだろうけど、すごい非現実感と罪悪感なのか?そんなものが入り混じって感じたことのない倒錯感を感じていてた。

しかし、当時20歳そこそこで女性経験も少ない俺。
ちょっと臆病になってしまい、そこから先に進むのが怖くなってしまった。
でわざと明るく「はい!おわり?」とか言ってAちゃんから離れ、
その声を聴いて俺の彼女に覆いかぶさっていたツレも起き上ってきた。
4人ともかろうじて服は着たままだw

オチがつまらなくて非常に申し訳ないが現実はこんなもんだ。

ちなみに俺は寝取られの性癖はない。普通に彼女がほかの男に手をだされたら殴りかかってると思う。
ただ、Aちゃんは俺の彼女よりかわいかったがし、胸も大きくスタイルがいいから、その子といい思いできるなら
っていう下衆な思いでこんなことができたんだと思う。
でも、それ以上のところまでいけなかったのは今となっては非常に後悔しているw

そこそこいろんな女と経験して遊びなれていろんな意味で大人になった今なら、
確実にAちゃんと最後までやってるだろうなぁwww

俺とツレはそれぞれの彼女とその後も1年くらい付き合いは続いていたが、結局は別れた。
もちろんその夜のことは全然関係ないw

ツレと彼女は同じサークルだったので卒業するまでずっと一緒だったが、
結局その夜のことはその後誰も口にしなった。
暗黙の了解だったのか、他のやつらは本当に記憶をなくしていたのかはわからないがw

あ?それにしても惜しいことをしたw

以上です。
スレ汚しすまない。
23 7月

女子高の時からずっとレズビアン

女子高で英語教師しています33歳、独身です。

実は女子高の時からずっとレズビアン、男性なんて興味ないし、

同じ女子高に勤務している3歳年上の先生と5年間同棲しています。

昨日も一緒に帰ってました。

お姉さんの誕生日だったので、

2人でディナーを食べワインを飲んでお祝い、楽しい時を過ごしました。

2人とも飲みすぎたのか、駅からお互いを支えながら歩いてました。

自宅マンションの手前に、工事現場があります、

その前に来た時、ワゴン車が止まり話しかけてきました。

2人とも酔ってて何を言ってるのかわからないし、

もうちょっとで部屋の着くから、無視して歩いてました。

すると急に、車から2人出てきて

抱きつかれ車に押し込められました。

突然で仰天!腕を振り、足をバタつかせて抵抗しましたが、

下腹部を殴られ意識がなくなりました。

目が覚めて隣を見ると、全裸でお姉さんが2人に犯されてました。

そして私は、セーターを捲られ、

ブラをずらされ乳首が、露出しています。

下半身はストッキングとパンティを足首のところまで下ろされ、

足を開かれクリを舐められていました。

私は、処女でした。

レズのときもローターやマッサージ器などで

いろいろ使っていましたが、まだ純潔でした。

私は、死に物狂いで抵抗しました、手や足すべてで抵抗し、

部屋中を逃げ廻りました。

でも、姉さんを犯してた人が加わり2人に捕まると、

泣き叫ぶだけになり、後ろから胸を揉まれ、

前からはキスをしてクリを弄られ、

濡れだした膣に指を忍ばせて来ました。

そして、前の男性の物をフェラさせられました。

生まれて初めてみる一物、恐怖と不安、姉さんのように犯せれたら、

私死んじゃうと思い、心も体も凍りついたようになり、

体中を弄り廻され、後ろで胸を責めつけていた。

男性が、バックから私の中に入ってきました。

脳に響くような痛み、胸の鼓動はなり続け、

体を引き裂かれる傷みに、泣いて抵抗大声で叫びました。

でも止めてくれません。

私は、お姉さんと手を握りあい、終わりが来るのを耐え続けました。

お姉さんを見ると2人に抱かれ、

可愛そうに前とお尻を同時に犯されていました。

私の大事なお姉さんをと、また、慰め合いました。

そして、私は、3人の男性に入れ替わり犯され、最後に、

お姉さんと同じように、前とお尻を同時に犯されました。

何度イカされたかわかりません2人とも気を失ったようで、

その後、気づいた時は、

拉致された工事現場の横の駐車場の隅に捨てられていました。

2人支え合いながら、部屋に帰り着きました。

時計を見ると朝の4時過ぎ、

夜9時くらいから7時間くらい辱められ犯されていました。

涙が止まらないし、汚された体を清めるために、

お姉さんと一緒にお風呂で、洗い落としました。

でも・・眠れません!

まだ体の中に男性の物がある感じ、涙が止まりません。

お姉さんをのぞくと泣いています。

自然に、お姉さんの胸に顔を埋め、

お互い抱き合いながら朝を迎えました。

今日は、朝出勤するのも怖い感じで、

でも、教師として休むわけいかないので、2人励まし合いました。

学校では、いつも何にも感じない男性教師も、

話掛けられただけで、体が身震いするし涙が出そうになりました。

昨日の事を忘れるために、夕食後お姉さんにいっぱい愛されました。

でもお姉さんに触られ、指が入って来た時は、

また涙が出て泣いてしまいました。

2人で忘れられるように頑張ろうねって言われ、

ちょっとだけ楽になりましたが、

通勤の満員の電車で男性と肩や体が当たっただけで、

逃げ出したくなります。

23 7月

バツイチ女に中出ししたのだが・・・

俺は人妻クローバーで30歳の女性とメールした。
写メを交換することになった。
そこそこ可愛らしい女性だった。
本来H目的で会う約束はしていなかったが、俺の写メを見て彼女は「めっちゃタイプや」と言ってきたのでこの女はヤレルと思っていた。
そして、2?3日で会う約束をした。

俺は脈打つ股間を抑えながら彼女と会った。
軽い挨拶を済ませ
「何処行く?」と問うと
「う?ん・・・」
「何処でもいい?」
「いいよ」
”もらった!”と心の中で叫んだ。
心理的に俺が主導権を握っていたので、「いいよ」の一言で全てが決まった。

「じゃあ、ホテル行こうか?」
「ええぇ?・・・」
思いもよらない一言だったのか戸惑いの表情を見せた。
「嫌?」
「別に良いけど・・・」
「じゃあ、行こうか」
「・・・」無言でうなずいた。

たまに沈黙があったけど、順調に会話をしながらホテルに着いた。
「シャワー浴びる?」
「ううん、もう入ってきたから」
一緒に入ろうと思ったけどツメが甘かったのか!?
「いいじゃん、一緒に入ろうよ」
「いいよ、また入ったらのぼせちゃう」
色々と誘ってはみたがかたくなに拒否されたので、仕方なく俺一人で入った。
シャワーを浴びながら蛇口横にあるローションを見ながら
「・・・ローションプレイしたかったな」

シャワーを終えるとバスタオルを腰に巻き、股間が膨らんでるのも気にせずベッドに腰掛けてAVをみている彼女の隣に座った。
ビデオを止め見つめ合う。
「ん・・・」
彼女の唇を吸い、色っぽい声を出した。
ピチャピチャ
舌と舌が絡み合い初めは小さかったが次第に大きないやらしい音が部屋に響く。
俺は舌を絡めたまま彼女の服を脱がし、下着姿にした。
「あ・・・電気を消して」
彼女は唐突に言った。
「何で?」
わかっていたがあえて聞いた
「恥ずかしいから」
「でも暗いと見えないよ」
「じゃあ少しだけ明るく」
ほんのちょっとの明るさしかなく暗闇に目が慣れてないのでただただ彼女の身体を舐め回すだけだった。
俺は腰に巻いていたバスタオルを取り彼女に覆いかぶさり彼女の腰と首元に手を回し激しく唇を吸った。
いきり立ったモノをパンツの上から擦りつけた。

「んん?、あん・・・」
次第に闇に目が慣れいやらしい身体が目に飛び込んできた。
彼女が身体を反転させ俺の股間に顔を埋め、ゆっくりと俺のモノを咥え始めた。
心の中で「上手いっ!!」と叫んだ。
なんとも言えない口技に爆発寸前になった。
これではまずいと思い
「アソコ舐めていい?」
咥えたまま彼女は俺の顔に股間を近づかせた。
お互いの性器を舐め合い快楽に没頭していた。
気がそれて射精感も衰えたところで再び俺が上になり彼女の股間、へそ、胸、と舐め回した。
首筋を舐めていると、彼女が俺の耳元で
「入れて・・・」とささやいた。
震えるほど興奮した瞬間だった。

ゴムを付けようと手を伸ばすと
「そのまま入れて」
迷うことなく俺のモノは彼女の秘肉の中に埋まっていく。
中は熱く、程よいしまりで俺のモノを包み込む。
何も考えず彼女の胸を揉み、唇を吸い、ひたすら腰を動かした。
お互い快楽という宴に没頭していた。
「あ・・ああ・あん・・・あああ・・んん・・ん・・」
出し入れを早くするとつられてあえぎ声が早くなる。
ニュチュヌチュの音と共に肌の当たる音も激しさを増してくる。
快楽の宴もそろそろ終わりに近づいてきた。
「いくよ」
「中に出して!」
ためらった一瞬の間に彼女の奥深くに俺の欲情を大量に吐き出した。

「大丈夫なの?」
「出来たらその時よ」
「え?・・・」
「大丈夫、責任取れとか言わないし」
「・・・(驚)」
「もう一回精子ちょうだい」
と言い俺のモノを舐め始めた。
恐るべしバツイチ女!!
それ以来人妻クローバーで中田氏した彼女とは連絡も取ってない。
出来たのだろうか、俺の子・・・
最新体験談
Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード