mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

30 4月

久しぶりにクソエロい人妻と会えたw

出会い系で引っかかった女性とメールしていた時のことです。
電話番号を交換してからしばらくして、急に「今から会えない?」と連絡。
会わないわけがない!と約束の場所へ。

その人は、Aさん。37歳。バストがIカップというのに惹かれて、
さらにくいついたのですがまじかで見てみるとすごい弾力のあるおっぱい。

顔は年相応だけど、笑顔はなかなか可愛い。
A「これからどうする?」俺「どうしようね?急だからね」
A「何の目的で会おうと思ったの?お茶とか、Hとか・・」
俺「今日、Hもいいの?」いきなり、ってことはないと思ってただけに、
このチャンスを逃しては・・と思って、ホテルに行くことにしました。

ホテルに入って、エレベーターへ。Aさんと軽いキス。
Aさんが俺の口についた口紅を指でさっと拭きとる。
その仕草に興奮して・・服の上からおっぱいを。
俺「やわらかいね・・・会ったときに、やった!って思ったんだよ。」
A「ふふふ・・・・」部屋に入り、しばしソファでいちゃいちゃしながら、
お話。聞くと、7年ほどSEXレス。しかも、仮面夫婦らしい。
彼氏がいたけど最近、別れたとのこと。
俺「今日、会っていきなりHしてよかった?」
A「だって、いい感じの人だから。ふだんは、
そんなに喋らないんだよ。なんだかすごい落ちつく・・」と、俺の手やふとももを触っている。
Aさんは、こうしたスキンシップが大好きだという。俺も好きだから、この時間はたまらない。
すでに、あそこも勃起している。
A「そろそろシャワーしようか?」
俺「そうだね・・」照明を暗くして、シャワータイム。バスでお互いに抱き合う。
大きな胸に甘え、乳首を吸いまくる。彼女は、それだけでヒートアップ。
そして、バスでまともな前戯なしで挿入。もちろん、生。
彼女は腰をくねらせる。その間も、熱いキスやおっぱいへの愛撫をしながら。
A「のぼせちゃうから、続きをベットで・・」
俺「そうだね」バスから上がり、お互いにタオルで体を拭きあう。

いよいよ、ベットへ・・。熱いキスから、
今度は、じっくり全身を愛撫。確かに熟した体だった。
でも、肌はすべすべしてて、おっぱいは、柔らかい。
クリちゃんを舐める。たくさん感じる彼女。全身をよじらせる。
そして・・A「もうだめ。入れて」それでも、
しばらくは、クリちゃん攻撃を続ける。指を入れると、もう濡れ濡れ。

OKっぽい。A「入れて。ほしい・・」ついに、挿入。
正常位で、最初はゆっくり。そのうち、彼女がだんだん感じる。
ピストンを早くする。A「気持ちいい・・いっちゃいそう・・・」
その後・・A「中に出していいからね・・」俺「いいの?大丈夫?」A「ピル飲んでるから・・」なんと、
中出しOKのお言葉。ヒートアップしちゃいました。
なんとしても彼女をいかせたくなった
。ピストンを早くする。A「もうだめ・・いく・・」1回目の昇天。
今度は、騎上位で。彼女のおっぱいが揺れるのを堪能して腰を振る。
なかなか射精しそうにないので、もう一度正常位へ。
そして・・・何分かピストン運動していると・・やっと射精しそうになる。
A「また、いっちゃいそう・・」俺「あ、出そうだよ・・」A「きて!」一緒に昇天しました。

もちろん、彼女の中に射精しました。女性の中に射精するのは、久しぶり。
金津園で遊んで以来。素人の女性相手に射精したのは、妻以外では初めて。
彼女の体にタオルをかけて、しばしお話。俺「こんなにがんばったの、
久しぶり・・」A「気持ちよかった。頭がボーとしてるよ・・」
俺「ここで、ゆっくりしようね」手をつないで、お互いのSEX観を話した。
素敵なパートナーにめぐり合えた気がした。

それは、中出しができたからではなくて、SEXの相性が合うから。
もちろん、連絡先はお互いに交換したから、また会えるとは思う・・。
俺「また、合おうね。今度は、デートしよう」完璧にとりこにされました。
中だしを許したのも、SEXしたかったのではなくて、
自分にいい印象を持ってくれたからだって、言い残して、この日は別れた。
次会う時はもっと卑猥なプレーでもしてやろうww

30 4月

三十路の母親と小学生の娘



マジな話、書くけど良いかな?
結構鬱になるけど

今は俺は田舎でのんびり暮らしているが
そのとき、10年くらい前だったけどさ・・・

俺ある事情で大もうけできた。
詳しくは書けないがとある地域の土地の買収に関しての調査をまかされて、
そのときに知った情報で、そこに咬んでいたデベロッパーとゼネコンがさ
銀行から金が借りられないからヤバい組織、まーヤーコーだな。から金を引っ張っていた。
あと一件の地権者を落とせば土地がまとまり、それを大手に転売し
それを地方自治体に売れば完成って所まで来ていたんだが、
その地権者が見つからなかった。

生きているのは間違いないが、どこにいるのか分からないから完全お手上げ。
でもその事業を進めているその地域の首長が次の選挙出る出ないみたいな話があって。
で、俺が突き止めた。その地権者の居場所。ところがそいつ、もうボケちゃってて。
つーか土地自体は本来二束三文なんだが、その土地と幹線道路をつなぐための橋が架けられる
場所は、地質としてそこしかないから、そこが押さえられないと意味が無い状態で。
で、俺はどうしたか。結局見つけきれないことにした。
別に探しているのはチームで、だし
その地権者名字も変わっていたし。
で、俺は事業が頓挫することを見越して、そのデベロッパーとゼネコンの株を空売りし倒した。
まぁみるみる下がったね。結局2桁とまでは行かないが、税金払っても数億の金が残った。

俺は会社ではボンクラで通ってたから、次のボーナスもらう前に会社辞めようと思っていた。
辞めやすいし。
最悪年末までには辞めないと、会社での年末調整で確定申告がバレちゃうし。・
で、ここから。
地方の中堅ゼネコンとはいえ、ぶら下がっている企業は多い。特に地方はな。
結構な連鎖倒産が起きたし、夜逃げだ刃傷沙汰だ、まぁ阿鼻叫喚だったよ。
俺たちの会社はその事業が出来る・出来ないの両構えで準備していたので、
出来ない方で回収モードに入った。売掛金が飛んで、首くくる寸前の石屋があってさ。
その残務整理をまかされた。60位の社長がいて、その出戻り娘、とっいっても30過ぎ。
経理をしていた。
事務所兼作業所兼自宅、みたいなところで。ただその事業にはその石屋相当入れ籠んでいてさ。
まぁ無惨なもんだった。
工作機械は古いし、車も売り物にならない。土地建物だって、しれたものだった。
社長、体壊して入院。出戻り娘はやつれきっていた。
で、その娘には、当時10歳の娘がいた。

普通の小学生。棒のようなメリハリの無い体。ただ、結構顔は可愛い。
ただ家が大変なことなのは承知していたようで、俺を見る顔は暗かったな。
怖く見えたんだろうか。

やがて社長には別の病気が見つかり入院は長期化、いよいよ首が回らない。
破産しかなかった。
罪の意識もあってきちんとこの家だけはちゃんとしてやろうって思い
熱心に取り組んだ
甲斐もあってなんとか算段はつき、破産すること無く整理は終わった。
アパートも見つけてやったし。ただ病気だけはどうにもならん。
社長は車椅子となり、介護生活。母親は働きには行けない状態だった。
俺は会社を辞めた。のんびり田舎で暮らそうと思っていったが、その母娘だけは
気になった。
正直、やりたかった。
両方、特に娘と。

俺は熟女好きでもあり、ロリでもあった。
まぁ女なら何でも良いのかもしれないが。

金はもう腐る程、時間も腐るほどあった。
アパートを引き払い、その母娘がいる隣町に越した。さんざん動き回り土地勘が出来たから。
で、数ヶ月後、連絡があった。
母親、事故を起こした。人身。殺してはいないが近所のおばちゃんの自転車と接触。
おばちゃん腰の骨折って入院。弱り目に祟り目。ついていない奴はこうもついていないものか。
俺に連絡があったのは、社長は親戚との折り合いが悪く、整理のとき親戚を結構泣かせたし。
俺くらいしか頼りにならないからとのこと。
自賠責には入っていたし、これも解決してやった。
自分は会社を辞めたこと、隣町に引っ越したことを告げた。
まぁほどなく俺は母親と関係を持った。この辺ははしょるが、生活保護を受けながらの介護疲れと
子育て。で事故を起こして弱ってたからな。いくら年下とはいえ、不細工な俺でも
頼もしく見えたんだろう。子供を学校へやり、父親を病院へやり、その後はラブホ直行。
俺は一応隣町で資格試験の勉強をしながら夜勤のバイトをしていると言っておいた。
実は夜勤のバイトは事実。社会とのつながりが無いと、いろいろ不便だからな。

まぁストレスたまった三十路の女の性欲はナカナカだったし、完全に身も心も俺にゆだねていた。
今までもてなかった俺は、いわゆる素人童貞って奴だったけど、金の介在しないセックスとはこうもすばらしいのかと思ったね。
資格を取って目標の貯金がたまったら、事務所、手伝ってくれないか?って大嘘こいたらさ、目を潤ませてさ。
ただ子供が出来ると産みかねない勢いだったからとにかく中田氏だけは注意した。
とにかく徹底的に口内射精。ごっくんして・・なんて気持ち悪い台詞に素直に答えごっくんするんだよ。
肛門をねぶったあとさ。「僕にも同じこと、して」って言うとさ、まぁ俺の疣痔肛門に舌を入れて来る訳さ。
時折小遣い渡すとさ、「事務所資金貯めて」って言うからさ、
「ミーちゃん(娘の名前:仮名になんか買ってあげなよ)」って言うと恥ずかしそうに受け取る。
完全に奴隷を手に入れた気分だったな。

で、そろそろ母親とのセックスにも飽きてきたんだよ。
所詮は三十路の女だし。
つーか、娘としたかった。とにかく小学生の処女をいただくって経験なんて東南アジアにでも行かない限り無理じゃん。
その金はあるけど、浅黒い肌の女なんてだめだし、俺は変態だが潔癖でもある。
生っ白い日本の小学生とやる、ってのが最終目標。
ただあまり娘のことは詮索しなかった。
むしろ母親俺を食事に誘いがあわせようとするんだけど
お母さんが別の男を連れて来るのは、年頃の女の子には精神的に重いんじゃないのかな?
と俺がやんわり拒否した。
トラブルを解決してくれて、今は一生懸命勉強している
時折お小遣いをくれる優しいお兄さんだと母親は娘に説明している
みたいで、照れくさくもあり、罪悪感も湧いたな。
ただ、か細いながらも昔「コンニチワ」と会釈する声が離れられなくて。
いよいよどうあの娘とヤルか、作戦を練り始めた

社長、つまり母親の父親が死んだ。
まぁ入院してわずか一ヶ月くらい。
公民館での葬式の席で、久々に娘をみた。11歳。
最初みたときより背が伸びていてブラウスの胸のわずかなふくらみが確認できた。
紺野ジャンパースカートから伸びるすらりとした足。
ただ全体的な棒のような体の印象は変わらなかった。
ただ介護から解放されて働けるようになると、本格的に事務所云々が持ち上がることは目に見えていた。
ただの嘘っぱちなのに。
だがチャンスが回ってきた。
保険金を巡り親戚が押し掛けてきた。
今までは倒産や入院に免じて黙っていたが、死んだからには容赦はしない、と。
当然母親は俺に泣きついてきた。
それにあの保険金があれば事務所が借りられる、「私たち」の夢が叶うだって。
何が「私たち」だ、って思ったけど。
で初めて家に上がった。「コンニチワ」と久々に娘の声を聞いた。
一瞥してニコッとし、また電卓をパチパチ。
法的に請求権が切れていない借金と、切れている借金。
全ての事情を把握し保険金と照らし合わせる、まずい。
ほとんど返さなくてよい金だった
葬式代払っても数百万の金が残る。
「私たちの事務所w」が実現してしまう。

そんなもの、田舎のジジババ連中を丸め込むなんて簡単なことだ。
裁判したところで勝てる。
だが俺は母親に適当に嘘をついた。
返さなければならない金が幾らで、返さなくても良い金が幾ら。
だから手元に残るのがこれだけ、と。まぁ30万残るくらいで説明しておいた。
「何とかならないの?」とすがる母親。
無理だよ、と言うともう疑わない。
がっくり肩を落とす。
俺がなんとかするから、と言い相手先を教えてもらい一軒一軒回った。
返さなくても良い金を返して回る。
するとどんどん親戚も知人も増えていく。
目論見通りだった。
やがて返済額は保険金を超える。
困ったなぁと嘯く、でもどうしようもない、と母親をなだめる。
落ち込む母親。落ち込む「ふり」の俺。
で俺は、さらに一計を案じた。
俺が貯めている事務所資金を提供すると言った。
それは駄目と母親は食い下がったが、じゃぁ破産するのか?破産したら事務所設立の権利は無くなるよ?と大嘘をこいた。
まぁ簡単に信じる母親。
またお金は貯めたら言いよ。そう言う。
母親の家で、娘がいるときに娘に聞かせるように窮状を話した。
11歳にもなれば家庭が経済的に問題を抱えていることくらい分かる。
俺は一生懸命支えている印象をつけた。
もちろんセックスなどはしないけど。
娘には別れ際に必ず言うようにしていた
「心配しないで」「勉強がんばってね」
心配しないで、って言葉、一番不安をあおる言葉だよね。
所詮小学生なんてもうイチコロだった。

俺から言わせりゃはした金だけど、母親からすれば瀬戸際なもんだから
もうそのころは完全に俺と結婚したがっていた。
当時娘は、俺をどう思っていたかは知らないが
母親を救おうとする人、と一応の信頼を得ていたと思う。
最終的に数百万の借金が残ることを告げ、債権者と話し合い
俺が借金を全額肩代わりすると告げた。
形だけだから、と借用書を書かせた。
つまり俺は母親の債権者になった。

完全に外堀は埋まった

まず時折食事をしながら事務所設立について娘の前母親と話し合う。
適当こいていたが、次の試験には必ず受かる。
そうしたら研修を受けてxx年後にはこの地域に一緒に事務所を出そう、と。
母親は働きに出る。生活保護は止めると。適当な事業計画。
子供騙しも良いところ。

で、あるとき、娘に言われた。
「お母さんと結婚するの?」
君が大学生になったら、するかもと答えた。
「私、大学になんか行かない」
「どうして?」
「だって・・・」
まぁ母子家庭で生活が苦しく、大学なんて無理だろうと幼くして思っていたんだろうが
「大丈夫。行かせてあげるよ。今時大学出ないと、将来本当に困るから。それは大人の責任だよ」
と言うともう笑顔になって。

まぁ内堀も埋まったね。

で、最後の一押し
まず小遣いで娘を釣っておいた。
そして
あるアイドルのファンであることを知る。チケットを手に入れる。
俺もそのアイドルが好きだと言っておく、チケットが手に入った。
でも二枚しか無い。僕も行きたい・・・一緒行こうか?。でもお母さんには内緒だよ
友達と行くって嘘ついちゃえ。
まぁこれで完全に落ちたね。

ほどなく、母親に別れを切り出した
好きな女が出来た。そいつと結婚する。

約束は?もてあそんだのね、と。
何がもてあそんだだよ。何が約束だ?この借金の返済どーすんだ?と凄んだ。

娘は娘で、俺と別れたらコンサート行けないじゃん。大学にも行けないじゃん
母親は母親で、もう人生詰んじゃうじゃん。

はい奴隷が二人になりました

コンサート前、母親の家に行った。
母親にはパートに出ているのは知っている。
コンサートのことで話があるんだけどさ、と言うと家にあげてくれた。
正直言うと、お母さんとは分かれるつもりだ、けど君とのコンサートは約束だから一緒に行く?と言った。
小学生がとても一人で行けるような距離じゃなかった。
迷っている風だった。
でも行かないと言う。そりゃそうだろ。
でじゃぁ要らないね。とチケットを見せた。
破くよと言い彼女を見る。
行きたい?と言うとうなずく。
でも僕と一緒に行くのはお母さんに悪いよね。
もう泣きそうな顔だ。
ごめんね。意地悪して。一緒にコンサート行こう。お母さんとも仲直りするよ。
と言うと晴れやかな顔になった。

コンサート当日、友達と出かけると母親に嘘をついた彼女は精一杯のおめかしをして待ち合わせ場所にいた。
車に乗せると街へ向かう。話すことも無いのでcdをかけていた。
コンサート会場につく前にファッションビルに立ち寄る。
駐車場ここしか無い、と嘘をついて。でそのビルでお買い物。
まぁ母子家庭の子だ。適当にあれこれ買ってやる。
最初は遠慮するが、物欲はとまらないねw
コンサート会場へ着くとグッズ売り場へ。
まぁコンサート前にコインロッカー二つも借りたよ。
でコンサートが始まる。
おれは正直そのアイドル、何の興味も無い。周りから見ればただの保護者。
興奮する彼女。
まぁかわいらしい

で、コンサートが終わった。
家路につく車の中で、お母さんとはやっぱり仲直りできそうも無いと告げた。
これで最後だよ。今までありがとうねと言う。
彼女の顔が曇った。
お母さんと仲直りしてほしい?と聞くとうなずいた
相当荒れているらしい。

田舎の巨大なコンビニの駐車場ジュースを買ってきた。
俺は話し始めた。
今まで僕はお母さんにいろいろしてきた。借金も返してあげた。

うつむく彼女。

それにお母さんは僕にお金を借りているんだよ。
わかるかな?

ちゃーんと借用書わかるかな?、あるんだよ。

どんどん追いつめてやった。

それに君にもお小遣いをたくさんあげてるよね、
今日もいろいろ買い物をして、コンサートチケットまで。

お母さんと分かれたら、借金返してもらうからね。
えっ?っと彼女は俺を見た
駄目だよ。お金は返してもらうよ。
冷たく言い放った。

でもお金を返さなくてもいい方法があるよ

俺は覚悟を決めた

セックスって分かるよね。
ミーちゃん、セックスさせてくれる?
俺は彼女の目を見つめる。ここは勝負所。
絶対に引いてはならない。

考えさせてください
と言う。

駄目だ。今日セックスさせてくれなきゃだめだ。
でもセックスさせてくれたら、まずお母さんの借金、無しにしてあげる。
もし約束を破ったら、そのときは警察に行けばいい。

うつむく彼女。もう一押しだ。

これから、たくさんセックスをさせてくれたら、大学にも行かせてあげる
もちろんお母さんには内緒だけど。

僕は約束を破ったことは無いよ
無いよね?コンサートも言ったじゃん。

彼女はうなずいた

セックスさせてくれる?
はい・・
じゃぁキスして良い?
彼女はうつむいたままだった。
こっち向いてと促すと顔を向けた。
キスしたこと、ある?
首を横に振る彼女。
俺は彼女のあごを持ち唇を押し付けた。
目をつぶり顔がこわばるのが見て取れた。
俺はキスを止めた。
じゃぁセックスをしよう。
おれは車を出し、ラブホテルへと向かう。
ちなみにレンタカーを借りておいたのは今思えば大正解だったな

とりあえず風呂入ります。
しばらく休憩

こっからはかなりグロいので、止めとけってのがあったら
止めますが

?

そりゃ残酷だよな。
11歳でラブホ。
ただまぁ、あのときの冷たい興奮は、空売りの利益確定時よりもあったかもしれないね。
今だったら、防犯カメラとかもっとあるんだろうし、よくもバレずに済んだもんだ。
ラブホに入った。車が直接乗り入れ出来て、車から部屋へ直行できて、絶対に人目につかない仕組みの所を下調べしておいた。
部屋に入る。
まずもってトイレに行った。
彼女はソファーに座ったままだったね。カチコチだった。
ただ無理矢理はキスまで。あとは彼女の自主性が大事だと思った。
自ら決断し自ら望んだって思わせないと、俺はテレビをつける。
そのアイドルのCMが流れていた。

お風呂、入るよ。
と俺は風呂へ向かった。
意を決した彼女がついてくる、俺は浴室へ入り湯を貯め始める。
振り返ると彼女は服を脱ぎ始めていた。
終始うつむいてはいたが全てを脱ぎきちんとたたんでいた、
タオルを頭に巻く
その辺はもう一端の女だった。
小さなふくらみの胸、かわいいブラジャーがかごの中に入っていた。
俺も脱射場へ向かう。
服を脱ぐと一枚一枚全裸の彼女に渡すと彼女はたたみ棚の中へ。
パンツを脱ぐともうギンギン。
思わず目をそらす彼女。
浴槽は曇り始めていた

彼女の小さなお尻はブルマーの型に白く象られている。
下腹部はほんの少しポッコリしていて、その更に下には薄毛が。
そして割れ目とクリトリスがはっきり見えた。
しかし一番興奮したのはちょろりと脇毛が生えていたことだ。
彼女は俺を見上げた。

俺はコックをひねる。シャワーの温度を調整し、彼女に手渡した。
おれは仁王立ちのままボディーソープの方を見た。
シャワーの方向を変え、フックにかける。
ポンプを二回押し、手に取り泡立てはじめる彼女。
11歳のソープ嬢。泡立てた手が俺の体を拭い始めた。
脇、胸、お腹。で陰茎も。誰に習ったんだか、本能的なものか?
父親とお風呂に入った記憶は無いという。

ただ小さな手は大人の体を洗うには適していない。
泡立ても下手だ。
俺は自分で泡立て脇やら股間やらを洗った。
彼女が流してくれる。
俺は椅子に腰掛け、「頭洗って」と言う。
頭にシャワーをかけ、シャンプーを手に取りシャカシャカと洗い始める。
小さな指だたいした刺激も無い。
流して、と言うとつむじの方からお湯をかける。
それ以外は無言だ。
俺は湯船につかる。
彼女も体を洗い始めた。その姿を見ながら歯を磨いた。
体を洗い終えた彼女。おいでと促すと湯船につかってきた。
浴槽をまたぐとき、陰唇が見える。
全く汚れていないももいろが見えた。
体を縮めている彼女。
大きなお風呂だね、というとこくりとうなづいた。
先に揚ろうとする俺と同時に彼女も立ち上がる。
おれは彼女の手を引き湯船から出た刹那彼女を抱きしめキスをした。
最初は唇を重ねただけだったが、一度外し、あーんしてと言った。
軽く口を開けた彼女の口内に舌を入れた

彼女はただ舌も絡ませようとせずこわばっていた。
俺は容赦なく彼女の歯の表と裏、上あご、唇の裏、上下の歯茎を舐め上げた。
俺の口からは相当のよだれが彼女の中に入っていっている。
彼女は目をぎゅっとつぶっていた。
そりゃ気持ち悪いだろうな。
だが容赦なく口周辺をしゃぶりまくった。

しばらく彼女の口内を愉しんで、おれは手をつなぎ脱射場へ出た。
俺はバスタオルで彼女の体の水分を吸い取る。
万歳させ脇を、大きなバスタオルでくるむように全身をふいた。
はい反対と言うとくるりと振り向いた。
背中をふく。そして股の間にタオルを入れる。
ももを閉じたが開いて、というと少し間が空く。
背中を軽く押し前傾姿勢をとらせると肛門がくっきり見えた。
その前の姿は鏡で確認できた。
左右の足を太ももから足先まで丁寧にふいてやる。
一通り終わると、彼女が俺の体を拭く。
適当に水分は残る。拙い。神は俺自身がごしごしと乾かした。
おれはバスタオルを腰にまく。
ただ勃起はとまらないのでうまく閉められなかった

最後の一押しだ。

俺は冷蔵庫からジュースを取り出し彼女に渡した
ありがとうと言い彼女はコクコク飲み始める。

フーゥッとため息をついた。
バスタオルを無目まで巻いた彼女をソファーに腰掛けさせた。
まだ大丈夫だよ。今帰りたい、と言えば帰れるよ。
このままセックスしないで帰れる。
どうする?彼女はうつむいた。
お母さんの借金、自分の大学の問題、自分自身の将来をよーく考えて決めて良いよ

そんなもん、答えなんて決まっている。
ここまで来て帰るなんてあり得ない
しかし自らセックスを希望した言質を取りたかった。
そんなもん法的には全く無効で俺はまぎれも無く強姦野郎なんだが・・・・

彼女は意を決したように
はい
と言い、ベッドへ向かい、体を横たえ、両手を胸のところで握った

続けてよろしいか

ok

寝ます
ここからは、マジグロ
鬱になる
明日、耐えれる精神状態なら書きます

俺はベッドに腰掛けた。
横たえる彼女の胸の当たりに閉じられた手が事故級で上下しているのが見えた。
体をひねり彼女を起こした。
同じようにベッドに腰掛けさせた
セックス、するよ。
こくりとうなづいた。
経験は?と聞くと首を横に振った。
俺は頭のタオルを外した。フワァサッって髪が肩まで落ちてきた。
彼女の腰に手を回すとキス。
もう最初の頃の亀が首を縮める雰囲気は無かったね。
で、彼女の体に巻いているタオルを外したよ。
そのままベッドにゆっくり小さな頭を抱えながら枕まで誘導。
再び寝かせるとキスを外し首まわりを舌で舐めた。
やはりあごを引いて抵抗する。
その様子にちょっとむかついた。
俺は右乳首をなめにかかった。
もう膨らみかけの乳房の先端をチロチロ舐める。
首を何度も左右に振る。
で、左の乳首はどうしたかと言えば、乾いたタオルを乗せ、人差し指と中指で軽ーく擦るように弄くった。
なんでか。これ彼女の母親の好みなんだよね。
直接触るよりタオル越しに触ると余計に感じるってのを発見してさ。
それ以来左右をなめ左を弄るって攻めたら左右の乳首の長さ、明らかに違うまでになって。
娘はどうかなって思ったら、同じように感じやがる
感じ方も遺伝するんだなって。
もう、乳首を舐めながらさ。にやけがとまらなかった

ふっふぅんって鼻息が聞こえてたけど、だんだん「声」に変わってきたね。
特に左乳首タオル越し攻めはマジで聞いていた。
突然「あーっうっ」って。
そのうち彼女の左手が俺の左手首をつかみ外しにかかった。
所詮小学生女子の力なんてのはね。
俺は左乳首攻めを止めなかった。
彼女のゆがめるか顔を見るため少し頭を起こし、乳首なめは止めた。
右手は恋人つなぎをしてやった。でひたすらタオル攻め。
だんだん声とアクションがデカくなってきた、相当聞いている。
つーか母親より感じているかも。
まぁ無理も無いか。初めてだし。
どうした?と聞くとこそばい、と答える。
少し左手を休める。彼女の額は汗ばんでいた。
おれはおでこに口づけ汗を吸い取った
小学生の汗の味。ぷーんと生え際から「頭臭い」におい。
少し彼女の呼吸が落ち着いたところで俺の手首をつかんでいた左手を外させ俺が彼女の両手首を握り万歳させた。
そのまま軽く押さえて、脇なめ。はっきりと「いやぁっ」って言ったね。
おかまいなく左右の脇を舐めまくった。左右、右左って。
どれだけ抵抗しようが大人の力、体重に抗える分けないね。
なす術無く舐められていた。
母親も脇舐められるのが好きだった。
遺伝子って怖いね

脇を愉しんだらもう一回タオル攻めしようとし、タオルを探すと下腹部あたりに下がっていて、
あ、そういやどうなているんだ?、と思い、彼女のあそこを見た。
もうとろとろに濡れてシーツにシミも出来てた
「しまった、もったいねー」と早速股間に顔を突っ込み舐め回した。
もうこれは母親と全然違う。
体調によっては白く濁ったり、粘っこかったり、生理前後では鉄の味(血の味)だったりする大人の女とは全然違う無色透明のさらさらの泉が湧いている訳よ。
で彼女は股を閉じて俺の頭を締め付ける訳さ。
これは母親と一緒。
クンニのときは首をロックされちゃう。
でもそれを開かす方法も知っているんだよね。
陰唇舐めると股を閉めるが乳首をキュッとつまむと足をカエルのように上に上げるんだよ。
試すとまぁおんなじ。
もうね。笑いが止まらなかったよ。

両乳首をつまみ、時折力を入れながら足をあげさせる。
ひらいた陰唇をしゃぶりもう俺の朽ち回りはべとべと、でも俺のつばのにおいしかしない。大人と違い臭わない。
で、クリが大きくてさ。母親よりデカいんじゃ?ってくらいぴーんとそびえていてさ。
口に含むともうコリコリしたね、舐めて、すって、こねて、もう乳首tクリをコリコリしまくった。
時折じゅるじゅる音をわざと立てて全体を吸い上げてやった。
もう完全に力が抜けていっていたね
後からだけど、始めてイカされたのはあのときだって言っていたよ・

俺はクンニを止め、彼女を見る。
目をつぶっていたので言ってやった。こっち見てよって。
彼女は俺と目を合わせた。
フェラさせるか?と思ったが、俺のチンコが初めて入る彼女の場所が口内ってのは違うって思った。
セックスするよ、と告げると俺は俺自身を彼女自身にあてがった。
互いの先端はぬるぬるだったがいかんせんまだ未成熟。
いきなり突っ込むのは危険だと思ったし。
だけど俺は聞いたことがあって、突っ込まなくても亀頭を膣の入り口にあてがえば自然に膣は亀頭を銜えてくる。
自然に任せた方が良いってことを。
おれは冷静に亀頭を膣にあてがった。
無理に突っ込まず軽くへそ下あたりをなでながら膣が亀頭を受け入れるのを待つことにした。

本当だったよ。
だんだんだんだん、向こうから咥えて来るんだよ。受け入れてくるんだよ。
亀頭が入ったとき痛い?って聞いたら彼女は軽く首を振った。
で、半分くらい入ったところで彼女の顔が歪み始めた。
目を見て、と俺は言った。薄めながらも俺を必死で見ようとする彼女。
見てと少し大きな声を出すと目を見開いた。
で、俺、彼女を引き寄せた
完全に入った

よく考えたら初めての処女体験。
そりゃもうね。その征服感たるや。
こっちは既にイキそうな訳よ。
それぐらい最後の入れる瞬間のメリメリと割れていく感じ。
入りきったときのギュゥーッって締め付ける圧迫感。
落ち着いて、膣全体から感じる新鮮な感じ?
もうあの経験は生涯忘れることは無いね。
少し落ち着いてからゆっくり腰を動かした。
さすがに痛そうだし重そうだし苦しそう。
だからといっていきなり持ち上げて騎乗位とか、はね。
乳とかもんだり体位とか変えたりしないで、ただ「彼女だけ」を愉しんだ。
もう三分とか持たなかったね。
思いっきり出してやった。
初射精のときより、チンコがびくびくいったね。
もうどれくらいで高和からないくらい、精子が出まくった。
どくどくどくどくーって。

俺は虚脱感で彼女の上に全体重を乗っけかぶさった。
そしたらさ、彼女、俺の腰に両手を回してさ。抱きしめたんだよ。
おれうぁわああって思ってさ。拙いけど、俺を抱きしめてくれる訳さ。
互いの息づかいも落ちついてくると、やがて同じ呼吸になる訳。
その一体感。
一つになったーって感じ。俺がやられてしまっている訳さ。
感動してきてさ。
自然と彼女と目が合って、俺「ありがとう」だって。
ガキ相手に、感謝の言葉だよ。
小遣い銭と脅しとで奪ったのにな。
そしたら彼女もありがとうってさ。もうチンコが自然にドロンって抜けて。
俺は横に寝て彼女を抱きしめた。
彼女も身を委ねる訳よ。
もうなんつーの、こみ上げるものがあったね。

ただ犯罪って認識はあった。
そりゃもちろんこれからもやりたい、とも思ったのだが賢者タイムは俺を不安にさせた。
とりあえず、もう時間があまりないから早く帰ろうってまたお風呂に入る。
そそくさシャワーを浴びて家路へ。
彼女の髪が濡れないように気を使ったね。
痣とか傷とか、出血とかも確認した。大丈夫そうだった。
車の中で借金は心配しなくていいよっていっておいた。
お母さんと仲直りするの?って聞くから、ああ、と濁す感じで。
まぁはした金だし適当言えばごまかせるだろうって思った。
後悔は無かったが、後始末をしくじるとヤバいことになる、心配はそこだけだった。
そしたら彼女、とんでもないこと言ってきた。
今日のことはお母さんは知っているとのこと。
友達と一緒と嘘をついて家を出たのが嘘。全て正直に言っている、と。
俺は頭が混乱した。
だったらなぜそのことを俺に確認しなかったのか?

端的に言えば、彼女は俺に、娘を売ったんだよ
俺をつなぎ止めるために。

所詮小学生のことだし、友達に確認して嘘がバレてた。
問いつめられて露見。すると母親は行ってきなさいと。
お母さんと俺はいま上手く行っていないから、あなたが仲をとりもって
もう一度お母さんと俺が仲直りしてもらうようにしなさい。
そしてこうも言ったそうだ
「何でも言うことを聞きなさい」って。
おれはもう、平静さは装っていたけど、モヤモヤグルグルと言いようの無い気持ちになった。
母親のアパートについた。
彼女を車からおろし家に上がること無く帰った。
車を返し家のベッドで天井を見ながら今日のことを思い返す
そりゃ処女の味を思い出し勃起もするが、母親に売られた娘を思うと、もうなんだか。。ね

まぁ借金は勘弁してやろうと思った。
で学資保険と月10万円位を10年間援助を約束すれば強姦罪の時効に達する。
2000万もあれば事足りるし。

そのあたりで話つけようと思っていた。

ただこちらから行くとどう出るかが心配だったので向こうからの連絡を待った

次のに母親から連絡があった。
これからのことを話し合いたい、と。
おれは母親の元へ向かう。
娘が学校に行っている時間を指定した。
念のため早めにアパートへ向かい、彼女の登校は確認しておいた。
特に様子に変わりはない。約束の時間にノックした。
昨日はありがとうございました。ミーも、喜んでました。いろいろ買ってもらったみたいで、
といわれ、バレてたのか?なんて嘯いた。
とにかく昨日のことがバレているのかいないのかで今後の展開が大きく変わる、
母親は焼うどんを俺に作った。一緒に食べる。料理はうまい女だった。
食い終わると、これからのことを切り出してきた。
俺は借金はもういいよと告げた。
また彼女の大学進学のための学資保険をこれから積み立てることを告げた。
一括で払えるし、その方が当然安いんだが、15歳の一時金、18歳で満期になるってタイプを説明。
これをコツコツ今から積み立てていく、約束するよと。
そうすることによって訴えられるリスクが回避できる。
生活の援助は最後の切り札のつもりだった。

学資保険のパンフレットを熱心に見つめる母親。
あ、この線で行けるな・・・と思ったら、こちらを向き深々頭を下げてきた。
止めてくれよと思い、怪訝な顔もしたと思う。
母親はそれでも頭を下げるのは止めなかった。
結婚とか考えていたけど、あなたは若いし、それはあきらめる。
でも時々はこうしてあってほしい。と俺に迫ってきた。
うわぁ、マジかよ・・って思うけど母親がセックスしたいときって鼻が膨らみ目が潤む。
まぁいいや。多分バレていない。適当こいてばっくれりゃ良いや。
学資保険はそのとき一括で払って送りつければ良いし。
と思い直すと安心感から急に強気になってきた。
総意やこのアパートではまだしてない。
つーかセックスはホテルか店でしかしたこと無かった。
人の家出するってどんな感じかな?ってムクムクッとね。
昨日の拙いキスに比べ、もういきなりのベロチュー。
互いの唾液が互いの口を行ったり来たり。
小学生と違いもう完成されてるセックスマシン。
バックでガンガン攻めてやった。で、初めて、中で出した。
もう注いでやったよね。
なんであんなに強気だったのか分からんけど。

でさ、風呂に入って、たっぷり洗ってもらった
昨日とは全然違う。悪いけど比較しか無いじゃん
におい 肌の質感 感じ方、まぁ心じゃニヤニヤしながら顔は余裕だったけど。
で体を拭いてもらっているときに、おもむろに聞いてきた

どっちが良かった?って

何が?と返したがもう動揺しまくりだった。
全部昨日聞いたらしい。
俺とセックスした、と。
完全アウトジャーンって心がコミカルか感じになった。
追いつめられるとフザケモードになるのは昔からだったな。

まぁもういいか、こいつ馬鹿だし、って。
おれは正直に言った。娘だ、と。

そりゃそうよね。若いし。
でもこれっきりにして。忘れるから、忘れて、今まで通り接してと。
バーかそんなもの無理じゃん、
もうこうなったらって、おもってさ、とっさに言ったよ

責任をとる。
学校のこともあるから名字が変わるのはいやだろう。
だから結婚は出来ない。
がこれから君たち母娘の面倒は娘が成人するまで見るよ。

文句ないだろって。
月々のお手当で母娘二人暮らすには十分な額を提示した。
もともと怠惰な母親はその条件に飛びついた
本当?本当なの?と何度も確認するので、逆に、娘が嫌だと言ったら、この話はなしにする
と逆アップをかましてやった。
じゃぁ今晩にでも話し合って、明日返事ちょうだいと言い俺はアパートを出た。
ヤバい、夢の母娘3Pリアル版。
AVなんかじゃないマジ親子しかも一人は小学生
もうそのことで頭がいっぱいになった

何も疑わず、ちょいと金をやればほいほいとついてきて、自分の操を捧げる娘。
それを産んだ、同じような母親。
地方都市でたっぷりいただいてやることに決めた
小学生の同意なるものに意味は無いとは分かっているが、とにかく一万円握らせるだけで何でもしたね。
まず母親にはパートに行かせることに同意させた。
社会とのつながりが無いと、突然のトラブルに対処できないと説得すればあっさり折れた。
別に搾取する訳じゃないし。
で娘には、勉強を見てやると言った。
君のことを思って将来のこともあるからと。
まんまと折れた。もう面白いように。
母親は娘が抱かれるのは見て見ぬ振り状態だった。
つまり週二回くらい抱いてやれば、あとはどんないたずらしようともって感じ。
腐っていたね。

本当娘とのセックスは興奮したよ。
だんだんだんだん俺の人形になっていくからね。
母親が留守のとき、家に上がる。宿題を見てやる。これはマジで見るんだよ。
で、その後、風呂に入る。
丁寧に洗ってくれる。経験を積めばうまくなるんだな、これが。
で布団を敷いてことを始める訳さ。
先ず以て体中をねぶり上げる。乳首は相変わらずタオル攻めだけど。
特に肛門、母親と違い純桃、苦みも匂いも無い。母親の肛門の臭いも悪くはないんだけどさ。
最初は抵抗したけど、クリをローターで刺激しながらのアナリング。
ほぐせばほぐすどこなれてきて最後は穴がパクパクしだすんだよ。
生命の神秘w
ローターでイカせてあげると、
「みーちゃんにしたことと、同じことをして」
と寝そべる。
乳首を舐め、タオルで擦り、フェラも上手になってきたよ。
まぁフェラよりアナルをなめさせることの方が、重要だったけどね。
最初の頃あれだけきつかった本番も、上にノリぬるりと入ってくる。
腰を振っても揺れない小さな胸。
彼女は感じるとホッホッホッって言うんだ。
ヒーヒー言う母親とはそこが違う。
で、ぁあああ?と言えばイッタ合図。
もうたまらなかったね。勉強を教えながら間違いをすると乳首をつねった。
正解してもつねった。まぁ母親とのセックスもあるので、週一回くらいだったかな。
小遣いを今日は2千圓とか一万円、とか今日はがんばったからねとか、あまり良くなかったから
と言って使い分けておくと、まぁ彼女はがんばったね。

だけど最終的には3Pしたかったが、彼女も母親も、俺とのセックスは暗黙で互いに黙っておいたみたいだ。
さすがに母親とのセックスはラブホでした。
で考えたんだよ。
ディズニーランドってのをさ。

乗ってきたね。
まぁどうもあーまでしてディズニーランドに弱いかね?
まぁホテル予約して、イッタさ千葉まで。
でその夜だよ。
スゥイートじゃないけど寝室が三つある部屋。
レストランでディナー。きゃぁきゃぁ言ってたよ。
母親は普段飲まない酒とか飲んじゃって。
オリエンタルランドの株主優待もあるからさ、割とサービスは良かった。
で、部屋に入って、お楽しみが始まる。
人生最高の夜だったな

今日は楽しかったと聞くと、顔がほころぶ二人。
じゃぁ僕も愉しませてもらうよと服を脱ぎはじめた。
母と娘は互いに見合わせ、母親が、娘?私?と聞くから
両方と答えた。
えぇ・・と困惑する。
じゃぁどちらか一人で、で、見ていてよ
と娘の手を引き寝室へ。
とたんに顔が暗くなったね。
今日は楽しかったよね。僕はお金、いっぱい使ったんだよ。
でおやすみなさいは無いよね。明日は原宿行くんでしょ?
109だっけ?あの服も買うんだよね。
そういうと彼女も服を脱ぎ始めた。
母親は椅子に座らせた。

とにかくギミックの強いセックスは嫌だった。
風呂に入らず汗ばむ彼女を普通にベッドに押し倒し、キス、ディープキス、乳への愛撫、
普通にセックスをし始めた
もう普通に愛しただけでもぬれぬれ。
さらさらの泉がドクドクわく。仕込んだ甲斐があったね。
マングリ返しをしての穴リング。
ローターは無いけど指の腹でクリを擦ると
ほっほぅほっと彼女独特の息づかいになる。
わざと大きな音を立って差ぶった。鏡越しに、母親が見える。
おいでよ

母親に向かって言った。

母親も服を脱ぎ始めていた

俺は母親に肛門を突き出し、しゃぶってと言うと彼女はしゃぶり始めた。
娘の肛門をしゃぶる俺、その俺の肛門をしゃぶる母親。
まぁどんなAVでも実現できない地獄絵図。
歴史上のどの権力者でもやったことないんじゃない?こんなセックス。
ほどなく娘がイッタ。
しゃぶってと母親にチンピを向けると伏せている娘をまたぐような体制で俺の賃老いにしゃぶり付く。
おれは娘の乳をつまむ。きつめに。
母親の目が潤んでいる。鼻が膨らんでいる。ほしがっている。
寝て
と言うと彼女は娘の横に寝転んだ。
もう完全変態の母娘。娘に見られながら男に抱かれる
母親がどこにいる?って。
でおれは娘を持ち上げ母親にうつぶせになるようかぶせた。
でバックから娘に挿入した。
いや、だめぇ、って言うととりあえず娘がイッて俺が言ってなかったら、おまえでイッテやるよ。
だから娘を行かせる手伝いをしろよって。
すると母親、娘に口づけた。母が娘にするキスじゃない。
もうベロチュー。あぁあああと娘
母親の体娘の体が俺のピストンで擦られる。
母親も興奮してきている。母親は、娘の頭を掻き始めた。
うぁああああああ。娘が聞いたことの無い嬌声をあげる。
母親がシャンプーしたり、髪をとかすとよく濡れたりしていたそうだ。
娘最大の性感帯は頭皮にあった

うわすげぁ
と思いながらピストン。パンパンと激しくなる。
娘はよだれを垂らし母親の首周りから顔面がぐちょぐちょ。
それでも神を咬みむしるのを止めない母親。娘をいかせる母親。
ブリブリブリブリと膣から泡と汁が漏れた。失禁もしていた。
自分を支えられない娘は母親の胸に倒れ込んだ。呼吸が荒すぎる。
娘を隣によけさせた。汗は大量にかいているが多分大丈夫だろう。

安心した母親はしぼみかけて俺のものをしゃぶる。
娘のしたの口のよだれでてかてかしている俺のチンポを。
俺母親に向かって言った。
この子が中学に入ったら、引っ越そう。で結婚しよう。
で、俺の子、産んでくれ。
母親はうなずいた。
今から、この子に、妹か弟を作ってあげよう。
どっちが良いかな?
妹、娘がそういう。
よし、と母親に突っ込みドクドク注いだ。これから毎日出すから

その日は三発母親に仕込んでやった

大きなベッドに横たわる俺、母、娘。
もうどうなっても良いやぁって。
次の朝は三人で大きな風呂に入った、
キャッキャッって良いながら。
で、部屋に遅い朝食を用意させた。
甘ーいメイプルシロップをかけたパンケーキ、ふんわりのスクランブルエッグ、かりかりのベーコン。
俺はアパートを引き払った。母親も引き払った。
別の町に家を構え三人で暮らし始めた。
ほどなく母親は妊娠出産を経て。四人家族となり皆俺の籍へ入った。
妊娠中は娘が俺の相手をしてくれていた。
中学生になる娘は体も丸みをおび、お尻なんかぷりんぷりんだ。
テニス部に入り体力もつき、今となっては俺が押しつぶされそうだ。
初潮はディズニーランドから帰った日に迎えていた。
娘に中田氏出来ないのはつらいので、肛門性交を仕込んだ。
お返しに、と娘は俺の肛門も鍛えてくれた。
娘とはアナルセックス、母親には膣内。
もう一人くらい欲しいね、と母親は言っている。

ただ娘を大学にやることになれば、妊娠させようと思っている。
冗談めかしていったら、娘が良いというなら、と母親の返事は相変わらず自分が無い。
まぁあと少しだけ金はあるので、なんとかこの生活は続けられると思う。
ただ、俺の体力が持つかどうかだけが、問題だと思う

おわり

だと思う

おわり

30 4月

二番でも良いと言って結婚した嫁と3

初めて会ったときから大好きで、他の男と付き合い始めてもあきらめずに思い続けた麻衣。思い続けた僕に奇跡が起きて、念願叶って結婚でき、幸せな毎日だった。

付き合い始めるときに、元カレの拓先輩の事を忘れられない、僕の事はずっと二番だと言われたが、結婚して2年経ち、それももう終わった事だと思っていた。

そして、偶然ふたたび再会した拓先輩。恐ろしく可愛らしい嫁さんが一緒だった。金髪の白人で可愛らしいアリーさんを見て、もう拓先輩は麻衣に興味はないだろうなと安心した。

それなのに、結局麻衣は先輩の事を忘れられずにいた事がわかり、ふたたび先輩とデートをするようになった。
僕が、麻衣自信の気持ちをハッキリさせるためにそうしろと言ったのだけど、今の異常な日々を考えると、本当に良かったのだろうかと、後悔にも似た感情がわき上がる。

『あっくん、どうしよう? ねぇねぇ、どっちが可愛い?』
麻衣は、両手にそれぞれ服を持って聞いてきた。可愛いワンピースと、清楚な感じのブラウスだ。困ったように、それでいて楽しそうな麻衣。

「そっちかな?」
僕は自分の好みでワンピースを指さした。
『うん! じゃあ、こっちにするねw』
麻衣は嬉しそうに笑う。

「今日は早いね? どこ行くんだっけ?」
休みの土曜日なのに、今はまだ7時だ。ドタバタと出かける用意をする麻衣に起こされて、僕もコーヒーを飲んでいる。

『ん? へへw 今日は軽井沢まで行くよw 買い物と、おそばと、温泉w』
本当に楽しみで仕方ない感じだ。

『あっくんにも、お土産買ってくるからね!』
麻衣は、悪びれる事もなく言う。

嬉々として先輩とのドライブデートの準備をする麻衣。僕にそれを嬉しそうに言うなんて、普通ではないと思う。
でも、コレが日常になってしまっていた。先輩とのデートは、僕の公認だ。麻衣は、最初の頃こそ申し訳なさそうだったが、今はこんな風に服を選ばされたりする。

麻衣自身の気持ちをハッキリさせるために、先輩とデートをしているはずなのに、いつまで経っても麻衣は結論を出さない。

僕は初めの頃こそ、麻衣を失うかもしれないという危機感を持っていたが、今はこの状態がずっと続くのかも知れないと思い始めていた。

先輩の事が大好きで、デートもする。でも、僕の事も大好きで、夫婦生活を続ける。異常な状態だと思うが、そもそも最初からそういう約束だ。僕は、二番でもかまわない……確かに麻衣とそう約束して付き合い始めた。

だけど、一つだけ安心というか、ホッとしているのは、麻衣と先輩が肉体関係を結んでいないと言う事だ。
キスやお口ではしてしまったが、それ以上の進展はない。さすがに抵抗感があるようだ。

口では先輩とエッチをすると言っていた麻衣だが、思いとどまってくれているところに、僕への愛情を感じる。

そして僕はと言うと、麻衣と先輩がデートしているときは、先輩の奧さんのアリーさんとドロドロのセックスをするのが当たり前になってしまっていた。アリーさんは、僕のペニスに夢中になっていて、会うとすぐにセックスをする感じだ。
僕のモノはかなり大きめのサイズで、アリーさんが経験してきた黒人さんとかヒスパニッシュの人達よりも具合がいいそうだ。
黒人サイズで、日本人の固さを持つ僕のモノは、アリーさんにとって麻薬的なシロモノらしい。

『じゃあ、行ってくるね。ホント、ゴメンね! 帰ったら、エッチしようね♡』
そう言って、キスをしてから出かけていった。他の男とのデートに浮かれる麻衣。そして、それを黙って見送る僕。
歯車が狂ってしまっている……。

そろそろ僕も出かける時間だ。先輩は、麻衣とのデートが決まると、すぐに連絡をよこしてくる。そして、アリーさんのお守りをするように言ってくる。

アリーさんは、美しく清い見た目と違って貞操観念がやや低い。先輩もそれを自覚しているので、一人にするのが心配なんだそうだ。

僕なら信用できるというわけではなく、僕の嫁の麻衣とこんな事になっているので、仮にアリーさんが浮気するとしても、僕なら許せると言う事らしい。

でも、先輩は僕を見くびっているのか、信用してくれているのかわからないが、アリーさんに手を出すな的な事は一度も言った事がない。

そして、僕はアリーさんのお守りをする代わりに、先輩に麻衣とエッチをする事になったら、録画して欲しいと頼んだ。無理なら、録音でもいいとお願いした。先輩は、ビックリしていたし、それを証拠に訴えるつもりか? と、冗談ぽくだが心配したが、真実が見たいだけと説明して納得してもらった。

もちろん僕には、嫁を寝取られて興奮するような性癖はない。ただ、真実を見たいだけだ。嫁も先輩も、僕を気遣ってウソをつく可能性がある。
最悪な事実でも、僕は知りたい。そんな思いだ。

僕は、ウキウキとしながら他の男とのデートに向かった麻衣に、悲しい気持ちになりながらも、正直浮かれてアリーさんの元に急いだ。

アリーさんの家に着き、いつものようにドアを開けると、いつもは抱きついてくるアリーさんなのに、抱きついてこなかった。
アリーさんは、紫色のセクシーなランジェリー姿に、ガーターベルトまでした格好で、廊下で四つん這いになっていた。

僕の方に尻を向けて四つん這いになり、お尻を高く上げている。その紫のセクシーなランジェリーは、パックリと股間部分に穴が空いている。ツルツルに剃り上げられてアソコには、すでに先客がいて、ウィンウィンとうごめいている。

アリーさんの股間に刺さってクネクネ電動で動いているバイブを見て、僕はもう一気に興奮状態になった。
本当に、アリーさんは僕を驚かせる事ばかりする。

アリーさんは、そのままの状態でアナルを左右に広げ、
『遅いィ?! ほら、来てっ! Comeon! Fuckme!』
と、すでにとろけかかっている顔で言った。

僕は吸い寄せられるようにアリーさんに近づき、慌ててズボンとパンツを下ろしてペニスを取り出した。
『ワォw ホント凄いw 早く! hurryup!』
アリーさんは、いつもは流ちょうな日本語で話す。だけど、こんな風に興奮状態だと英語混じりになる。

何を言ってるかわからない事も多いが、それが興奮を増加させる気がする。

僕は、せかされるようにアリーさんのアナルにペニスを押し当てた。
『Uhhhh、そう、押し込んでぇッ! Quick!』
アリーさんのアナルには、すでにワセリンが塗り込んであり、押し込むとスルスルッと入っていった。

強烈な締め付けを感じながら、僕のペニスが肉をかき分けていく。
『オオオォオオoohhhh!! Fuck! ファーーークッ!! Oh! yes!! コレ、コレェッ!! このチンポ凄いぃ!! BigCock!! ンオオおぉオッ!!』
アリーさんは歯を食いしばり、シーハー言いながら感じまくっている。

国が違うとセックスの時のあえぎ方まで違う事に、いつも驚かされる。アリーさんは白い天使みたいなルックスで、恐ろしく淫乱な顔を見せる。

アリーさんは膣に入ったバイブを握り、抜き差しする。そして、
『早くっ! 動いてッ! 突き殺して! Killme!!』

僕は、全力で腰を振り始めた。一瞬、麻衣の事が頭をよぎったが、アリーさんが夢中でバイブを抜き差しする姿を見て、それもすぐ消えた。

僕は、自分のペニスの長さを生かして、長いストロークでアリーさんを突き始める。
『オォゥッ!! それすごイッッ!! ウゥッ! Fuck! ファァァッックゥッ! オオオォオオッ!Ooohhhhhh゛!! 死ぬしぬシヌぅっ!! Killme!!』
玄関で、絶叫するアリーさん。僕が突くたびに、大きな胸がブラごとユサユサ揺れる。

そして、僕はアリーさんのお尻を平手で叩いた。最近は、アリーさんはこうしないと文句を言う。洋物の動画ではおなじみの光景だが、バックで突きながら尻を叩くなんて、日本人の僕には抵抗感が強い。そもそも、女性を叩くなんてあり得ないと思っている。

でも、パチンと尻を叩くたびに、アリーさんは体中を痙攣させる。まるで、スタンガンでも押し当てたように、ビクンと痙攣するアリーさん。そして、アナルも痛いくらいに締まってくる。

『オオォオォーー!! Ohhーーっっ!! あっくん凄いぃっ!! FuckMeHard!! プリィィーーッ!!』
ほとんど泣き声になっているアリーさん。

そして、ちょっと強くバチンと尻を叩いたら、アリーさんは一際大きく体を跳ねさせて、ビチャビチャビチャとお漏らしを始めた。

アリーさんは、あまりの快感に泣きながらお漏らしをする。女性のこんなにも追い詰められた姿を見て、僕の征服感とか優越感が極限まで刺激される。

先輩には麻衣を取られかかっているけど、先輩の奧さんはもう堕とした……そんな風に思う事で、僕は自分を慰めているのかも知れない。

そんなアリーさんの姿を見て、僕はもうイキそうだった。ごまかすように腰の動きを止めて、アリーさんの胸を揉み始めた。ブラから差し込んで、生チチを揉むと、その柔らかさにとろけそうになる。
そしてまさぐると、柔らかい乳房とは違って、カチカチになった乳首に触れた。それを強く指でつまむと、アリーさんはもっと大きくあえぎ始める。

アリーさんは、白人で金髪で可愛らしい感じだ。そして、英語も日本語も堪能で、知的なイメージもある。そんな人なのに、一皮剥けば淫乱なMだというのが凄くギャップがあって萌える。

アリーさんは、僕が腰の動きを止めるとすぐに、自分で腰を振り始める。玄関の廊下でバックの姿勢のまま、腰を僕にぶつけるように振り始めるアリーさん。

「アリーもうダメ、イッちゃう! 出るッ!」
僕が余裕なくそう叫ぶと、アリーさんも、
『Comeon!! インサイッミィッ!! oohhhhッッ!! Yes!! イィッエッッスゥッ!! I'mcoming!! オオ゛オ゛オ゛オ゛Ohh゛h゛h゛h゛h゛っっ!!』
と絶叫して果てた。

もう、こんな感じで玄関でするのは当たり前になっていた。そしてしばらくして、一緒にシャワーを浴びると、食事に出かけた。

アリーさんの優先順位は、食欲より性欲で、完全に肉食系女子だ。僕どちらかというと草食系なので、いつもアリーさんに引っ張られる感じだけど、それも心地よいというか、僕にはあってる気がする。

一瞬、麻衣とアリーさんが入れ替わった方が、四人とも幸せなのでは? 等と、とんでもない事を考えてしまった。
僕はその考えを振り払うように頭を振り、アリーさんと食事に向かった。

アリーさんとは、いったんセックスが終わると、本当に楽しいデートになる。無邪気に喜ぶアリーさんを見ていると、本当に可愛い人だと思う。そして何よりも、こんなにも可愛い金髪の白人女性を連れていることで、僕もちょっと鼻が高い。

昼食にひつまぶしを食べながら、楽しく会話を続ける。うなぎをお茶漬けにして食べると言うことに、抵抗感を示していたアリーさんも、実際に食べてみると、
『これはw 食べず嫌いはダメだねぇ?w』
と、流ちょうな日本語で感想を言った。そして肝吸いも美味しそうに飲み干すと、
『じゃあ、食欲の次は性欲だね。肝でパワーアップしたよね?』
と、ウィンクをしながら言ってきた。

アリーさんは、とにかく好奇心が強い。勝ち気でプライドが高いのだけど、実はMだったりするし、本当に飽きない人だ。

今日は、成人映画館に行くと言い出した。僕は、アレが実際はどういうところか説明して、思いとどまらせようとした。
『わかってるわよ。どういうところかぐらいw 凄くスリルありそうじゃない?』
アリーさんは、そう言うと僕の手を引っ張って歩き出した。驚いた事に場所もリサーチ済みで、ものの10分くらい歩くと到着した。
アリーさんは変装するでもなく、そのまま普通に窓口でチケットを買い始めた。
窓口のおばちゃんも、女性が来るのには慣れていると思うが、金髪白人女性が来るのは珍しいようで、マジマジとアリーさんを見つめていた。そして、流ちょうな日本語で話しかけたので、目を大きく見開いてさらに驚いていた。

そして土曜の昼間でもパラパラ人はいて、アリーさんを見て皆が一様に驚いた顔だった。

アリーさんは、まったくそんな目線など気にしないように、堂々と真ん中あたりに座った。
そして、ワラワラと集まってくる男の人達。でも、ちょっと間を開けたりして、すぐ近くには座らない。ビビってるのかな? と思うと、ちょっと笑えてきた。

そして暗くなり、映画が始まる。けっこうどぎつい内容だが、アリーさんは楽しそうに笑いながら見ている。
僕はイタズラ心からアリーさんの胸を揉み始めた。肩を抱くようにして、両手で後ろから揉み始めると、
『アンw』
と、わざと大きめの声を出してあえぐアリーさん。
だけど、そんな事をしなくても、最初から皆アリーさんを注視している。

僕は、ちょっとした優越感を持ちながら、さらに揉みしだく。薄手のブラウスの上から乳首を探して指でまさぐると、すぐに突起に触れる。
「ブラしてないんだw アリーは変態だねw」
耳元でささやくと、アリーさんの乳首が一気にカチカチになった。アリーさんの乳首は、乳輪と同じで少し大きめだ。そして、普段はかなり柔らかくて、その巨乳にめり込んだ感じになっている。陥没乳首の一歩手前という感じだ。

それが今は、薄いブラウスを突き破りそうなほど乳首が主張している。
周りで、ゴクッとツバを飲む音が聞こえる。

僕はさらに調子に乗って、両乳首を強くつまみ始めた。
『オ、オォウゥ、あ、ウゥ! ン、ヒィあっ!』
アリーさんは、さすがに声を抑えようとしているが、可愛い声がもれてしまう。これだけ注視されながらだと、Mのアリーさんは興奮がヤバいようだ。

僕は興奮でおかしくなっていたのか、ブラウスを左右に思い切り引き裂くようにした。ブチンブチンとボタンが千切れ飛ぶ音を響かせながら、アリーさんの美しい豊満な胸がボロンとこぼれ落ちた。

「おぉー!」
「スゲぇ!」
そんな声が四方から響く。その声に、アリーさんは身体をビクンとさせた。

大勢に生乳を見られながらも、まったく隠そうとしないアリーさん。僕は、皆によく見えるようにアリーさんの胸を責め始めた。
『ンッくぅアッ! お、オォオ、Ohhぅ、Yes、ohhh! ファ??クゥッ!』
アリーさんは、泣きそうな顔で僕を見ながらあえぎ始める。でも、そんな顔をしていても、まったく隠そうとか、止めようという気がないアリーさん。
本当に、Mの変態だ。

すると、後ろからおそるおそる手が伸びてきた。ハッと思い、そちらを見ると、まだ若い大学生くらいの男の子が手を伸ばしていた。僕と目が合うと、熱っぽい目で見つめてくる。僕は、思わずうなずいてしまった。

すると男の子の手が、少し震えながらアリーさんの胸に触れる。アリーさんは、その手を見て、振り返り男の子の顔も見た。でも、なにも言わない。

僕の手と男の子の手で、同時に4カ所を責められ、アリーさんはどんどん高まる。
『uuuhっ! ウゥゥウゥ! オォオオオ、オオッ! Fuckっ! ohh! Yesっ!! Jesus! オオォオおっ!! もっと強くっ!! 強クゥッ!!』
アリーさんは、いつも以上に高まっている。すると、また腕が増えた。触っても良いと判断したのか、さらに手が伸びてくる。

僕は、いったん手を引いたが、アリーさんの胸は手5本で触られまくっている。不思議な感覚だった。僕はアリーさんにすでに惚れているし、好きと言う気持ちがある。なのに、知らない男達に触られるアリーさんを見て、嫉妬と言うよりは興奮を覚えている。

この異常なシチュエーションでそう思ってしまっているのかな? と思ったが、アリーさんが少し戸惑い、それでもとろけそうな顔で僕を見つめているのを見て、やはり異常に興奮していた。

そして、さらに手は増えて、アリーさんのスカートの中にも突っ込まれている。

「マジかw はいてないしw」
「濡れすぎw」
男達の、下品な声が響く。アリーさんは、僕を不安そうな顔で見つめるが、相変わらず無抵抗だ。

僕はアリーさんに近づき、キスをした。すると、アリーさんは安心したような顔になり、僕に舌を絡ませてきた。

僕とキスをしながら、4?5人に身体をまさぐられるアリーさん。それなのに、アリーさんは目がトロンとしている。

一人がスカートをまくり上げると、
「毛もないしw 金髪かわかんねーw」
「クリ、デカっw」
と、口々に好き勝手を言いながら、責め続ける。

アリーさんは、それでも無抵抗で身体をビクンと震わせている。

すると、一人がアリーさんの前にひざまずき、アソコに口を付けた。

『オオオォオッ!! ノゥーー!! ダメぇ! ンンッ! アアッ!! Fuck! Oh! Fuck!! ち、乳首もっ!』
アリーさんは、抵抗するどころか、乳首も舐めろと言った。

僕は、正直病気なんかは心配ないのかな? と思った。こんなところに集まる奴らが、まともなわけがない。性病を持っていても不思議はないどころか、持ってて当たり前にすら思える。
そして、見た目もハゲやデブなんかもいる。そんな普通の女性に相手にされないような奴らが、アリーさんを……。

不思議なもので、アリーさんが汚されていると嫌悪感を持った途端に、僕はイキそうな感じになっていた。

アリーさんは両乳首をそれぞれ違う男に吸われ、アソコも舐められている。そして、とろけた顔であえいでいる。

僕は、異様に興奮しながらただ見ていたが、さっきの大学生くらいの子が、アリーさんにキスをしようとした。
僕は、さすがにそれはダメだと止めようとしたが、アリーさんは自分から唇を重ねてしまった。大学生くらいの男の子にガシッと抱きつき、舌を絡めているのが見てわかる。男の子は、驚いた顔になったが、すぐに必死で舌を絡ませ始めた。

胸とアソコを舐められ、キスまでするアリーさん。僕は、アリーさんに恋愛感情を持っているだけに、ショックが大きい。

でも、嫉妬よりも興奮が大きい事に自分自身戸惑う。麻衣がこうなるところを見たら、どうなるのだろう? 一瞬、とんでもないことを考えてしまった……。

すると、男の子を押しのけるように、はげたおっさんがアリーさんにキスをしようとした。かなりキツいルックスのおっさんだが、図々しくアリーさんにキスをしようとする。
身の程をわきまえろ! と、叫びたくなったが、驚いた事にアリーさんは、自分から唇をくっつけに行った……。

見るからに素人童貞歴=年齢と言った感じのキモオヤジと、キスをするアリーさん。僕は、叫びたくなった。

でも、アリーさんは嫌がるどころか、メチャメチャ息を荒くしながらキスをする。美しいアリーさんが、浮浪者一歩手前のおっさんとキスをする姿を見て、正直気持ち悪くなった。

でも、ちょっとでも触られたらイキそうなほど高ぶっている僕はなんなのだろう?

キモオヤジとのキスに気を取られていたが、気がつくとアリーさんは両手でそれぞれの男のペニスをしごいている。

なんだコレは?
キモオヤジに唇を吸われながら、キモイ奴らに両乳首を吸われ、アソコを舐められているアリーさん。その上、両手で臭そうな生ペニスをしごいている。

そのペニス達は、大きさは二つとも僕の半分くらいの粗末なモノで、一人は真性包茎だ。臭い匂いが漂ってきそうだ。

でも、アリーさんは必死でしごいている。

『オオォオゥゥッ!! オゥッ!! Ohhhッ! Fuck! Fuckッ! yes! もっとぉッ! Ohhhhooohhoooっ!!』
アリーさんは、泣き声混じりに聞こえるような、切羽詰まったあえぎ声を出し続ける。ものすごく感じているのが丸わかりだ。
白人で、美しい見た目から、潔癖症にすら見えるが、こんな風にキモメンズに汚されるのがたまらないようだ。

すると真性包茎の若い男が、キモい顔のくせに偉そうに、アリーさんとキスをしていたおっさんを押しのける。そして、臭そうな粗末なペニスを、アリーさんに顔に近づける。

吐きそうだ……。

でも、アリーさんは、待ってました! と言う感じで、すぐに口にくわえた。シャワーも浴びていないし、今初めて会う男だし、真性だし、キモいのに躊躇なく生でくわえたアリーさん……。

僕は最悪な嫌悪感の中、パンツの中で射精してしまった……。

すると、サラリーマン風の比較的まともな男が、アリーさんの耳元で、
「彼氏イッちゃったみたいだよw」
と、ささやいた。

アリーさんは、オーマイとかささやくと、いきなり立ち上がり、椅子に両手をつき立ちバックの姿勢を取った。

『カモォ?ン♡』
アリーさんは、お尻を左右にフリフリしながら、イタズラっぽく言った。

男達は、大慌てでアリーさんの後ろに回り、争うようにペニスを突き立てようとした。誰一人ゴムをしていない。それをわかって、さらに誘い続けるアリーさん。

僕は、本当に声も出ないほど驚いた。アリーさんが、実は経験豊富なのは聞いていたが、ここまでとは思わなかった。ここまで弾けるとは思っていなかった。弾けすぎだと思う。
コレでは、発展場で狂うホモと変わらない……。生チンポで、ポジ種ちょうだい! そんな風に叫ぶ基地外ホモみたいだ。

そして、熾烈な競争に勝った真性包茎の若い男が、アリーさんに生ペニスを突っ込む事が出来た。
『ファァァーークゥッ!! OhYes!! ファッキン、ハード!! Oooohhhooっ!!』
アリーさんは、生で入れられたのに思い切りあえぎ始めた。
ここまでするなんて、想像もしていなかった……。

「イ、イクっ! イっちゃいます!」
入れただけなのに、叫ぶ男。情けないと思うが、女性経験がいかにも少なそうな男だ。無理もないのかも知れない。でも、焦った。さすがに中出しはダメだろ!? だけど、アリーさんは、
『Comeon! インサイッミィッー!!』
と、思い切り叫んだ。

僕は泣きそうだったが、リーマン風の男がそいつを抱えるようにして引きはがした。男は、アリーさんからペニスが抜けた瞬間イッたようだが、真性包茎なので飛び散らず、ボタボタっと落ちただけだった。

「お前、後の事考えろってw」
リーマンがそう言うと、イッた真性は力なく謝った。

僕は正直ホッとしながらも、中出しされるのを見たかったと思っていた……。そして、麻衣がこんな事をしているのを想像してしまった……。

そんな事を考えてボーッとしていると、リーマン風がアリーさんに突っ込んでいた。僕のよりは小さめでも、標準くらいのサイズのモノを生で入れられて、アリーさんはすぐにスイッチが入ったようだ。

リーマン風はすぐにイクような事もなく、ガンガン腰を振る。巨根好きのアリーさんだけど、状況がこんなにもアブノーマルなので、粗チンでも充分感じているようだ。
泣きそうな声であえぐアリーさん。
『ハゥアッ! アッ!! アッヒィィ!! オオォオンッ! Oohhhooッ!! ファックゥッ! ファックッ! Fuck!! チンポォッ! ファックッ! ファッキンハードッ! Ooohhッ! プリーズッ!!』

衆人環視の元、ガツンガツンとバックで突かれて、半狂乱であえぐアリーさん。僕は、先輩にアリーさんをよろしく頼むと言われたのに、こんな状況になっている……。申し訳ないという気持ちが少しよぎったが、今頃先輩は麻衣を抱いているはずだ……。そう思うと、アリーさんに対して、こんなモノではまだ足りないと思ってしまう。 

「ほら、もっと皆さん参加して下さいよ」
僕は、声が裏返りそうになりながらも、そう言った。

すると、その声を待っていたように、男達がアリーさんに群がった。

バックで突かれるアリーさんに、ペニスを握らせ、くわえさせ、男達はやりたい放題だ。

「イクっ!」
「出るッ」
口々に叫びながら、アリーさんの身体にぶっかけていく男達。

あっという間に身体だけではなく、金髪まで白く染められるアリーさん。アリーさんは、白い液体がかかるたびに、身体をビクッとさせながら叫ぶ。
『イクぅっ!! Ooohhhooッッ!! カミンッ!! I'mComing!! インサイッミィッ!!』
映画館で衆人環視の中、精子で白く染まりながら、絶叫して中に出せと言うアリーさん。
先輩がこんなのを知ったら、ショックで死ぬのではないか? そんな風に思った。でも同時に、麻衣がこうなっているところを想像して、ズボンを突き破りそうなほど勃起している僕……。

リーマン風が、
「イクっ! 中に出すぞっ!」
と、叫ぶ。アリーさんは、
『Yes!! プリーーーーィィッッ!!』
と、絶叫する。

でも、間一髪僕が間に合い、リーマンを引きはがした。リーマンは、不満そうに僕をにらみながら、アリーさんの手コキでフィニッシュした。アリーさんは、その精子を身体にぶっかけられて、身体を震わせた。

いつの間にか、アリーさんは上は裸になっている。スカートはまくれ上がり、白いモノで汚れている。

『アツシィッ! InsideMe!』
僕を見つめながら、とろけた上に精子でドロドロの顔で言うアリーさん。
僕はすぐにペニスを取り出し、一気に挿入した。

「デケぇ」
「マジか……」
「黒人かよw」
男達が、僕のペニスを見て驚きの声を上げる。凄く優越感を持った。僕をにらんでいたリーマン風は、僕のモノを見て、うつむき、そそくさとどこかに行ってしまった。

『Oooohhhlッッ!! コレェッ!! 奥に当たってるっ!! コレ、コレェッ!! イクっ!! Come!! Oh! Yes!! ファッキン! FuckMe!! アッ♡ アアッ♡ Oooohhhoo♡』
アリーさんは、さっきまでとはまったく違うリアクションをする。やっぱり、巨根じゃないとダメみたいだ。

僕は、周りに見せつけるようにロングストロークで責め立てる。
さっきまでアリーさんに群がっていた男達は、一歩引いたところで自分でしごき始めた。僕のを見て、自信をなくしたのだと思うと、痛快だった。

「アリー、イクよっ! どこに欲しい!?」
『中っ! 中に出してっ!! アツシ、愛してるっ!! InsideMe!! カムッ!! I'mComing!! uuhhhッッ!!』
そして、僕がそのまま中にぶちまけると、アリーさんはスタンガンでも押し当てられたようにガクガクッと体を震わせて、またお漏らしをした。

だけど、アリーさんはいつもと違い、そのまま崩れ落ちた。椅子の背もたれに身体を折り曲げるように倒れ込み、失神したように身動き一つしないアリーさん。冷たいモノで、周りの男達はサッといなくなった……。

僕は、一人アリーさんを椅子に座らせて、身体を揺さぶった。

すると目が開き、瞳にはぼんやりと幕が掛かっているようだった。さらに揺すると、瞳の幕が取れたようにシャキッとした。

『あ、あっくん……すごかった……。へへw どうしよう? 酷いね、私……』
体中にかかった精子や、破れてしまったブラウスを指さすアリーさん。僕は、ハンカチであらかた拭き、破れたブラウスはなんとか着させて、裾を縛ってみた。

すると、ヘソは丸出しになるが、なんとか胸は隠れた。と言ってもデカイ胸なので、少し動くだけではみ出そうだ。

そんなヒドい格好のまま、とりあえず映画館を出て、タクシーを探した。すれ違う人が、好奇の目で見るのがよくわかる。
少し恥ずかしそうなアリーさんだが、嬉しそうに僕に腕を絡めてくる。

そしてタクシーに乗り、アリーさんの家に向かった。その後は、まだ夕方ということもあり、一緒にシャワーを浴びた後、食事をしながらセックスをした。
アリーさんは、さっきの事で何か弾けてしまったようで、口移しでかみ砕いたパスタを食べさせてきたり、僕に同じことをせがんだりする。

そして、全裸でつながったまま、食事を続けた。食欲と性欲の同時消化という感じで、乱れきった時間だった。

その最中に、今頃麻衣も先輩と同じことをしているのではないかと、何度も思ってしまった。

そして、時間も時間なので、家に帰る事にした。結局アリーさんに、5回も注ぎ込んでしまった……。それにしても強烈な体験だった。

アリーさんは、本当に名残惜しそうにしてくれて、何度もキスをせがんできた。別れ際には、
『アツシ、愛してる。早くまた会いたいよ……』
と言ってくれた。先輩に麻衣を寝取られるはずが、アリーさんを寝取ってしまって、胸中複雑だ。でも、僕も後戻りできない気がした。

そして、アリーさんは僕からスマホを取り上げると、勝手にアドレスとか電話番号を登録された……。その上、勝手に僕のスマホからアリーさんのスマホにアドレスと電話番号を飛ばした……。

『へへw いつでもメールしてね♡』
こんな勝ち気でプライドが高そうな白人女性が、可愛らしく言うのはギャップ萌えが凄かった。

家に帰ると、もう麻衣は帰っていた。
ただいまと言う僕に、無言で抱きつく麻衣。麻衣は、思い詰めた顔だ。

そして、僕にキスをした。激しく舌を絡めてくる麻衣。その表情と息づかいから、麻衣が異様なまでに興奮しているのがわかる。

『あっくん、ゴメンなさい。拓ちゃんとしちゃいました……』
麻衣が申し訳なさそうに言う。でも、声に興奮の震えが混じるのを敏感に感じ取ってしまった。

「ど、どんな風に?」
『聞きたいの? 本当に? 私の気持ちじゃなくて、どんな風に抱かれたかの方が気になるの?』
麻衣にそんな事を言われた。僕は、ハッと気がついた。僕は、順番を間違えた事に気がついた……

麻衣が、結局どんな結論を出したかを先に聞くべきだった。

口ごもってしまった僕に、麻衣が話し始める。

『会ってね、すぐにホテルに行こうって言ったの……。長野も行きたかったけど、我慢できなかったの……。ゴメンね、あっくん……。すぐにホテル行きました……』
僕に抱きついたまま、泣きながら言う麻衣。
僕は絶句して何も言えない。

そんな僕に話を続ける麻衣。

『車でホテルの駐車場に入って、私からキスしました。ずっと会いたかった! 忘れられなかった! そう言って、いっぱいキスしました……。そしたら、優しく頭撫でてくれて、俺もだよって言ってくれたよ……』
麻衣は、こんな風に言ってきました。僕は、もうダメなのかも知れない。やっぱり、先輩にはかなわなかった……そう思い始めていた。

「……それから?」
『お部屋に入って、私がお口でしました。いつも、そうだったから……』
「イカせたの?」
『はい……いつもお口に出してもらってたから……。美味しかったです』
聞きもしないのに、飲精した事を告白する麻衣。自分の嫁が、他の男の精子を飲み込んだと聞かされて、怒り狂う場面だと思う。
でもこれは、自分で選んだ道だし、不思議と怒りは湧いていない。アリーさんの事も影響しているのかも知れないが、麻衣が先輩のモノをくわえ、フェラをし、精子を飲み込むという場面を想像して、僕は間違いなく興奮している……。

「その後は?」
『本当に、聞きたいの?』
麻衣は、不安そうに言う。でも、ほんの少し、不満そうな響きも混じっている気がした。

「うん……。すべて知りたいから」
『そっか……。その後は、拓ちゃんにしてもらいました。昔みたいに、優しく舐めてもらいました。私の気持ち良いところ全部知ってるから、すぐイっちゃいました……』
最新体験談
Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード