mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

2008年02月

29 2月

六本木ヒルズ、朝4時ごろ

昨日、六本木ヒルズ、朝4時ごろ、ビルの物陰で一人でしゃがんでるケバイ女がいた。気持ちが悪いのかと思い、半分親切心、半分助平心で寄って行ったら、ジョロジョロとションベンしてやがった。こっちも思い切り酔ってたんで、「何してんだよお」と言って頭を軽く小突いてやった。向こうもベロンベロンで簡単にションベンの海の中にひっくり返った。よろめきながらその場を去ろうとしたら、思いがけず、「何すんだよお」と言いながら女がパンツも上げずに後ろから俺に組み付いてきた。酔ってるので簡単に転んじまったら、俺の上に馬乗りになって、俺のシャツで自分のベチョベチョのケツのションベンを拭き取りやがった。薄暗いながら目の前10センチくらいのところでマムコを拝めたが、これは喜んでいいことなのか?20代半ば、飯島愛に似てた。
28 2月

通勤途中

ミニスカのギャル風の女の子が吊り革に掴まって立ちながら携帯いじってたんだ。ふと足元を見たら広げた足の間にカバンを置いてたんだが、カバンの口が開いてて中の鏡が上を向いてた。ガン見しましたよ。ピンク地に茶色の豹柄のパンツを。最寄り駅を乗り過ごしましたがね(´д`)
27 2月

うりゃ、俺は3日風呂入ってねえぞ

月の上旬に社員旅行がありました。そのときのハプニング(おいしい!)を話してみたいと思います。うちの会社は、毎年4月上旬の金・土にかけて社員旅行が行われます、研修を終えた新入社員も合流して、お偉いさんの長ーい話を聞かされた後、夜に宴会が行われる、ありきたりのつまらない旅行です。二人ずつの相部屋になるのですが、自分の営業所の人とペアになれなかった私は、何故か、固いので有名な本社の経理部の課長と同室でした、話してみるとすごい気さくな人で、仕事のときとはぜんぜん違う印象を受けました。宴会も終わり、二次会も終わった所で同僚らはソープへ繰り出す段取りをしてましたが、ちょっと飲みすぎた私は(どうせ飲みすぎてて、抜けないと思い)部屋へ帰りました。部屋には課長も帰っており、ベッドで寛いでいました。饒舌になった課長とバカ話で盛り上がり大声で笑っていると、部屋のチャイムが鳴りました。同僚が来たかなと思いドアを開けると、そこには隣の県の営業所の女子社員が立っていました。聞くと同室の女の子はもう寝てしまい、同じ営業所の子も疲れたのでどこにも出たくないとかで、退屈して誰か遊びに連れてってくれる人を探していたようです。まっ取りあえずここで飲みなおそうと部屋に入れました。「もー信じられないですよ、せっかく旅行に来てるのに夜遊びしないなんて!!」と、最初はかなり立腹していましたが、饒舌課長の話にはまった彼女はゲラゲラ笑い、ビールもすごいペースで飲んでいきます。途中大瓶を3本買いに行きましたがあっという間に、一人で空けるくらいです。「すごいね、宴会で飲み足りなかった?」と聞くと、「だって、男の人の前でガバガバ飲んでたら恥ずかしいでしょ」と言います。俺らは男じゃないのかよ!とつっこみながら楽しくやってました。そもそも、その彼女は昨年入社の21歳で菊川玲をもっとソフトにした様な感じの子でスタイルも抜群です、昨年入社の女子社員の中では飛びぬけた存在だったと思います。黒のフリースに真っ白のジーンズが似合い、時折見える白いブラ紐がそそります。さすがに3人とも飲み飽きて眠くなってきて、時計をみると午前1時です。「○○ちゃん、部屋帰らなくて大丈夫?」と聞くと「何言ってるんですか、まだこれからですよ!」と言います。呆れた課長が「○○ちゃん、こんなとこにいつまでも居ると俺らから犯されちゃうよ」と冗談を言いました。すると彼女は「うーん2人ならいいかな」と言いながらフリースの下の方をめくって、「こんなのそそります?」と臍を見せたのです。「課長こんな事言ってますよ、どうします?」と課長に聞くとポツリと「やろう」といって、彼女に飛び掛って行きました。フリースを剥ぎ取られた彼女は胸元を押さえながら、恥ずかしそうにしていましたが、嫌がる感じではなかったので私も衝動を押さえきれず、抱きつこうとすると饒舌課長に「おまえは後だ!」と、一喝されました。彼女はあっというまにブラジャーを外され乳首を吸われながら軽い嗚咽をあげていました。そばで見ている私は裸になり、ブラの匂いを嗅いでその後しごいていました。課長はおっぱい好きなのか、Cカップ位の乳房にいつまでも食らいついています。我慢できない私は椅子に座ったままの2人を何とかベッドに引張って行き「課長私はこっちを担当します」と下半身を脱がせにかかりました。ジーンズを取ると白いパンティーが現れました。ブラの時とは違うもっとムラムラくる匂いです。一気に脱がして濃い気味の陰毛をさすりながら、秘所を見ると確かに濡れています。舌を這わせ吸ってやると「あーもう駄目ー」とのけぞりだしました。体勢が変わったせいで私は彼女の後ろに回りこみ、上半身を起こさせて後ろから乳房を堪能しました。課長はというと腹ばいになり秘所を攻めています。「3Pはした事あるの?」と彼女に聞くと「こんなの初めて、すごい!」と切ない声をあげます。課長が「どうだ、俺んのすごいだろう」と言いながら、挿入し始めました。この課長は「うりゃ、俺は3日風呂入ってねえぞ」とか「若いのはいい!ちぎれそうだ」とか、とにかく煩くて、安っぽいAV観てるみたいで面白かったですよ。その後バックに体勢を変えたので、四つん這いになった彼女からフェラしてもらいました。ちゃんと玉もふくんでくれて舌の具合も最高です。課長は背中に出したあとシャワーを浴びに行ってしまったので、後は私1人で色んな体位で楽しみました。本当に締りが良くて遅漏の私でも10分持たなかったです。課長は俺はもう駄目だと言って、寝てしまったので二人でシャワーを浴びました。しっかりフェラしてもらいながらいろいろ聞いてみると、彼氏は短大時代にいたけどここ1年はいないとの事、sexも1年間なしと聞いて周りの男は何してんだろうと思いながら、2回戦に突入です。課長は寝てるし、1回抜いてるので心置きなく攻められました。彼女も好き物で、妖艶な表情で3回はいってたと思います。デジカメを持ってたのでハメ撮りをしようとしたのですが、それだけは拒否されました。「何のために撮るの?」と聞くので「自宅で抜くときのおかずに」と正直に答えると、「変態だー、でもそんな事しなくても近くだからいつでもあえるじゃん!」と言ってくれました。妻子持ちの私にとってこんないい女ができるとは思ってもない事でした。とにかくあの締りは最高でした。男がもう一人加われば三本締めになってしまっていたと、今になって気づきました。
最新体験談
Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード