mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

2009年07月

31 7月

ソープで童貞を卒業した人の体験談

ネットである程度下調べしておいた店をいくつかピックアップ。その中から、フリーに限り「ネットで見た」と申告すると3k割引の店に決定。(予算に余裕がなかったから…)結局、総額表示の大衆店で、店長ブログにも目を通してみて、「どうやらこの店なら大丈夫そうだ」と思った。ちなみに横浜。しかし、店の近くに来てもなかなか入る勇気が出ない。結局、最寄り駅に降りてから1時間半くらいは店の近辺を歩き回っているだけであった。何のために来たか分からないので、思い切って入ることにする。店頭に出てきていた呼び込みの人が、あんまり呼び込みっぽくない人のよさそうなおじさんだったというのもある。待合室に案内されるまでの歩きすがら「ネットで見てきました」と申告。まず待合室で5人くらい写真を見せられる。「この子は5分くらい待ちます、この子は20分くらいで、この子とこの子は50分待ち…」という感じで、かなり丁寧だった。「土日しか来ないけれどいい子ですよ」という嬢がよさそうだったので、その嬢に決定。その後「では70分で2万円になります」というので、先に20kを支払い。「中では女の子はお金の話はしませんから」と念押ししてきたのは、かな!
り安心感は高い。他のボーイとは違う服だったし、もしかすると店長さんなのかな?20分待ちとなったので、お茶とおしぼりが出てきたので、一息つく。壁一面に嬢の写真と説明があるので、一通り眺める。今回の嬢については「現役キャバ嬢」と書いてあった。傍らに置いてあるコミックの種類が何となく床屋の待合室みたいで、気分的に落ち着いてきた。コミック1冊読み終えた頃に準備が出来たとの案内。この時、嬢の写真を見せて「この子ですよね?」と再度確認。待合室からでて、正面のエレベーターに乗るように案内される。エレベーターガールがいるあたりの場所にいた嬢とご対面。ほぼ写真通りで、写真では茶髪だったが黒い髪だったのが違うだけ。この時点で「当たりかな」と思う。後日、店長ブログを見てみたら、普段は本指名でほとんど埋まってしまう嬢らしい。ということは、フリーで入れたのは超ラッキー?そのままフロアを移動し、部屋に案内される。「飲み物何がいい?」と聞かれたので、とりあえずコーラをお願い。「持ってくるから座って待ってて、楽にしてていいから」というので、ベッドに座って待つ。緊張していることは分かったようだ。やがて戻ってきた嬢!
ノ、今回が初めてであることを言うと、「えーっ、あたしでいいの?一!
番好きな
人とじゃなくて?」そういう人がいないから来たんだけどw。「いやー、あたしの方が緊張するなぁ」ともw。そんなこんなで一服しながら(2人とも喫煙者)5分くらい話をして、嬢から「じゃ、服を脱いでお風呂に入ろうか」ということになった。まず洗い場に行っていすに座り、ちんちんを洗うのだが、「ちゃんとむけてるじゃん。自分でむいたの?」と言われた。「むけていない人は意外に多いのかな」と思った。風呂に入り、少し話した後に「じゃ、はじめようか」と言って潜望鏡。風呂から上がり、ベッドに行く。「早いか遅いかも分からないんだよね。とりあえず、騎乗位からやろうか」ということでベッドに仰向けになり、体舐めから始まった。玉舐めのあたりで体がぴくっと反応したら「くすぐったい?」と言われた。そのままフェラ→S着のあと、やがて嬢が上に乗っかり、挿入。実のところ、その瞬間は「こんなもんなのか」としか思わなかったのだが、その後嬢が体を動かすごとに射精感が急に高まってきた。思わず「あっ…」と声を出したら「イキそう?」と聞かれた。我慢しようとしたけれど、我慢できず射精。1分ちょっとしか持たなかった…。「とりあえず15分くらい休ん!
ナ、今度は正常位でやってみよう」と言われ、しばらく世間話。話すことがなくなったりしないかとも思ったが、そこは現役キャバ嬢、次から次へと話題を振ってくるので話が途切れない。いろいろ話をしているだけでも結構楽しい。一通り世間話が終わったところで、「じゃ、ちんちん立てるから横になって」と、再びフェラ→S着し、今度は嬢が横になって正常位の体制。どこに入れるのかなぁ、と嬢の股間を見ていたら「見すぎ」と言われた。この辺かなぁ、と思って入れてみたらちゃんと入った。前後に腰を振ってみるが、どうもやりにくそうに感じていると思ったのか、嬢の方から「ちょっとバックでやってみよう」と言われて後背位に変更。確かにこっちの方が楽だったが、今度は腰の辺りが疲れてきた。「疲れるの早すぎ」と言われつつ結局騎乗位に戻ったが、今度はなかなか射精感が高くならない。結局2回目は不発。少しまた話をした後、再度体を洗って終了。嬢いわく「早いから、次回はマットやってからベッドの方がいいかな」と。エレベータで受付フロアに降りて、出たところで「気をつけて帰ってね」とお別れ。なんか童貞卒業以外の部分は、性交体位の勉強のような感じ!
セった。でも、「SEXを学ぶ場所」という割り切りもあっていいかな、!
とも思う
。次回は別の子にしようか、裏を返そうかは考え中…。
30 7月

ソープで童貞を卒業した人の体験談

今まで、童貞でいることについては何も感じなかったんだけど前日の夜、妙に童貞を捨てたくなったので決行。当日の朝にサイトを巡って、お気に入りの姫をみつける。90分で3万ぐらいのとこ。それでも、多少、心のどっかにひっかかるものがあったのか予約の電話をするのに30分は躊躇してしまった。予約の電話は、ボーイさんの対応も丁寧で安心した。無事、予約も取れたのでまずは自宅で綺麗に体を洗ったり、爪を整えたり、よーく歯を磨いたりして準備をする。一時間前になったら、ボーイさんに言われたとおり確認の電話をして待ち合わせの場所まで向かう。その間みょうに冷めてて、オレほんとにこれから初SEXするのかなーって感じだった。待ち合わせの駅まで着いたら、再度お店に電話。別の場所まで少し歩いて、迎えの車にきてもらう。車にはオレの他にもう一人スーツ姿のお客が乗ってた。ちなみにオレもスーツ。お店についたら、まず前払いでお金を渡し待合室へ。この時、飲み物を差し出されるも過去ログで得た知識よりあまり飲まなかった。待合室のテレビでやってた昼ドラをボーっと眺めつつ、未だに気分が冷めている自分に多少焦る。なんか全然興奮しねぇ!?ちょ!
チとエロいこと考えよう・・・・・・もんもんと、多少息子に元気を与える。待ち時間はちょっと長かったかな?ようやくお声がかかってお店の奥へ。この時もボーイさんが、長らくお待たせしてしまって、大変申し訳ありませんって対応が丁寧だったなぁ。そこで、今日の相手と初対面。写真でみるより全然よく、自分の好みにもあっててよかった。ここまで来ると、オレの気持ちも高ぶっててドキドキと興奮してくる。姫が「こんにちは。待たせちゃってゴメンね」と腕を絡ませてきて、その柔らかさにさらに興奮!姫に「お手洗い行っとく?」と聞かれ、全然でる気配がなかったけど、とりあえずだしとこうと思ってトイレへ。まぁ、ちろっとおしっこがでた。部屋まできて姫が正座でご挨拶。「初めましてだよね?」って聞かれ、オレも「初めましてです。ちなみに女性経験も初めてですー」と軽いノリでカミングアウト。姫が「えー!?彼女とかいなかったんですかー?みえなーい」と、恒例のやりとりをしつつ「いやーモテなくて27年一人身です」って答えると「えっ!?27歳!?じゃあ酉年?私とおんなじだ〜」と姫も軽いノリでカミングアウト。+4歳サバ。でも、同年齢ってことで!
tに緊張がほぐれたのか会話が友達同士みたいに軽やかになった。オ!
撃焉u欲
]が溜まりまくってるんで、色々エロいことしたいっす。オレが暴走したら止めてね」と言うと姫も「じゃあエッチなことイロイロしよっ♪」と抱きついてきてプレイ開始。始めは、抱き合いながら「キスしていい?」って聞いて「うんっ」って答えたとこで軽くチュとキス。そのすぐ後に舌をぬちょぬちょと絡めるディープキスで、初の感覚に興奮しまくり。姫のやわらかい肌に我慢できなくて、とにかく体中をなでたり揉んだりしてた。しばらく舐めたり絡めたりした後、「じゃあ座って」といわれてベッドに腰掛けたらスルスルと姫がオレの服を脱がしてくれた。人に脱がされるのって気持ちいいね。姫がおちんちんに触れ、「こんなに硬くなってる」ってもてあそばれた後に「じゃあ食べちゃお」とフェラが来る!!その前にオレがさっきトイレ行ったこと思い出して「あっ、さっきトイレ行ったから汚いよー」って言ったけど「キレイだよー」と返されて、そのままパクリと食べられた。ちょっと感動。初フェラがホント気持ちよかったわ。生暖かい舌がオレの息子を這いずり回って、姫の手は玉々をにぎにぎしたり、オレの足に触れるか触れないかの距離で手を這いずりまわしたり。しば!
らくその感覚に酔いしれた後、「じゃあ・・・脱がしてっ」と姫が下着姿に。せっかくなのでブラジャーの肌触りとかを堪能してから脱がしにかかった。ただ、オレは本当に女性に関する知識がまったくなくブラジャーすらまともに取れなかったのが後悔。ブラジャーを取ると夢にまでみた生おっぱい。「小さくてごめんね」と姫が言ったが、生おっぱいの前にオレは「そんなこと」だった。とにかく乳首に吸い付きたくて「舐めていい?」と聞くと「好きにしていいよ」って答えてくれた。乳首を口に含んだ時のころころした感覚が忘れられない。パンツは顔面に姫の股を固定して凝視しながら下ろした。「私のほうが恥ずかしくなってきちゃった」と姫が恥らうのがかわいかった。オレが下でベッドに横になり、抱き合いつつ、とにかくキス。キスを堪能すると、姫の舌がオレの体中を上半身から下半身へ舐めまわしてきて、そのままフェラ。姫が「こうしちゃお」と言ってきて、体を反転させ69の体勢へ。生マン○がオレの眼前に。「触っていい?舐めていい?」と一応断りをいれると姫はフェラをしながら、また「んん〜好きにしていいよ〜」と言ってくれた。姫のマン○がはビラビラもな!
くて、変なにおいもしなくてキレイだった。結構、身構えてたんだが!
。まずは
指でなぞったり、クリをいじくったり、中に入れたりして楽しんだ。姫もその度に「あんっ」と感じた声をあげてくれて興奮。中もしっとり濡れてて、オレも我慢できずにむしゃぶりついて舐めまわした。ちょっと、しょっぱい生マン○の味。「ね、そろそろいれて」ってことで童貞喪失の時間。基本にのっとり、正常位で。ここで気付いたんだが、いつの間にかコンドームがつけられてた。マジでいつ着せられたのか気付かんかった。多分オレが夢中でマン○を舐めまわしてる最中だと思うが。息子が姫に入っていく瞬間は気持ちよかった。にゅるっと生暖かいのでつつまれる感覚。オレは今男になったとか、そんな感慨深い気持ちになることはなく、ただエロく発情してた気がする。しかし、ここからが大変で姫も「好きな体勢にしていいよ。好きに動いていいよー」とは言ってくれたもののいろんな体位でいくら腰を振ってもなかなかイクことができず。そのうち汗もすごいかいて、口の中もカラカラ、息子も萎えてきた。あーこりゃ無理だと、自分の中で諦めがついた。皮オナをやめよう、オナニーの回数を減らそうと決心した瞬間だった。姫も騎乗位でがんばってくれたが、コレは逆に痛!
ゥった。「緊張しちゃった?じゃあ、お風呂入ってマットにしようか」と、姫がちょっと申し訳なさそうに言ってきて、こっちも申し訳なくなった。オレの中では、もう中でイクことは考えてなくて、とにかくエロいことをいっぱいしようって考えにシフトしてたが。体を洗ってもらう最中も、とにかくキスしたり揉んだり舐めたり。姫はオレのしたいことに全部答えてくれて、うれしかった。お風呂の用意ができたら姫と一緒に入りそこで、潜望鏡。やっぱりフェラはいい。姫がマットの準備をし、マットプレイへ。実は一番オレが期待してたプレイ。オレがうつ伏せになり、姫がローションで全身をぬるぬるにして絡み付く。めちゃくちゃ気持ちがええ!姫の舌やおっぱい、乳首が全身を這いずり回るのがよくわかった。手を下腹部につっこまれて、ちんちんをしごかれるのも気持ちよかった。その後、姫は足をからめつつオレの足の指を一本一本舐めまわしてくれた。甘噛みされるのがいい・・・。姫がオレのちんちんをしごいて、あまりにも気持ちよくて腰が浮いてくるとアナルにニュルとした感覚が。姫がオレのアナルを舐めまわしてきた。もう、気持ちよすぎて、この時のオレは恥ずか!
オくもなくアン、アン声をだしてた気がする。そして、姫はオレがア!
iルで一
ヤ感じていることに気がついてたんだと思う。普段からエネマグラとか使いアナルオナニーしてたのがいかんかった。仰向けになると、「指、入りそう」と言うやいなやアナルに姫の指が。アナルと金玉をいじくられながらバキュームフェラ。うわぁって悶えたけど、もう腰が止まんなくってフェラしてる姫に対し、腰をガクガク突き上げてしまった。イクっ!イクっ!って叫んで、姫もちんぽを離さずジュボジュボ吸い尽くしてきて、オレは姫の口の中で果てた。ケツでイかされた「いっぱいでたね」とドロっと精液を手のひらに垂らして、「中でイかせてあげられなくてごめんね」と謝られたけど、オレ的にもう中でイくことは考えてなかったのでとにかく気持ちよくてよかったという事を伝えた。姫も、「やさしくしてくれたし、私もなんかすごく気持ちよかったよ〜。感じてくれてうれしかったし、舐めやすいおちんちんだったw」等と談笑。オレのちんちんはちっちゃいです。時間的にこの後のプレイは無理だったので、残りは一緒にお風呂に入ったりして、イチャイチャと過ごした。この時、ノドがカラカラでことが終わった後にもらったジュースがすごくおいしかった。服を着終わったら!
、姫からメッセージカードをもらい、時間になったのでお別れのディープキス。この時の味は、彼女が飲んでいたメロンソーダ味。キスはいい。と、まぁこんな感じでした。感想として、マットプレイは最高。SEXは頑張って腰を振る練習をしよう、オナニーの回数を減らそう、体力をもっとつけよう。という感じ。まさか、翌日にSEXで筋肉痛になるとは思わなんだ。これでもジムに通って体力づくりしてるのだが・・・。後悔があるとすれば、一回しかイけず、結局姫の中でイけなかったこと。(途中で早々に諦めてるわけだが)急遽決行してしまったのがいけなかった。次はもっと計画を立てて、体力も精子も貯めてから行こうと思う。オレの相手をしてくれた姫はサービスが良かったのかな?お尻とか、まさかあそこまで責められるとは思わなかった。そういえば、歯磨きとか、うがいもしてない。女性に対する意識はかなり変わったかも。とにかく、おしゃべりとかイチャイチャするのが楽しかった。もっと、いろんな娘とつきあいたいって欲もどんどんでてきた。童貞を卒業したーっていう達成感はないかも。それよりも新しい遊びを覚えてしまった感じ。ハマりそうで怖い。この後ソー!
プやらヘルスやら、やたら検索してる自分がいた・・・気をつけねば!

29 7月

相武紗季激似をプールサイドにて食らふ

そうそう、あれは俺が女子大の体育の授業で、派遣として、水泳を教えていたときだった。選択の授業なので、人数は少なかったが、一人その中で、ひときわ際だつ美少女がいた。それが相武紗季にそっくりな娘である。当時、こんな娘をジャニーズのような軟派な男には、渡すまい!と肝に銘じていた俺は、授業の最終日に、意を決して彼女に伝えた。俺「おい紗季、このタイムでは、単位はあげられないな。」紗季「えっ!そんな!一生懸命頑張ったのに.....じゃ、そうすればいいんですか?」俺「俺がマンツーマンで、個人的に指導してやろう。今晩、プールサイドに来い!」身長180cm体重100キロだった体育会系的な俺に対しては、160cmそこそこのスレンダーな紗季もさすがに従順だった。そして俺はその晩、紗季を呼んだ。俺「おい、紗季!まず、その水着のサイズがおかしい。体にきつすぎるんじゃないか!」紗季はたじろいだ。そこで、俺はお尻をまさぐった。紗季「えっ!、そんなとこ触らないでっ!」俺「こんなに窮屈だから、キックが出来ないんだよっ!(怒)」どさくさまみれに、割れ目にも手を入れ、クリを強く擦った。紗季「お願いしますぅ、そんなに擦らな!
いでぇ.....」だんだん紗季の声も小さくなっていく。俺「ほらほら、何か濡れてきたぞ。おかしいなあ」紗季の力が弱くなったところで、いっきに水着を胸まで、おろした。そこには、綺麗なピンク色の乳房が。俺「乳首がこんなに立って。よし、俺が吸ってやろう。」ジュルジュル〜ジュルジュル〜プール中に音が響くよう、吸いまくった。ふと、時計を見ると、夜の9時30分。やばい、10時になると、全館鍵が掛けられる。ここは、一気に頂かないと!自分の息子は、爆発寸前だったので、水着をずらし、紗季のあそこにあてがう。プールサイドなので、立ちバックの体勢だ。紗季も若いからか、既にあそこは十分に濡れていた。俺「よしっ、いれるぞ。」紗季もさすがに観念したか、俺のを素直に受け入れた。パーン!パーン!パーン!と激しく突く!紗季「あっ、あっ!あっ!」腰の動きと連動して、紗季も思わず声が出る。俺「くそっ、お前のは、きつきつで、早く逝きそうだよ!」そんなに早漏ではないと自負していた自分だが、スポーツ好きな彼女の締まりは最高で、全然持たなかった。俺「うぅー、もう駄目だ、中で出すぞ!いくぞー!!いくぞー!!」3日我慢した俺の精!
qが、ドバッーと紗季の中でぶちまけた。俺「ふうー、これで単位を!
げよう
Bでも、また呼び出されたら、つきあえよ。」その後、卒業までの2年間は関係が続いた。また派遣の話があれば、出向くつもりだ。派遣もなかなかいいもんだと思った.....
Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード