mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

2012年03月

31 3月

バツイチ独身の40代半ばの女教師

もう時効と思うので書きます。
高校の時、同じ学校に遠い親戚のバツイチ独身の40代半ばの女教師がいました。
妖怪人間ベラに似ていて、性格もきつく生徒からもあまり好かれていない先生でした。
ブサイクなのにいつもパンティーライン丸出しのピチピチのタイトスカートを穿いていて、
ちょとエロいなあという感じでしたが、やはり顔は妖怪人間ベラでした。

2年の時運悪く、くじ引きでその女教師が担当する委員会の一部に配属されてしまいました。
学校の広報を編集する係りでした。その為事あるごとに何か行事(総体等)があると取材みたいな感じで
その女教師と一緒に行かなければならなくなり、その時は放課後その女教師の車に同乗して出かけて
いました。総体等の開会式の時は授業を休んで行く時も有ったので、そのときはラッキーでしたが・・

車の中では、最初は息の詰まる思いでキツかったでしたが、回を重ねる事に色々な話もする様になり、
音楽の趣味も同じ(ハードロック好き)だったので、段々とリラックスして話をする様になりました。
するとそのうち女教師はスケベは話もするようになり、こっちはちょっと困ってました。
そのときはその女教師とはヤリたいなんて全く思っていませんでしたから!
「若いんだから、オナニーするんでしょ?」「エッチな本見ながらしてるの?」とか毎回そんな内容の事を
聞いてきました。

そして3年になった時、各高校の広報部の親睦会みたいな集まりが有ったとき、会終了後、そのまま車で家の近くまで
送ってくれるんだと思っていると、女教師は「ちょっと寄りたい所がある」と言い、家と反対の市営球場の駐車場に
入り、またエッチな話をしてきました。
しばらくして女教師は、いきなりチンポを触り始めました。自分は全然勃起していなかったのですが、
すると女教師は、スカートを捲ってパンティーを見せ、僕の手をオッパイに持って行き揉むように強要しました!
流石にそのときは勃起してしまい、その後女教師に射精するまで手コキされました。
それからは事あるごとに、その場所で女教師にパンティーを見せながら手コキされました。
その後フェラまでする様になり、パンティー1枚になって僕の上に乗って素股したり、1度射精しても
「アナタ若いんだからまだドピュッと出るでしょ?」と言われ2〜3回射精させられていました。
でもその頃からは、こちらも楽しんでいましたが!

本番挿入までする様になり、結局はその女教師で童貞卒業しました。

当時まだ童貞だった身分にとって、本番挿入は中々勇気が入りましたと思います。
手コキされてるとき女教師のパンスト越しのパンティーの上からはアソコは触っていました。
女教師に「若いんだから毎日オナニーしてるんでしょ?」と聞かれてた時、女教師も「先生もするのよ」
と言っていました。枕に跨ってアソコを擦りつけ腰を振って気持ち良くなってると言ってました。
車の中である程度、僕のチンポを弄って楽しんだ後、パンストを脱いで上に跨りパンティーは穿いたまま
生のチンポにアソコを擦り付けて腰を振っていました。かなり気持ち良さそうな恍惚の表情でした。
それをされて自分もドピュッと逝ったことがあります。

女教師はそれをしている時「入れればもっと気持ちイイんじゃない?」と言ってましたが、当時入れた事等
無い自分はその言葉に固まっていました。
初挿入は女教師が予告なくパンティーを脱いで素股した時、強制的に挿入まで持っていかれたのが最初だったと思います。
ちなみに初フェラは3回目でしてくれました。それも予告なく手コキしてたら咥えてきた感じです。
フェラ中玉をよく触っていました。射精が近いのが玉の状態で分かるようです。

当時は最初の頃は、こんな事してていいのか?と真剣に悩んだりしました。
バレれば終わりだし、何より恥ずかしいですし
でも女教師にクドかれてそのままズルズルと・・・
我に返ったときは、頭が真っ白になりました。
でも車の中でスカートを捲り上げてパンティーを見せられると、勃ってしまってました。
前記のとおり学校では、性行為はしていませんでしたが、委員会のときとかに女教師と目が合うと恥ずかしいと言うか
気まずいというか、そんな感じでした。意識しないようにしようとしても、動揺してしまいます。
で、女教師のヒップが学校内でやたら気になってしまい、ついつい目が行ってしまってました。
30 3月

田舎の老人たちと青年会連中の嫌がらせ

田舎つながりでプチな修羅場を投下。
文章苦手なので、わかりにくいところがあったらスマソ

俺は体質的に酒が飲めない。
親父と兄貴も飲めないし、父方の親戚も下戸ぞろい。
母方はそうでもないらしいがあまり付き合いがないし、母も滅多に飲まないから
酒には縁のない一家として暮らしてきた。

俺と彼女は就職してから知り合い、二年付き合って
結婚の話が出るようになった。
彼女の親に挨拶に行く際、彼女には
「田舎の人だからお祝いごとにはお酒が付き物ってすぐ言いだすけど
両親には俺男くんがお酒飲めないことは言っておいた。
なるべく両親の隣を離れないで」
と言われた。

彼女の実家は、同じ県内だけど鈍行で一時間以上かかる土地。
家が平屋で広くていかにも由緒ありげ。蔵もあった。
畑も広々。
俺が車からおりただけで近所の人がわらわら見に来なすった。

彼女のご両親に挨拶は無事済んだが、
気がつくとわらわら集まった近所の人に囲まれ、自然に宴会が始っていた。
畑や庭に面した縁側につながる座敷の障子が開けっぱなしで
誰でもフリーダムに来ていい状態になっているらしい。

彼女と彼女母は、もてなしの用意で台所に行ってしまった。
俺の横に彼女父さんがいる間は良かったのだが
人が増えるにつれて引き離され、いつのまにか俺は
「飲め飲め」
「飲め飲め」
と周囲の全員に迫られていた。
「飲めないんですよ」とヘラヘラ言ってみたが
「そんなこっちゃ本家の跡取りにはなれんぞ!」と背中をどやされて
勝手におちょこに酒をつがれる。
そのうち「俺の酒が飲めないのか状態」になってきたので
仕方なく飲まずに口だけ付けるフリをした。

でも、その直後からおかしい。
唇をちょっと酒につけただけなのに、その唇が熱い。腫れぼったい。
二の腕の内側や、腹や、喉がかゆい。
慌ててトイレに立って鏡を見たら、唇がはれ上がって、体に湿疹が出てた。

すぐ台所にいる彼女にSOSして、救急車を呼んでもらった。
その後病院で言われたところによると、俺はもともとの下戸体質にくわえ
知らない間にアルコールアレルギーになっていたらしい。
飲まずに唇に付けただけで良かった。
もし飲んでたら食道の中までびっしり湿疹ができてただろうと言われ、ぞっとした。

彼女には「目を離してごめん」と謝られたが
別に彼女子は悪くないし、とにかく二度と酒には近づくまいと重々誓った。
結婚話は着々と進んで、結納の日になった。

だがふたたび彼女の実家に行ってみると、そこでは俺の評判は地に落ちていた。
俺がちょっと酒を口につけただけで救急車で運ばれた一件が
「本家を継ぐにはあまりにだらしない」
と見なされたらしい。
前回もやたら俺にからんできた彼女の同級生の男が
中心になって触れまわったらしく(どうも彼女に気があったようだ)
今回もそいつが中心グループの一員になってグチャグチャ文句をつけてきた。

結納の席で俺両親もいたわけだが、うちの親父も飲めない人。
俺同様、やはり飲め飲め攻撃をされる。
そして親父もやっぱり断るしかないから、雰囲気はどんどん悪くなる。

俺ばかりか親父までだらしない腑抜け野郎のような扱いをされて
いいかげんブチギレそうだったところに、
救いの女神がやって来た。

それは彼女の妹(以下、妹子)。
妹子はカニ、エビ、タケノコ、そばのアレルギーがあって、この田舎の老人たちによって
何度も被害にあってきたらしい。
最近はアレルギーがポピュラーな存在になったけど
子供のころは田舎ゆえアレルギーに理解ある人がほとんどいなくて
しかも冠婚葬祭によくあるメニューの食材だったことが災いして、残すと
「なぜ食べない」
「なぜ残す」
「贅沢だ。わがままだ」
「ウチを祝う気がないのか」
と集中砲火を浴びていたらしい。

そんな妹子ちゃんはたくましく生き延び、いまや立派な酒豪に育った。
俺や親父に「飲め飲め」と差し出される酒を、無言で次々奪い取って飲んでいく妹子ちゃん。
最初はやんややんやだった老人どもも、妹子ちゃんの鬼気迫る様子に
次第に無言になっていった。
途中からは、妹子だけに任せておけんと俺の彼女も参加。
なぜか発奮したらしいうちのオカンも親父を守らねばと参加。

妹子ちゃん、彼女、うちの母の三人の女の働きによって酒はほとんど飲み尽くされた。
彼女と母は普段飲まないが、けっして飲めないわけじゃない。むしろ強い。
そこにザルに近い酒豪の妹子ちゃんが加わり、
みるみるなくなっていく酒に、座敷の老人と青年会連中はポカーン。

なおも俺にからもうとする彼女の同級生男を
「あたしより酒弱いくせに、えらそうに」
「他人に飲め飲め言うわりに、あんたちっとも飲んでないよね。すぐ吐くからでしょ。あんたこそだらしない」
とせせら笑う妹子ちゃんに報いるため、
俺はその間、青年会に持ち寄られたエビとカニをむさぼり食っていた。

その後、結納は日時と場所を変え、料亭にて無事終了。
彼女両親は娘たちの決死のふるまいを見て思うところあったらしく
「子供のころのお前たちを守れなくてすまなかった」
「もうあんな思いはさせない」
と反省して約束したそうな。

同級生男がその後彼女に告白してフラれる、
同じく青年団所属の男が妹子に告白してこれもフラれる、などのゴタゴタを経て
やっと結婚できそうな気配なので投下。
29 3月

27歳の静香さん

家に帰ると、母からの伝言がありました。
『今日は由香の用事で帰り遅くなります。
それから、回覧版をお隣の家に置いてきてください。
そして、お隣の奥さんから組費をもらっておいて下さい』
という内容でした。
さっそく隣の家に行きました。
隣の家には、27歳の静香さんがいました。
結婚して2年目の人妻で、子供はいませんでした。
とてもカワイイ女性で色っぽい感じの人でした。

静香さんの家に行くと、「少し上がっていって。
今から組費用意しますから」と言われて
部屋に上がりました。
「中学2年生だったわよね。家のお手伝いをして
偉いわね」と言いながら
ジュースをもらいました。
ふと静香さんを見ると、服の胸元から白いブラジャーが
見えました。
静香さんは僕の視線に気がついた様子で
「やだぁ、私のブラジャー見てたでしょ?」と言うと
「ねぇ、ブラジャーとか見えただけで興奮しちゃうの?男の子って?」
と聞いてきました。
僕は恐らく真っ赤な顔で「ハイ」と答えました。
静香さんは、「ねぇ、興奮するとオチンチンが大きくなるんでしょ?
中学生でも大人みたいに大きくなるの?ねぇ教えてよ」と言うので
「なります」と答えると
「ねぇ、見せて見せて。ズボン脱いでくれない?」と言うので
僕は、恥ずかしそうに嫌そうに、でも内心は嬉しくて
ズボンを脱ぎました。
静香さんは、僕の肉棒が大きくなっているために
前を膨らませているパンツの上から、僕の勃起したペニスを
柔らかい手で握りました。
パンツの上からなのに、僕の包茎ペニスに快感が走りました。
「凄い。こんなに固くて熱い。
中学生なのに、主人のと同じなのね。
まだ女性とは関係ないんでしょ?」と聞くので
僕は「まだした事ありません」と答えると
「じゃぁまだ童貞なんだぁ」と言うと
静香さんは、僕のパンツに手をかけて
ずるずると引き下ろしました。

プルンと大きく勃起した僕の幼いピンクのペニスが
飛び出すと、反動でブルンと揺れました。。
僕の肉茎は、あいかわらず先端まで包皮がかぶっていて、
わずかに尿道口が覗いている状態でした。
静香さんは「あ。カワイイ。ステキ〜。包茎なのね。
まだ女性を知らない綺麗なオチンチンなのね。
これが中学生のオチンチンなのね」
と、つぶやきました。
僕が恥ずかしそうにしていると
静香さんは、そんな僕の様子を楽しみながら、
僕の包茎のかわいい勃起したペニスを見つめていました。
静香さんが見つめている間も、
僕のオチンチンはビクビクと震えながら先端の切り口から
エッチな液体が滲み出し、包皮の先っぽの部分に
溜まってました。

静香さんは僕のまだ幼いながらも反り返っているペニスに手を伸ばすと
皮をかぶせたままカワイイ片手で握ってくれました。
ただ握られただけなのに、勃起にジーンと快感が走りました。
静香さんは、肉棒を握った手を先端の方に向かって
こすりあげると、余った表皮が押し上げられて、
僕の幼い勃起の亀頭を完全に隠してしまい
根元に押し下げると、表皮が少しだけ剥けて
先端のピンク色の尿道口が少し顔を出します。
「凄いわ、こんなに固くなって。
・・エッチなおちんこ。主人のより固い感じ。」
と言いながら、なおも僕のペニスを扱き続けます。

「先っぽが濡れてるわよ。
エッチなオチンコがエッチな汁を先っぽから出してるわ」
と言いながら、なおもカワイイ手で上下にピストン運動します。
静香さんの視線は、僕の勃起を見つめていました。
静香さんが僕のペニスを見つめているって事と
静香さんのかわいい手の刺激(手コキ)で、もう発射寸前でした。
「おばさん、気持ちいい。もう出そうです。」と言うと
急に視線を僕に移すと、肉棒を刺激していた手の動きを
早くしました。
もう僕のペニスは静香さんの手の中で発射寸前状態になりました。
「あ、そ、そんなぁ・・・。
だめ、早くしたら・・・・出ちゃうよ」
と僕は叫んで、射精に備えるように腰を突き出すと
静香さんはニコって笑って
ペニスを刺激する手の動きをゆっくりにしました。
凄いゆっくりの動きにしてくれました。
ゆっくりにしたおかげで、射精をなんとか堪えることが出来ました。
静香さんは、僕に向かって「ねぇ、おばさんとしたい?
おばさんとセックスしたい?ねぇ?してみない?」
って聞いてくるんです。
僕が答えに戸惑っていると
また手の動きを早くしました。
静香さんの手が上下に早く動くたびにクチョクチョっていう音が
ペニスの先端から聞こえてきます。
僕の包茎勃起は信じられないくらいに固くギンギンに剛直して
静香さんの手の中で反り返っていました。
すぐに発射寸前状態になりました。
僕が切羽詰った声で
「あ、おばさん、気持ちいい・・出ちゃう、出る・・出そう」と言って
射精に備えると、また手の動きをゆっくりにしました。
そしたまた僕の顔を見ると
「ねぇ、おばさんとセックスしたくない?
ファックしたくない?」と聞いてきます。
僕は困惑して「え?でも、僕・・・」と答えました。
本当は「僕、やり方が分からない」って答えようとしたんです。
でも、「え?でも、僕・・・」と言って言葉に詰まると
またかわいい手で僕のペニスを上下に刺激し始めました。

僕のペニスの先っぽはヌレヌレ状態でした。
静香さんの手の中の勃起は、すぐに発射寸前になりました。
もう先っぽは自分の出したエッチな汁でビショビショで
ペニスを扱く静香さんの手にも付いていました。
ペニスに集中する快感は徐々に高まっていき
射精に向かって一歩一歩と近づいていく感じがしました。
部屋にはクチョクチョといういやらしい音だけが
響いていて
僕のペニスの先っぽが、ブワッと大きくふくらみを
増してきた感じがしました。
それは、射精寸前の証拠って感じの状態でした。
「おばさん、気持ちいい。出そう。出ちゃう、出るぅ」と訴えると
静香さんは、パッと勃起から手を離しました。

発射するチャンスを逃してしまった僕の最大限に勃起した肉棒は、
ビクン、ビクンと激しく脈を打っていました。
「ああ・・」僕が、深いため息をつくと
静香さんは僕の勃起を見つめながら
「凄いビクビクしてる。出る寸前だったのね。危なかったわ」と言った後
再び「ねぇ、私とエッチしたくないの?
オチンチンはセックスしたいって言ってるわよ」と言いました。
僕は『静香さんは僕とセックスしたいんだ。
だから僕が出そうになると、刺激をやめて出さないようにしているんだ』
と思ったので、
僕は勇気を振り絞って「セックスしたいです」と答えました。
静香さんは「やっぱりセックスしたいんだぁ。
もう、本当にエッチなんだからぁ!」と言うと
再び僕の射精寸前の最大限に勃起したペニスに、
可愛くて細い白い指を巻き付けてきました。
そして、また僕の反りかえったペニスを
上下に刺激し始めました。

また僕のペニスに鋭い快感が徐々に高まって、
精子の放出に向かって一歩一歩と近づいていく感じでした。
僕の肉棒は、静香さんの手の中から飛び出しそうになる位に
大きく震えるようにビクンと跳ねました。
「おばさん。また出そう。だめ・・出そう」と訴えました。
また、おばさんが手の動きをゆっくりにしてくれたり
手を勃起から離してくれると思っていました。
でも、おばさんは、今度は手の動きを早くしたんです。
「え?そんな・・・おばさん。だめだよ・・出ちゃうよ・・ねぇ出ちゃうよ」
と叫びましたが、静香さんは更に勃起を扱くスピードを上げました。
「おばさん、出ちゃう。本当に出ちゃうったら。ちょっと止めてぇ・・」
と最後の訴えを言うと
僕の勃起の表皮を根元の方にスーって押し下げました。
発射モードにしてしまったんです。
「ああ・・それだめ・・あぁ・・だめ・・・出るぅ」と言うと
静香さんの手の中で僕の肉棒はビクンビクンと振るえながら
ペニスの先端から、精液が飛び出しました。
静香さんは自分の手の中の勃起が精液を噴射しているのを
じっと見ていました。
「凄い、中学生なのに、こんなに出るなんて・・・・」と言うと
射精をし終わった僕のペニスをティッシュで拭くと
今度は撒き散らした僕の精液を拭きました。
壮絶な射精をして、疲労感と脱力感を感じている僕の顔を見ると
またニコって笑って「今日はもう主人が帰ってくるの。
3日後の夕方おいでよ、主人が残業で遅いから」
と言うので、「ハイ」と答えました。
最新体験談
Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード