mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

2012年08月

31 8月

妹「兄妹でエッチしちゃダメなの?」

兄「ダメです」
妹「なんでー?」
兄「近親相姦だからです」
妹「なんで近親相姦はダメなの?」
兄「法律で禁止されてるからです」
妹「なんで法律で禁止されてるの?」
兄「生まれてくる子供が遺伝病にかかり易いからです」
妹「じゃあ子供生まなきゃエッチしてもいいよね」
兄「ぐぬぬ」
妹「エッチしようよ、お兄ちゃん」
兄「妹が好いている人としなさい」
妹「お兄ちゃんが一番好き」
兄「俺はお前のことは…」
妹「えっ?私のこと嫌いなの?(うるうる)」
兄「いや、そういうわけじゃ(くっ、かわいい…)」
妹「じゃあ両想いなんだ、やったー」
兄「論理の飛躍です」
妹「エッチしようよ、お兄ちゃん」
兄「また戻りましたね」
妹「こんなにかわいくて巨◯の妹が抱かれたいって言ってるのに」
兄「かわいくて巨◯のクラスメイトだったら、
  もうすでに服を引き剥がしてるところです」
妹「じゃあ明日からお兄ちゃんのクラスに編入する!」
兄「かわいいからオッケーみたいな漫画のような展開には絶対なりません」
妹「エッチしようよ、お兄ちゃん」
兄「3回目ですね」
妹「お兄ちゃんに見られてもはずかしくないように
  ウェストの引き締めもやってるんだよ」
兄「ダイエットはいいことです」
妹「ビリー○ズ・ブ○ト・○キャンプで体重も3キロ減ったんだ」
兄「中途半端な伏字はやめなさい」
妹「エッチしたいよ、お兄ちゃん」
兄「ちょっと変わりましたね」
妹「お兄ちゃんはかっこいいし優しいし、
  私のこと、すごく大切にしてくれるから大好き」
兄「ほめられると照れますね」
妹「おちん◯んもおっきいし」
兄「どこでそれを」
妹「お兄ちゃん、大好き」
兄「俺も妹のことは好きです」
妹「言葉だけじゃ物足りないよ」
兄「手に余るほどではないですか?」
妹「エッチがダメならキスしようよ」
兄「ダメです」
妹「えー」
兄「えー、じゃありません」
妹「じゃあ3秒だけ目を瞑って」
兄「その手には乗りません」
妹「もー、わかったよ、今日はもう寝るから部屋に戻るね」
兄「お休み」
妹「お休みー」
バタン

(妹の部屋)

妹「はぁ…」

どさっ

妹「お兄ちゃん…」

スリスリ

妹「あっ…んん…」

スリスリ

妹「あんっ…あんっ…」

(ぬぎっ)クチュ…クチュ…

妹「ふぁぁ…お兄ちゃん…」

<あっ…あっ…お兄ちゃあん

兄「うっ」

兄「妹のやつ…部屋が隣だからあえぎ声がまる聞こえじゃないですか」

<あん、乳首いいのぉ

兄「…」

<お兄ちゃんっ、気持ちいいよぉ…

兄「…」

スルスル

兄「はぁ、はぁ」

シコシコ

(妹の部屋)

妹「あんっ…やん…(お兄ちゃんに私のエッチな声聞こえてるかな)」

妹「んっ…んあぁ…(私のあえぎ声をおかずにしてオ◯ニーしてくれてないかなぁ)」

妹「ふわぁああっ!(やだ…想像したらすごく興奮する)」

妹「あっ…イク…イキそう…」

妹「イっちゃう…!お兄ちゃん…!」

ビクっビクっ

(兄の部屋)

<イっちゃう…!お兄ちゃん…!

シコシコシコ

兄「うっ」

びゅるるっ、びゅるっ

兄「はぁ…はぁ…」

兄「く…そぉ…妹で抜いてしまうとは…」

兄「なんという罪悪感…」

ふきふき

兄「…寝るか」

(翌朝)

妹「おはよう、お兄ちゃん」
兄「ああ、おはよう」
妹「今夜こそはエッチしようね」
兄「だからダメです」
妹「昨日抜いちゃったから…?」
兄「!…な、なんで…?」
妹「あっ、図星なんだー」
兄「しまった」
妹「私のあえぎ声、聞いてたんでしょ?」
兄「…はい、すごく興奮しました」
妹「うれしいな…私をおかずにしてくれたんだ」
兄「はい、そうです、すみませんでした(棒)」
妹「いいのいいの、…ねえ、声だけで抜きたくなっちゃうんだったらさ」
兄「?」
妹「私の裸をみたらどうなっちゃうのかな」
兄「まず服を着せます」
妹「ぶーぶー」

妹「エッチしようよ、お兄ちゃん」
兄「たしか4回目」
妹「お互いのオ◯ニーのサポートをしあってる仲じゃん」
兄「俺はお前のオ◯ニーをサポートした覚えはないです」
妹「そんなことないよ、私、お兄ちゃんのことを考えるだけで
  3回は絶頂に達しちゃうよ」
兄「俺は1回が限界です」
妹「まぁ絶倫すぎるのも引くけどねぇ」

(その日の夜)

妹「お兄ちゃん、お風呂入ろー」
兄「一人で入りなさい」
妹「洗いっこしようよ」
兄「一人で洗いなさい」
妹「妹のナイスバディをきれいに洗ってよ」
兄「自分で言わないでください」
妹「お兄ちゃんのナイスなおちん◯んも洗ってあげるから」
兄「暴発するからやめてください」

兄「もう先に入りますからね」
妹「ちぇー」

(風呂場)

ザバーン

兄「ふぃ〜」

<お兄ちゃーん

兄「!な、なんですか」

<…

兄「…?」

<…今、私が裸で入ってくると思ったでしょー」

兄「お、思ってないです」

妹「なんだ、思わなかったの?」

ガラっ

兄「!!!」

兄「結局入ってくるんじゃないですか(モジモジ)」
妹「まぁお決まりというか、入らないと話も進まないし」
兄「メタ発言は甘えです」
妹「それよりお兄ちゃん、前かがみになってどうしたの?」
兄「察してください」
妹「勃起しちゃったの?」
兄「…」
妹「ふ〜ん…、…お兄ちゃん見て見て(ムギュっ)」
兄「!!(ギンッ)」
妹「私のおっぱい、大きいでしょ?(ふにゅふにゅ)」
兄「うう…(ギンギン)」
妹「最近はEカップのブラも小さくなってきたんだぁ(ぷるん、ぷるん)」
兄「お、お願いだからその扇情的な胸を隠して下さい」
妹「でもタオル忘れちゃったし」
兄「手で隠してください」
妹「そんなことしたら、今隠してる
  私のアソコが丸見えになっちゃう(カァァ)」
兄「両手でうまく隠して下さい」
妹「ヌードよりも、なんとか隠そうとがんばってる方が興奮するんだね」
兄「誰もそんなことは言ってないです。」
妹「わかったよ、おっぱいの方はちゃんと隠すから(むにゅっ)」
兄「(うう…大きさが強調されて…、
  しかも乳首がチラチラ見えてて、逆にエロい…)」
妹「っ…そんなに見られると、さすがに恥ずかしいよ…」
兄「す、すみません」

(兄の視線↓)

兄「(うわ…、毛がほとんど生えてないから、本当に割れ目まで丸見え…)」
妹「ほらっ、お兄ちゃん、背中流してあげるから」
兄「お、お願いします」

ごしっごしっ

妹「お兄ちゃんの背中、すごくたくましいよね」
兄「まぁ、筋トレして身体は鍛えてますから」
妹「ちんトレはしてる?」
兄「昨日やりました…って何を言わせるんですか、ていうかどこでそんな言葉を」

しゃあああ…

妹「はい終わったよ」
兄「ありがとうございます(スクッ)」
妹「きゃっ、お兄ちゃんのおちん◯んが私の目の前に(カァァ)」
兄「あっ、すみません…」
妹「すごい勃起してるね、…私のせい?」
兄「否定はしません」
妹「じゃあ責任とって私がお兄ちゃんのおちん◯んの勃起を収めてあげる」
兄「洗うとかなんとかみたいな口実すら作らず至極ストレートですね」

しこしこ

妹「お兄ちゃんのおちん◯ん温かいね」
兄「はぁ、はぁ」
妹「(ドキドキ)」

しこしこしこ

兄「うぁあ…」

むぎゅっ

兄「うわっ、何を」
妹「パイズリってやつかな」

ずりずり

兄「うう…で、出る」

どぴゅっどぴゅっどぴゅううっ

妹「きゃあっ」
兄「はぁ…はぁ…はぁ…」
妹「んっ…お兄ちゃんの精液…(ペロペロ)」
兄「はぁ…はぁ…はぁ…」
妹「あっ、もったいない、垂れ落ちちゃう(すくいっ、ペロっ)」
兄「さぁ、もういいでしょう洗って下さい」
妹「急に賢者タイムに入らないでよー」

妹「じゃあ今度は私が洗ってもらう番(ストン)」
兄「…」
妹「あ、まだ物足りない?
  でもエッチするときの分もおち◯ちんの元気残しとかないと」
兄「そうじゃなくて…」
妹「洗ってもらったら今度は洗い返してあげる、ギブ&テイクだよ、お兄ちゃん」
兄「そうじゃなくて…」
妹「じゃあ何?」
兄「なんでこっちを向いて座ってるんですか?」
妹「そりゃあ全身をゴシゴシしてもらうために」
兄「しかも、もう上も下も隠さなくなってます」
妹「恥ずかしいけど…お兄ちゃんになら、もっと見てほしいから…」
兄「もう俺のちん◯、限界なんですけど」
妹「なんでお兄ちゃんだけおち◯ちんに伏字がつくの?」
兄「俺は清純派ですから、事務所が許さないんです」
妹「なにそれー」

妹「まぁいいや、早く洗って、お兄ちゃん(ぷるんっ)」
兄「わかりました…(ただ身体を洗うだけだ…いやらしいことをするわけじゃない)」

ごしごし…

妹「…っ…(ぴくっ)」

ごしごし…

妹「んっ…(ぴくんっ)」

兄「い、いやらしい声を出しちゃいけません!」
妹「だってくすぐったいんだもん、
  それに昨日はもっとエッチな声を聞いてたでしょ?」
兄「すみませんでした」

ごしごし…

兄「…」
妹「ねえ、お兄ちゃん、お腹や手足だけじゃなくって
  おっぱいも洗ってよ」
兄「で…でも」
妹「大丈夫っ、まだ男の子には誰にも触らせてない
  新鮮なおっぱいだよ」
兄「それはそれは」
妹「ねっ?お願いします」
兄「わかりました…」

むにゅっ、むにゅうっ

妹「んっ…ふぅ…」
兄「なるべく声は我慢してください(ギンギン)」
妹「んん…我慢すると余計興奮しちゃうよ…」
兄「全く…(ああ…すごく柔らかい…マシュマロみたいだ)」

コリッ

妹「あんっ…!」
兄「わわっ、すみません(ドキドキ)」
妹「……ねぇ、乳首汚れてるかもしれないから、重点的に洗って」
兄「よ、汚れてなんかないですよ」
妹「そうかな?」
兄「そうですよ、ピンク色でとってもきれいですよ、
  …はっ(しまった、動揺してつい本音が)」
妹「えへへ…」
兄「と、とにかくもう流しますよ」
妹「まだ洗ってないところがあるよ」
兄「…へ?」
妹「私のココ(くぱぁ)」
兄「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

兄「そんなはしたないことをしちゃダメです」
妹「でもまだ洗ってもらってないし」
兄「自分で洗いなさい」
妹「そんなぁ、…あっ、指に愛液が糸引いちゃった…」
兄「なっ…!」
妹「いつの間にかこんなに濡れてる…
  お兄ちゃんにおっぱい揉まれちゃったからかな」
兄「断じて揉んではないです!洗っただけです!」
妹「でも、前戯してもらってるみたいで、私すごく興奮したよ」
兄「…」
妹「ねぇ、今度は本当に汚れちゃったんだからちゃんと洗って」
兄「(くそっ、もうどうにでもなれ)」

兄「じゃあ洗ってあげます」
妹「あはっ」
兄「泡つけて沁みたりしないですか」
妹「うん、指先で優しく触ってくれれば大丈夫」
兄「(もう愛撫してるのと変わらない…)」

すりっすりっ

妹「あぁんっ」
兄「(ぅぅ…なんかネバネバしたものが指に…)」

すりっすりっ

妹「はうぅっ」
兄「(いくら洗っても溢れてくる…)」
妹「はぁはぁ、お兄ちゃん…」
兄「はぁはぁしちゃいけません」
妹「だって…気持ちいいから…」
兄「気持ちよくなっちゃいけません」
妹「そんなの無理だよぉ」

(とろぉ〜…ヒク…ヒク…)

兄「(一気に洗わないとキリがないな…)」

すりすりすりすりすりすり

妹「ふあああぁぁぁ!?お兄ちゃん、ダメぇぇええ!(ビクッビクッビクッ)」
兄「えっ、あっ…」
妹「(くた…ぎゅっ)…はぁ…はぁ…はぁ…イっちゃったぁ…」
兄「妹…(ぎゅっ)」

兄「もう大丈夫ですか?」
妹「うん」
兄「その…すみません」
妹「なんで謝るの?私、お兄ちゃんにイかせてもらって、すごく幸せ」
兄「そうですか」
妹「そうだよっ、さっ、そろそろお湯に浸かろう」

ちゃぽん

妹「二人で入ると狭いね」
兄「俺が身長が高くて足が長いからしょうがないです」
妹「お、自慢ですか」
兄「そんなつもりは」
妹「私だって女の子にしては結構高い方だよ、クラスで4番目だし」
兄「はいはい、妹はかわいくて巨◯で
  身長も高くてナイスバディですね」
妹「ふっふ〜ん(ドヤッ)」

(風呂上り)

妹「ところでお兄ちゃん」
兄「なんですか」
妹「そんなかわいくて巨◯で身長も高くて  ナイスバディな妹とエッチしようよ」
兄「5回目だったか」
妹「よく覚えてたね…、もういい加減観念して私とエッチしようよ」
兄「しません」
妹「私が言うのもなんだけど、お兄ちゃんよく理性を保てるね」
兄「当然です」
妹「なんで?」
兄「兄妹でエッチしちゃだめですから」

〜終わり〜

〜番外編〜

妹「終わっちゃったね」
兄「終わりましたね」
妹「お兄ちゃんとエッチしたかったなぁ」
兄「ダメです」
妹「お風呂場ではあんなにエッチなことまでしてくれたのに」
兄「本番は絶対にしません」
妹「ちぇー」
兄「ちぇー、じゃありません」
妹「でも、お兄ちゃんのそういう真面目なとこも大好きっ」
兄「はいはい」
妹「ふふっ」
妹「(お兄ちゃん、エッチはできなくても、ずーっと一緒だからね)」

〜本当におわり〜
28 8月

酔って自宅に連れ込まれたが「ダメダメ」、でも勝負下着

先週よく飲む職場の女友達(24)と飲みに行った。(仮名:美和)
結構飲むやつなのだが、まあいいペースで飲んでる。モツなべだったので焼酎の4合瓶を入れる。
「残したらもったいないです」と2人でカポカポ飲んだ。

「先週、A君と飲んで終電がなくなっちゃったのでうちに泊めたんですよ」
「へー、やっちゃったの?」
「向こうはその気で求めてきたけど、眠かったしビンタしたらそのままでしたw」
なんて会話しながら一次会終了。

で「カラオケ行きません?」とのお誘い。美和はいつもカラオケは嫌いと言ってて2人で行ったことはなかった。
ちなみに美和はほどよく肉がついてるタイプ。胸はCカップ。セミロングで一昔前の常盤貴子似かな。

で、カラオケでもサワー系の飲み物をガンガン注文。
一時は飲みかけ、飲んでない合わせて5つくらいグラスが並んだ。
こっちも酔っているのだが、向こうのテンションは明らかにおかしい。飲みすぎ。

「なんかあったの?」
「なんか今日はすごく楽しいんですよ〜」と特に何かあったわけではないが明らかな酔っ払い。
眠いのかなんなのかやけにこちらにもたれかかってくる。身体が熱い。
まあ、密室だしなんとなくキス。
美和は「ん、…」
こちらが舌を侵入させると一瞬の躊躇のあと積極的に舌を絡めてきた。
「私、実はキス好きなんですよ〜」といいながらこっちにもたれかかってくる。
美和に押し倒されるような姿勢で延々とディープキス。
軽くおっぱいを触ったりすると「んんっ」と反応するがすぐに手ではねのけられる。
(単に酔っ払いがキスしたいだけなのかな?)と思った。

まあ、時間がきてカラオケを出る。美和は明らかに飲みすぎで酔っ払いウォークしてる。
「じゃあ、俺は帰るわ。美和はタクシーで帰れよ」とタクシー止めて美和を押し込む。
「ダメですよ〜」とおれを引っ張る美和。
「女の子は送っていかないと」とタクシーに乗せられる。

実際やれるなら行くがさっきのおっぱい揉みの反応、先週のA君ひっぱたきといいやれない可能性が高い。
(めんどくさ〜)と思いながら美和のマンションへ。

15分ほどで美和のマンションに着く。見ると美和は爆睡。
「ほら、着いたぞ。降りろ」と美和を起こす。
「後は自分で行けるよな?」
「え〜帰っちゃうんですか?泊まってってくださいよ〜」
「帰るよ」
「ヤダヤダ〜」とおれを引っ張る美和。正直うざい。タクシーの運ちゃんの視線も痛い。

「…すみません、ここで降ります」と本当なら諭吉さんが稼げた運ちゃんに告げる。

ふらふらケラケラしてる美和を部屋に連れてく。
とりあえずソファーに転がす。
「お酒〜」とかバカなこと言ってるのでとりあえず冷蔵庫からお茶をコップに注ぎ持ってくるとすでに美和は寝ている。
がっくりしつつ自分で飲む。

さてどうするか。やろうとしてビンタされたらしばらく鬱になりそうだ。
まあ、身体を拝むくらいはバチは当たるまい、と結論。

「ほら、服がしわだらけになるぞ」とベタなセリフをはきつつ上着を脱がしカットソーを脱がす。
おっと、青っぽいラメ(っていうのかな?)のブラジャー。
「う〜ん、お酒〜」といいながらぐったりしてる美和のデニムをすっぽ抜く。
ブラとお揃いの青いラメとレースのパンティー。やばい、すごいツボに入った下着だ。
実はおれは下着フェチ入ってて顔は普通でも下着にこってるとそれだけで当社比200%増しになるくらい。
前に付き合ってた彼女もがんばってくれてたが
「最近、下着マンネリだよね〜」と軽く言ったら
「いいかげんにしてよ!男と違って女の下着は高いの!!」と切れられた前科持ち。

そのおれをしてなんかのエロ画像みて(こんなのいいよな〜)と思わせた下着に限りなく近い。
すでに美和は酔いも手伝い当社比300%増しに見えている。もちろんジュニアの血流も当社比200%増し。

美和をベッドに横たえるとこちらもパンツひとつに脱ぎ始める。

おもむろに美和のおっぱいをブラの上から攻め始める。
ブラの上から揉む揉む、ねぶるねぶる。
美和は「うう〜ん」たまに「んっ!」と呻く。

そろそろ、と思いブラの中に手を入れ乳首を触ると「だめっ!!」と身体をひねる。
(やばい!!)と思い顔を見たが美和は反射的に動いただけらしく寝ている。

まあ、いい。次に下に移動。レースからうっすらと毛が見えている光景にまた興奮。
そっと脚を開きパンティーの上から舐め始める。
十分に舐めたところでパンティーをすこしずらし直に舐める。
クリに舌が当たるとピクン!と身体が動く。まだ起きる気配はない。
調子にのって舌を高速運動させる。寝たまま反射的に手で払おうとしてるのだが下半身までは届かない。

そして俺の頭を掴んで「ああ、ああっ!」と喘いでいる。
ああ、もう起きちゃったかな?と見てみると目は閉じている。寝ているのか寝たふりなのかはわからない。
もちろんどちらでももう止まれない。

おもむろにパンツを脱ぎ、痛いほどビンビンになったジュニアを取りだす。
美和のパンティーをずらし、美和の中心にあてがいゆっくりと沈める。
「んんん〜っ」と美和がのけ反る。そしてびっくりしたように大きく目を見開きおれを見た。
その時はすでにおれのジュニアは美和の一番奥に入っていた。

「美和が可愛くて(特に下着姿がw)我慢できなかった」
「いいよ、たくさんキスして」

ディープキスしながら腰も動かす。痛いくらいビンビンになっている上に生でやってるのであまり持ちそうになかった。
「悪い、早くでちゃうかも?」
美和は無言でこちらの首に手を回しキスを求める。こっちが体勢を変えようとすると手に力を入れキスを続けさせようとする。まさにキス魔だw

そうこうしているうちに限界が近づいてきた。中だしはやばいし下着を汚すのも論外、顔もまずそう。
口中なんかに出したらそのあと激しくキスを求められたらさらにやばい。
てなことを一瞬のうちに考え、美和の腰を掴んで激しく腰を振った後お腹に発射。
少々ブラや顔まで飛んだがいた仕方ない。

息も荒く美和に添い寝、美和も荒い息をしている。
ティッシュをさがしてお腹を拭いてあげる。見ると美和はもう寝息を立てていた。
美和の横でこちらも爆睡。明け方に目を覚ますも美和はまだ寝てた。

始発も出るのでそっと美和に布団をかけ、服を着てマンションをでた。

家に帰ってまた爆睡。起きると美和からメールが。「今日会えないかな?」と
さて、今後美和との付き合いをどうするか。相性はいいみたいだから付き合っちまうかな?どうすっか。

おずおずと「昨日、なんかした?」
(まさかまったく覚えてないの??)
「覚えてないの??」
「…うん。最後までしちゃった?」
「よく覚えてないな。キスはたくさんしたけど。」
美和は多分しちゃったとは思ってるでしょう。でも全く覚えてないみたい。
キスもそんなに好きじゃないみたい。まさか別人格??

で、うやむやのまま今日に至ります。
今日も美和と2人飲み。どうなることやら。

外勤に出かける前に全部書き込めてよかった。

まあ、しょぼしょぼですが体験談でした。
27 8月

結石治療?


前に「手コキ???」ってタイトルで投稿した、結石治療のその後です。
実は、2回目がありました。
1回では完全に砕けないこともあると聞いてはいましたが、まさか自分がそうなるとは…
この分では、3回目…なんていうことにも、なりかねません。

破砕をやった1週間後、まずは検査。
さっき撮ったレントゲン画像を見ながら
「うーん、大きさは最初の半分ぐらいですけど、ココに残ってますね。もう1回やっときましょう。」
エラく簡単に言ってくれるな、医者。
ま、2回目以降は無料らしいから、いいようなモンだけど。
要領もわかってるんで、サッサと破砕室に行く。
看護婦さんは前とは違う人で、歳はもう少し上、俺と同じぐらいか。
スラリとした、気さくで上品なおばさんといった感じ。
前の人みたく、いきなりチンコつかんでガシゴシ擦るなんて、しなさそうな雰囲気で、まあ安心というか、ちょっと物足りないというか…

で、前と同じようにカーテンの奥でパパッと裸になって、例の紙おむつみたいなトランクスをはいて、術着を着る。
あれ?
術着、上だけしかないよ?
下のほうは?
カーテンから顔だけだして看護婦さんに聞いてみる。
「あの、術着、上だけしか…」
「あぁ、それでいいそうです。どうせ下は脱いでもらうことになりますから…でしたよね、先生?」
即答でした。
なんか、パンツ下ろされるの確定みたいだ。
少しでも恥ずかしくないように、予め剥いておいて…と。
コノヤロ、戻るな。
戻る時に毛を巻き込むと、痛かったりするんだよな。
普通に剥けてるヤツらにはわからんかもしれんが、包茎ってすごいコンプレックスなんだぞ。
あんまり遅いんで、看護婦さんが声をかけてきた。
「どうされました?着替え、できました?」
待て、せかすな。
色々都合があるんだよ。
しかし、白いトランクスだけってのもハズいもんだな。
すぐ脱ぐにしても、下も欲しかったかな。
とはいえ、これ以上グズグズしてるわけにもいかないんで、諦めて出ていって、ベッドに仰向けに寝る。
なんとなく、前を隠すように手を置いて…
「前よりだいぶ下がってはきてます。なので、前回よりも、ずっと下のほうに当てることになります。」
既に打ち合わせ済みみたいで、看護婦さん、すぐに横にきた。
「じゃあ、ごめんなさい。少し下げますね。」
「…は、はぁ」(少し…ね)
そして耳元に顔を寄せると、俺にだけ聞こえるような小さい声でささやいた。
「だいじょうぶですよ。気にしないで。」
いゃ、その台詞、その表情、スゴい破壊力です。
早くも半勃起。

看護婦さん、トランクスのゴムに指をかけて引き下ろそうとするが、その、ちょっと引っ掛かってるみたいで…。
ゴムの前を引っ張って持ち上げておいて…
グイッ。
ブルン!
うわ。。。
覚悟はしてはいたが、やっぱりハズい。
…で…???
看護婦さん、半勃起を凝視。
いや、そんなに見つめなくても。
オジサンのチンコなんて、見てもしかたないだろうに。
で、あの…
タオルとかは?
無しですか?
前のときはかけてくれましたよ?
勇気をふりしぼって、というか、開き直って、言ってみる。
「あの、すみません、タオルかなにか…」
「あぁ、ごめんね。ギリギリの場所に当てるんで、ちょっとムリかな?でも、だいじょうぶですよ。恥ずかしくないですよ。」
待ってくれ。
恥ずかしいか恥ずかしくないかは、俺に決めさせてほしい。
それにね。
『ムリかな?』なんてカワイイ言い方、カンベンだよ。
ほらみろ。
…いや、ちがう。
見ないで。
せっかくおさまりかけたのが、また。

セッティングを終えたらしい医者が声をかけてきた。
「えーっと、お待たせしました。始めますよ。」
べつに、そんなにお待ちしてたわけでもないが。
医者が機械を操作して、例のヤツが下がってくる。
おなかに圧迫が…
へ?
いや、ソコ、違うよ?
それ、チンコだって。
変なトコあてないでほしい。
でも、かまわずそのまま下がってくる。
医者、ちゃんと見てるのかな。
いや、チンコ見てほしいわけじゃないけど。
衝撃波って、硬いところに集中する性質があって、それで石が砕けるって聞いたぞ。
チンコ硬くなってて砕ける…なんてことはないよな。
怖っ…

結局、チンコは機械のいちばんはしっこあたりで押され、ヌルヌルのゼリーでツルンと滑って外に押し出された感じ。
まあ、剥きだしだけど、機械の陰に隠れたみたいになって、少しは助かったのかもしれない。
「じゃあ、始めますよ。」
パチパチ…

腰いてぇ。
この体勢、けっこうツラいよ?

そして小一時間。
パチパチ…が自動停止。
「はい、終わりです。お疲れさまでした。」
なんかね、今回のはすごく疲れて、グッタリだった。
体を斜めにして寝る体勢ってのが、かなりキツかった。
医者の声が虚ろに聞こえるぐらい。
息が荒くて、冷汗もかいてる。
看護婦さんが心配そうに顔を覗きこんで
「だいじょうぶですか?」って、そっと手を握って、額の汗を拭いてくれた。
うぅ…なんて優しい。
また、ウルッときてしまったじゃねーか。

で、また『ウィーン』て動いて、お腹が圧迫から開放。
同時にチンコも開放。
完全に縮こまってる。
知ってるか?
縮こまった包茎チンコって、むちゃくちゃハズいんだぞ。
今回はタオルも無しだから、いきなりモロに露出だし。
看護婦さんは俺の手を握ったまま。
ハズい…
ハズいが、グッタリして、体、動かせれない。
気がつくと俺、看護婦さんの手をシッカと握ってたよ。
ゴメン。

しばらくして看護婦さん、耳元に口を寄せると
「疲れました?でも、お腹、拭いときましょうね。」
優しくささやいて手を離し、タオルを取りに行った。
ここまで優しく扱われると、いくらオジサンだって、そりゃウルッとくるよ?

看護婦さん、すぐに、タオルやウェットティッシュを抱えて戻ってきた。
ウェットティッシュを2〜3枚、手に持って、お腹、脇腹と、前の時と同じ。
とても丁寧だなと感動してたら…
うわ。
なんだか柔らかいもので、チンコとタマ、全体がつつまれた。
予想外の攻撃に、思わず腰がひける。
看護婦さん、少し驚いたように手を止める。
「あらっ、ごめんなさい、どうしよう。痛かった?」
「い、いいえ、そうじゃないです。だいじょうぶです。」
「あぁ、よかった。キレイに拭いとかないと。」
で、再開。
なんでそんなに優しいの?
なのに、俺ときたら…
ヤバい。
気持ち良すぎる。
ほんと、ヤバいって。
勃ってきたよ?
当然、気付いてますよね?

看護婦さん、かまわず、チンコを、タマを、両手で包んで揉むようにして拭く。
そっとやさしく、絶妙のタッチで。
3秒とたたない間に、MAX。
もう、ギンギンとしか言い様のない状態。
またまた恥ずかしいやら申し訳ないやら…
思わず、謝ってしまった。
「あ、あの…すみません。」
「うん、いいですよ。気にしないから。」
「すみません。ありがとう。ほんと、すみません。」
「はいはい。」
なんか、涙でてきた。
この間ずっと、チンコを拭く手はとまらない。
あと10秒も続いてたら、本当に逝ってしまってたかもしれない。
拭き終わって、チンコをタオルで覆うと、
「ハイ、おしまい。下着もベトベトだから、取っときますね。ごめんねー。」
と言いながら、パンツを脱がせてくれました。
片手でチンコのタオルを押さえ、看護婦さんに助けられながら起き上がって、ベッドから降りる。
カーテンのところ、更衣室へ。
あーぁ、お尻丸出しだよ。
看護婦さん、フラつく俺の肩に手を回して支えながら小さな声で
「ゴメンなさい。パンツはいとけばよかったねぇ。」
だって。

次の予約は来週の金曜日。
検査して、まだ残ってるようなら、もう一度やる。
やってほしいような、もうカンベンしてほしいような…
何日かに一度ぐらいやってくる、あの激痛もイヤだし…

Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード