mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

2015年04月

30 4月

友達の妹に、、、

あれは俺が中3の夏ごろ、俺はおなじクラスの大介(仮)の家でよく遊んでいた、大介の家は両親が離婚していていわゆる母子家庭だ。大介には年の離れた妹がいて夜は母親が仕事のため、大介がその妹の面倒を見ていた。妹は美紀という名前で小学2年生、パッチリとした目が印象的でとても可愛い子だ。俺は中1位から幼い女の子に興味があり実は大介の家によく行くのもこの美紀ちゃんが目当てだった。
大体いつも夕方くらいに大介の母親が夜の仕事に出かけて夜中に帰ってくる、俺は大体出かけたあとくらいに大介の家にいき8時ごろまで大介の家でゲームなどしていた。リビングにゲームがある為大介がゲームをしてる時は隣の部屋で漫画を読んだり美紀ちゃんと遊んだりしていた、大介は「お前がいる時は美紀に邪魔されずにゲームが出来るから助かるよ。」と俺が遊びに来ると妹の面倒を俺に見させてた。
ある日いつもの様に大介の家で遊んでると大介が「なぁ、悪いけど10時まで俺んちで留守番しててくれねぇか?俺健二たちとゲーセン行くって約束したんだよ、、、美紀の面倒もみてて欲しいんだ。」と思いがけない言葉に「しょーがねぇな、いいよ。」と言い大介は「悪ぃな、母さんや美紀には俺がゲーセン行くってこと内緒にしててくれよな。」と言いそのまま出かけて行った。
「大介兄ちゃんどこ行ったの?」と隣の部屋から美紀が聞いてきたので「えっ、、ああ、なんか友達の所に忘れ物取りに行ったよ。」と適当に誤魔化しつつ俺はこの状況にかなり興奮していた。
以前から何度か美紀と遊んでいる時にドサクサに紛れてパンツを見たりお尻を触ったりとかは在ったけどやはり大介が居た為かそれ以上はなかった。
俺はいつもこの家で美紀と遊んでると勃起してしまう、それは俺がロリコンというのも在るけどここ1年ほどオナニーのおかずは美紀だからだろう、この家でドサクサに紛れて美紀身体を触ったりして自分の家帰った時にその感触を思い出して、頭の中で美紀に悪戯をし毎日オナニーをしていたからだ。
いつも俺が漫画を読んでると退屈した美紀は俺にチョッカイを出してくる、とりあえず美紀がチョッカイ出してきたらくすぐったりしながら美紀の身体を触ろうと思い横になり漫画を読んだ。
すると案の定美紀が俺にチョッカイを出してきたのでガバッと起き上がり美紀の両腕を掴んで美紀を押し倒し脇をくすぐりました、「あははははっ!くすぐったいっ!きゃ???!!」といつもの感じだ、いつもならそのまま美紀の胸に顔を押し付けたりするのだが今日は大介が居ないのでいきなり美紀のお尻をつかみ揉みまわした、
ここまで大胆に触るのは始めてで物凄い興奮した、それでも美紀はバタバタと「くすぐったい」「きゃー」の連発だ。
俺は左手で美紀の脇をくすぐりながら右手で小さなお尻のホッペを揉んでいる、もうギンギンに勃起しているのがわかるくらいに俺は興奮している、とその時「ぷぅぅ?」
と可愛い音が美紀のお尻からした「あははは?オナラ出ちゃった?」と笑いながら美紀が言った、俺は美紀をうつ伏せにして「オナラする悪いお尻はここか!?」とスカートの上からお尻の穴らへんを指でなんども突付いた。
美紀は「あはは、もうしませ?ん」と足をバタバタしながら言ったで足の裏をくすぐりながらお尻の穴を突付いた、「きゃ?!あはは!足の裏いや?!あはは!」と力むのでまた「ぷっ」っとオナラがでた、美紀はつぼにはまったらしくゲラゲラと笑い転げてる。
「もうゆるさないぞ?悪いお尻の穴はお仕置きだー」と美紀のスカートを捲くりあげてアナルらへんめがけて顔をギュッとつけ、思い切り息を吸い込むとオシッコの匂いとすこしウンチの匂いがしとても興奮し、はじめて女のアソコの匂いに感動しわれを忘れるくらいうつ伏せになってる美紀のお尻でスーハースーハ?し。美紀は「あはは、お尻が熱い?、くすぐったい?」とHなことをされてる感覚はまるでなく、俺は美紀の白い木綿のパンツに手をかけ「よし!お仕置きだ?」と
パンツを膝上あたりまで脱がすと、小さなおしりがプクッと出てきた、すこし覗き込むとアソコはピッタリと閉じていて1本のスジになっていたのを見てネットで見るロリ画像と同じだったがすごく興奮した、「ああっ?パンツ脱がせた?エッチぃ?あはは」と特に嫌がる感じはなく美紀はいつもの遊んでいる感覚だ、「美紀ちゃん、今から悪いお尻の穴にお仕置きするからじっとしとくんだぞ」と言うと「は?い」とすこしおとなしくったので{しめたっ!}と思い美紀の足を開かせて小さいお尻を広げると「クパァ」っと小さい音がしほんの少しだけワレメが開いた、それだけでもう俺は逝きそうなほど興奮し、そのままアソコに鼻をつけ思い切り匂いを嗅いだ、パンツの上からとは比べ物にならない幼女の匂いだ、「なにしてるの、、、」と美紀が心配そうに顔を向けるので「お仕置きなんだから見ちゃダメだよ!」と言いそばにあったタオルで美紀を目隠しさらに「そのまま目をつぶっとくんだよ」「わかった?目ェ開けてないよ?」とうつ伏せのまま答えた。
俺は美紀の小さなアナルに舌をつけ舐めた、すこしにがしょっぱい味がする。
これが女の子のお尻の味か?と夢中で舐め続けた、「んん?っ、、」と美紀が気色悪そうに腰を動かした「ねぇ?まだ??なにしてんの?」 「まだだよ?2回もオナラした悪いお尻の穴だからもう少しかかるよ?」と美紀を丸め込み今度は指でワレメを広げてアソコをいじった、開けると「クパァ」「クチィ」と卑猥な音する中はサーモンピンクですこしテラテラと湿っていてアソコの匂いがモアッと心地よく広がり2?3分程広げたり小さな穴を観察した皮に包まれた豆を触りながら「どんな感じがする?」と聞くと
「なんかくすぐったい、、、そこオナラしたとこじゃないのになぁ、、、」と美紀がぼやいた。
たまらなく射精したい俺はもう我慢の限界にきていた、「もうそろそろお仕置き終わるから四つん這いになって」と言うと「は?い、、、こう?」と四つん這いになった、
「もうすこしこう、、、」と美紀の頭と胸を床につけお尻を突き出させた。
「もうすぐ終わるからそのまま動かないでよ、目も開けちゃダメだよ、」と念を押し自分のズボンとパンツを下ろした。
へそにあたるくらいガチガチで我慢汁でベトベトになったものを取り出した、さすがに購入は無理そうなのでかわりに美紀のハム○ロウの鉛筆が有ったのでそれの後ろを舐めて小さいお尻に穴にいれた、「んん?お浣腸してるの??」 「そうだよ、お仕置きのお薬入れる準備だから我慢してね」といいググッと鉛筆を入れてながら自分のアレをゆっくりしごいた、意外とヌヌッと7?8センチほど入りそれを、少し出しては少し入れという事を何回もしながらかなり奥まで入ったところで「んんっ、お腹痛い、、、」と美紀が言った所で鉛筆から手を離し「そのまま我慢!」と言い美紀のその姿を見ながら激しくナニをしごきそばにあったヤク○トのからに精液を出した、「はぁ、、お薬入れるよ」と美紀のお尻から鉛筆をゆっくりと抜き美紀の机の上にあったスポイドで精液を吸い取りお尻の穴に流し込んだ、「んんっ、、、気持ち悪いかんじがする、、、」とお尻に力が入った、「我慢我慢」と言いながらかなりの量が出たため3回その作業をくりかえした。
そしてすこしウンチのついた鉛筆をもう一度美紀のお尻に入れ「お薬が染み込むまでもう少しそのままにしててね」といいズボンを履いた。3分ほどすると「うんちいきたいい」というので美紀から鉛筆を抜き「お薬効いてきたんだよ」と言いトイレに行かした。

30 4月

ひと夏の体験

あれは俺が中2のときでした。当時、俺はオナニーにばっかりしていた。
俺の地元はど田舎で遊ぶといったら、クワガタを取りにいったり、渓流釣りぐらいでした。
そんな夏休みの日に俺は一人で渓流釣りをするために山道を歩いていると、人影が目に入りました。何してるんだろうと思ったら、男はズボンをずらし、女は男の股間に顔をうずめていました。人生はじまって以来はじめて生でみる光景でした。俺は股間を膨らませながらこっそりと近づいてみました。男は一つ上のヤンキー男というのはすぐにわかりました。俺の興奮は頂点に達していて、自分の息子を取り出してしごき始めました。その時は女は誰かわかりませんでしたが、ずっと観察しているとそれは同級生のA美ちゃんでした。
A美ちゃんは俺の初恋の人です。っていうかA美ちゃんはみんなの憧れの人でした。
一つ上のヤンキー男はA美ちゃんの胸を触っているのですが、服の隙間から手を入れているので胸は見ることができませんでしたが、俺はその状況だけで興奮してしまい、あっけなく発射してしまいました。ことが全部終わる前に俺はその場を撤収したのですが、その状況が頭から離れなくなってしまい、それをネタに何回もしこってしまった。
俺だけの秘密のネタだったんですが、性欲にとらわれた俺はA美をゆすったら、俺もしてもらえるんじゃないかなと思ってしまった。
学校帰りにA美が一人になったのをみつけてしまい、つい駆け寄って
「こないだみちゃったんだよな」っていうと
「何をみたの?」って聞き返されたので
「○○川のところで○○君と」っていうと
「え・・・・まじで?」ってかなりあせっている様子です
「うん。しっかりと・・」っていうと
「彼とはもう別れたし関係ないし・・」っていってきました
「へぇそうなんだ。でもあんなことしてたんだぁ」って俺がいうと
「誰にもいわんといてね」って頼まれた
「まだ誰にも言ってないよ」っていうとちょっと安堵した様子でした
「でもいいたくてしかたないよ」っていうと
「絶対いわんといてよ」って困ってる様子
「なら俺も同じことしたいなぁ」っていうと
「・・・・・・・・・」
「1回だけだからね」と思い通りの展開になりました。
「善はいそげだ。今から○○川のところにいこう」っていうと
「本当に1回だけだからね」って念を押されました
「わかってるって」といいながら心臓が飛び出しそうでした
現場に到着したときは心臓がばくばくしまくっていましたが平然をよそうっていました。
「やるんでしょほらはやく」ってA美がいうので
心臓ばくばく状態でズボンを脱ぎました。
A美はいきなり俺の息子をくわえてきましたが、緊張のあまり勃起しません。
はっきりいって俺はあせりました。ここまできて勃起しないのかと・・・・
「胸さわってもいいか?」っていうと
「いいよ」っていうので服の上から胸をもみまくりました。
一切の抵抗はないので服の中に手を入れてもんでやろうかと思ったがブラがじゃまで上手くもめません。いっそうのこと脱がしてやろうと思って服に手をかけたんですが、これまた抵抗されず。あこがれのA美の胸が目の前にきました。そして俺は胸をもみまくり、乳首をなめまくり。。。すると俺の息子がむくむくときました。
A美は一心不乱にフェラ。俺は今度はパンツに手をかけましたがそれまた抵抗しない。
憧れのA美のあそこを今考えると雑ではあるが、指をいれてかき回すとA美は顔をしかめながらフェラ。フェラだけしか想像していなかったんだけどA美のほうから上に乗ってきて自分で挿入しました。A美は「中にださないでね」といいながら腰を振り始めました。
A美は自分の声がでないように自分の手で自分の口をふさいでしました。
そして俺はあっけなく発射。
終わって服を着ている途中に俺が
「口でしてもらえるだけだと思ってたんだ」っていうと
「え・・そうなの?」って驚いた様子
「ラッキーだった」というと初めてA美も笑顔がもれた。
それからA美と仲良しになり、いろんな話を聞いた。
A美の初めての男は義理の父だそうで母の目を盗んではエッチさせられていたようです。
A美はお母さんが帰ってくる時間まで外で時間をつぶしてから帰るというのがA美なりの自己防衛だった。俺はその時間つぶしに何度も付き合った。もちろん何度もエッチした。
A美は高校入ったぐらいからぐれ始め、高校を中退し家出をして東京にいったと人の噂で聞きました。顔とスタイルがいいだけで不幸を背負い込むこともあるんだなぁって思いました。

30 4月

学校でオナニー 横浜市在住 32歳 男

あれは俺が小学5年のときだったっけな?当時から女の子のパンツに興味を持ち始めていた。そのとき、
授業中で(確か理科だったと思う)どこの小学校もそうだと思うが、理科室って言うのがあったんだよね。
実験とか行う部屋でさ。
俺が卒業した小学校では、その理科室の真隣が3年生の教室だったのよ。
俺のころは各学年2クラスあってそのとき季節は夏から秋に変わろうかと言うときだった。
まだ授業に水泳があって3年のクラスは水泳の授業中だった。3年1組は男の子の更衣室で、2クラスは女の子の教室で着替えていたのよ。
俺はこっそり理科室を抜け出して、3年2組の教室に行ったのよ。そこには誰もいなくて、机の上には、女の子たちの着替えがあった。
当然脱いだ下着類もそのままおいてあった。んで、こっそり理科室を抜けた俺が何をしにいったかと言うと、その脱ぎたての女の子の下着のにおいをかぎにいったんだよね。なんともいえない臭いがしたね。次第に興奮してきた俺は、3年2組の教室内で、下半身だけ裸になってちんぽに、どんな女の子かわからないパンツをちんぽにかぶせて、パンツでちんぽが包み込まれるように、握って、しごき始めたよ。
しばらくしたらエクスタシーを感じてその場を後にしたけどね。
あとからわかったんだが、そのとき、女の子の下着に、精子がついてたらしいんだ。当然俺の精子だけどな。
これが俺の学校での初オナニーだな。

最新体験談
Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード