mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

2015年09月

30 9月

主人以外の初めての挿入受け入れ

一寸過激なタイトルになってしまいました。私は50才の主婦兼会社員です。子供のようにかわいがっている部下(20代独身)と先日出張に行った時のことです。彼はとても頑張ってくれ契約は大成功。彼は一ヶ月後には本社に転勤、とっても良い業績が出来ました。その夜は、居酒屋で二人で祝杯です。お酒も入り話題は彼の彼女の話へ、しかし、はぐらかしてばかり。「実はだいぶ前に別れてからはいないんですよ」
「そう、寂しいね」「でも、今は好きな人がいるから大丈夫」「そうなんだ」
そんな話も続かずお店を出ましたが彼はまだ飲みたそう、「ホテルのラウンジで飲むか?」「高いから悪いですよ」私は上司として奢る約束でした。「生意気なこと言って、でもそうね。部屋で飲もうか」「じゃあ僕の部屋で」私も彼にこれ以上負担掛けまいとつい、気軽に言ってしまいました。途中、彼はコンビニでお酒を買い隠すように持込しました。
私は一旦部屋に戻り一日の汗を流し、スーツ姿からラフな服装に着替え私は彼の部屋に行きました。彼もラフな服装でした。
お互いシングルルームの狭い部屋、彼はイス、私はベットに腰掛け再び乾杯。話も弾み何故か彼も私の横に座りました。その時はその行為は何とも思いませんでした。「ところでさっきの話、好きな人いるっていってたよね。どんな人、良かったら教えて」少し酔った勢いもあり、また、私は大学時代今の主人と知り合い浮気もなく一人の男性しか知りません。おばさんの興味本位ですね。
「とても尊敬できる人」「素敵な人」「いつもそばにいる人」
「そう、きっとあなたが好きになる人だから素敵な女性だね」
「同じ会社の人」「年上の人」「その人にはご主人がいるから」
「誰かしら」でも、もしかしてもしかして何て思いもありました。その時、彼の手が私の手の上に来ました。
「もしかしてその人って」その時突然抱きしめられ彼は大声で言いました「〇〇さん(私の名前)が好きなんだよ〜。ずっと言えなかったんだよ〜」
私は大変な動揺していましたが「そう、有難う。でもね、私は結婚してるの。あなたにはこれからふさわしい女性が必ず現れるよ。ねっ」
彼はまだ私を離そうとはしません、それどころか「最後に、最後の思い出に〇〇さんを抱きたい」
努めて冷静さを保ちながら「今こうして私を抱いているじゃない」
「違うんだよ」「何が」「‥‥」「さあ‥」
彼は振り絞るように「Hしたい」
この年になってこんな若い男性に更には部下に言われるなんてびっくりです。
「少し話をしましょ。だから離して頂戴」
やっと彼は離してくれ私は本当の事(主人以外の男性は知らない事、浮気願望のない、家庭を大切にしたい等)を話しました。
彼を見ると涙目でした。「Hしたいなんて言って後悔してんでしょ」「違う、言えただけ幸せ」
暫くの沈黙後、意を決して彼にもう一度問いただしました。「本当に本当なの?こんなおばさんで後悔しない?」「後悔なんかする訳ない、本当に好きなんです。どうしようもなく好きなんです」
「そう、解ったわ。でもこれだけは約束してくれる?」「何ですか」
「これっきりの一回だけ。誰にも一生言わない。明日からは私を唯の上司と思う事。約束できる?」
「出来ます、破ったら殺してくれてもかまいません」
「そう、解ったわ」
彼をベットから立たせ部屋の電気をフットライトだけにするように言い立ち上がりざま「本当にいいんだね」「はい」
「5分後に出てきて」と彼をシャワー室に追いやりボタンに手を掛けゆっくりブラウスとズボンを脱ぎ、下着姿でお布団に潜って壁を向いていました。
5分が過ぎ彼が出てきました。ゆっくりベットに近づき毛布を半分だけ開け隣に来ました。
「こっち向いて」やさしくキス、初めは拒んでいましたがだんだん彼の舌が侵入してきました。彼の手は、下着の胸からお腹そして一番恥ずかしいところに。「濡れてるみたいですよ」Hな言葉に本当に濡れて来るのが解りました。
彼の手が私の背中に回りホックを外され胸も露に「垂れててごめんね」
口では乳首を目一杯吸われ手は私の手を彼のモノに導きました。彼は下着をいつ脱いだのか既に全裸でした。
大きい、硬い。私の第一印象です。と言っても主人のモノしか知りませんが。
彼の口がお腹、そして下腹部まで行った時止まり起き上がり「お願い」と彼のモノを顔の前に持って着ました。
「あんまりしたことないし」躊躇していましたが思い切って含みました。大きく一寸苦しかったけれど喜ぶ彼の声を聞くと幸せな気分になってきました。「下手でしょ」「とっても気持ちよかった」
「〇〇さんものしたいな」「そんな、恥ずかしいからしなくていいよ。」「ご主人はしてくれないの」
実は最近主人は全然してくれません。それどころは営みすら殆どない状態
拒んでも心と体はこのときは別物。私のアソコは彼の口、指までも許してしまいました。
更にました彼の卑猥な言葉と口・指使いに本当に久しぶりの絶頂を迎えてしまいました。彼にも解ってしまったみたい。
「もう欲しい」「それだけはダメ」「どうして」「どうしても」「でもここは欲しいと言ってるよ」とわたしのアソコを指でなぞっています
「本当は、本当は。さあ、言ってみて」「いらない」「本当かな」
彼は私の足を割って上になり、お互いのモノを擦り合わせてきました」
「どうする、どうする」
彼も焦っていました、唯、私を喜ばそうとしている気持ちがとっても伝わってきました。
「本当に私の事すきなのね。私も本当はあなたの事好き」
その時、彼のモノが突然往々しく侵入してきました。それはとてもスムーズにでした。
若い彼、激しくまたも絶頂を迎えていました。
「逝ちゃったね、僕も逝きたい」
「ごめんね、私だけ。逝っていいよ。お願い、私の体で逝って」
「でも」「何」「あの〜、ここには避妊具ないし」
「そうね、でも心配しないで。私の事すきなんでしょ。中でいっぱい出していいよ」
と同時に彼はわたしの中で果てました。しかし彼はなかなか離れようとはしません。いつまでも思いっきり抱きしめてくれました。彼が私の上から去った後、当然の事のように彼の体液が流れ出てきました。
「いっぱい出たね。満足した」「有難う」
「明日からは上司と部下。それだけよ」「解ってるよ」
それからその夜は明け方までしました。日の出前に彼が最後の発射をし約束通り上司と部下の関係に戻りました。
一ヵ月後の彼との最後の日の帰り際、私を会議室に呼びこう告げ本社に向かいました。
「俺が出した瞬間、〇〇さんのアソコが俺のモノを何回も締め付けたんだよ。一生忘れない。有難う」

30 9月

恋人

一人娘も短大を卒業し、昨年その街で就職しました。
たまに帰って来ては、
「ママ、最近綺麗になったね・・」だなんて言います。
「誰かに恋してるの?同じ女だから分かるわ。もしそうだとしたら、いいことよ。まだ40過ぎだから、恋したって当然よ。私は応援するからね」
娘と買い物に出た時、確かにナンパされたことがあります。
女としては、嬉しいことかな・・
娘は、薄々私に男性がいることを感ずいているようです。
私はとぼけていますが、ばれているようです。
そう、私は今、恋しています。彼に・・
彼は、私の膝が好きみたいです。丸くて形がよく、白い肌が大好きだって言ってくれます。
彼は、美容師の卵・・・娘と同い年だなんて・・
あまり時間が取れない中でも、必ず毎日、携帯にメールを送ってくれる彼。
私が、彼のヘアーモニターとなって、4ヶ月。最初にデートしたのは、年明けの初詣。
私の形のいい膝をいつも見たいといって、膝上のスカートを冬の間も履いていました。それも素足で・・靴下とブーツ姿。若い子達と同じ姿は、少し照れたりしましたが、彼の好みなら・・とお洒落しました。
3月25日、私の42回目の誕生日。彼は、休めない美容室の仕事を、何とか休んでくれました。
彼の車で、ドライブ。公園を散歩し、いつの間にか、どちらからともなく、指を絡ませて歩いていました。
膝上のスカート・・
「寒くない?」と優しい彼。
「今日は、少し遅くなってもいいかな・・?」
私は、うなずいていました。
彼とデパートに行き、私の誕生日のお祝いを買いに行ました。彼に手を引かれ、行き着いた場所・・・
ランジェリーコーナー・・
彼は、私にブラとパンティを選ばせ、支払ってくれました。
男性から下着をプレゼントされるなんて、初めてのことで、恥ずかしさと嬉しさが交互して、戸惑いました。

後日の話ですが、娘からの電話で
「どうだったの?ママの、誕生日。何かもらった?」と娘。「男性に下着をもらったことある・・?」と私。
娘は、ひどく明るくなり、
「わあ、素敵。もらったのね、ママ。素敵だわ」と言います。
「で・・許しちゃったの?」
「え?」
「もう・・抱かれたの?」
「それ以上、何もないわよ」と私。

その夜、デパートの地下駐車場の車に戻り、二人後部座席。
「紀子・・好きなんだ・・」彼から、初めて聞いた言葉。
「ありがとう・・」
「ひとつ、お願いがあるんだ・・」
「なあに?」
彼はうつむいてしばらくじっとしていましたが、
「紀子に、パンティを履かせてあげたい・・・」
「え?・・どこで?」
「行こう」
彼がそう言い、車を出ました。彼に手を引かれ、駐車場のトイレへと。
女子トイレ・・彼が素早く個室に入ります。
「?・・ここで?」
「大丈夫だよ。向こう向いて」
彼は、私の腰に手を回します。
「スカートの中に手を入れるよ・・いいね」
戸惑う私をよそに、彼は私のプリーツスカートの裾から手を入れて行きます。腿を這い上がる指。パンティに、指先が触れます。
「本当に?・・」
「脱がせてあげるよ・・」
彼は、私のパンティを優しく脱がせ、降ろして行きます。ブーツの先からパンティを抜き取られ、包みの新しいパンティを出し、ブーツの先から丁寧に履かせて行きます。彼は、優しく履かせてくれました。
車に戻り、うつむく私。脱がされる恥ずかしさと、履かせてくれる嬉しさで混乱し、ドキドキしていました。
優しく抱き寄せてくれる彼。自然と重なり合う唇。実は、彼とは初めてのキスだったのです。
そろえた膝頭が、見えています。
「綺麗な膝だよ」と、彼は褒めてくれます。
「ありがとう、嬉しかったわ・・」と、パンティを履かせてくれたお礼を言いました。また、長く熱いキス。胸元に、熱いキス。キスマークができました。

先週、彼とのデート。シャワーを入念に浴び、彼好みの洋服。その日は、覚悟していました・・・
デニムのジャケットに、春物の膝上10センチのプリーツスカート。サンダル。その日は、パンストを履いて行きたい、と彼にメールしてOKでした。素肌感覚の薄いサポートタイプ。
もちろん、彼からもらったお揃いのブラとパンティ・・・

待ち合わせのとある駅前、彼と電車を乗り継ぎ、未知の街へと・・・
彼の腕に寄り添い、腕を組み、彼の彼女として、歩きました。金マークほとんど消え、彼はこっそりと駅のコインローカーの隅で、私の胸元の同じ所にキスマークをつけます。
歩いているとすぐ分かるような露出した場所に・・・
散歩し、ウインドショッピングし、お茶を飲み、・・
その日、私は初めてタバコを吸いました。
「紀子なら、きっとタバコが似合いそうだ・・・」
彼からすすめられ、メンソールのタバコを買ってもらいました。最初はふかすだけでしたが、少しずつ吸い込めるようになりました。
夕方、早めの夕食をとり、軽くお酒も・・
街を歩き、いつしか裏通りに・・キラキラした場所・・・
「紀子・・」
「なあに?」
「紀子を抱きたい」
「・・・はい」
彼は、ホテルに私をエスコートしてくれました。
部屋に入り、バスルームへ・・
彼は、ほろ酔いの私を背後から支えてくれました。
スカートの中に手が・・
どこで覚えたのだろう、パンストを優しく丁寧に、脱がしてくれました・・
交代でシャワーを浴び、バスタオルで上がってきた私を、彼は抱き上げます。ベッドまで・・
明かりを落とし熱いキス・・・耳、首筋、うなじ・・・脇の下・・・彼の下が這い回ります。
形のいい乳房・・乳首を優しく、何度も何度も吸い上げてくれます。
「あっ・・」
腿から、足首・・足の指も、一本一本口に含んでくれました。
閉じ合わせた膝頭・・大好きな私の膝を、愛してくれます。
膝頭を開いていく彼・・
私の中心へと・・・
彼は、入念に、丁寧に、どちらかといえば薄いヘアーをかき分け、亀裂に沿って、舌を這わせます。
「ああっ・・いや・・」
彼と指を絡め合います。
小さくふっくらと露出したした所も、口に含み、そっと吸い上げてくれます。
「あっ・・そこ・・だめよ・・」
絡めた私の指先に、思わず力が入ります。それが分かるのか、彼はまた優しく吸い上げてくれます。
こんなにも丁寧に、女の部分を愛してくれる彼・・・
私は彼に愛されているんだ・・と
時間をかけ、上下に舌を這わせ、吸い上げる彼・・
私がイクのは時間の問題です・・
硬く伸ばした舌が・・膣の中へと・・そっと、挿入されて行きます・・
「あっ・・いやああ・・だめ・・」
さらに奥へと硬い舌が・・
「イ、イッちゃう・・・」
私は、悦びを迎えました。
彼は、固く長いものを・・優しく優しく・・・
「ふ、深い・・」
彼とひとつになれたこと。その夜、3度、抱かれました。
フラフラの私を支え、帰路へ・・・

彼が好きです。年齢は関係ありません。
恋しています。彼の女として、今私は幸せです。

30 9月

カルピス

一人で晩飯を食べていたら風呂上りのピチピチ肌の妹が裸のまま台所に入って
きやがった。
隠すべき所も隠さずにバスタオルで体を拭きながら。
そして冷蔵庫を開けて言った。
「え〜、ジュース何もないよ〜。お兄ちゃ〜ん」
「そんな事知るか。下のコンビに行って買ってくりゃあいいだろ」
「面倒くさ〜い。お兄ちゃん買ってきて〜」
全く腹が立つ。面倒臭い事になるといつも甘ったれてきやがる。
「カルピス飲ませてやろうか?」
「いらな〜い。どうせまたオナニーするんでしょ。でもいいわよ。ジュース
買ってきてくれるんなら。お兄ちゃんのカルピス飲んであげる。」
交渉成立。
「よし!」
そう言うと俺は立ち上がりスウェットの下とトランクスを一気に下まで下ろし
てチンポを動かしはじめた。
「馬鹿じゃないのー。先に買って来てくれなきゃ飲んであげな〜い」
仕方なくマンション一階にあるコンビに買いに行く。ピーチ、コーラ、オレン
ジなど何本か適当に買って戻る。妹はミニペットをがぶ飲みする。
「は〜、飲んだ。いいわよ、お兄ちゃん」
妹は正座をして口を大きく開けた。
「あ〜ん」
俺はチンポを妹の口に載せて親指と人差し指でしごきはじめた。
「今日は私が口だけでやってあげる」
妹が言い出した。
「最初からそう言え」
頭の中で突っみを入れた。
立て膝をついた妹が俺の尻に両手を廻す。
妹は顔を激しく動かし始めた。
気持ちいい。
それから口の中に入れたまま強く吸引してくる。
堪らない。
「あれやって」
そう俺が言うと口の中でチンポを舌全体で強くこすり始めた。
舌のざらつき感が素晴しい。
情け無い事にこれをしてもらうと俺はいつもイッテしまう。
妹は約束通り射精しても口から話さずに口の中に含んでごくりと飲んだ。
べろ〜んと舌を出して俺に見せつけた。
アハハハと妹は笑いやがった。

最新体験談
Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード