mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

2016年12月

31 12月

美人のパンツ

同じマンションの30才位の人妻、美人でケツがでかくて前から気になる存在でパンツが欲しいと思ってた。
しかし俺は一階、彼女は六階、
パンツは取れそうにない、
洗濯機は室内にあるし、・・・
色々考えたがある日
「履き古したゴムの伸びきったパンツなら捨てるかも」 と思いついた。
実際俺もボロくなったパンツは捨てる!!
それから毎朝ゴミ捨て場に張り込んだ。

そしてついに彼女がゴミ袋を捨てる現場を目撃。
彼女がいなくなったのを確認してから急いでゴミ袋を拾い、自分の部屋に持ち帰った。
ドキドキしながら中身を調べる
12個入りのコンドームの空き箱、大量の丸められたティッシュ、
使用済みの彼女の血液の付いた生理用品などかなり興奮する物が出てきた。
それから何度かゴミを拾った。
旦那とのセックス、ちゃんとコンドームを使っているよう、毎月生理はきているよう。
コンドームの数からして、セックスは毎日しているようだ。
生理はナプキンとタンポンを併用して処理しているようだ。
そしてパンツはないかと諦めかけた瞬間、新聞紙に包まれたカタマリを発見。
妙に丁寧に包まれている。
触るとフワフワしている。
俺はワクワクしながら包みを開いた。

開いてみると大きめのベージュのパンツが出てきた。
ガッツポーズを取りながらパンツを広げてみると、まんこの部分が黄色く染みになっている。
鼻を近付けると、プーンとおしっこの匂い !
かなりヨレヨレで捨てる前に最後に履いてくれたみたいだ。
ついにあの美人の汚いパンツを手に入れた
俺はすぐさまパンツを鼻に当ててシコった。
15秒位で出てしまった。


今は彼女も引っ越してしまい、もう会う事もない。
青春のホロ苦い思い出だ 。

冷静になると自分でもきんもー☆と思うけど、美人のパンツならやっぱり欲しいよな?
俺は欲望に勝てなかった。
わかった事は男でも女でも古くなったパンツは捨てるという事だ。
今まで自分で履いた歴代のパンツを大切に取っておく人間はいないという事だ。
パンツは必ず捨てる。
しかもどうせ捨てるならと最後に履いてから捨てる人が多。
俺もそうだ。

31 12月

ごみ袋

同じマンションにキレイな女性が住んでます、何気なく朝窓から外を見てたらその女性がゴミを出してました、私もと思いゴミ袋を持ってゴミ出し場に行きました、ゴミを出し帰ろうとした時先程彼女が出したゴミが目に入りました、ビニール越しにかなりもっこりしていたので何かお宝が入ってるかもと思いさりげなくその袋を持ち帰りました、家の中で袋を開け中の物を出してみると出てくる出てくる、いらなくなった使い古しのブラジャーやパンティーが固く縛られた別のビニール袋から大量に出てきました、私はそれを舐めたり、匂いを嗅いだり、自分で履いたり、下着を息子に擦りつけたりと至福の時間を過ごし、彼女の顔を思いだしながら5時間にわたり3回の射精を繰り返しました、匂を嗅いだり舐めたり、擦りつけると頭が真っ白になり、まるで危ない薬でも飲んでるかのような快楽が息子を襲います、まだ未使用があるので今日も頂きます、今から考えただけでイキそう。

31 12月

学校で援交

同じクラスの美里ちゃん。小学校からの同級生でけっこう仲がよかった。高2の夏休みが明けた頃、美里ちゃんは
お金に困ってたらしくバイトを探していて、高収入ないいバイトがないかとよく聞かれていた。
その日も美里ちゃんは、昼休憩一人でなにやら雑誌を見ながらバイト先を探してるようだった。
「Hなサービスしてくれたらバイト代出すよ」ってジョーダンのつもりで言ってみた。
そしたら、まさかの「ほんとに!?何すればいい!?」って食い付いてきた。
「いやいや、マジにすんなよ」って笑って流した俺に胸が当たるくらいグッと近寄ってきてちんこをそっと
撫でながら「女の子その気にさせといてそりゃないよ〜」って甘えた顔にドキッとした俺。
バイト代入ったばかりでお金には余裕があった。
「じゃあ、口でしてくれたら3千円。口内射精で4千円。」って言うと、「いいよ」って超笑顔。
誰もいない家庭科調理室に行き、美里ちゃんの温かいお口で包み込んでもらった。
初めてのフェラ体験。
手でやるより数倍気持ちいい。
10分くらい我慢したがもう限界「逝くよ!口の中でいい?」って言うと咥えたまま小さくうなずいた。
気持ちよさから量が多めで精子タンクが空っぽになるまで全部出し切った。
精子を口に含む美里ちゃんの顔がエロかった。
美里ちゃんは眉をしかめ精子を吐き出そうとしたので「ちょっとまって!そのまま次の授業終がわるまで
口に溜めてたら5千円出すよ」って言うと、ちょっと考えたがOKらしい。
美里ちゃんの席は俺の斜め前で横顔が確認できた。
時々口元をハンカチで拭いては俺と目が合っていた。
授業終了後、ソッコー俺の手をひき教室を出た。
手洗い場で俺に口の中の精子を確認させて吐き出し、何度も何度もうがいをしていた。
若干涙目で5千円受け取って美里ちゃんは笑顔で教室に戻っていった。

最新体験談
Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード