去年の秋、家族で旅行に出かけた時の話をします。
私32歳、妻30歳、子供(男)10歳
子供の要求もあり、ケ○○ワ○○ドに泊まりで出かけました。
そこは、流れるプールや、波の出る所があり1日中遊べる子供にとっては最高の場所でした。
現地に到着と同時に、プールへ向かいました。休日と言う事もあり、施設内は非常に混雑しており
プールは芋洗い状態でした。
妻は薄い黄色いビキニ姿で、ちょっとムチムチした体は男がムラムラくる体系だと思います。私が言うのも
何ですが、顔も結構可愛く自慢できる妻です。
妻は子供に手を引かれる様に、波の出るプールに向かっていました。私は、場所を探し歩いていました。
人通りが多い通路脇ですが、何とか場所をキープし妻達の元へ向かいました。初めて見る波の出るプールは
想像よりも激しく、子供以上にハシャイでしまいました。妻も浮き輪に乗り何度もひっくり返っていました。
「パパ楽しいね!」 そう言って、ドンドン深い方へ向かって行きます。子供も夢中で、私は子供から目を離さないよう
にしていました。その時、会場内に放送が鳴り波が大きくなりました。今まで以上に大きく、周りのお客さんと体が
ぶつかる位大きな波でした。「妻は!」そう思って辺りを見回しても見つからず、子供の浮き輪をひっぱっりながら
ちょっと沖の方へ向かうと、一番沖の方に妻が見えました。よく見ると、妻を囲む様に若い男性数人がいました。
「お〜い」 そう叫んでも波の音が大きく、妻には聞こえていませんでした。なかなか近寄る事が出来ず、離れた
場所から見ていると、妻の顔がときより変わるのが分かりました。「どうしたんだろう」と思いましたが、大波に流され
なかなか妻の元にたどり着く事が出来ませんでした。「お母さん!」と子供が騒ぐと、若い男達がこっちを見たかと思う
と、バラバラに散らばり妻が、こっちを見て微笑みました。「お母さん、居なくなっちゃうんだもん!」、「ごめんね」といつも
と変わらない妻の言葉でした。気にしすぎかな?と思いながら妻の浮き輪に手を伸ばした時、妻が一所懸命何かを
直している様でした。「流れるプール行こう!」子供の要求で、私達はそのまま流れるプールに移動しました。
流れるプールも大盛況で、流れる人って感じでした。でも、とっても長く、しかも2階なので、眺めも良く浮き輪に乗って
ユラユラと気持ち良かったです。子供は、バチャバチャと泳ぎ、妻も浮き輪にお尻から入ると、流れるままに寛いでいました。
2週目に入る頃には、みんなバラバラになっていました。私は、ちょっと広い場所で妻達を探しました。1/4週位遅れて妻が
流れて来るのが分かりました。手を振ろうとした時、気づいたのです。妻の周りには、さっき波の出るプールに居た男性達が
また、妻を囲んでいたのです。妻は目をつぶっていました。私は、人影に隠れ様子を見ていました。明らかに妻に密着し
中には、妻の浮き輪に捕まっている人も居ました。4人、しかも高校生か?20歳位でしょうか?私は、声を掛ける事も
出来ないまま前を通り過ぎて行きました。少し遅れて子供がやってきました。私は、子供と合流し妻の後ろを付けました。
3週目に入る頃、流れるプールの一部に下が見える様になっている場所(ガラス張り)があったんですが、妻と男達が
その場所で、止まりました。妻は目を開け、必死に何かをしている様でした。男達は、ニヤニヤ妻を見ていました。
妻も男達に何か言っている様でしたが、波の音と、人の声で何も聞こえません。私は、ゴーグルを付け妻の後ろから
近づいてみました。2m位でハッとしました。妻の下のビキニが膝まで下げられ、妻が必死にビキニを抑えていました。
男数人の手が妻の下半身を触り、マンコ丸出しで透けるプールの場所で止まっているんです。下からも見えていたんでしょうか?
私は、怒り以上に妻の姿に興奮しました。もう少し、男達の行為を見たくなり妻に声を掛けるのを辞めました。
少しして妻と男達が動きだし、半周位回った辺りの薄暗い場所で、妻と男達がプールから上がるのが見えました。上がる時
ちょっと見えたんですが、妻は下のビキニを直したようですが、半尻状態でした。私は、子供を連れ妻の後を追いました。
そして、プールサイドに場所取りした所に子供を待たせ、妻が消えた洞窟の中に入って行きました。
奥に入ると、お湯のプールがあって男達の真ん中に妻がいました。私は、岩陰から様子を伺うと妻の胸に手を伸ばし、今にも
ビキニを剥ぎ取ろうとする男達!流石にマズイと思い、「お〜ここに居たのか?探したよ」と声を掛けた。
「あっあなた、ごめんなさい。温まっていたの?」気まずそうに、妻が答えた。男達は、知らんぷりをしていた。
「子供も腹減ったみたいだから、昼食にしよう」そう言って妻の手を取った。妻が立ち上がると、ビキニからオッパイが
はみ出していた。俺は気づかないふりをして妻と子供の元へ向かった。
私と子供の2人で売店に向かいました。売店は長蛇の列で、なかなか進みませんでした。
ふと妻の方を見ると、さっきの若い連中が、妻の元に来ていました。妻も困った顔で話をしている様でした。
ようやく、昼食を買い妻の元へ戻るとさっきの連中は居ませんでした。
「いや〜凄い混みようだったよ。」
「人凄いもんね!ご苦労様」
「さっき、若い連中と話してた?それともナンパ?」
「ち・違うわよ!ちょっと、温泉の場所聞かれただけよ」
「そうなんだ!てっきりナンパされてんのかと思ったよ。」
「も〜パパったら…」
その後、昼食を済ませると子供と妻は、また波の出るプールへ直行した。私は疲れたので、休んでいた。
辺りを見渡すと3人組みの若い女性が結構、キワどいビキニ姿で休んでいた。時より、こっちに四つん這い姿で
お尻だけが向いていたりして、ドキドキしながら見ていた。(変態ですね…笑)
しかも白いビキニなので、尚興奮した。彼女達がプールへ向かったので、私も何となく付いていった。
彼女達はプールで浮き輪に乗り、ハシャイデいた。夢中で見てしまい、何度か目が合ってしまった事もあった。
そんな事に気が回り、妻達を忘れてしまっていた。妻達を探したが、見当たらず施設内を探した。キャーっと言う
言葉に目が行った。そこは、ウォータースライダーだった。次々と滑り落ちてくる人の中に、子供が居た。
あっと思ったが、一緒に乗っているのは妻では無かった。さっきの妻に絡んでいた男の一人だった。私は人影に身を
隠し様子を見ていた。するとバッシャ〜ンっと言う音と共に妻が男性と降りてきた。その時、明らかに男性は妻の胸を
触っていた。子供も妻も男達に手を引かれまた、上って行った。しばらく様子を見ていたのだが、男達は代わる代わる
妻と乗り、お触りタイムを楽しんでいる様だった。
「じゃ、次は流れるプールに行こうか!」 男が子供に話掛けた。
「ん〜行こう!早く」 子供もすっかり男達に慣れたのか、上機嫌だった。
「パパ探していると大変だし…この辺で…」 妻が困った顔で答えた。
「いいじゃないですか!子供も楽しんでいるんだし…」 男が妻の耳元で囁いた。妻はコクリと頷いた。
男達に連れられ、移動する後を私も付いて行った。男達は妻の腰に手を回し、カップルを演じていた。
流れるプールに行くと、一人は子供の世話役で残りは妻を囲んでいた。私はゴーグルを付け、水中から妻を見た。
水に入ってすぐに、ビキニは下げられ男達が、代わる代わるマンコを触っていた。妻は終始目をつぶって我慢している
様だった。私は一旦プールを出ると、一周待って妻に声を掛けた。
「お〜いたいた。随分探したよ!」
「あ・あなた」 男達が焦るように私を見た。
「誰?知り合いなのか?」 ワザと聞いた。
「あ・さっき知り合った人、子供と遊んでくれて」 男達も合わせるかのように話出した。
「あ・旦那さんですか?どうも」 場が悪い感じの顔をしていた。しかもビキニを必死に上げているのが分かった。
「俺達この辺で…じゃ」 そう言って彼らはプールから上がった。
子供も近寄って来て
「パパ楽しかったよ。」
「そうか、パパ探したんだよ。今度はパパと遊ぼうか」
「うん」
そう言って流れるプールを進んだ。私は子供と妻を引き寄せ妻にベッタリくっ付いていた。
「何された?」耳元で囁いた。
「えっ何って?」
「若い男だよ!知らない人が、一緒に遊ぶ訳ないだろ!」
「ん〜ちょっと触られた。ナンパされた」
「何で触られて抵抗しなかったんだ!」
「ごめんなさい!後でゆっくり説明するね」
私達は、その後常に一緒に行動した。夕方プールから出て、ホテルへ向かった。ホテルもプールと隣接されていたので
直ぐだった。部屋に着き、着替えると子供はテレビに夢中だった。
「さぁ続き」
「波の出るプールで、ハシャイデいたら男達にぶつかって、男の人の指輪がなくなったと言われたの?誤ったんだけど
高いんだぞ!と言われ、そうしたら色々触って来て抵抗したら”指輪払え”って言われて、何も出来なくなった。彼らは
私を見つけると寄って来て…」
「分かった。騙されたんじゃないか?まぁ触られただけか?」
「うん。他は何もないよ」 まぁちょっと嘘つかれた感じだったが、俺もドキドキしながら初めて見る妻の痴女姿を見れた。

その夜は、昼間の興奮を妻にぶつけた。妻も「どうしたの?今日激しいね」と私の行為に対応してくれた。
初めての体験だったが、妻が他人に悪戯されるのも堪らない興奮を覚えた。また、今度プールへ来ようと思った。