高3の夏休み、夜中受験勉強してたら、
4つ上の姉が少し?酔っぱらって部屋に入ってきて、
「あんた、私とやりたいんでしょ」
「えっ?」
「Hしたいって思ってるんでしょ、正直に言いなよ」
「・・・」
「やらせてあげるから、こっちにきなよ」
姉は、俺を引っ張るようにしてベッドの横に立ち、服を脱ぎ始めました。
ブラとパンツだけの姿になった姉は、俺にも裸になるよう催促しました。
俺が少し戸惑っていると、姉はいきなり俺の前を触りました。
「ほら、立ってるじゃん、早く脱ぎなよ」
姉は、あまり可愛いと言える方ではありませんでした。
専門学校を出て、美容師になってから少し派手になりましたけど、
ややぽっちゃりした体型で、
正直言ってエロさを感じたことなどありませんでした。

一方の俺も、あまりモテる方じゃありませんでした。
その時まだ童貞で、生身の若い女性の体を間近で目にしたことなどありませんでした。
そんな俺にとっては、決して美しいとは言えない姉の裸も十分刺激的なものでした。
俺は姉に言われて裸になりました。
「立ってるぅ〜結構大きいじゃん」
「そうかなあ?比べたことないから」
姉は、立ってる俺のものをしげしげと見ると、少し嬉しそうな表情になりました。
そして、ベッドに横になり、俺を横に誘いました。
「あんた、ひょっとして女知らない?」
「姉ちゃんは?」
「いちおう、経験済」
「俺はまだ」
「そうか、だからたまってるんだ」
「え?」
「私のパンツに、悪さしたでしょ」
「・・・」
「知ってるんだから、パンツに変なしみがついてたの。でも、許してあげる」
俺は本当に知らなかった。
でも、姉はそれをむしろ嬉しがっているようにも見えた。
ここは、その場の空気を読んで、あえて否定はしなかった。
「童貞にしては、きれいに剥けてるじゃん」
「そう?」
と言いながら、姉は俺のものを口に含み、舌先で転がし始めました。
気持ちいい。
俺は、今までに味わったことのない刺激で頭の中が真っ白になりました。
ほどなく、姉の口の中に放出しました。
姉は、手のひらの上に白いものを吐き出しました。
「ティッシュちょうだい」
俺は、ティッシュを4,5枚丸めて、姉の手のひら上に置きました。
「私のも、なめて」
姉は、下着を下ろして脚を開きました。若い女性の体を生で見るのは初めてです。
予想外に美しいピンクの花びら、Vゾーンも手入れされています。
俺は、姉の股間に顔を埋め、
クレバスから頭をのぞかせているピンクの花びらにそっと舌先をあてました。
「もっと奥の方も...」
姉のリクエストにこたえ、押し開くように舌に力を入れ、奥に進みました。
「そうそう。もっと上の方、コリコリしたところ」
そこに舌先を這わせると、腰をくねらせ、かすれたうめき声を出して反応しました。
「ちょっと待って」
姉は、俺に仰向けに寝るように言い、腰の上に跨りました。
そして、再び固く大きくなっていた私の下半身を掴み、股間へ誘導しました。
姉が腰を落とすと、にゅるっとした感覚が走りました。
俺に跨ったまま、ゆっくりと腰を動かしながら、
仰向けの俺に体を重ねてきました。
ごく自然に、姉とキスしました。少し酒の臭いがしました。
キスすると、下半身が元気になる気がしました。
姉の腰の動きが、少し早くなりました。
「危ない、出るかも」
「大丈夫。今日はいいの。そのまま出して」
俺は、少し後ろめたさを感じながら、姉の体の奥に体液を放ちました。
姉が体を起こすと、花びらの間から白いものが滴り落ち、俺の毛に絡みつきました。