今から3年くらいまえのまだ中学生のころのこと。

うちは両親が離婚していて、自分は父親。姉は母親にそれぞれ引き取られていた。

しかし 夕飯時から寝るまでは何故か、母と姉はうちに来て父が帰ってくる前までうちにいた。

姉は当時高校2年生。 自分で言うのもなんだが姉はスタイルがいい。



ある日 父が出張。母は親戚の家に泊まりで出かける。そんなシチュエーションになりました。

姉は父が飲むビールを冷蔵庫から出してきて、
「ねぇ ビール飲んじゃおっか?? 今日は二人ともいないから大丈夫!」とビールを持ってきた。
自分も飲んでみたかったので、「飲もう! 飲もう! 」と二人でいつの間にか缶ビール4本も飲んでしまった。


すると姉は酔っ払っているようで自分に「ねぇ〜 Mってカノジョいるの〜?? 気になっちゃう〜 」とヘロヘロ声で。

自分は「イヤ・・ いないよ。 ねぇさんこそどうなの??」と切り返すと姉は、
「私もカレシなんか出来ないよ・・ まだ誰とも付き合ったこととか無いもん。 Mは? カノジョいたことあるの?」

「・・・ 俺もいたこと無い・・ 」と寂しそうな顔でもしたんでしょうか? 姉が突然自分に抱きついてきた。


「!?! どうしたの? ちょっとねぇちゃん!? 」というと姉は、

「Mってカワイイよね〜? 私のカレシにならない〜?? あはは〜 」完全に酔ってるな・・・

自分は姉を抱きかかえ布団に寝かせた。「ちょっと寝て酔い覚ませよ〜!! あとでお越しに来るから。 じゃ。」と、
ホントはドキドキが止まらなかったのだが、姉が酔っ払っている手前 自分がしっかりしよう!と何故か思っての行動だった。


しばらく 一人でテレビを見ていると 姉が寝室から出てきた。
姉「うーん・・ なんかアタマ痛い・・ Mは平気なの?」
自「ん? オレ平気だよ。 ねぇちゃん弱いなぁー。 シャワーでも入ってくれば? スッキリするんじゃない?」

姉「うん そうする・・ じゃ ちょっとお風呂借りるね。」と風呂場へ行った。


1時間しても姉は出てこない・・・ 「もしかして!?! 風呂場で寝ちゃったんじゃ?? 」と自分は風呂場へ。
「ねえちゃん? 大丈夫? 」と声をかけるが反応が無い。

ヤバイかな・・・・・・ と思い風呂のドアを開けると・・・・・・


なんと!?! 姉がオナニーしていた。 どうやらオナニーに没頭していて自分の声が気付かなかったらしい。
姉「キャッ!! M! 何で空けるの?? 出て行ってよー!! 」と言ったが、
自「だって声かけたって 返事しなかったから・・・ ご免ね・・ 」と風呂場を出ようとすると、
姉が後ろから抱きついていた・・・・   「ねぇちゃん? まだ酔ってるのか? 」とちょっとパニックに。


姉「私ね・・ 最近Mのことが気になって気になって仕方なくて・・ 」
自「えっ? オレ? どういうこと? 」

姉「あの・・ 実はさ・・ 私こないだ来て帰った後 忘れ物しちゃって取りに帰ったら、Mが・・・」
自「えっ? いつ? 俺がどうしたの?」 と言うと、

姉「Mが・・ 私の名前を呼びながら自分でしてたの見ちゃって・・・ それから何か気になっちゃって・・」


確かにスタイルのいい姉を思って何度もオナニーをした。バレていたようだ・・・ 気付かなかった。


自「アレは・・ イヤ・・ その・・ クラスの女の名前だよ〜!! ねぇちゃんじゃないよ!」と言ったが、
姉「でも・・ 最後のほうで『ねぇちゃん! オレイクよ!!』って聞こえたの・・ 」   聞かれてたんだ・・

しばらくの沈黙の後、
自「ゴメン・・  実は最近ねぇちゃんが綺麗になって それにスタイルもいいし、ねぇちゃんのこと思うと・・・」


またしばらくの沈黙の後、
姉「ウフッ もうMもそんな年なんだね・・ いいのよ! 私もMのこと好きだし! それに・・・」


自「それに・・? って何? 」
姉「えっ!?! イヤ・・ Mがあの時自分でしてた時 Mのオチンチン見ちゃってから 興奮したって言うか・・」


自「俺の・・・? 」
姉「うん・・・」と姉は顔が真っ赤になっていた。


またしばらくの沈黙があったのだが、
自「ねぇちゃん! そういえば風引くぞ! 早く出なよ! 」とその場を逃げるように風呂場から離れた。



姉「ねぇ・・ M・・ 一緒に寝てくれないかな? なんかさっきMに突き放されたみたいで・・ 寂しくて・・」

自「うん。 わかった。 さっきはゴメン。 一緒に寝よ!」
姉「ありがと・・ M・・ 」
と一緒に布団に入った。


最初は昔話やらでつないでいたが やはりお互い緊張が隠せない。


ふと 自分が寝返りを打って姉に背を向けて寝ようとしたとき、
姉「M・・ 抱いて・・ 」と涙ぐんだ声で自分を呼びました。

自「ねぇちゃん・・・ オレもう さっきから興奮しちゃってもう止まらないよ・・」と姉の手を自分の股間に触らせた。


姉「あっ M・・ スゴイ固いよ・・ こんなに・・」と自分のチンチンをサワサワしてくる。
自「あーっ! ダメだよー そんなに触っちゃ・・ 出ちゃうよ・・ 」とかなり射精感がこみ上げて来た。


姉「じゃ 私がクチでしてあげよっか? したこと無いけど(笑)」とはにかんだ姉の顔に萌えまくった。

自「うん・・ いいの? 俺で? 」
姉「いいの。 Mといつかこうしたいって思ってたから・・ 舐めるね!」と姉はぎこちない動きで自分の
ペニスをフェラしてくれた。 自分も人生初のフェラがまさか姉だとは思わず。


ぎこちなくても 感情が高ぶっているのと初フェラと言うことで自分は呆気なくイッてしまった。しかも大量に。


姉「M すごーーーい! いっぱい出たね〜!! でも苦ーーーい!! 」と笑顔で言ってくれた。
自「じゃ 今度は俺がねぇちゃんを気持ちよくさせてみるから・・ どうしたらいい?」


姉「はずかしいよー  でもいっぱい触って! でもまずキスしたいよ〜! 」とキスをして
姉のカラダに貪りついた。 全身を舐め上げ アソコも胸も首も どこもかしこも姉のカラダを知りたかった。無性に。


姉「アッ! アァン・・ ア・・ アァン・・ 気持ちイイよ! M・・ もっと・・ して・・」と姉は気持ちよさそう。

さらに全身を舐めまくり 手や指であちこち触っていると姉が、
「M・・ もう・・ 入れて・・ 我慢できなくなっちゃった・・ あそこがジンジンするの・・」とせがんで来た。


自「うん 入れるよ・・ 」と童貞処女がセックスをする・・


姉「アッ!! 痛いよ・・! もっとゆっくりで・・ アッ! 」というので、
自「大丈夫? やっぱりやめとこうか?? 」と姉が心配になりましたが姉は、


「う・・ 大丈夫だよ・・ 初めてだし・・ でもMにして欲しいの! もっと来て・・ アッ! 」と
少しずつ ゆっくり姉の奥に入れていった。 ゆっくりだったからか姉はそこまで痛がらなかった。
お互いぎこちないながら ことは終わった。


しばらく添い寝していたのだが、
姉「ありがとう・・ M・・ 初めてがMでよかった・・ 」と涙を流していた。ちょっと寂しそうにも見えたが、
自分は姉の初体験の男になってしまったわけだ。
これでいいんだろうか? とも思っている自分がいた。


今では自分が高校生。姉は社会人として働いているが、その関係は続いている。

もちろん父も母もこのことは知らない・・・   このままでいいのだろうか??