年齢36歳になるサラリーマン、10年前に妻と結婚、2児の父親でもあります。
妻(美沙子)33歳、子供9歳と7歳。

数か月前に大きな仕事を任され、毎日遅くまで働いていました。
その影響なのか?夜眠れない日々が続き、友人(医者)に相談を持ちかけていました。
「ストレスだよ!少し休んでリフレッシュすれば良くなるよ!」
「今、休める状態じゃないんだ」
「それがいけないんだ!本当に病気になるぞ」
「ん〜もう少しで、終わるからさぁ・・・何か薬処方してくれよ」
「そうだな、じゃ良く寝れる様に睡眠薬と安定剤でも出してやるよ」
「すまない」
そうして私は友人から貰った薬を飲み始めたんです。
しかし、夜薬を飲んでも直ぐに目が覚めてしまい、もう一度友人に相談しました。
結果、もっと強い睡眠薬をもらい飲んでみると、朝までぐっすり!
友人曰く、6時間は眠りに付くから気を付けろ!と言うのだ。
友人のお蔭で、朝スッキリ!!!(ちょっと大げさですが)で仕事も何とか無事に終了。
ストレスって怖い物です。役目が終わると気分良好!薬なくてもぐっすり寝れる様になっていました。
まだ手元には10日分位薬が残っていたんです。
普段の生活に戻り、妻との夜の営みも復活した頃、私は悪い事を思いついてしまいました。
”妻に薬を飲ませてエッチな事したら・・・”以前からちょっとそんな事をしてみたかった私は、試してみる事に・・・。
子供が寝た後に、妻の飲んでいるお茶に薬を入れたんです。
ソファーに座りTVを一緒に見ていると、妻はコクリコクリと眠りに付いていました。
肩を叩いても、揺すっても全く反応がありません。
寝たのか?そんな妻を抱きかかえ寝室へ運んだんです。
妻の衣服を脱がせても全く起きる気配がありません。妻を全裸にすると、私は妻のマンコを弄り始めました。
まるで人形の様な妻でしたが、アソコの刺激には反応するのか?段々汁が出始めたんです。
もう、ギンギンになったチンポを妻の中に入れ、恐る恐る出し入れしても妻に変化はありませんでした。
濡れたマンコだけが気持ち良く、ヒクヒクとしています。
その日は、その程度で妻の衣服を戻し寝に着きました。
翌日、妻はいつもと変わらず朝食の準備をしていました。昨夜の事は全く気付いていない様です。
一度試すと癖になると言いますか?またやりたくなるのが私の悪い所かも知れません。

数日後、湯上りの妻に薬入りのジュースを出すと、グイグイ飲んでいました。
数分もすると、大きなあくびを始めた妻は”ちょっと眠くなった”と言い一足先に寝室へ向かったんです。
30分位して私も寝室へ向かうと、倒れこむ様に妻がうつ伏せで寝ています。
声を掛けても反応は全くありません。
服を脱がせ、用意していたエッチな下着付けると、カメラで”カシャ”色んな体制にさせ撮影をしました。
全く起きる気配はありません。道具を差し込んで1枚・肉棒を差し込んで1枚と2時間も妻の体を楽しんだ私。
無抵抗な妻に興奮し、いつもは出来ない事が出来る喜びにワクワクしていました。
翌朝には、妻は何事も無かった様にキッチンに立っています。昨夜の妻の乱れた姿を思い出し、ムラムラするんです。
何度か、そんな事を繰り返し薬が減る事への不安が過りました。
友人の元へ向かうと、”スッキリ寝れるから、もう少し出してくれ”と嘘をついて薬を出して貰ったんです。

私の行為はエスカレートし、妻の処女穴(アナル)も試したくなったんです。
妻に薬を飲ませ、クリトリスを弄ると間もなく、愛汁が溢れてきます。
お尻を高く持ち上げ、アナルを上に突きださせた状態で、穴周辺から舌で舐め始めました。
ゆっくり、じっくり舐めていると、穴の中へ舌を侵入させます。緩んだ穴は直ぐに受け入れてくれました。
ちょっと小さ目なアナルバイブを入れると、ズブズブと入っていきます。
ローションを塗ったちょっと大きめのバイブを押し込むと穴の皮膚が広がりながら咥え込み始めました。
流石に妻も”うっ、ん〜”と声を出します。ヤバいと思いながら動きを止め、様子を伺うと何事も無かった様に
”ス〜ス〜”と寝息が聞こえてきました。
ゆっくり差し込み始めるとスルッとバイブは中に呑み込まれ、物凄い光景です。
そんな姿を写真に写し、遂に私のチンポを差し込む時が来ました。
バイブを抜き取り、私はギンギンのチンポを押し込んだんです。思ったよりスンナリと入ったチンポでしたが、
中に入ると同時に物凄い締め付けがチンポを襲いました。
こんなにも締め付けが強いとは、想像を上回っています。
余りの気持ち良さに、妻の腸内で果ててしまいました。
チンポを抜くと穴はポッカリ開いたままで、ヒクヒクしていました。やがてなかから私の精液がダラ〜っと出て来たんです。
こんな所も写真に収め、私は満足のまま寝に着いたんです。
翌日、流石に妻が”なんだかお尻ヒリヒリするんだよね!何かした?”と聞いてきました。
誤魔化し半分に、大きい○○こ出したんじゃないのか?と言うと、”そんな大きいの出ていないわよ”と恥ずかしがる妻でした。
ちょっと焦りながらも、天然気味な妻にホットする私でした。
そして、まだまだある薬を見ながら私は、悪だくみを考えていたんです。