本当にセックスすることが楽しくて仕方がない年頃なんでしょうか?・・・陽子のチンポとの楽しみ方に対する探求心は尽きることを知りませんでした。
特に、湯郷へのドライブでの経験をきっかけに、陽子の精液そのものへの執着心がさらに大胆になりました。
と言うのは、あの湯郷へのドライブの日、僕と別れて自宅(両親と同居の実家である)へ戻った陽子はお母さんが奨める夕食も取らないで(まあ・・・あれだけ僕の精液を飲んでいたら、あまり普通の食事を採る気にならなかったのかもしれませんが)、自分の部屋に入り鍵をかけて、真っ裸になって全身が写る鏡の前に立ち、車の中で飲み残した精茶(精液の入ったお茶)の入ったペットボトルの口を開け溢れない程度の量を手のひらに取って自分の体に塗り込んでいったのだそうです。
まずは何度も僕のチンポをくわえ込んだオマンコのあたりに念入りに塗り込みます。その次は自分の口を中心に顔中に塗り込みます。
体温で少しお茶が蒸発して乾いてくると少し肌が突っ張ったようになって、ちょうど日焼けして皮が剥け始めたようになったそうです。
そして僕の精液の香りが部屋中に漂い始めて、妙ななアロマ効果に頭がぼ?っとしたそうです。
その後はバストと言わずおへそといわず、全身に何度も塗り込んだそうです。
なぜ、そんなことが判るかというと、その翌日、朝いちばんに陽子と顔を合わせたとき、いつも薄化粧な陽子の顔が一段と薄化粧で・・・と言うより何もしていない感じで額の前髪の生え際に沿って薄い皮の様なものが付着していたのが気になって、お昼の木陰のランチンポの時間にチンポの上で口を窄めて美味しそうにピストン運動を繰り返す陽子にその薄皮の正体を尋ねたからです。
そして陽子はこの時とばかりに更なるおねだりをしてきました。その日のお弁当のデザートは真っ赤なイチゴが5つで、陽子の大好物でしたが、そのイチゴに「あなたの練乳をかけて・・・」と言うのだ。つまりそのイチゴに僕の精液を練乳代わりにかけてから食べたいというのである。
僕はツツジの壁を背に膝立ちして陽子の手から開放されたチンポを自分で扱き始めた。
そういえば、自分で自慰をするのは陽子に出合ってから久しぶりだとその時気付いた。
精液放出のタイミングは直ぐにやって来た。「陽子出るよ!・・・イチゴ持ってきて」陽子がイチゴの入った容器をチンポの下に持ってきた。
「そこじゃあ、入らない。もっと正面に持ってきてイチゴが下に落ちない程度傾けて・・・」と言い終わるやいなや陽子の目の前でチンポの幹がムクムクと震え、直ぐに亀頭が充血しながら膨れあがり、先にある尿道口が捲れ上がってそこから勢いよくイチゴに向かって精液が飛び出していった。
特製の練乳は容器を持った陽子の親指にかかりながらその殆どがイチゴを捉えていた。
最後の一滴を尿道口から口で吸い取った陽子は「ありがとう・・・美味しそうになったわ・・・本当に練乳みたいだね・・・うれしい・・・」と精液がたっぷりとかかったイチゴを早速口に運んだ。
暫くもぐもぐと噛んでいた陽子はゴックンと飲み込んで「おいしいわ・・・」と次のイチゴをどれにしようかと目移りさせながら言うと一つのイチゴに楊枝を刺しながら横で見ている僕の頬にキスをしてきました。
特製練乳を吐き出したチンポをパンツの中に仕舞った僕はその様子を見ていました。イチゴが残り一つになると、陽子はそのイチゴを潰して容器の中にこびりついた特製練乳をイチゴで集めて回り直接容器に口を着けてズルズルズルと直接喉の奥に流し込んだ。
「・・・ふ?う・・・美味しかった・・・」とニコリと微笑んでみせた。この微笑んだ顔がキョンキョンそっくりです。
そして陽子は更にその容器の内側を指でなぞりながら指に集まる特製練乳を舐め取り、「・・・ねえ・・・この容器後で綺麗に洗ってから預けるのでお願いを聞いてほいいの・・・」と言いだした。
それは、僕が部屋で自慰をしたり、陽子と合えなかった日には精液を密閉容器に吐き出して冷凍にして、次合う時に持ってきて欲しいというものでした。
この無茶な要求に抵抗してもしょうがないことを知っていた僕はその日の夜、自分で出した精液を入れ冷凍した状態にして、翌日陽子に渡した。
給湯室にいた陽子に渡した時には溶け出していて容器の中で右左に動いていた。
そこに僕と陽子の2人しかいないことが判っていた陽子は容器をてにすると、空いた手でズボンの上からチンポを撫でて「早速、ありがとう。これ何回分?」と聞いてきた。
ぼくが「一回分だよ」と答えると「流石にわたしのチンポねっ、多いわあ」と言うなり蓋を開けて飲み始めた。
そこにアシスタントが僕を捜して呼びに来た。「先輩、ミーティング始まってますよ!」と扉のない給湯室の外から声をかけた。
陽子は躊躇うことなく僕の冷凍精液を飲み続けた。僕はそれを確認してアシスタントと会議室に向かった。
その日の帰りがけ、陽子が席にやって来て「ご馳走さまでした。またお願いします。」と言って綺麗に洗ってある密閉容器を机の上に残して先に退社していった。

そんな日が数日続いてたある日、いつもの様に太陽の下でチンポを陽子にしゃぶらせながら僕は聞いてみました。
「陽子・・・どうしてそんなに精液が欲しいの?・・・そんなに美味しい?」陽子は僕のチンポを口から外して手で快感を送り続けながら答えました。
「あなたの体から香る臭い体臭そのものが動物のオスとしてメスであるわたしにピッタリと来ているっていうのは理解してくれているよね?。」「ああ?、それはなんとなく解るよ」
「じゃあ、そのピッタリと来る臭いのするオスの体内から出る精液がそれを見つけたメスにとってどれくらい重要な物か解る?そんなピッタリと来るオスの子孫を自分の体で産み出したいじゃないの、それが動物のメスっていうものよ。オスのあなたには判りづらいかもしれないけど・・・」「へ?え、そうなんだ」
「だから、時々テレビの生き物の生態を紹介した番組で、言い寄るオスに目もくれないメスの動物がいるじゅない・・・彼らはしゃべらないけど、臭いでわかるのよ・・・相性が・・・と言っても、私の欲しいのは精液と先走り汁・・・そして飲んだとしても汗までよ・・・おしっことかうんちは無理・・・精液は純粋なタンパク質だけどおしっことうんちは排泄物・・・体が不必要だと拒絶したもの・・・だから変な事を考えないでね・・・でもきっとあなたのおしっこなら汗と同じ臭いだと思うから臭いを嗅いでも嫌なことはないと思うし・・・体に着いても、どおってことないと思うわ・・・」
「・・・へえ?・・・と言うことは・・・陽子・・・君は・・・僕の子供を・・・」
「・・・・うう・・うん・・・本心はとっても欲しいは・・・でも・・・安心して・・・私は・・・こどもの・・・産めない体なの・・・残念だけど・・・この話したくなかったんだけど・・・」陽子は少し涙を浮かべていた。
「・・・だから・・・せめて・・・好きな男の精子だらけの体でいたいの・・・いつも、いつも・・・解ってくれる・・・」僕は言葉で返事をせず、陽子を抱きしめた。
そして、チンポを奮い立たせて陽子の口に差し出した。陽子はさらに愛おしそうにチンポをしゃぶり出した。
僕は改めて聞いた。「陽子、ぼくのチンポ、美味しいかい?」陽子はチンポをしゃぶり続けながら顔を見てはっきりと頷いた。
そんなけなげに僕のチンポを慕ってくれている陽子に、彼女がのぞむのであれば、もう一度精液を直飲みさせてやりたくなって腰からチンポをつっぱって精液をしぼりだしてやった。
口を離すことなく嬉しそうに僕の精液をゴクゴクと飲み込む陽子を見ていると、午後の仕事をサボりたくなってしまった。

                                                        つづく