妹「今週の土日雨が降るらしいよ!」
俺「あー、そうなんや」
妹「土曜の部活行きたくないなー。」
俺「バスケは室内やろ」
妹「行く時濡れるか嫌なの」
俺「乗っけて行ってやろか?」
妹「うん。部活終わったらどっか行こうよー。」
俺「ああ、ええよ。」

土曜

俺「迎えにいくか」
妹・友達「わいわい」
俺「おつかれ」
妹「そうそう、友達も一緒にいい?」
俺「このままいくん?」
妹「一回家帰る」
俺「いや、えーと」
妹「ゆめ?」
俺「あーゆめちゃんは」
妹「大丈夫大丈夫!」
ゆ「よろしくお願いします。」
俺「はいよ」

俺「飯食いにいこ」
妹「奢ってね!」
俺「ああ。」
ゆ「そんな悪いですよ。私は大丈夫なので」
俺「気にしなくていいよ♪」
妹「そうそう!お兄ちゃんが出すから大丈夫だよ」
俺「お前は少しだまれ」

ゆ「おにいさんは大学生ですよね?」
俺「うん。もうじき就職やで。」
ゆ「そういえばゆうちゃんととし離れてますよね。」
俺「あー、そうやな(笑)」
俺・ゆ「わいわい」
妹「・・・」
俺「どうした?」
妹「なんでもない。」

俺「あー、眠む!そろそろ寝るから部屋戻って」
妹「えっ?いや」
俺「はっ?じゃあ寝るからでていって!」
妹「うん!いや♪」
俺「じゃあベッドから降りて!寝るから」
妹「わかった。でも嫌」
俺「怒ってる?」
妹「うん。怒ってないよ。」
俺「じゃあどうしたらええん?

妹「わかんない」
俺「もうええわ。おっこらしょ」
妹「んっ♪」
俺「あー!もう!一緒に寝るの?」
妹「うん!寝る♪」
俺「おやすみ」
妹「お兄ちゃん?お兄ちゃんはゆめみたいな子が好き?」
俺「は?」
妹「だっていっつも。彼女さん上品そうな人ばっかり作るでしょ?ゆめとも仲よさそうだったし。しゅん」
俺「え?なにいっとん?てかなゆめちゃんは中2やぞ?
妹「ゆめ可愛いでしょ?上品だし優しいし」
俺「お前が思ってることは間違いやからな!犯罪になるやろ(笑)」
俺「つかな!お前の外見は神がかってるやろ!後甘えるの上手やしそっちが好きな人やったらな!なぁ!」
妹「お兄ちゃんは?」
俺「俺?可愛いと思うよ」
妹「彼女にしたいとおもう?」
俺「兄弟じゃなかったらな」
妹「兄弟でも結婚してる人だっているよ?」
俺「ここは日本やけどな」
妹「私にてを出したいとか思わない?」
俺「おもわんなー」
妹「なんで?」
俺「え?てかさお前モテてるんやから別にええやろ?」
妹「よくない」
俺「もう寝るで?」
妹「ダメ」
俺「おやすみ」
妹「んん」
俺「・・・」
妹「んっ」
俺「そんなにくっつかんといてくれん?」
妹「なんで?」
俺「わかるやろ?」
妹「友達だってお兄ちゃんとしたって子いるんだよ?」
俺「俺んちとよそは違うの!」
妹「むー。じゃあキスだけでいい」
俺「好きな人にしてもらえばいいやろ?俺以外の」
妹「わかった」
俺「いいこやな!おやすみ」
妹「ちゅっ!おやすみー♪」
俺「!」
俺「はぁー!おやすみ」ぎゅっ