媚薬紅蜘蛛(液体)を、初めて使った日のことは忘れられません.SEXをしても、イクという感覚がわからずにこれまで過ごしてきました.主人が人づてに聞いて手に入れた「媚薬紅蜘蛛(液体)」を、半信半疑ながら、私が使った夜... それまでに味わったことのない、凄まじいエクスタシー.SEXで失神するなんて、信じられなかった私が、2度も失神してしまうくらいすごい媚薬だったのです.媚薬紅蜘蛛(液体)使用経過.膣に入れて3分もたたないうちに、下半身が疼きだしました.主人の指だけで、かなり感じ始めちょっと驚き困惑.一度目のエクスタシーは挿入してから1分でした.二度目は、主人が射精する瞬間です.一瞬意識が飛ぶくらい、感じてしまい初めてイク感覚を知りました.