結婚して早15年、少し・・・大分マンネリ化してきた性生活
・・・昨日、妻を犯した。
外食で久し振りに酒を飲み、帰宅後も珍しく家飲みをした。
二人でかなり飲んだが、不思議と自分は酔っていなかった。
だんだんと自分の性欲が込み上げ、妻とSEXをしたくてたまらなく、
子供達を寝かしつけ、準備を整えていた(笑)
しかし、3階から1階のリビングに戻って来た時は、
妻は寝落ちて、よだれを垂らしていた。
はぁ〜マジかよっと思いつつよだれをふいてあげた時、
妻が、口をパクパクさせて鯉の様だった。
その時、落ち着いた性欲が込み上げ、妻のパクパクしている口にペニスを入れたくなった。
気持ちを押さえつつ、ズボンを脱ぎパンツも脱ぎ捨てて、ソファーで酔いつぶれている
妻の口に入れた。
何かを食べている様に、ペニスを口に頬張っていた。
もう俺は嬉しくてたまらない。
それは妻は、フェラが大嫌いで、結婚してからは数回しかしてもらっていない。
その妻が半立ちのペニスを根元まで咥え込んで、時折苦しそうな顔をして、
俺は最高な気分になった。
ずっうとこのままで痛いと思い、妻の服を脱がし下着姿にさせ足と手を縛り
ソファーの上に足左右に開かせ閉じない様にくくりつけた。
もちろん目隠しと口は、マンネリ化打破の為に一度試し嫌がられた口枷をさせた。
妻はこんな恥ずかしい格好で寝ている。
もう自分の理性?はない!!
俺は妻の最も嫌がるお尻・・・アナル!!
もう止まらない、この数年一人ですること(オナニー)が多くなり、
妻の若かりしき頃の下着をオカズにしていた。
実は下着フェチであり、着用もしてオナニーをしていた。
そこで妻のお気に入りの下着を俺が着て妻を犯すことに決めた。
早速妻の下着をあさり濃紺で淡いピンクのレースをあしらったブラ&パンツ
そしてキャミをまとい妻の下へ。
ドキドキが止まらない!恐る恐る扉を・・・妻は爆睡していた。
よくまぁこんな格好でと思いつつ、俺もこんな下着姿でと恥ずかしくなった。
とりあえず記念写真を撮り、妻のアナル処女開通記念を録画することに決めた。
もう我慢が出来ず濃紺のパンツが俺の我慢汁でさらに濃紺になっていた。
早速、妻のアナルを舐めまわした。
しばらく舐めていたが、妻の変化がなく諦め掛けていた時、
アナルが開きっぱなしになっていた。
指1本余裕で入り、少し解して行くにつれ2本3本と入る様になっていた。
もう視覚だけで逝きそうになり、パンツをずらしペニスをだし、
妻の開ききったアナルへローションを流し込みゆっくりとペニスをあてがった。
亀頭の半分が入り、ゆっくりと押し込みカリまで入った。
後は一気に根元まで入れたく、体勢を整え躊躇なく入れ込んだ!
おりゃぁ!と入った瞬間、妻が呻きだした。
うぅぅう〜あぅ〜
口枷をしているため妻は言葉にならない、そして全力でピストンし
我慢が出来ず数分でアナルの中に吐き出した。
しばらく余韻をアナルの中で楽しみながら妻の口枷をはずした。
妻は泣きながら、「もう抜いてお願い、抜いてぇ」
俺は妻に抱きつきながら耳元で「処女を・・アナル処女をもらった。犯してあげたよ」
妻は「わぁ〜ん イヤ、抜いて」と泣き叫んでいた。
あまりにも泣くので少しやり過ぎたかなと思い謝ろうとした時、
「あなた、何着てるの?そっそれ私の・・下着」
「えっ!」
「変態!!もうイヤ!離れてぇ」
しまったと思ったが、何故か妻から罵声をあびるとアナルの中で復活していた。
妻は叫びだしたため、「叫ぶなぁ!俺は変態だ!その変態に犯され今から出してやるぞ」
俺はもう終わった何もかもが終わったと思い最後だと感じた。
「もうイヤよ さっさと抜いて解いて、お願い」
「イヤ抜かない、出すよ・・・・・・しょんべん・・・うっ・・でる」
「えっ!あぁぁぁっぁぁやめてぇ〜」
酒臭いしょんべんが妻の中に・・・止まらない
かなり出たと思う、勃起の中でするのはかなり力と集中が必要だった。
妻は震えだし俺は「抜くぞ、しっかりアナルを閉めないとリビングが大変な事になるよ」
「分かったからもう抜いて」
「抜くぞ!」
「あっううう」
少し噴出したが、妻は分からない。
「解いてよ、その・・お願いよ」
「もう一度出させてくれたらな!!」
「早くだしてぇぇぇ」
「直ぐ出してやる いくぞ」
俺はしょんべん臭く妻のアナル臭がするペニスを一気にマンコへ差し込んだ。
「はっあああぁっ!」と妻はアナルに入れられると思っていたが、
マンコに入れられたため穴のアナに力を入れすぎ思わず妻は逝ってしまった。
その際にアナルから「ブゥ!ブリブリ〜」と噴出し、リビングが・・・・
気を失った妻の中へ中出しし見事に4人目が出来た。

全てを話し謝った。もちろん下着フェチの事も・・・
その後妻は実家に帰ってしまったが、離婚はしていない。
半年後、許してもらい妻と会ったときは、お腹が大きくなり始めていた
その時、渡された袋の中は女性用の下着が多数入っていた。
「下着泥棒するよりはマシ。まったくあなたの癖は・・・なんで好きになったんだろ」
俺は「ごめんなさい。」そして小さい声で「有難う」
言うまでもなく蹴られていた(笑)