美人の妻を得たので世の美女たちを見ても何とも思わなくなった。妻と姉以外の女性には興味も性欲も無い。やはり毎日見る妻だから美人な方が良い。妻は高校時代と比べて乳房は大きくなったが体型に変化が余りない。昔からナイスバディだったので高校の制服はまだ着られる。妻は週末時々制服を着てソファーで膝枕をしてくれる。もちろん白い深めのショーツとハイソックス込みだ。制服のミニスカートは本当にギリギリショーツを隠していると思う。ミニスカートの中をのぞいたり手をいれてショーツの上から愛撫したりすると女子高生を盗撮したり痴漢したりする男の気持ちが何となく解る。そういう男は若い妻を迎えて思う存分女子高生プレイを楽しむべきだと思う。
妻は制服を着る時は必ず白の清楚なフロントホックブラに着替えてくれる。恥ずかしくて自分から脱げない妻のブラウスの胸をはだけてフロントホックを外すと透ける様に色白で柔らかく真ん丸く形の良い大きな乳房がはじけるように飛び出してくる。すかさず乳房にむしゃぶりつくが妻もまんざらではないらしくて乳首を硬く立ててくる。淡いピンクだった妻の乳首が少し色付いた気がする。連夜の大量生射精で子供を宿したのではないかと思う。幸い妻は生理や妊娠などの諸症状に対して鈍感だ。排卵日から考えてそろそろ妊娠判定が出来る頃だと思う。キットを買ってこよう。しかし父親になるのかと思うと責任を感じる。わが子を良い人間に育てなくてはならない。
乳首をのんびり吸いながらボケーっと妻の色香に酔うのも良い。だが精液が欲しい妻は頬を赤らめ右手を取って自分の股間に押し当ててくる。ショーツを緩めて膣口から指を入れてみるとグチョグチョだ。妻は愛液が非常に多い。恥ずかしがる妻を四つん這いの向背位受けのポーズを取らせた。ズボンのファスナーをさげて先汁が滴る陰茎だけを取り出した。スカートをはかせたまま可愛い純白のショーツだけをずらした。その隙間から陰茎をショーツ内に差し入れズブリと膣を一気に貫いた。絡みつくショーツに邪魔をされて自由なピストンは出来ないが膣奥のボルチオ部の急所を突いてやれる。むかしはこうして犯してやって少しずつ男を教えたなと懐かしくなった。昔と違うのは生の陰茎を挿入して性交して入る点だ。
暫く妻の急所を攻めていると「ああっ」と大きな声を上げて妻の体制が崩れた。イったのだ。そのまま膣奥に思いっきり精液をぶちまいた。射精の量と勢いと回数は姉の折り紙つきだ。中学生時代から姉に特訓されてきたのでAV男優にも負けない。しかし生射精の快感が癖になってしまった。妻も自分の内性器中に広がっていく精液のほとばしりがたまらないらしい。結婚すると妻に予想外の面が出てくる。貞操感と羞恥心が非常に強い妻は清楚な美女だか実は性交が何より大好きだったのだ。週末に「どこかに遊びに行こうか?」と誘っても「ううん。それよりも沢山犯してね。」とベッドから出してもらえない。前戯を終えて生陰茎を膣に挿入する時の妻の淫らな笑顔がたまらない。妻は「あなたがこんな女にしたのよ。」と言うが強い性欲は彼女の中に眠っていた物だ。「麗しき淫乱」これに応えられる男はそうそういない。
婚前交渉が無かったカップルの方が結婚後の夫婦の絆は深いと言われる。しかし妻とは処女を強奪した後に恋心が芽生えた。初恋だった。小さな恋心は性交を重ねるうちに8年かけて夫婦へと成長した。妻に対する恋心は今でも胸の中でときめいている。だから妻との性交は単なる子作りを超えて強い絆を作ってくれた。結婚したのでヤリマンさがしに使っていたSNSからは退会した。しかしアドレスを知るごく少数の女性からは生々しい不倫のお誘いメールが届くが無視している。問題は社内の派遣社員に混じっているバツ付きアラフォーたちの猛攻だ。不倫関係から略奪婚に持ち込もうという魂胆がみえみえなので業務上も極力お近づきになるのを避けている。妻に全く不満を感じないので彼女らに付け込まれる隙はない。しかし会社で結婚指輪をしていると「恥ずかしいから外したら?」とか言われるのは余計なお世話だと思う。
妻は夫婦のトラブルになりそうになると「私は心の貧しい女だわ。」と引いてしまうのでこちらも「ごめん。言い過ぎてしまった。」と謝らざるを得なくなる。お蔭で夫婦喧嘩はしたことが無い。そんなことを書いていたら妻から2回目の性交のおねだりが来た。今日も姉に鍛えられた自慢の精力で頑張りたいと思う。