最近、妻の裕子が綺麗になった。洋服もしぐさも以前に増して女らしく、フェロモンを出しているというか・・。
 妻は37才だが5才は若く見え、夫が言うのもなんだが上品で貞淑な感じの美人である。そんな妻が最近は牝の匂いを発散しているように感じ、不審に思い始めたのだ。娘も中学2年になり手が離れている今、妻はテニススクールに通っている。もし妻に男がいるとすればそのスクールの関係者ぐらいしか考えられない。
 そう思っていた矢先、近所に住む会社の同僚から気になる噂を聞いた。
「あのテニススクールに松木っていうコーチがいるらしいんだけど、とんでもない人妻キラーなんだって。スクールの経営者が本業らしいんだけど、テニスもプロ級の腕前でハンサムなもんだから誘われたら奥さん達も喜んでついていって、その日のうちにやられてしまうらしい。近くの白石さんの奥さんも犠牲者で、そのコーチの子供を身ごもったっていうからひどいよね。俺の奥さんが相談されてわかったんだけどね・・」
 それを聞いて顔が蒼ざめた。同時に妻がコーチにめちゃくちゃにされていることを想像して興奮していたのも事実だった。「裕子がまさか・・。でもわからないぞ・・。」そう思った私はある平日の日、妻には内緒で休みを取り、会社に出かけたふりをして妻を監視することにした。

 その日、妻がテニススクールに行くあとをつけた。2時間後、妻はスクールから出てきた。何事もなく帰途につく妻を見て安心しかけたそのとき、あっと驚いた。妻のあとを、周りを気にしながらコーチが追ってくるではないか・・。そしてなんと妻は自宅にコーチを入れた。
 「こうなったらすべてを見届けてやる」
 そう思い、私は10分ほどたってから、二人にわからないよう家に入ったのだ。
 家に入り、愕然とした。明らかにコーチが妻を責める言葉と、妻の聞いたこともないようなみだらな声が聞こえてきたからだ。声がする部屋は娘の部屋だった。なんと妻はあろうことか、中学生の娘のベッドの上でコーチの巨大なペニスに貫かれ、嬌声をあげていたのだ。
「いやらしいお母さんだな。裕子さんは。娘のベッドをこんないやらしい液で汚しちゃって。どうなんだっ!」
「あっ、あっ、だめっ、あっ、こ、娘のことは、言わないでっ」
「裕子さん。今日は待ちに待った排卵日だよね。生理の周期も全部知っているんだからごまかしようもないしね。その証拠に今日はほらっ、ねっとりした液が出てるよ」
「は、はいっ、危ない日、ですっ、あぁっ」
 松木は裕子の足を肩にかけ垂直にペニスを膣に突き刺すように、ワイルドな屈曲位でピストン運動を繰り返していた。ゆっくりと、変わらないリズムで深く、大きく腰を動かし続けていた。ぐっと深く腰を沈めたかと思うと、今度は裕子の唇を奪った。ディープキスをしながら人妻の子宮口をこじあけるように深くペニスを貫いている。「んっ、んっ、んっ、んあっ、あっ」両方の乳首をピンと立てて、ビクッビクッビクッと妻の体が痙攣し、とうとう気をやってしまった。松木はペニスを抜いた。妻の愛液がぬらーっと糸を引いた。
「裕子さん。どうかな。旦那さんとのセックスは幼稚なもんだろう。本物の牡はね、こうして牝を征服するんだよ。裕子さんも本物の牡に征服されたいだろう?」
「・・・えっ、あ、はい・・」
 妻の目は完全に牝のそれになっていた。
「じゃあ今度こそ本当に征服してあげよう。完全に僕のものにするから覚悟するんだよ。いいね?」
「・・はい・・」
 そのやりとりを見て私はとても切なくなった。あの貞淑な妻が、こんなにも簡単に他の男のものになるのか・・・

 それから松木は思う存分妻を「使って」楽しんだ。
 ソープ嬢でもしないようないやらしいフェラチオプレイ
 これ以上ないほど高く尻をかかげさせてのバックスタイル、
 屈曲位で膣襞を蹂躙しながらディープキスで唾液交換、
 娘の勉強机で体を支えながらの立ちバック、
 ・・・・
 部屋中に淫らなオスとメスの匂いが立ちこめる。
 その間に妻は何度も気をやっているのだ。
「裕子さん。そろそろ僕もいかせてもらわないと不公平だよ。覚悟はいいね?」
「覚悟って・・」
「分からないの?『私の膣内(ナカ)に出してください』ってお願いするのが筋だろう?」
「えっ、あっ、で、でも・・今日は危ないから・・」
「俺には関係ない。そういえば3ヶ月ほど前、白石さんの奥さんも同じこと言ってたけど最後は自分からお願いしてきたぞ。『コーチの子供を孕ませてください』ってね。案の定妊娠したらしいけどね。そういう従順な奥さんは子供生んだらまた
かわいがってあげるんだよ。裕子さんもかわいがってほしいんだろう?旦那じゃなくて俺に。」
 ものすごい自信に圧倒されて大抵の人妻は観念してしまうのだろう。妻も同じだった。
「・・」
 膣を蹂躙しながら圧倒的な自信で膣内射精を求めてくる松木に妻は無言でうなづいた。
「よしよし、かわいい子だ。」
 そういうと妻の足首を掴んで真上から強烈なピストンをはじめた。
 いよいよ妻の膣に松木の精液が放出され、妻の卵子に松木の精子がまとわりつき、受精するときが近づいてきた。
 他の男の精液が妻の子宮に注がれる。妻は男の放出を歓迎するように膣襞を収縮させうっとりとしている。
 そんな危険な状況から妻を救い出さねば、という思いはあったが、もうどうにもならないという思いから観念していた。むしろ妻の膣奥にたくましい男の濃い体液がたっぷりと注がれ、妊娠させられてしまうという究極の屈辱を味わう予感に期待のようなものまで感じていた。
「奥さん、いくぞっ」
 松木の尻がビクッビクッビクッと痙攣した。
 今、妻の膣の中では松木の精液がたっぷりと注がれ受精が行われようとしているのだ。
「ふーっ。よかったよ。裕子さん。僕は精液の量が異常に多くてね、人の3倍ぐらい出るんだよね。精子の数も多くてね、病院で検査したら人の5倍はいるって。だから心配しなくても確実に妊娠するよ。どれぐらい出たか見てみよう。」
 そういって松木は妻の膣からペニスを抜いた。
 そして娘の部屋にある姿見の前で妻を抱えあげた。
「あっ・・」
 ダラーッと松木の精液が垂れて床を汚した。ものすごい量だ・・・
「コーチ、ひどい・・・」
「これで奥さんも僕のものだね。さあ、もっといやらしいところを見せてごらん。立ってお尻を突き出してみてごらん。」
 妻が立ち、尻を少し突き出すと、いよいよ大量の精液が床に垂れ、また太ももにも流れた。
 松木はその姿をデジカメに取ると満足そうに妻の唇を奪った。
 ・・・・・・・
 一部始終を見た私は途方にくれるしかなかった。