絵里子
家族同様に育った同級生です。
俺の実家が自営業を営んでいて、そこに絵里子の両親も働いていました。
小さい頃から幼稚園も小学校も一緒でした。
学校が終わると真っ直ぐ俺の家にきて両親の仕事が終わると夕食を食べて帰っていきます。

本当に仲がよくて小学校の高学年まで一緒に風呂にも入ってました。

中学に進み ある程度は異性を意識
し始めました。
部活もあり以前の様に毎日は家にくる事はなくなりました。

中学2年の時に

「さとし〜」いつも調子で絵里子がいきなり俺の部屋に入ってきました。
「ちょっと…」まったく間に合いません…
「マジ…」絵里子は部屋を出て行く様子もなく
「何してん!?」
俺…「出て行け!」
「さとしもそんな事するんだ」
何故か平静な絵里子
俺は下半身丸出し隠すのが精一杯でなにも答えられませんでした。
「いいの?途中でしょ」
「止めた!!いいから早く出て行けって!」
「恥ずかしがらなくていいじゃん」
「さとしのたくさん見たことあるし♪」
と近寄ってきてベッドに座りました
確かに俺も絵里子のはたくさん見たことある…
絵里子が隠してる俺の手を掴みどけようとしました。
「ダメ!!ダメ!!」抵抗して隠してます
力ではさすがに負けません。
絵里子が
「なんで!?言えばよかったのに…」
「???」俺意味不明
「さとしも私の事キライ!?」
この頃絵里子はちょっと仲間外れ気味な虐めにあってたみたいです!!
「俺、絵里子大好きだし…絵里子考えてオナニーしてる」馬鹿な俺…
「ありがとうね…」「久しぶりにキスしょっか?」
絵里子はファーストキス相手でした
あくまで幼稚園の頃の
(お嫁さんゴッコ)で
「いいの?」聞くと絵里子は頷いてベッドで横になっている俺にキスしてくれました。
「エッチはダメだょ(笑)」
この年令は女の子の方が大人なんでしょうか?
「手伝ってあげるから、続きして」
「手伝いって言ったって…」
絵里子は俺にチンコを握らせると
その上から両手で握り俺の手の動きに合わせて動かしてました。
「触っていい?独りでやらせて…」
絵里子が俺のチンコを握りしごき始めました。
自分でするのと全然違いました。
「気持ちいいの?」
「うん…オッパイ触らして」
絵里子はちょっと間をおいて
「シャツの上からならいいょ」
俺は絵里子のオッパイの所に右手を持っていき触ってみました。
小柄な絵里子がこんなに膨らんでいたなんて俺と変わらなかった胸が…
絵里子の胸を揉んでいるうちに
我慢出来なくなり「絵里子いきそう…」
絵里子は
「なに?どぅなるの?」
答える暇もなく精子が飛び出してしまいました!!
絵里子は
「なにこれ?これ精子ら?」
「凄いんだね♪これどぅなるの?」
「そこにティッシュあるから」
絵里子は拭き終わると俺の横に寝転がってきました。
「こうするんだぁ?」
「毎日してるの?」
「いつから?」
と絵里子の質問攻め
後はなにを聴かれたかは?
俺も「絵里子はオナニーとかは?」
絵里子
「馬鹿じゃないの(照)」

「してるんだ!」
絵里子
「何回かだけ!!」

「今度見せて♪」
絵里子「バァカ」
と照れながらしがみついてきて
またキスをしてきました。
それから来年高校受験もあるので
一緒に勉強するという口実で
毎日の様に部屋にきて
「手こき」をしてくれてました。
ある時
絵里子がエッチDVDを持ってきてのエッチ勉強会
「フェラ」や「前戯」の勉強?
でした。
もちろん俺は勃起しっぱなし
モアモアして今すぐにでも抜きたい状態でした。
絵里子もなにかそわそわしてる感じ
「絵里子…」
絵里子
「しょっか…」
絵里子のこの「しょっか…」は
オナニーの事でした…
いつもの様に絵里子の手こき
けどいつもと違い俺のチンコの前に絵里子の顔がすぐ近くにありました
「舐めてみよっか♪」
「うん…」絵里子が
俺のチンコを舌先でチロっと
舐め始めました。
段々とチンコの下へそして上に
今DVDで観たみたいに
玉も舐め始め、もっと下の方に潜っていきました。
アナル付近からまた上に
絵里子はチンコを握って自分の口の中に入れました!
初めての「フェラ」
絵里子の口の中が凄く気持ちよくて下を見ると
「見るな!!」絵里子が(怒)
「ネェ…」絵里子が恥ずかしそぅに
「私も触っていい?」
「うん♪」
絵里子は自分の股に左手を持っていきました。
絵里子のオナニー
「あっ」「んーん」
絵里子の声が下から聞こえてきます
「絵里子…オマンコ触ってるの?」
「聞くな!!ばか!」
俺「見せて♪ネェ見せて♪」
「絵里子だって俺の見てるじゃん」
「エッチなしでいいから」
絵里子
チンコをギュッと握って
「嘘ついたらチンコもぐからね」
マジ痛かった…「うん!」
「絵里子との約束破った事ないしょ!!」
絵里子とポジションを替え俺の前で絵里子が横になりました。
足は閉じたまま…
「絵里子見せて…」
絵里子
「うん…マジ恥ずかしぃんだけど」
ワンピースの裾の方から手を入れていき足を開きました。
パンティの上からオマンコの部分をゆっくりと触ります。
絵里子も段々と息使いも荒くなりパンティの中に手を入れてオナニーをし始めました。
目の前で絵里子がオナニーを
家族同然で兄弟みたいな絵里子が
「絵里子…パンティ下ろしていい?」
絵里子の返事を待たないでパンティに手を掛けていました。
絵里子はちょっと腰を浮かせてくれました。
絵里子のオマンコがあります!
「クチュクチュ」
絵里子の声に紛れて聞こえてきます
「絵里子の舐めてみたい…舐めさせて」
絵里子のオマンコの前に顔を持っていって頼みました。
「手ちょっとどけて…」
絵里子は隠しましたが
俺は手を握って離しオマンコに顔を近ずけました。
凄くいい匂いがして絵里子のオマンコに顔を埋めて顔が愛液だらけ
絵里子の愛液を舌で舐めまわしていました。
「これクリトリス?」
絵里子…「うん…」
クリトリスを舐めた瞬間
絵里子がビックって
後は舐めたり触ったりこのまま舐め続けていたか位美味しかった♪
「絵里子…」
「ダメ!!まだダメ!!」エッチはNG!
高校入学まではダメな約束!!
「おいで…」絵里子が優しく呼びました。
下半身裸で抱き合いキス
生オッパイ触らして♪
「オッパイならいいょ」
絵里子は
ワンピースを脱いでブラジャーも外してくれました。
小学生以来の絵里子の全裸
絵里子の胸に顔を持っていき生オッパイを揉みました!!
絵里子に抱かれる格好でオッパイを揉み、舐め、吸ってみました!
「赤ちゃんみたいだね♪」
また絵里子が
優しく言ってくれます。
高校入学まであと1年
エッチなしで我慢しなければならないのは地獄!!
けど…お互いの欲求を消す相手がいるのは嬉かった♪
絵里子とは同じ高校に頑張って入学
約束通り合格発表の日に
絵里子と初エッチをしました。

高校卒業後
絵里子は就職
俺は大学へ進みましたが中退して
絵里子と入籍しました。
絵里子が
交通事故に遭い下半身不随になっちゃったから…

絵里子の親に反対されたけど
「絵里子だから!」
「絵里子と結婚させて下さい!」
の一点張り♪やっと結婚できました
俺の家は絶縁
今は
中学時代みたいに
絵里子は
「手こき」と「フェラ」
俺は「クンニ」と「オッパイ」

絵里子
ありがとうね♪