高校生の時のことです。彼の家で遊ぶことになって家についた頃にメールが来て1時間程部屋で待っていて欲しいときた。
私「私・・・」
兄「あっ・・弟の!弟の部屋あそこだから」
私「はい!ありがとうございます。」
兄「はい!これあげる」

私「あー。お兄さんイケメンだなー。優しいし。」
私「あの?」
兄「どしたん?」
私「暇でしたら」
兄「ええよ!てかゴメンね。あいつバカだから(笑)」
私「いえ!大丈夫ですよ。」
兄「そういえばさー。あいつが告白したときどうやった?」
私「あっ///えっと弟君は優しいし話しやすかったから。えっと」
兄「そうなんだ。」
私「お兄さんは今は付き合ってないんですよね?」
兄「あれ?なんでしってるん?」
私「弟君が」
兄「余計なことばっかりしゃべりやがって」
私「(笑)でもお兄さんいい人だって聞いてますよ。」
兄「んなことないよ。」
1時間後
弟「ごめん!待った?」
私「うんん!大丈夫。」

遊んでからエッチしてから一緒に寝てしまいました。

私「あっ!バスないよ。」
弟「泊まっていきなよ。」
私「駄目だよ。今日は家に明日の用意置いてるし」
弟「母さんに言ってくる」
母「兄送ってあげなさいよ。」
兄「パス」
母「暇でしょ。」
兄「バイトしてきた俺に当たらんで下さい。」
母「私も仕事してご飯作ってるんだからそれぐらいしなさい。」
兄「弟!がんばれ!」
私「・・・」
母「ご飯なしでいい?」
兄「いってきます!てかおまえも来る?」
弟「いや!用事あるから兄貴に任せるわ!」
兄「任せていいの?」
弟「うん!」
兄「まぁ、いってきます!」

私「ごめんなさい。」
兄「なにが?」
私「車出していただいて」
兄「ええよええよ。」
私「(いい人だなー。)」
兄「それよりさ!するんだったら声押さえた方がいいよ。」
私「へっ?」
兄「わざと声出さなくていいってこと。」
私「(えっ?ばれてる?)」
兄「あいつもまだまだ経験薄いからしょうがないけど」
私「あの?」
兄「ん?」
私「わざととしてるってなんでわかったんですか?」
兄「さあね。なんとなく。」
私「弟君頑張ってるから。何も言えなくて。あの。」
兄「ふーん。気持ちよくしてあげようか?」
私「・・・えっ?・・・・・」

私「でも・・・それはだめですよね?」
兄「まぁ浮気になるね。」
私「ですよね。」
兄「でも!気持ちよくしてあげられるよ?」
私「っ!////」
兄「あっ!ついた!んじゃあまたね!あと弟のことよろしく!」

お兄さんには何もされずに
車で送って頂きました。その日は頭がモヤモヤで。でもすぐ忘れて1ヶ月が過ぎた頃またお兄さんにであってクスっと笑われて。彼氏はいい人なんですがHがあまりうまくなくてお兄さんの言葉だけが頭に残っていました。

出来心でお兄さんにメールをすると「制服できてね!」と返ってきました。

彼氏に連絡をとって1日いない日を確かめて訪問しました。
兄「こんにちは」
私「ここんにちは」
兄「まぁあがりなよ。」
私「あの////」
兄「どうしてほしいかちゃんと言えたらしてあげる。言えないなら俺は何もしない。でもあんなわざとらしいこといつまで続けるのかな?」
私「・・・気持ちよくしてください」
兄「わかった。」
私「(あっいい匂い!香水かな?)」

罪悪感と密かに楽しみの板挟みでした。
私「(抱きつかれてるだけでおかしくなりそう)」
兄「ちゅっ!」
私「ちゅっ!ちゅぱちゅぱ・・・」
兄「キス上手いね?」
私「////」
兄「どこから責めてほしい?」
私「・・・あっ////」
兄「大きいね」
私「っっ!」
兄「・・・」
私「(同時は駄目)」
私「んっ!あっはぁはぁやっ」
兄「(ぎゅっ!)」
私「んん!」
私「クチャクチャクチャクチュクチュクチュ・・・」
私「んんんっ!!」
兄「イクのはやいね?」
私「あれ?イッちゃった?」
兄「はい!口でしな!」
私「はい。」
兄「上手いね!なれてる感じ?」
私「弟君とがはじめてでふ。」
兄「そうなんだ。生でいい?」
私「ダメ!」
兄「生の方が気持ちいいよ?」
私「でもできたら・・・」
兄「そんなへましないよ。」
私「・・・」
兄「入れるね」
私「あっ・・・(大きい)奥にあたってる・・・」
兄「動くね」
私「(おかしくなっちゃう)あっあっあっ」
兄「あれ?俺のでそんなに喘いでいいの?」
私「あっあっんんっんっんっんっんああんあんあん(気持ちいいよー)」
兄「今度は自分で動いてみな」
私「あっはぁー。ぅぅん」
兄「今度は俺の番」
私「んんんんんんん!ちゅっ!ちゅぱちゅぱ・・・くぅぅん!」
兄「イク?」
私「んんっ!」
私「はぁはぁ。もうダメ」
兄「俺まだだから休ませないよ?」
私「まだ・・・ダメ!今イッたとこだから。あああああっ!」
兄「」
私「パンパンパン」
兄「」
私「ダメ!ダメ!」
兄「中にだすね?」
私「・・えっ?
兄「でる」
私「やっ!ダメ!ダメ!ダメ!」
兄「ビュルビュー」
兄「嘘だっつーの。」
私「えっ?あっ」
兄「イキかけだった?シャワー行こっか?」

私「んんんんっ!」

それからお兄さんとのHにはまってしまって彼氏が在宅してないときにお兄さんに調教されました。