中学の同窓会が有ったが、成り行きで多美子とホテルで一つになってしまった。

多美子は今もスレンダーで昔と変わらない容姿を保っていた。

「ねえ、私ペチャパイでガリガリだから女の魅力ないでしょ〜」

そんな事を言いながら、俺の上で激しく腰を振る。

俺も応える様に下から突き上げる。

「あっ!イイっ!もっと〜いっぱい突き上げて〜〜」

パンパンパン・・・・・・・・・・・・・・・・・・

部屋に乾いた音が響き渡った。

「あああっ・・・もう逝っちゃうっ・・あっ、ああああ〜〜〜」

逝ってしまった多美子を更に突き上げると、温かい液体が俺の下腹部を濡らした。

「・・・ごめんね〜私こんなの初めて!びしょ濡れになっちゃったね〜」

「まさか?しょっちゅう潮吹かしているんだろ?」

「え〜ホントに初めてだって〜Hするのも2年ぶり位だよ〜」

そんなやり取りをしながら、びしょ濡れのシーツを丸めている多美子の後ろから

まだ元気な俺の一物をベットに手を付かせ、バックからぶち込む。

「イヤッ、また逝っちゃう!」

膝をガクガクさせしゃがみ込みそうになるが、腰をしっかり引きつけ突き上げた。

パンパンパンパン・・・・・・・

「あっ、アアアア〜〜〜〜イイ、もっと〜〜」

「おい!逝く、逝くぞ〜」

「あああああっあっあっあっああ〜〜〜〜」

多美子の中に全てをブチ播いた。

ひくつくおまんこから白い液体が太ももを伝い流れ落ちる。

「ねえ、もう1回出来る?ね〜もう1回中に出して〜」

1時間の休憩の後、再び一つになった私達は獣の様に快楽を求め合った。

また機会が有ったらと言う事で別れて2年、再びホテルで一つになったのは先週の事です。