1年間暮らした内縁の妻が男を作って出て行った。12歳の千里と9歳の愛里の二人の連れ子を残して・・・
初めからそういう契約だった。娘2人を俺の自由にしてもいいから、新しい人生に向けて一人で歩きだしたのだ。

学校で性教育を受け、俺と母親の交わりを覗いていた千里はまだ純真無垢だが、性への興味が芽生えつつあった。一方、愛里はまだまだ無邪気だった。
このスレッドは、見た目は清純な美少女の千里が不安な中にも性の扉を開けて、いつしか絶頂を求めてアクメ顔を晒すようになり、まだ胸も膨らんでいない幼女の愛里が想像を絶する快感に淫らで可愛い少女に育っていった禁断の淫行記録である。

まだ無邪気な愛里を寝かしつけて、千里を裸にした。小学6年生ともなれば、股間にはうっすらと毛が生えていた。とりあえず舌先でまだ未発達な淫裂を舐めてやった。幼い陰核が硬く尖って包皮から顔を出した。淫裂の奥から淫蜜が溢れだし、交錯する疼きと刺激に、
「はうう・・・はああん・・・」
と、小学生とは思えぬ甘い吐息を漏らした。僅かだが腰を動かし快楽を得ようとした。期待と不安に濡れる狭い淫裂を亀頭でこじ開け、一気に突いた。淫蜜がヌルヌルと潤滑してズルルン!と簡単に挿入された。
「うぐっ!・・・ぐふうう・・・」
痛みを伴いはするが、徹底的に性的快感に疼ききった子宮に、痛いやら気持ちいいやらで、千里は戸惑う表情を見せた。
「何だか、アソコが熱いよ。」
快感と痛みで熱く感じるらしく、少し眉間にシワを寄せて肉棒を味わっていた。清純な少女の可愛い微乳が庇護の愛情と嗜虐の欲情が激しく混じり、思わず純潔な子宮に種付け精液を放ってしまった。
「おとうさん・・・赤ちゃん・・・できちゃうよ・・・」
まだ初潮も無い千里が性教育の知識をオドオドしながら披露した。

愛里が俺と千里が愛し合う姿を見てしまったのは、千里が女になって半年後だった。既に淫裂を撫でられただけで淫蜜を溢れさせ、肉棒蹂躙に快楽没頭する美少女になっていた。
その淫らな性交場面を見られた以上、愛里も放っておけなかったがまだ9歳、いきなり挿入は無理だった。
まだ愛里のツルペタの乳首を舐めてやった。まだティーンになっていない小3少女のまだくびれも出来ていない子供腰を押さえて股を開いた。無毛の股間に縦に一本の筋があった。約1年間肉棒で子宮を突かれた千里は陰唇が少しめくれてきたが、愛里は全く陰唇というものが無いに等しかった。開いて、膣口から陰核に向けて舐めると、
「きゃあっ!くすぐったいよお。あははははっ!」
と快感を知らなかった。そこで、ピンクローターを陰核に当てて絆創膏で張り付けた。スイッチを入れると、ビーンと振動した。
「ひあっ・・・あははっ・・・あはっ・・あはん・・ああっ!な、なんか変・・・」
感じてきた。幼い縦筋から透明な液体が滲んでくると、身をくねらせて感じ始めた。僅か9歳の女児が快感に震えた。俺はこうして、まずは性の悦びを教え込むことからはじめた。

千里は小6で肉棒で逝くことを覚えた。清純な顔を虚ろにして、白い体を桃色に染めて悦楽を貪り、ランドセルが似合わない乱れ方で女の悦びを表現した。
そんな千里も中学生になり、セーラー服に袖を通せば三つ編お下げが清楚さを際立たせる美少女になった。既に男を知っているどころか、中出し精液にイキ乱れるとは、想像も出来ないであろう。

一方、半年に及ぶ淫裂と幼壺開発を終えて10歳になった愛里は、そろそろ幼膣を肉棒で貫通される事を期待していた。淫裂弄られ虚ろな顔で、脈打つ肉棒を舐めながら挿入を覚悟したように股を開いた。俺もそろそろ入れごろと、狭小な淫裂を亀頭でメリメリと裂けば、想像を超えた破瓜の痛みに、
「ひぎゃあああっ!痛い!痛いよーっ!」
と泣き叫んだが、可愛い顔が苦悶するればするほど幼女の膣を嬲る異常な興奮が高まり、あっという間に幼壺に熱い迸りを放ってしまった。
ヌポッと出た肉棒と共に、ドロッとした血液混じりの精液が愛里の肛門まで汚した。

千里は男子にモテモテだった。中学1年の3学期に初潮を迎えた千里は、清楚な三つ編お下げから男の味を知った女のフェロモンを漂わせ、男子中学生を惑わせていた。

訳も分からず、ただただ快感を求めてお口に半分しか入らない肉棒をしゃぶり、幼穴を開き肉棒で膣奥を掻き回されてアヘ顔晒し、10歳とは思えぬ乱れ方で逝き果てる淫乱児童に変貌していった。
中学生になった千里よりも早寝の愛里が、早起き朝立ちセックスで熱い白濁精液を幼壺に湛えたままランドセルを背負って登校することが多かった。
「お父さん行ってきまーす。」
ついさっきまでは、腰をクネらせながら淫靡な顔を見せていたのに、どこから見ても無邪気で可愛い子供でしかないのだ。
まだ初潮は遠く、子供の窮屈な幼穴を中出し人形として愛用していたが、小学校を卒業するに当たり中出しを止めた。愛里の陰唇は、既に大人のように発達していた。

千里は中学を卒業してこの4月から高校生になった。
性体験など全く無い超清楚なお嬢様に見える千里も、4年間の肉欲生活で完全に開発されて、肉棒に媚びる淫欲滲む性奴隷へと成長していった。
肉棒の快楽を貪り理性崩壊して逝くことを知った女でなければが醸し出す事が出来ない色気のある仕草が、絶対に処女にしか見えない千里の清楚さとの乖離をどうにも埋め難く、男達を狂わせていた。
俺は、千里が高校を卒業したら、子種を仕込んで妻とする計画だ。