サークルの飲み会で飲みすぎてしまった二次会なんて行く余裕もなく帰ろうとしましたが誰も帰る人がいなくマンガ喫茶に行くことに途中絡まれてたけど先輩がきて「スミマセン後輩ちゃんになんかようですか?」といって助けてもらって、というよりそれが私の片思いのA先輩で酔いが冷めてしまいました。

先輩「どうしたの?」
私「もうしんどいので漫喫行こうかと。」
先輩「じゃあ俺も行く♪」
私「二次会は行かないんですか?」
先輩「ん?いやー。正直飲む気なかったから一口も飲んでないんだよね。」
私「そうだったんてすか」
先輩「もう眠いし行こっか」

店員「いらっしゃいませー」
先輩「2人のルームで」
私「へ?」
先輩「嫌だった?」
私「そんなことないですけど恥ずかしいというか」
先輩「?」
私「それでお願いします。」

店員さんは怒り気味に説明したあとにルームに。

少し漫画みてDVD見てたら眠くなってきて先輩「トイレ言ってくるわ」と言い私一人に取りあえず友達に電話。

私「今A先輩といるよ。」
友「飲み会でしょ?」
私「2人で」
友「はっ?」

友「エッチなことされたらどうする。」
私「好きな人だからいいかも」
友「いいなぁー」
私「今夜は私のものです笑」
友「なんかむかつく!おやすみ」
私「うん、おやすー」

私「遅いなー」
先輩「ごめん買い出しいってた」
私「そうなんですか。」
先輩「さびしかった?」
私「えっ?そんなことないですよ。」

私「そろそろ寝ようかな」
先輩「ねぇ?」
私「はっはい!」
先輩「(笑)」
私「///ははは」
先輩「さっき何してたの?」
私「電話とかです」
先輩「どんな?」
私「?えっと、あれですよ。今季の試験のこととかです。」
先輩「(先輩のことが好きだからいいの)(エッチしたいなー)」
私「えっえっ?」
先輩「ごめん録音しちゃった」
私「かぁぁ////」
先輩「ぎゅっ!ねぇこれはなにかな?」
私「えっと。」
先輩「チュッ」
私「あぁぁ。ちゅぱちゅぱ」
先輩「けっこう上手いね。」
私「へぁ///」
先輩「ぬくいし脱ぎなよ」
私「ははい。そこは。んっ」
先輩「胸感じやすいの?」
私「んっちゅぱちゅぱ、あっ!いっや」
先輩「下も濡れてるよ」
私「あぁっん」
先輩「しー」
外「エッチしてるよ。 どんなこやった?わからん。 さっきみたけど可愛かったで。 これをおかずに(笑)」
私「////」
先輩「ばれちゃうよ?」
先輩「ピチャピチャ」
私「そこはダメ。んっんっん」
先輩「声」
外「さっきの激しくなかった?いいなぁ」
先輩「てまん」
私「んんんんん!えっ?」
先輩「」
私「ああああ あれ?」
先輩「」
私「こんどこそ。あれ?」
先輩「どうしたの?」
私「なんで?・・・とめるの?いやや!
先輩「どうしてほしいの?」
私「ほしいです」
先輩「いいよ」

私「おおき!」
先輩「いいしまりやな」
私「あんあんあん」
先輩「声出したらばれるよ?」
私「・・むっり。んっんっんっん」

その後気持ちよくイカされました。部屋出た瞬間。男の人がいっぱいいてすごく恥ずかしかったです。 この後車できていた先輩のに乗ってお持ち帰りされました。