ボクは大学を卒業して就職先で妻に出会うまで、女性と付き合った経験がありませんでした。
妻は同期入社で同い年、同期の中では一番可愛い女性で、見た目は華奢で可憐な感じです。可愛いなと憧れの眼差しで見てはいましたが、23歳童貞のボクは声などかけられず、きっと一生独身だろうと思いました。
ところが、どういうわけか妻とは会社内外でよく一緒になるのです。朝の電車、帰りの電車、社食、次第に仲良くなり、信じられないことに告られてしまいました。

3ヶ月付き合っても手さえ繋げず、童貞とは言えずに、だからと言って口説くこともできず、そのうち彼女の方からお誘いがありました。
「あの・・・私・・・二人目の彼氏のせいでSな性癖があるの。男性のアレを虐めたくなるの。ゴメン、あなたって、なんだかMっ気がありそうだったから好きになったの。間違ってたら言ってね。諦めるから・・・」
ボクはホテルに入ってお風呂に入ったら、黙って仰向けになって、
「俺、君が好きだから。だから、好きににしてくれ!」
と言いました。
すると、彼女は私の手足をベッドに大の字に括りつけ、童貞陰茎を紐で縛り始めました。どのような状態になっているのか見えませんが、陰茎の根元を縛られて、そのまま亀頭にかけて縛り上げられているようでした。
「あなた・・・立派なチンポ持ってるのね。」
チンポ・・・可愛いくて華奢な、どちらかと言うと可憐なロリータが似合いそうな彼女の口からチンポ・・・ドキドキしていると、今度は睾丸を弄られ始めました。
「金玉、一個ずつ縛ってあげる。ふふふ・・・」
!!ボクの睾丸が1つずつ左右に分けられ、紐でキリキリと縛られていくのがわかりました。右が終わると左・・・
「ねえ、どんな風になってるか、見せてあげるね。記念写真っと・・・」
彼女は携帯電話で撮影し、ボクに見せました。
まるでチャーシューのように縛られた陰茎の下には、一個ずつ縛られて、らっきょのようにパンパンになった睾丸が突っ張ってました。

「今からチンポ苛めしてあげる。でも、絶対イッちゃダメよ。出そうになっても我慢してね。」
縛られた陰茎をザワザワとくすぐられました。特に亀頭と睾丸は効きました。陰茎が快感でビクつきました。
「くくくっ・・・ビクビクして可愛い。あら、ガマン汁が出てるわよ。気持ちいいんでしょう・・・」
祈祷と睾丸を同時責めされて、
「ウッ・・・ククッ・・・クハア〜〜・・・」
「あらあら、出しちゃだめよ。後で私が楽しむんだから・・・」
しかし、童貞の陰茎を縛られてくすぐられる羞恥が快感を増幅し、
「ウアッ!・・・ダメだ!」
縛られた尿道を無理やり拡張して吐き出される痛さと、焦らされて射精する快感が混じりながら、ドピューっと精液が宙を舞いました。
「ご、ごめんよ。ガマンできんなかったんだ。」
「仕方ないわね。」
と言って、縛ってある紐が解かれました。

今度は、ボクはうつ伏せでお尻を突き出すようにして、両膝の内側に両肘を添える状態で縛られ、足が閉じないようにされました。彼女はボクの肛門にヌルヌルの液体を注入すると、
「ほら、ケツの力抜いて。これを入れてあげる。気持ちいいんだから・・・」
と言うと、直径3cmくらいのスーパーボールが8個連なったものを見せました。彼女はそれをボクの肛門に1つずつ入れていきました。
チンポ、金玉、ケツ・・・可愛い顔して・・・と思ううちに、下腹部に大便が堪っていくようで、次第に排泄感が募ってきました。
「今、5つ入ったわよ。今日はこのくらいにしてあげる。」
というと、まだ肛門の外にあるボールを握って上に上げながら前後に動かしました。すると、まるで睾丸の中を突かれる様な不思議な感覚に、陰茎が再び硬くなっていくのがわかりました。
「女の子にケツを掘られて、チンポ立ててる、ヘンターイ・・・なんてね。これ、前立腺刺激してるから、当然なんだけどね。」
募る排泄欲求を玩ぶように動かされ、呻くボクに、
「あ、ウンチしたいんでしょう。お風呂行こうね。」
と言って、手足を解かれて自由になると、肛門にボールを3つぶら下げる惨めな姿で彼女と一緒にバスルームに入りました。
「ケツ突き出して、アナルボールのウンチ出してみて。」
初めて入れられたものの名称がアナルボールと知りました。
下腹部に力を入れて力むと、ポロンっと1個出ました。出る瞬間の気持ちいいこと・・・クセになりそうでした。
1個、もう1個、ポロン、ポロンと排泄する姿を可愛い彼女に見られて、恥ずかしいやら気持ちいいやらで、一度射精したはずの陰茎がビンビンになっていました。

全部出し切って、もう一度体を洗ったら、再びベッドで仰向けにされて陰茎の根元を縛られ、彼女の淫裂がボクの口に当たるように跨られて、
「オマンコ舐めて。クリちゃん舐めて・・・あ・・・ああン・・・」
生まれて初めて見た陰部は薄い赤紫に縁取られ、そこにパックリ割れた桃色の裂け目がありました。
彼女の裂け目に舌を入れて舐めると、彼女は腰をフルフルさせながらボクの陰茎にコンドームを被せて、今度は陰茎に跨りました。
彼女が腰をグラインドさせると、陰茎は彼女の膣の中で暴れて、
「ああーン、ああーン、あン、ああン、はあっン〜〜〜」
彼女の腰の動きに合わせて腰を動かすと、
「そ、そうそう、そこ、ああン、そこそこ、ああン、あン、あン、ああン・・・」
可憐な可愛い彼女が華奢な体を淫らに喘がせて、ボクの童貞は騎乗位で奪われたのでした。
かなり激しい腰使いに、一度イカされてたにもかかわらず、2度目の射精をしてしまい、
「もう・・・もっと頑張れるように、これからも特訓ね。」

それ以来、陰茎縛りとアナルボールで鍛えられたボクは、彼女に下半身を翻弄されて喜ぶM男に仕上がり25歳で結婚、
「なんで冴えないあの草食野郎があの子とくっついたんだ?信じられねーよ。」
と専らの悔しい声が聞こえてきましたが、まさかS妻とM夫の夫婦だとは誰も知らないのでした。

これが草食系なのに結婚が早かった理由です。