52歳の夫と76歳の義父、そして愛犬シロと暮らす私は45歳になる主婦です。
1人息子も2年前に高校を卒業し、都市部に就職が決まり家を出ました。
息子の代わりと1匹のラブラドール(シロ)を購入し、一緒に暮らす事になったんです。
シロの世話は私がしていた関係で、シロは私に随分と懐いています。
そんなある日、キッチンで夕食の準備をしているとシロが近づいて来て、私の傍で
クンクンと臭いを嗅ぐ仕草を始めました。
”どうしたの?シロ”と言いながら食材を切っていると、シロがスカートの中へ首を
入れて来て、やはり臭いを嗅いでいる様です。
”もう!シロったら”そう思った瞬間、シロがアソコをペロペロして来たんです。
”えっ”荒々しく息を荒らしながらシロのペロペロは止まりません。
久し振りの愛撫に、私の股間も反応を始めてしまいました。
数分だったと思いますが、何だか気持ちが良かった事もあって、私は暫くシロの
愛撫を楽しんでいたんですが、義父がキッチンの方へ来たのを知り、”シロ駄目よ”と
引き離しました。
気づけば、シロの唾液と自分の汁でパンティはすっかりベチャベチャになり、
私はパンティを脱ぎ洗濯機へ放り投げました。

その日、夫は接待らしく帰りが遅いとの連絡が来ました。
義父と2人で夕食を済ませ、居間で寛いでいるとシロが来て、やがてシロはコタツの
中へ入って行きました。我が家は堀コタツで、中が広くシロが入っても十分にスペースが
あります。寒くなりコタツに電気を入れるとシロは必ず中に入って暖を取ります。
シロがコタツに入って数分が過ぎたでしょうか?
ふくらはぎから太腿に掛けて、シロの息が当るのを感じ、やがてシロの顔が足の間に
入って来るのを感じました。
そっとコタツ布団を開けるとシロが私の太腿の間をクンクンしていました。
”シロ駄目よ”そう思いながら手でシロの顔を避けようとしてもシロは止めてくれません。
それどころか、股の間に顔を押し込んで来るんです。
”もうシロったら…”そう思いながら、股の力を抜いた瞬間、シロの顔が股間に入って来ると
同時にスカートが捲れ上がるのを感じました。
そしてシロは夕方の様にアソコを舐め始めたんです。
”はっ”としましたが時遅く、私はシロに生のマンコを舐められたんです。
夕方、シロの唾液と私の汁で濡れたパンティは洗濯機の中へ…
私は何も付けない状態だったんです。
声を出す訳にも行かない私は、ただシロが止めてくれるのを待つしか無かったんですが、
シロは一向に止める気配は無く、むしろ激しく舐められていました。
義父の直ぐ側で、嫁が愛犬にアソコを舐められ感じている何て、想像すら出来ないでしょう!
もし義父がコタツの中を覗いたら…全て見られてしまう。そんな事を考えると、益々興奮が
湧き上がって来るんです。
ちょっと頬を赤らめ、目もトロンとなっていたんだと思うんですが、いつもと雰囲気が違う私に
不思議そうな表情を見せる義父が”風呂入って来る”と言い残し居間を出て行きました。
その後、私は大きく股を広げ、シロにアソコを舐め回して貰いました。

それ以来、私がコタツに入ると、シロが舐めて来る様になったので、コタツに入る時は
パンティを脱いでいます。
義父が居る時は特に心臓がバクバクして興奮します。
夫とはもう数年SEXレスなので、先日思い切って陰毛を全て剃りました。
シロに舐められる気持ち良さもありますが、義父の傍で淫らな事をしている姿を見られたら…
そんな妄想に興奮している様です。
先日、義父がコタツでうたた寝している目の前で、私はスカートを捲り義父の目の前にツルツルの
陰部を曝け出しました。
何て変態なんだろうと思うと、アソコからジワジワとエッチな汁が溢れて来るんです。
その後、汁をシロに舐めて貰いましたが、もう歯止めが利かなくなりそうで怖いんです。
昼は短めのスカートでノーパン姿で過ごしていますし、キッチンでもシロにアソコを舐めて貰ってます。
義父も私の変化に薄々気づいて居る様にも思えますし、TVボードの掃除を理由に
義父の目の前でお尻を見せたら…そんな妄想で頭が真っ白になっています。