@ 児童養護施設ネタを、と思って 
      ネット情報集めてみたら 
      想像遥かに超えてて 
      ネタではなかったww 
      以下コピペ、ほんの一例 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 被害少年はある刑事事件の被告人の息子であり、この児童養護施設に連れてこられたのは事件で両親が逮捕された時の事であった。
 問題の女性非常勤職員は2002年1月に同施設に採用された。
 性的関係の強要は、少年が中学3年生になった2003年2月、子供8人が就寝していた施設内の部屋で始まった。
 キス、フェラチオ、セックスという一連の性行為を続けて行っている。
 行為の後女は少年に対しこの行為について口止めした。
 女は少年に手紙を書いており、その中で「すごく燃えた」「禁断の恋」としている。
 妊娠に関して恐怖を抱いた少年がそれについて質問した際には、女は堕ろすと答え行為は続いた。
 少年は寝不足に陥ったこともあったという。
 少年には両親が事件の被告人であるという弱みがあったため、性的関係の強要に対し何ら効果的な反抗は出来なかった。
 少年へのインタビューによると女がその弱みを突いて、脅迫まがいの事をする事もあったという。
 また、女は少年の機嫌を取るため、CD、菓子、煙草などを与えていた。
 やがて、少年の通う高校と児童養護施設の中間にマンションを借り少年の下校を待って、車でラブホテルに連れて行ったり、自宅マンションに連れ込みアダルトビデオを見せたりもした。
 さらに、少年によれば女は他にも4人の少年達と関係を持っていた。
 性的関係の強要は50回以上に及び、少年が高校3年になる直前の2005年3月頃まで続いたが、少年が姉に被害を訴えたことによって発覚した。   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 パンク寸前の児童養護施設。そのゆがみは地方に行けば行くほど拡大し、子供たちに重くのしかかる。某地方都市の施設で地獄のような体験をした掘口裕子さん(仮名・20歳)はこう話す。
 「中2のときに、同い年の男の子に施設内の食堂でレイプされました。職員はみんな見て見ぬフリでしたね」
 小学6年の時に父親からレイプされ、中絶手術で入院中に民生委員に保護された。にもかかわらず、彼女は施設内で再びレイプされてしまったというのだ。
 「その男の子は体も大きく暴力的で、暴走族とつるむ不良でした。だから先生も怖がってて、まったく助けてくれなかったです」
 施設内でのレイプ放置というあり得ない事態は、それからも風呂場や物置でなんども繰り返された。
 「めったに顔を合わせない園長先生に訴えた事があるんですが、逆効果でした。「妊娠したら大変だから」と、ピルを飲まされ「あなたたちは夫婦みたいなもんだから」と、逆にその男の子と同じ部屋にされましたよ。そうなってからは毎晩レイプですよ。
 一度施設から逃げ出したら、その子がキレて園内で暴れ出し、押入れに隠れていた私を見つけた先生は「お前のせいだぞ!」って無理やり私をその男の子のところへ連れていったんです。そして、私が殴られながらレイプされているのに、置き去りにされたんです」
 かなり稀なケースかもしれないが、これも劣悪な施設の実態の一つであるのは確か。さらに、裕子さんは憎しみを込め、施設での悲惨な生活について話してくれた。
 「服も学用品もお下がりばっかり。中学の時のジャージなんて、あちこち破れてボロボロだったし、前に使っていた子の名前が2つも書いてありました。ご飯はお代わりが禁止だったので、自分が配膳当番の時に多めによそったら怒られ、結局食事抜きに。生理中はお風呂に入れてもらえなかったので、学校で「ヘンな臭いがする」って、よくイジメられました」
 クラスで集金袋の盗難騒ぎがあれば、真っ先に疑われ、一人だけ保健室で裸にされて、身体検査を受けた事もあるという。
 「学校での差別や偏見が辛いと施設の職員に訴えても、『本当のことだから仕方がない』って逆に諭される。もう大人の人は、みんな冷たかったですね」
 中学を卒業すると同時に、施設を飛び出したという彼女。この時受けた深い傷は、4年経った今も癒える事はない。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    @ 「子供たちに重くのしかかる」 
      でなくて  
      「子供たちにも重くのしかかる」
      でないんかなw  
      てか、これ、警察不介入?  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
子供が小遣いのレシートをなくす→お金の計算が合わない→子供は「は?知るか。消えろ!めんどくさい!」と毎日暴言を吐く
職員からは毎日「解決させなさい」「何をしているの、早く」の嵐だけど、子供に解決させる意思はなくて休日出勤しながら2カ月くらい電卓たたきまくって計算し直して子供には暴言吐かれ…みたいな感じだった
そもそも、なくしちゃったものを解決しろと言われましても…ってところ
さすがにあの時はノイローゼになるかとおもったよ 
  ・・・・・・・   
暴言はほんと多い。児童養護施設では結構暴言の問題が多くて職員は疲弊してるとおもう
こっちからしたら「あなたに衣食住何不自由なく提供してこづかいも出して必要なものを買ってあげて、何がそんなに不満なのか。もう今すぐ出て行け」って言いたくなるところだけどね
それ言ったらそれこそ虐待になってしまうから言えないw
子供からしたら「自分が住んでるところに口うるさい職員がいて、好きなことしたいのに邪魔ばかりする」っていうところだとおもう
ほんと腹がたつよw   
  ・・・・・・・  
子供同士のいじめに関しては毎日職員が対応に追われて処理しきれないくらいあるよ!
年上が年下をいじめたり嫌なこと言ったりして、いじめられた子が職員に言いに来るというのが1日何度もある
注意したらしたで「は、うざいねん関係ないくせに職員が入ってくんな!消えろ!」暴言を吐かれるので、そっから盛大バトルになる
暴言・暴力は絶対に許してはいけない、というスタンスでやってるよ 
  ・・・・・・・ 
ちなみに子供が問題おこして、その対応がまずかった時は先輩からここで指導が入る
語るのが好きな先輩が多いから、気づいたら夜1時になってて「あれ、明日早出(6:30に朝ごはんつくる勤務)なのにどうしようwww」ってなることもしばしば 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
違う違う。もう驚くほど違う。
よそで子供と関わる仕事してたけどもう全然ちがう。
5歳くらいの子供が喧嘩してたとき、机の角にもう一人の子供の頭もってガンガンぶつけながらつたない言葉で「おまえなんかいらんわー!」って喧嘩する。本気で止めるし本気で叱るけど。
言われてきたんだろうなあ、っていつも思う 
  ・・・・・・・  
この仕事してたら虐待する親の気持ちが嫌ってほどわかるから「虐待ダメ絶対!」とは言えないけど
せめて虐待しそうになったら周りに相談でも愚痴でも言ってくれたらいいな、っておもう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
特に一番深刻なのは、ほとんどどの施設でもあるであろう「子ども間の性加害被害」です。これが連鎖をしている。これは主に夜間に起こっているはずです。そのことは地域ごとにある程度データが取れている。例えば埼玉県はその調査をしていて、夜間に子ども間の性加害被害が起こっていることも把握できてきている。なぜ夜間かというと、先ほどの話題ではないけれども、手薄いからです。
  ・・・・・・・  
児童養護施設の取材のやりづらさについて「子どもたちのプライバシーを守るという言い方で、子どもたちの利益以上のものを誰かが何かを守ろうとしていると、取材をしていると感じるようなものがあって、やはりもっと知られなければいけない実態、損なわれているいろいろな人の利益というものが、きちんと知らしめられていないと確かに思います。」とその存在の閉鎖性について発言している。 
     ・・・・・・・ 
「山口県の調査ではケアワーカーの4割が非常勤です。しかも皆、勤続5年未満の若い職員がやっているわけです。そういう中で、62%と言われる被虐待児を受けていて、その中で混乱が起きないわけがないのです。施設内虐待と言われるものはそういう中で起こっていること」  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    @ 板違い、ですねww