私の初体験は中学2年でした。相手は、近所に住む単身赴任の40歳の叔父でした。叔父といっても父の妹の旦那さんで、40歳には見えないカッコイイ人です。年に何回か会うととても可愛がってくれて、私の大好きな人でした。
その叔父が単身赴任で私の住む街にやってきたのは私が中学1年のときでした。私は嬉しくて、土曜の午後、部活帰りに必ず叔父のアパートに寄り道していました。
1年生の10月頃、叔父の部屋でエッチな本を見つけてしまいました。セーラー服を着た可愛い女の子が縛られて、アソコを悪戯されていました。その女の子は気持ち良さそうな顔をしていました。
「み、美穂ちゃん、ダメだよそんなもの見ちゃ!勝手にその辺見ないようにしてよ。」
明らかに焦っていました。
「叔父さん、セーラー服の女の子にエッチな事したいの?・・・私の事も縛ってアソコを悪戯した異と思ってるの?・・・私、叔父さんの事大好きだから、叔父さんならしてもいいよ・・・でも、痛くしないでね。」
叔父は、私を全裸にして座椅子に縛り付けました。そして、脚をM字に開かせて足首と手首を結んで足が閉じないようにしました。まだ、オナニーさえした事がなかった私は、アソコをじっと見られて、指で弄られて、恥ずかしいのと気持ちいいのが混ざって、頭がボーッとなって来ました。時々、クリちゃんを擦られて、ビクッとなるほどの強烈な快感に襲われて、声が出てしまいました。
叔父は、私の右手のロープを解いて、ズボンを下しておちんちんを握らせました。おちんちんは凄く大きくなっていて、ドクンドクンと脈を打っていました。私のアソコを弄りながら叔父は腰を動かしました。私の手の中を、叔父のおちんちんが行き来しました。
「ウウッ!クフー、フッ、フフッ・・・」
叔父のおちんちんから、白い精液がピュピュピュッと噴射しました。私の少し膨らんだ胸に、叔父の精液がダラーっと流れていきました。
「美穂ちゃん、この事は、絶対に内緒だよ。」
叔父さんは、私に千円札を数枚握らせました。当時12歳の私にも、いけないことをしたという自覚はありました。2学期は、毎週土曜の午後はずっとこんな風に叔父の精液を浴びていました。

3学期になると、叔父は座椅子に縛った私をゴロンと仰向けにして、アソコをペロペロ舐めるようになりました。それが凄く気持ちよくて、私は目を閉じて快感に浸っていました。その後、お返しに叔父のおちんちんを舐めました。
叔父は、私のあそこにおちんちんを添えて、溝に沿って下から上にスリスリと擦り付けていました。私も気持ちよくて身を捩っていました。すると、叔父はおちんちんをグッと下に押して、おちんちんの上側をアソコの溝に添えて、今度は上から下に押し付けるようにスリスリしました。これはものすごく気持ちよくて、
「アアン、アアン、アアアンアン」
と、思わず声が出てしまいました。やがて叔父の動きが激しくなり、ビヨン!と跳ね上がったおちんちんから精液が飛び散りました。私は全身に精液を浴びてしまいました。

中2になると、叔父は私を縛ることなく、お風呂でアソコを洗うとすぐにベッドに寝かせてアソコを舐めたりおちんちんを舐めさせたり、おちんちんの上下でスリスリするようになりました。叔父は、声を出して気持ちよがる私を優しく抱きしめながら、腰を動かしていました。もう、私のアソコからはいやらしいお汁がダラダラ流れて、叔父のオチンチンで擦られるとピチャピチャ音をたてていました。おちんちんの先の段差がクリちゃんを弾くと、脳天が痺れるような快感に見舞われて、体がビクビク反応していました。
中2の6月の終わり、いつもより強くアソコに叔父のおちんちんの段差を押し付けられて、気が遠のくほどの快感に身をゆだねていた私は、体の中心にズン!とした違和感を感じて、やがて火箸を突っ込まれたように下半身の一部が熱くなりました。叔父が、
「アアッ!美穂ちゃん、入っちゃったよ。ア、アア、き、気持ちイイーーー」
叔父が腰をクイクイ動かすと、痛いのと気持ちいいのが混在して頭がおかしくなりそうでした。
「おっと、ヤバイ、中はヤバイ・・・」
叔父は私のお腹に精液を出しました。叔父のおちんちんは、私の血で紅い筋がいくつも出来ていました。

私は13歳、中2で女になりました。叔父のおちんちんでアソコを掻き乱されて、たくさんのお汁を噴き上げてベッドに染みを作る淫乱な中学生になっていきました。中2の終わりには逝く事を覚え、中3には平日の夕方に叔父のアパートで叔父の帰りを待ち、上半身セーラー服のまま、下半身だけ脱いで既に濡れ濡れのあそこを開いて叔父のおちんちんを味わう事も何度かありました。
時には、叔父の車でラブホテルに行って、心おきなく叔父に抱かれて何度も逝かされる事もありました。
そんな叔父も3年で単身赴任が終わり、私が高校生になると同時に叔母の元へ帰ってしまいました。私は、最後に叔父に抱かれた時に、叔父の精液を子宮で受けられないならせめてお口でと、叔父のおちんちんを咥えて射精して貰いました。その精液は、思い切ってゴクンと飲みました。

クルクル回る提灯の影絵を見ながら、叔父との思い出が、走馬灯のように蘇りました。今年は叔父の新盆でした。
盆棚に飾られた写真の叔父は、優しく微笑み私を見つめていました。大好きな叔父に愛されて初めてを捧げた3年間は、私にとって最高の思い出でしたが、誰にも言えない秘密でもあります。叔父は、私との事は黙って墓場まで持っていってくれたので、私もそうしなければなりません。私は叔父に手を合わせ、報告しました。
「叔父さん、今度結婚する彼、叔父さんに何となく似ています。顔も、雰囲気も、そして私の抱き方も・・・9月のお彼岸には新婚旅行から帰ってきますから、彼を連れてきますね。」

私は式と披露宴を終えて、叔父からも卒業しました。