僕と彼女との結婚生活に、一人邪魔な悪魔が入り込んで来ました。
どうやら悪魔はレズパートナーでは無く、彼女の奴隷として、同居させる様です。
ただ彼女は悪戯意地悪虐めが大好きです。悪魔の為にベルト付きの特大ディルトを購入して週に2回は悪魔を虐め倒します。
射精しないディルトなんで彼女が飽きる迄3時間でも4時間でも悪魔は突きつかれます。
『ガァ?ぼヴゆどぅじでぐだざい?
アァ???じぬ??』
僕は悪魔の乳首をその間ずっと舌と指で責め続ける様に命令され、
空いた手で自分で自分をシゴき続けます。
この後彼女の気持ち次第で、僕の幸せな時間が来る時があります。
『◯男アタシも気持ち良くなりたくなったから、ほら!』
彼女がディルトを外し、ベッドの上で仁王立ちします。
『はい!』満面の笑みで返事をして彼女の下に跪き、女陰に顔を埋めます。
カエルの様に全身を痙攣させて失神している巨女の横で仁王立ちしている彼女の下で、小男が召使いの様に奉仕している情景は、異常でしょう。
僕は悪魔の乳首を弄り乍ら何度も射精していますが、チンチンはビンビンです。
『う?っ』彼女がイクと何時も様に、
鬱陶しそうに僕を蹴り上げ眠りにつきます。
翌日は昨夜廃人になっていた、悪魔の僕に対する復讐が始まります。