大学時代、出身高近くの女子校で良家の美人で教養も厚いお嬢様と知り合った。堅い家と本人の考え方だったので美術館などで真面目なデートを重ねて信頼を得た。あるとき広い公園にピクニックに出かけた。人の来ない奥地に彼女を連れ込みシートを敷いて座った。彼女にディープキスをして姉に仕込まれた処女殺しのフィンガーテクニックを服の上から十二分にお見舞いし、ショーツをいきなり奪うと腰で股間を割り一気に彼女の純潔を刺し貫いた。これが妻とのなりそめだ。でも恥ずかしがり屋の妻は子供を産んでくれてもショーツとブラまでしか自分では脱がない。最後の下着を奪うのは結構楽しい。そう下着特にショーツ・フェチなのだ。妻は色々なショーツをはいてくれるので嬉しい。
カラフルなショーツ。綺麗なショーツ。そんなのも良いが一番好きなのは履き古した木綿のショーツにたっぷりと膣につぎ込んでやった精液が逆流して大きなシミを作って洗濯しても取れなくなった品だ。妻も良く承知していて元気が無いときなどにはいてエキサイトさせてくれる。学生時代400人の娘から処女を奪った。処女強奪の記念にショーツも奪ってきた。手に入れたショーツは愛液のしみが付いているので手洗い陰干しをして持ち主の顔写真とチャックつきビニール袋に入れて段ボール箱にコレクションしている。これ以上増やさないと言う約束で妻公認の趣味なのだ。最近は妻の古いショーツを集めている。妻のショーツは高校生時代の物からコレクションがある。
着やせする妻はまだ高校の制服が着られる。たまに女子校時代の純白ショーツに制服を着て誘惑してくれる。初体験の時のようにスカートの下からショーツだけを奪い取り軽く抵抗してくれる妻を素早く陰茎で貫いて鬼畜な腰振りをして大量膣内射精してしまう。早く第2子を懐妊したい妻の思う壺だ。しかし生性交していて射精が迫ると子宮は下がり男は腰を止めて陰茎を深く刺してからビューと一気に大量の精液を噴出させる。独身時代は精液処理に女の膣を使っていたが、妻と言う女を孕ませる生殖の本能的な快楽は妻が開発してくれた物だ。女に種をつけて自分の子供を産ませたい。ところでお嬢様時代の清純さと羞恥心を残している妻だが愛撫の前からブラを取ると乳首をたてているしショーツをとると膣を潤ませている。セックス漬けにした成果かなとも思う。