古い、コンクリむきだしの温泉だった
日中で照明がついてなくて
湯煙で薄暗かった
高い小窓から日光が斜めに入って
そこだけやたら明るくて、湯気がゆれてた
浴槽のふちで
R子さんは誰か知合いと話してて
その横に座ってたら
この人、誰?
そう言いながら 
知らない少女がおれの左横に座った
両手で髪をかきあげて
今日ね、床屋に行ったんだよ、そう言うので
え?床屋がどうしたの?そう言って
その子の髪を見た
そしたら急に顔にお湯を掛けられて
なにすんだよって言って、湯を掛け返したが
器用によけて、笑いながら逃げられた
おれ、追いかけたけど
その子は、立ってる大人の女の人の回りを
すばしこく回って逃げた
俺は、追いかけながら
目で女の子のお尻を追って
もう勃起してた
あぶないよ、ころばないでよ、大人が言う
浴槽の脇の奥が、光が入らず暗くなってて
女の子が、その暗がりに逃げこんだ
そこはもう、逃げ場がないはずだ
近づくと、その子が壁を背にして
胸を両手で抑えてた
足が開いてて、そのまましゃがんで尻をついた
子供エッチが丸見えで、びらびらが赤い色だった
その子は俺を見て
ここは暗いから大丈夫、見られないよって言う
おれもしゃがんで、お尻ついて座った
もっと近く来てって言われて
おれは、かたかた震えながら、いう通りにした
おれの左手が引かれて、女の子エッチに触れた
柔らかい感触だった、指を動かすと
痛い、そっとやってよって小声で言われた
俺の肩に、その子の片手が乗って
別の手で勃起ちんちんがぎゅっと掴まれて
入れてよ、そっと、ゆっくりだよって言う
おれはお尻を滑らせて
女の子の股間に下半身を寄せた
そーっとね、その子がまた言う
自分で勃起を掴んで、びらびらにくっつけて
先っちょがやっと入ったけど、やりにくい
すると、その子がお尻を滑らせて腰を振ったので
ぬるって奥まで入った
んー、んーってその子、目を閉じてた
しばらくして、もういいでしょって
俺から離れて
じゃね、ばいばい、あっさり言って
さっさと立って、脱衣所に行ってしまった
もっとしよう、っておれは言えなくて
やっと立ちあがって、明るいところに戻った、すると
大人の女のひとたちが、みんな振り向く
おれの股間が見られてて、まだ勃起したままだった
すぐ湯に入って、手でさわってみた
浴槽の向こうで、R子さんと並んで
笑いながら見てる人がいて
こっちに来てって言う
左横に並んで座った
知らないその人が、顔を近付けて
出しちゃいなさいって言われて
え?何?って聞き返したら
勃起の上にタオルを掛けられて
手を入れて、その辺を触られて
ビクンって反応してしまった
大人の女の人の柔らかい手で
たまらず、今度はすぐ射精した
R子さんが、あの女の子誰なのって聞く
近所の小さい温泉旅館の子供だよ、と
笑って答えてた