大学のサークルの飲み会で、二次会まで出た俺は、1つ下の学年にいた梨奈と一緒に帰ることにした。

梨奈は、1人暮らしで俺は梨奈のことが好きでいつも一緒に帰るまで、練習に付き添っていた。

今日こそは梨奈と一緒にエッチをする!
と思い、サークルの飲み会の幹事だった俺は、二次会で締め、梨奈を送るためアパートまで向かった。

オレ『梨奈、今日は楽しかった?』
梨奈『はい、先輩とても楽しかったですよ!』
オレ『よかった、よかった』
梨奈『また、今度どこか行って飲みたいですね!』
オレ『そうだな、そういえば明日何か予定ある?』
梨奈『特にないですよ』
オレ『じゃ、今日さ俺もう終電ないからさ、梨奈泊めて』
梨奈『え、え?先輩、それ早く言ってくださいよ?』
オレ『いやいや、もともと今日は帰るつもりなかったから良いんだ』
梨奈『申し訳ありません…』
オレ『謝らなくて良いの!』俺は梨奈の頭を撫でてあげた。
梨奈『先輩…私の狭いアパートでいいんですか?』
オレ『いいよ、俺気にしないよ』
梨奈『私も……先輩が来るって思うと、緊張しちゃいます…』
オレ『そんな、緊張しなくて大丈夫』
梨奈『先輩……』
オレ『梨奈……』
俺たちはアパートに着く前にキスをした。
もう俺は確実にエッチができると思った。
梨奈『先輩……私…いつもいつも先輩に練習に付き添ってもらってて、本当に嬉しかったです』
オレ『梨奈には、コンクールがんばってほしいからな』
梨奈『先輩……今日は私にできることさせてください』
オレ『あっ、うん』
梨奈は突然、服を脱ごうとした。
梨奈『先輩……目をつぶってください』
オレ『なんでよ、俺しか見てないんだからそこで脱いでくれよ』
梨奈『う??恥ずかしい??』
オレ『仕方ないな?』
梨奈『う、うそです!!』
梨奈は顔を真っ赤にしながら俺の目の前で上半身だけすべて脱いだ。
オレ『梨奈、おっぱい大きくて綺麗な乳首だね』
梨奈『わ、私小さいですよ……』
オレ『そうか?Eはあるだろ?』
梨奈『はい……』
俺は梨奈のおっぱいを揉んだり、乳首を舐めたりした。
梨奈『あっ…せ、先輩……』
オレ『どうした?もっと感じる声出していいんだよ』
梨奈『はい……わたひ…乳首を舐めたりすると気持ちよくて……』
オレ『もっと舐めてあげる』
梨奈『あっ……うん…気持ちいい…』
オレ『梨奈、もうこんなに乳首立たせちゃって』
梨奈『先輩が……いやらしく舐めるから』
オレ『梨奈のおっぱい最高だよ』
梨奈『先輩…おっぱいばっかりじゃなくて他にもしてください』
オレ『梨奈のオマンコどうなってるのか見てみようかな』
梨奈『あまり見ないで先輩…』
オレ『どれどれ??』
梨奈『……ひゃ…あっ……』
オレ『すごい濡れてるじゃん』
梨奈『……先輩…ダメ……』
オレ『ダメならやめちゃおうか?』
梨奈『やめないでください……』
梨奈は処女なのに、オマンコをぐっしょりと濡らしていた。
オレ『じゃ指入れてみようかな』
梨奈『……あっ……あん??』
オレ『すごい濡れてて、梨奈のオマンコからエッチなお汁たくさん出てる』
梨奈『いや…あっ……先輩…もっともっとして』
オレ『よ??し、舐めてあげる』
俺は梨奈にクンニをした。
梨奈『あっ…あっ……先輩…イ……イクイク……』
オレ『いいよイキな!』
梨奈『あん……あっ……』
梨奈は初体験なのに、潮吹きをし、梨奈のベッドはびしょびしょになった。
オレ『梨奈、だいすきだよ』
俺は梨奈にキスをした。
梨奈『先輩…今度は私が気持ちよくさせてあげます』
オレ『たのむ』
梨奈『先輩…すごい固い……』
オレ『梨奈、好きなようにしていいよ』
梨奈『お口に入らないですよ……』
梨奈はがんばって咥えたり、シコシコしたりして、俺のチンコを気持ちよくさせてくれた。
オレ『梨奈、そろそろオマンコに入れようか?』
梨奈『はい……先輩のほしいです…』
オレ『じゃ、ちゃんとおねだりしたら入れてあげる』
梨奈『ん??……』
オレ『入れてあげないぞ?』
梨奈『先輩…の私に入れて……』
オレ『ちゃんと言って』
梨奈『……先輩のおちんちん……梨奈のオマンコに入れてください』
オレ『よくできました、じゃ、後ろ向いて』
俺は梨奈のオマンコにバックからまず入れてあげた。
梨奈『先輩…あっ……ちょっと痛いですよ……』
オレ『ゆっくりしてあげる』
梨奈『あっ…あっ……先輩…すごい固いのがあたる……』
オレ『梨奈、俺も気持ちいいよ』
梨奈『先輩…好きにしてください』
そう言われ俺は梨奈のオマンコに激しく挿入をし、一気にフィニッシュを迎えることになった。
梨奈『先輩…あっ……ダメ……』
オレ『梨奈、イク……あっ……』
俺は梨奈のお尻にザーメンを出した。
梨奈『お尻が熱い……』
梨奈のオマンコからおちんちんを抜いたとき、血は付いてなかった。
梨奈『先輩…私……わたしと付き合ってください……』
オレ『俺でいいなら』
梨奈『先輩…にもっと教えてください』
オレ『わかったよ』
オレは梨奈に告白され、その日から付き合うことになった。

今では梨奈も大学を卒業し、お互い一つ屋根の下で暮らしている。
来年俺たちは結婚をする。梨奈とは、今も演奏の練習になると、大学時代を思い出しエッチをする。
梨奈とエッチをしたのは、ちょうど今日7月1日である。
梨奈は現在Fカップになったばかり。