晩婚化が叫ばれる昨今、初婚年齢はついにアラサーになった・・・
アラサー美人なら、赤い頃にオトコに目をつけられ、早いうちから性の快楽を覚えたに相違ないのだ。
あなたの自慢の奥様もアラサー婚じゃないかい?
さぞ、美少女だったんでしょうなあ・・・

そんな奥様が美少女だった頃、オトコが放っておくはずがない。
あの手この手で愛をささやき、口説かれたに違いないのだ。
美少女の股ぐらに顔をうずめて、まだ未熟で可憐なお嬢生殖器官を執拗にベロベロ舐め回したオトコが確実にいたのだ。
美少女の初々しい反応に興奮したオトコの舌先は、包皮に隠された未覚醒だった美少女の真珠を掘り出し、まだ薄い皮膜に包まれて存在をひた隠しにして佇んでいたそれに舌先を尖らせ、包皮を剥き広げ、美少女の無垢な真珠を攻撃したのだ。
オトコの舌先を感じる真珠から全身に激しい電流が流れ、
「ああっ!だめぇーっ!あぁっ!」
美少女にとって、今まで感じたことがない凄まじい衝撃であっただことろう。
美少女の秘孔から快感の証が湧き出して、そのオトコに「オンナ」として応えた証拠を見せて興奮させ、自分の肉体が淫らに反応してしまった事実を受け入れ、美少女は羞恥と屈辱に苛んだのである。
そしてオトコは、イチモツを硬くしたまま上体を倒し、美少女の体に覆い被さると、渇望してやまなかった清純美少女の秘孔にゆっくりとイチモツを侵入させていったのだ。
秘芯から体を切り裂かれるような激しい痛みが、美少女の全身に広がり。堪えきれずに肉体を大きく反らせただろう。

回数を重ねていくにつれ、美少女の初々しい肉体が甘美な反応を示し、そのあどけない口元から艶やかな嬌声がこぼれるようになってゆく。
オトコは、普段清純な美少女の口元から艶やかな喘ぎ声を更に紡ぎ出そうと、腰を前後左右に揺さぶったのだ。
無垢で純情だった美少女だが、快感を知っていくと、やがて絶叫と共に電気ショックを受けたが如く肉体が反り返り、無意識に両手をオトコの背中に回してしがみつくようになるのだ。
そしてついにイチモツを咬えている美少女の秘孔が小刻みな収縮を遂げ、やがてぐったりと美少女の両手が崩れ落ち、まだあどけない肉体までもが小刻みな痙攣を起こしてオトコを悦ばせるようになるのだ。
遂に美少女は絶頂に追い詰められ、生まれて初めてのオーガズムを体験し、イチモツの味を占めていく。
一度イチモツの本当の味を知ると、やっと官能が芽生え始めた美少女の秘孔に意識を吹き飛ばしてしまうほど凄まじい快感が次から次へとやってきて、清純顔で快楽に酔い痴れるようになるのだ。

そうやって美少女は、オトコのイチモツを秘孔に迎え入れ、イチモツの抽送摩擦と淫汁でその秘孔周辺の美肉を引きつらせ、やがて巻き込むようにめくれ始め、ドドメ色に色素沈着していくのだ。
その時々で愛したオトコのイチモツを恥ずかしい秘孔に咥え込み、淫汁を滴らせ、快感に淫らな反応をしてきたのは明白だ。
いくら清純美少女でも、清楚美人でも、恥ずかしい秘孔にイチモツがメリ込んで粘膜を掻き回されれば、甘美な快楽にその身を委ねて淫乱な肢体で艶声を奏でるようになるものだ。

まして、アラサーで結婚する近年の女なら、結婚までにその秘孔、艶声そして艶姿を鑑賞したしたオトコが何人いても不思議ではない。
女は、気に入った遺伝子を得るために股ぐらを開き、淫らな反応でオトコを虜にする生き物なのだ。
近年アラサーでご結婚されたみなさん、あなたの清純そうな奥様も、あなたの清楚な奥様も、例外なく何人ものオトコに股ぐらを御開帳して、イチモツで抉られて、淫らな姿をご披露してきたのだ。

間違いない・・・