僕が小学5年生くらいの頃のことです。
近所には、年齢の近い子は女の子が多くて、女の子と遊ぶことも多かったです。

ある日、家の近くの小さな神社で遊びました。
雑草の上に座り込んでいたんですが、2人の女の子が何を思ったのか
「K君(僕のこと)のおチンチン、見ちゃおう!」
と言って、僕の半ズボンに手をかけたんです。

僕はあわててズボンを押さえましたが、いくら女の子とは言え、相手は二人です。
脱がされたりまではしませんでしたが、しっかりとパンツの中は見られてしまいました。

「K君のおチンチン、見えちゃった」嬉しそうにはしゃぐ女の子。

もう一人の子も、
「あたし、おしりも見ちゃったよ」と言って喜んでいました。

数日後のことです。また同じ場所で彼女達と遊びました。
「また見ちゃおうよ」二人はそう言うと、また僕の半ズボンに手をかけて、ちょっとした隙間から僕のおチンチンを覗きこみました。
そして、「おチンチン見ちゃった」とか「かわいい?」とか、好き勝手な事を言っていました。