自分37歳
義母63歳
妻の母と関係を持ってもうすぐ1年になります。
きっかけはメールで妻とのセックスレスについて相談した事。はじめは当然の様に「ありえない」「二人でもっと前向きな話を」「非常識で、誰かに知られた場合どうなるか考えて」と完全拒否でした。
それでもメールを続けていると、同情なのか憐れみなのか返信の文面から態度が軟化してきたのを感じ、懇願する形でOKを貰う事が出来ました。

義父は定年後委託として火、水、木曜のみ仕事。自分は夜勤メインで火曜木曜が仕事あがりに時間がとれたので、会うのにはそんなに苦労しませんでした。

義母からの条件は
・顔を向き合わせない
・話をしない
・時間をかけない
・キスフェラ等性器以外の干渉はナシ
・上半身は着衣のまま
というものでした。

条件を了解し、その当日
車を停めて「着きました」のメールの後、「カギ空いてるのでそのまま2階の○○(妻)の部屋に来て」
との事で、言われるがままに行く事に。
ドアを開けるとカーテンを閉めた薄暗い部屋の真ん中に、長座布団の上で白いお尻をこちらに向けた四つん這いの義母がいました。
右足のすぐ横にティッシュが置いてあり、上半身は着衣のまま、履いていたであろうロングスカートは左手の横に。
条件等から色々察して、自分もズボンとパンツを脱いで挿入する体勢になるり、おそらく自分が着く前に股間を洗ったのか、ほのかに石鹸の匂いがする白髪の混じった義母のあそこを見ながらしばらく自分でしごいてみたけれども、フルにはならず…
濡れていない…と言うよりほぼそのままの義母のワレメに、半立ちのモノにあらかじめ用意しておいたローションをつけて、根本を掴んで当てがいながら挿入しました。
運動はもちろんウォーキングさえもしない義母のあそこはユルくて、普通なら中折れレベルだったけど、“妻の母”という普通ではありえないシチュエーションのせいもありすぐに完全勃起に至りました。
白いお尻を両手で掴みながらゆっくりピストンを繰り返すと、『んっ…』とか『あぅっ…』という声が漏れてきました。