江戸時代には、他人の前での裸も、混浴も当然だった。
        
幕末に日本に来た外国人の記録には、風呂に入っていた若い女達が、珍しい外国人を見たくて、裸のまま飛び出して来て、驚いたとか、家族全員がいっしょに入ってるのが道路から見えたとか、温泉で武士が夫婦で入ってきて、丁寧に挨拶されたとか、色々ある。
          
性的な状況でない時には、平気だったということだ。