俺が幼稚園の時、父が仕事で大ケガをしました、お袋は俺を父方の親戚に預け、姉と弟を母方の親戚に預けました

俺は幼稚園で当時五歳でした

父は5人兄弟で、姉、兄、父、弟、妹です、計算すると父は当時36歳でした

俺は父の兄貴の家にほとんど預けられていました、たまに他の兄弟の家、すなわち叔父さん、叔母さんの家に預けられていました、それは数ヶ月にも及びました

ある日、父の妹の家に預けられることになりました、妹は末っ子なので多分33〜31歳くらいだったのでしょうか?
この叔母さんは美人で長身、細身です、数年前に会った時も相変わらずキレイでした
叔母さんはもちろん結婚していて、子供も2人いました、俺のいとこってことです、旦那さんは遠方に仕事に行っていてたまに帰ってきます

俺が預けらに行った日は旦那さんはいませんでした、叔母さんといとこと、4人で風呂に入り、少し照れながらも母親に会えず寂しかったのを覚えています

預けられて2日ほどすると、旦那さんが帰ってきました、イカツイ怖そうな人でした、何か俺が邪魔みたいな感じで、いずらかったのを覚えています

夜になってみんなで寝ました、しかし暑くて起きてしまいました
叔母さんが優しく声をかけてくれましたが、その時に限って下着(シミズ)姿でした!
子供ながらに慌てながらも、叔母さんに寝かしもらいました
しかし、また夜に暑くて目が覚めてしまいました、するとビックリする光景を目にしました

叔母さんが寝ていて、旦那さんが叔母さんの股に顔を埋めていました、叔母さんはシーツを掴みガマンしている感じでした
子供ながらにヤバイと感じて、知らない振りをしていましたが、やはり気になり薄目を開けて見てしまいました

2人とも裸でした、その後旦那さんが座って叔母さんにチンチンを舐めさせいました!
それから旦那さんに叔母さんが股がり叔母さんが揺れていて、口にシーツをくわえていました
小さい声でハアハア、あんあん、とか聞こえてきました

幼稚園だった俺はただただビックリするばかりでした
叔父さんと叔母さんがイヤらしい事をしているっていう感覚だけでした

叔父さんがいる間は毎日、叔母さんはエッチな事をされていて、毎日興奮して寝れませんでした
ある日、夜に起きた時、叔父さん叔母さんが部屋に居なくて、廊下に出ると他の部屋でエッチな声が聞こえました
、ドアは閉まっていたけど、凄い激しい叔母さんのエッチな声が聞こえてきました

幼稚園の俺には叔母さんが怖い叔父さんに苛められてるくらいの感覚でした


毎日、毎日叔父さんと叔母さんは裸で抱きあっていて

ここには居られないって子供ながらに思いました、4人家族に俺は別の子供だったし

母親に会いたくなりもしました
そんな俺を見て叔母さんは、優しく抱いてくれていましたが、夜の出来事のことも有り複雑でした


大人になって思うと、あの家は叔父さん叔母さんが仲のいい、平和な家族だったんだね!

旦那さんが帰ってくるのを楽しみにしていた叔母さん、毎日セックスしていたけど、愛し合っていたんだなと思いました

子供のころの出来事です