人妻江梨35歳、見事なプロポーションに長い髪、理知的な美形・・・
12年前、俺を振った女だった。
「悪いけど、鏡を見て出直してくれます?ハゲブタさん・・・」
俺は若い頃柔道をしていて、確かに髪は後退して小太りだったがそこまで言われるとは思っていなかった。
27歳で年収800万円だった俺は、自信をもってアプローチしたつもりだったので、その言われようにかなりショックを受けた。
俺はそれまで、精力旺盛な上に自慢の男根は18?砲で人妻の遊び相手として重宝されていたが、結婚を考え始めて江梨を見染めたつもりだった。

昨年、11年ぶりに再会した江梨は、俺を見て全く気付いていなかった。
あれから薄毛対策をし、体重を70?まで落とし完全な筋肉質へと見た目の変貌を遂げていた俺は30歳で見合いして、32歳で結婚、6歳年下の可愛い妻は俺のあまりの性力の強さに閉口し、
「風俗で遊んでもいいし、浮気してもいいから毎日は勘弁してください・・・」
と懇願された。
よくよく考えたら、毎日朝晩、休日は朝昼晩、確かに華奢な妻に18?砲はきつかったらしい。
俺は、夫が単身赴任で熟れてきた女体を持て余している江梨に近づき、かつて人妻の遊び相手として重宝された18?で迫り、半年前に浮気セックスに成功した。
何度か不貞男根に耽溺させて、俺の正体を明かすと、
「ううっ・・・何てことを・・・」
と途端に俺を嫌悪したが、若い頃に数々の奥様方がお気に入りになられた18?砲に囚われの身となっていた。
そしてついに、夫婦の寝室で江梨を抱くことを認めさせたのだ。

夫婦の寝室・・・夫は、もう長いことここで江梨を抱いていないだろう。
そのベッドにはこれから、俺のと江梨の体液が染み込むのだ。
シャワーを浴びた江梨はバスタオルを巻いてベッドに腰掛けた。
バスタオルを乱暴に剥ぎ取ると、右手は形のいいDカップの胸、左手は股間の茂みへ・・・
ここまで来て女陰を隠そうとする恥じらいが江梨の清楚な魅力だった。
普通の人妻は数回ハメれば淫婦に成り下がるが、江梨はいつまでも心を開かず、俺を嫌悪し、体を守ろうとした。
不貞の仲でも貞淑さを保とうとする憎たらしいほど美しい淑妻だった。

俺はベッド脇に立ったまま腰のバスタオルを取って、イキリ起つ男根を露出した。
「こんなになっちゃってさ・・・ずっとガチガチだと辛いなあ・・・」
18?砲をビクンビクンとさせてやると、江梨は頬を染めて両膝をゆっくりと開いていった。
濡れた女陰に飢えた色香が立ち昇り、女唇がビロビロとはみ出ているものの着色は薄かった。
江梨は、ヌラヌラと濡れて光る女唇を指で左右に割った。
クパァ・・・と女孔がポッカリ開いて、フェロモンをまき散らした。
トロトロ・・・
女孔は目の前の男根に垂涎し、シーツに染みを作った。
「どうぞ・・・お使い・・・ください・・・」
かすれた声で江梨が言ったが、無視して男根をビクつかせていると、
「どうか・・・いやらしい・・・おまんこを・・・お使い・・・ください・・・ハゲブタ様の・・・おチンポで・・・お楽しみください・・・」
この征服感たるや・・・爽快だった。
そして股間に割って入り、男根を女唇の側へ持っていくと、江梨が俺の男根を掴んで自らの女孔に誘導した。
ヌチャ、ヌチャ・・・クチュ、クチュ・・・
浅めの抽送に溢れた牝汁が亀頭に絡みつき、光り、女唇が男根にまとわりついて、いやらしくめくれ上がった。

「あ、あの・・・今日は危ない日・・・なんです・・・」
男根に血液がドクンと流れ込んだ。
危ない日・・・無責任な復讐姦を楽しむには歓喜の調べだった。
「仕方ない・・・今日は外にしてやるよ。」
「では、どうぞ・・・犯して・・・ください・・・ひゃっ!・・もっとゆっくり・・・あうっ」
江梨は哀願したが、
ズリュリュン!
と鋭く深い挿入に亀頭が子宮口に突き当たった。
「ひゃあうーーーーっ!」
江梨は仰け反り、ひとしきり喘いだ。
膣壁がひくひくと痙攣していた。

俺は江梨の上に覆いかぶり、熟れた肌触りを楽しみつつ、腰を細かく動かし、媚肉の感触を味わった。
江梨の一瞬のアクメは短かったからか、すぐに落ち着いたが、顔に恥辱が浮かんでいた。
挿入しただけでアクメるのは、清楚な江梨にとって屈辱だが、18?砲でいきなりポルチオ攻撃では仕方がなかった。
わざとゆっくりと挿入してくれという願いを裏切ったのだが・・・
「悪かったかね。でもな、お前の孔もかなり淫乱でいやらしいとわかってるんだろう?」
唇を重ねようとすると拒まれた。
江梨は、全身を凌辱され、何度も女穴を犯されても、キスを嫌がった。

俺は絶妙に腰を動かし、男根で子宮口を愛撫してやりながら、力で押さえ込んで抵抗できない無力感を悟らせた。奴隷の主従関係を心身に刻み込んで喘がせれば、もう普通の男根では満足できなくなる。
腰を震わせてながら捻りを入れて、亀頭で子宮口を撫で続ければ、女孔が締まり蠢いた。
いつしか江梨の腰はいやらしくくねり、
チュパ〜ムチュ〜・・・
自然に唇が重なり舌がもつれ合い、唾液を攪拌し合い舌の感触を楽しんだ。
夫とだってこれほど濃厚なキスはしてないと思った。
江梨は、嫌悪する男の唇を受け入れるほど混乱していたのか・・・