過疎化するサイトで業者も多い中、即アポ小悪魔で22歳の子と連絡が取れました。

向こうから写真を送って来たので見てみると、可愛い…

騙されるのかと思いながら、とりあえず待ち合わせ場所に行きました。
メールを入れると少し遅れると返事が来た。

しばらくすると、車の助手席に女の子が来たので、会釈をすると乗り込んで来ました。

小柄で黒のセミロングのおとなしそうな子だった。

「ごめんね化粧してないんだ」とこっちを見て笑う顔は、確かにあの写真の子でした。

30分ほどドライブしていい感じになってきたので「これから何処に行きたい」と聞くと

「どこでもいいよ」と言ったので「じゃあホテルに行こうか?」と言うと

「どこでもいいよ」とまた言ってきたのでホテルに直行してやりました。

近くのラブホに行って、ソファーに座ると、頭を肩に押し付けて体を触って来ました。

早速風呂に入ると、意外にも大きな胸で、エロい体つきでした。

ベッドに入り、バスローブを脱がして、乳首を吸うと反応がよく

更にクリを舐めると押し殺した呻き、チツに指を入れ掻き回してると

だんだん息遣いが荒くなってきました。

すると、人差し指が、万力で上下から押し潰されるような締め付けでかなり痛い

これは自分のモノが大丈夫だろうかと思うぐらい。

やがて、彼女は耐えれなくなったのか「入れて…入れて」と言い出したので

そのまま即生で挿入しました。

何も言わなかったのでガンガン突きまくり、抜こうか考えたけど

最後の一突きを深々と沈め、中で放出しました。

自分自身のモノの回りに逆流して戻って来るのがわかりました。

彼女も逝ったみたいで、何度も中が締め付けて

抜くときも最後の一滴まで絞り取るかのようでした。

いやあどうしようかと考えていると

「あ〜中に出したの?」と「だって締め付けきつくて間に合わなかったんだよ」

すると、ちょっと悩んだ感じで「今日、危ないんだよね〜」とぽつり。

別にゴムしなかった事も咎められず、お風呂に入ってから

家の近所までとの事で送って行きました。

その後、即アポ小悪魔でのメールやり取りして二回会いましたが、

中出しはさせてもらえませんでした。

最後のメールのやり取りで、どこかのデリヘルに勤めてるらしい事を言っていたけど…。