日本国内ではダンス公演は無報酬のサークルやそれに近いものばかりです。
ちゃんと組織されたカンパニーや財団法人になってるバレエ団とかも似たようなものです。
収入源は寄付と企業メセナや公的団体の補助金、付属ダンススタジオの月謝などです。
海外を中心に公演して回るダンスカンパニーがあるのは、日本国内では儲からないからです。
客を楽しませる仕掛けとしてのハプニングは多かれ少なかれダンス公演にはつきものですね。
   
っていうか、カラダでお礼する習慣が未だに根強く残ってますよ。
AV女優が収録終わった後でスタッフ全員とヤると聞きますが、
AV女優より女同士の競争の激しいダンサーなんかはスゴいことになってるらしいです。
年増の女性ダンサーは数少ない男性を奪い合い、朝まで寝かさないで激しいセックスするとか。
男性ダンサーは先輩ダンサーに体が持たないと泣き付くそうです。
   
「裁判長!ここは懲役4年でどうですか」ってタイトルの裁判傍聴記録の本があるんだが、
それに、スタッフ4人で女優を輪姦した裁判の傍聴記録が載ってる。
撮影後の打ち上げで、カラオケの後にお酒飲ませて輪姦。
まぁAV女優なんてあちこちでハメハメされてると思うから、裁判は慰謝料目当てかな・・・
   
でも酒飲ませて輪姦はマズイでしょう。強盗や引ったくりと同じです。
AV女優はスタッフに体を提供することを強制される訳ではありません。強制されたら訴えるのは普通の女の子と同じでしょう。
ヌードダンサーだって公衆の面前でパンツ下ろされたり、痴漢されたら訴えると思います。
これは以前何かの雑誌で読んだのですが、
AV女優同士の対談で、先輩AV女優が新人AV女優にこんな感じで注意してました。
先輩「スタッフへのお礼は当然しなきゃね。私は撮影終わったら必ず全員と寝るわ。」
新人「エッ!全員って20人近く居ることもありますよね?キツくないですか?」
先輩「あの人とやってこの人とやらないと波風立っちゃうでしょ。とにかくその場に残ってる人全員とやるのが鉄則よ。」