2011年11月06日

10月の釣り

“江戸前ばさー2”更新滞ってます。。。

すみません

BlogPaint

“新たなプロジェクト” “八武海” “IMAKATSU SALT”
こちらでも記事掲載してますので、こちらもご覧ください

img_0051



と、いうわけで、

ダイジェストで~~

一ヶ月分くらいさらっとUP


先ずは、V6マリントーナメントに参加

11 10 23 003


ショウミとペアを組み
先日開催された、JBTOP50 北浦戦の直後の開催でしたので、
ならばと、北浦~常陸利根エリアで勝負してみることに

TOP50時の噂通り、北浦北部には相当なワカサギがおり、雰囲気は抜群だが。。。

一筋縄ではいかず。。。  米国的猫型魚のみで、やってしまったNF

TOP50 北浦戦優勝のイッチ~さすがですわ~ 

北浦難しい~
11 10 23 009


11 10 23 011





そして、シーバスは、

キャスオリカラマリブ“マコリックスブルー”で、デイで
11 10 23 015

デイゲームや、クリアウォーターでいけてるカラーに仕立てました。

残念ながら、好評のうちに即完売

皆様ありがとうございます。

ハマるシチュエーションがあるカラーです。試してください


ナイトゲームは、河川シャローを狙い

KomomoⅡや
11 10 23 017

フラグマで。
11 10 23 020


デカイのもHITさせましたが、瀬に巻かれフックオフ。。。

デカイのいるな~~


お次は、

NBCソルトチャプター江戸前シリーズ 第1戦 三浦 丸十丸 @カワハギ!
11 10 23 028


11 10 23 038


詳しい内容は、JBNBCのHPに掲載しました。



で、シーバス

隅田川
11 10 26 002


千葉エリアにて、

11 10 26 008

おっきいの出ました。
11 10 26 014

TKLM キャスオリカラ“マコリックスB”  
この色、我ながら良いできでして、超お気に入り
残念ながらこちらも昨年発売して即完売
手持ち残り1個。。 大事にしなくては。。



お次は、湾奥デイゲーム開幕
11 10 26 020

鳥山立ち~の~

ソルティソニックで、爆り~の~
11 10 26 027
11 10 26 031
11 10 26 028


ブレードでも~
11 10 26 039



といった感じ


さらっとUPで、すみません





mako28koide at 01:15|PermalinkComments(0)

2011年10月15日

9月初旬 KOZU TRIP 遠征おかっぱり

フリーズ状態の“江戸前ばさー2”でしたが、ようやく

だいぶ前の話を今ごろアップです。

お付き合いください




9月初旬、ZENさんグループと、遠征の旅に行ってきました。


行き先は、東京都 神津島
伊豆七島の下の方の、島です。

竹芝桟橋から東海汽船で向かいます
f8fe2245.jpg

近年、新島なんかはルアーマンに大人気なんですが、じゃ、神津島ってどうなの?

ちなみに、神津島で今回お世話になった宿“よねき”さんとは、仲間のゐっぺゐちゃん→ゐっぺゐちゃんの奥さん→ゐっぺゐちゃんの奥さんの幼なじみ→ゐっぺゐちゃんの奥さんの幼なじみの旦那のオヤジさん=民宿“よねき”って、ことで、いろいろ調べた結果、神津島おもしろいんじゃない?

と、いうことで、今回の遠征が決まった


だって、

神津島の桟橋で、メーターオーバーシイラ、ブリ(イナダぢゃないよ)、カンパチ、ヒラマサ(15キロとか)、キハダ10キロとか、ヒラスズキ90センチ、アオリイカ4キロオーバーだとか、もんすごいとこだって情報入れていろいろ仕込んで、出発!



朝の竹芝桟橋からジェット汽船でひとっ飛び!

っても、朝出て到着は昼

神津島は伊豆七島の終点で綺麗な海を見ながら、マグロ跳ねてないかチェックしながら爆睡していつの間にか到着。

11 9 12 001

ふぅ~

民宿“よねき”さんへ向かいます

部屋のポスター
11 9 12 002

神々が集いし伝説の島。。。

恐ろしいとこだ。(笑)

荷物置いてまずは飯!で、あとは釣り!

初日は車で島を回って釣りできそうなポイント探し
神津島は漁港以外、ほとんどが磯
11 9 12 004


やはり軽装備で入れる磯はなく、事前情報通りの、桟橋で釣り開始
11 9 12 009

桟橋といっても、これが普通の堤防に見えて普通じゃない

水が青い

堤防の先端にはこの青い水がぶつかり潮目を形成

そう、神津島は黒潮のまっただ中

おかっぱりで黒潮本流を狙えるんです
11 9 12 012

あとは、この黒潮に乗ってどんな魚が入ってくるかだけ

桟橋では、“よねき”のジュニアで、スーパーアングラーの“ともきくん”もいたので、挨拶し状況を聞き釣り開始


とりあえず、大物用タックルと、ショアジギタックルをセット


カンパチが回っている様子

何が出るか変わらない状況で、まずは、ゴーダさん!
11 9 12 016

良型カンパチ!


さらに、ジグで岸壁際で、ドスンっ!
11 9 12 020

11 9 12 025


カンパチゲット

岸壁際で水深15メーターくらいあるんです


時折カンパチのボイル!

カツヲもヒット!
11 9 12 031


ゴーダさんノリノリ

ZENさんもカンパチゲット!
11 9 12 035


初日からいい感じ


大物の回遊はなかったが、凄い堤防です
11 9 12 036


夜もアオリイカあたりをやりに行こうと企んでいたが、夕食で宴会して部屋戻ってだらだらしてたら皆即爆睡!

翌朝に期待です


で、翌朝

すっかり寝坊で朝マズメを逃し桟橋へ

まずは、何かを掴んだ大熊さんが、シーバスルアーでカンパチ!
11 9 12 040


自分はジグで
11 9 12 042


みんなバンバン釣ります
11 9 12 044


定期的にカンパチのボイルが出る!

出ないタイミングでもたまーにヒット

ネモさんも無事GET
11 9 12 046


トップでも! 誘い出しってやつ
11 9 12 053


潮が緩むまで飽きないくらいにヒットは続き、
11 9 12 055


朝タイムが終わりかけたころ、この旅最大の興奮が訪れた


ふと振り向くとビックファイト中の大熊さん!


すると、目の前にはシイラの群れ!


ついに桟橋に大型回遊魚が現れ大熊のキャストするルアーにヒット!


5~10匹くらいのメーターオーバーシイラの群れ


大熊さんスーパーファイト中!


寄せてきたが、足元まできてスーパージャンプ一発で、フックアウト!

まだ目の前にいるシイラに自分もキャストし、2回食わせるも、2回とも2秒でフックアウト!


そうこうしているうちに、シイラの群れは去っていってしまった。。


今回もっとも期待していたオカッパリシイラ。


チャンスだったが、惜しくもヒットのみとなってしまった。。


その後もシイラの回遊に期待したが、この1チャンスのみとなった。

この旅一番の興奮

あんなの見たらまた来たくなってしまった。。

恐るべし神津島

興奮冷めやらぬまま釣り再開


潮が止まると鈍る反応。。

沖へフルキャストしたジグに
11 9 12 059

カスミアジ!

なかなか珍しい魚が出ました。

エソもヒット


また再び潮が動き出すと


カツヲ!
11 9 12 066


っつっても、ソーダではなく、スマガツヲ!

旨いヤツでしょ、コレ

隣で地元オジサンはスキップバニーでこのカツヲをバンバン釣っている

途中、別の漁港へ行ってみたりしたが、やはり一番いいのは、桟橋でした。


そんなこんなで日が暮れるまで桟橋フィッシング
11 9 12 075


暗くなるころ、“よねき”の“タカミさん”(この島の釣りを一番知ってる僕らの案内人)がアオリイカをヒットさせていた。
イカもありらしいが、神津の桟橋は流れが速くエギを入れてみたがなんだか解らず終了にした。

タカミさんは4号のエギを使っていた。。

そんなの持ってない~



そして、最終日

この日はしっかり朝マズメからスタート


何かを掴んだ大熊さんが、怒濤のヒット連続!
11 9 12 080


朝のラッシュで、ついにはカンパチダブルヒットまで!
11 9 12 085


ヒットルアーはまさかのコレ(ニーサン)ですわ。

私はスマガツヲ! ヒットルアーがまさかのコレ
11 9 12 088


コレをあーしたらカンパチ、カツヲラッシュ!
11 9 12 081


したら、近くで泳がせやってたタカミさんがナニやら強烈なファイト!


で、3キロ級カンパチ!
11 9 12 092


いやー、オカッパリでこのサイズ。。これがいるんですね!

神津恐るべし!


朝マズメタイムも終わりまったりしてきて
11 9 12 093

11 9 12 094


そろそろ帰る準備な時間になり、シメは、ZENさんトップでドカン!
11 9 12 096


と、オカッパリで黒潮を撃つ、東京都だけど、東京都では味わえない楽しい釣りができました。


いいとこだ神津島
11 9 12 098


現地の案内人、タカミさんにもいろんな凄い釣り情報を聞き、こりゃこんなカンパチ爆どころじゃ満足しちゃいけないような感覚に落ちた

また来れるなら大物タックルで凄いのをヒットさせてやりたい
11 9 12 063


まだまだ一般的には未知数な釣りができる神津島

またいつか。

リベンジしなくてはいけない思い出を作ってきた。

旅を企画してくれたZENさん、みなさんありがとうございました!

またリベンジしましょう!


mako28koide at 03:04|PermalinkComments(1)

2011年10月02日

IMAKATSU SALT 始動!

以前から水面下では動いていたプロジェクトが、ついに表舞台に!
o0160004510233818777

IMAKATSU SALT
BlogPaint


八武海
img_0012

始動です

第一弾 ソルティソニック 登場!
img_0051


11 8 29 026




mako28koide at 01:25|PermalinkComments(0)

2011年09月10日

台風前湾奥河川 シーバス

台風前の釣り

夏から秋へと季節の変わり目

ゲリラ豪雨も多発し、台風シーズンへ


湾奥の河川の水も真夏の高水温から一雨ごとに下がり始めたきた


デイゲームで河川へ

本当は朝からやりたかったが、出遅れてしまい下げ8分といったとこからスタート

強かった下げの流れがゆるみそうなタイミング


まだそんなにがっつりな群れは入っていないようだが、広範囲を探っていけばポツポツと拾えるだろうと甘い考えで、広くキャストしていく


メインルアーは、イマカツ“ソルティソニック”

17グラムと河川でも使いやすいメタルバイブ

メタルバイブ特有の嫌な引き抵抗はなく、浅いレンジもファストリトリーブでいけ、アピールはメタルバイブ特有の高フラッシング

夏から秋にかけてのやる気満々の食いに来てるシーバスには言うことないアピール力と、ボトム付近の緩い流れでやる気なさそうにしてるシーバスにもリアクションバイトを誘発させるメタルバイブのキレのいいアクション


しばらく表層メインでやる気のあるシーバスを突き上げさせるように探るも反応なし


作戦変更で、ボトム付近のブレイクや流れのヨレに着くようなやる気のないようなシーバスは?と、一旦沈めてから中層から下をリトリーブすると、


“ゴンッ!”


いたいた


“ガバガバッ”と水面を割ると、黒い魚体のシーバス

バリバリ活性の上がった食いに来てるシーバスではない方の魚


が、食い浅くバラし



すると、隣でキャストしていた谷口さんにヒット!
11 8 29 021

無事キャッチ!


沈めて食わした黒いシーバス


やる気満々はいないのか?

そろそろ流れも緩くなってきたので、河川内の瀬になっているようなスポットに移動


浅くなってきたタイミングで瀬に入ってくるやる気のある食いに来てるシーバスはいないか?


と、瀬に向かってフルキャスト


プラバイブ17グラムでは届かない領域をカバーするソルティソニック


と、瀬の上で、


“ドンッ”と、バイトが出るも2秒でバラし


入ってる!


と、次のキャスト


再び“ドンッ!”


今度はしっかりした食い上げで、ヒット


さっきのボトムで食ったのは明らかにパワフルな重たいファイト


しっかり食っていたので、強引に寄せ、今度はキャッチ!
11 8 29 027


これ
11 8 29 023

イマカツ ソルティソニック

夏から秋へとの季節の秋寄りの魚


プロポーション抜群の脂の乗ったブリブリ旬を迎えたシーバス


この魚体を見ると、今年もハイシーズンが始まる予感がする

今後、一雨ごとに増えてくる旬を迎えた高活性シーバス


台風後の濁りから回復すれば、水の中は秋モードとなっていきそうだ。


秋モードの前に

凄腕5種目狙いに行ってきよっと。


あ、なんてことない、これ1本で終了です。

次の数投目には潮は上げへと変わってバイトなくなってしまいました。。


秋は一瞬の時合にあるのが、季節の変わり目の法則


mako28koide at 01:22|PermalinkComments(0)

2011年09月05日

アイランドクルーズ シーバス&ベイチヌ

久々、アイランドクルーズさんへ、シーバス&ベイチヌで出船

悪天候が予想され、予定のタチウオは無しにして、近場のシーバス&ベイチヌへ
11 8 29 001

まずは、シーバス


まだまだ夏の気配の水色の中、強烈なファイトのシーバスが飛び出す!

TOPへの反応は少なかったが、ミノーレンジで勢いよくバイトが出る
11 8 29 002


夏の魚というより、コンディションは秋に向かってブリブリのパンパンパワフルな仕上がりのシーバス連発

キャスティングオリカラマリブテストサンプルにてブリブリ!
11 8 29 004

僕がデザインした、カラー
コンセプトとしては、これからのシーズン、イワシ食いのブリブリ用デイゲームでも使えるカラーリング。
マリブは明暗だけぢゃない、デイマリブお試しあれ。

もちろん、普通にナイトや干潟などのクリアウォーターでもいけそうなカラーに仕上げました。


続いては~

イマカツのプロトのプロトミノー
11 8 29 008

ダメ出しの1品であったが、ありな面も見せた食い方をしてくれた。

なんか発想が膨らむルアー

そして、イマカツソルティソニック 発売間近?
11 8 29 009

メタルバイブだけど、遠く飛ぶだけのメタルバイブではない、

食わせられるメタルバイブ
普段使いできるメタルバイブに仕上がってます
11 8 29 011


ので、ボートでの、こんな状況では、入れ食いになってしまう。。



で、シーバスをある程度やってからは、ベイチヌへ


アイランドクルーズさんでは、キャンディーという消しゴムみたいなルアー?ワーム?でベイチヌをやるのが流行ってきているが、今日はイマイチ食いが悪いそうで、カラスガイ使ってやります。


ピッチングで、ストラクチャー撃っていきます


すると!


ドンッ! ゴジュアップ!
11 8 29 012

ズドン! ゴジュアップ!
11 8 29 014

ベイトフィネスでも試みるも、ちょっと改良が必要でした。。


ので、スピニングベイチヌ

ドンッ!
11 8 29 016


ドンッ!
11 8 29 018


で、満足!(笑)



キャプテンエンチャーン曰く、チヌは一年中狙えるとの事です。 シーズンによって釣果に差は出てきますが。

ちなみに、キャンディーは、餌が取れない時期に有効とか。


mako28koide at 13:32|PermalinkComments(0)

JBⅡ四国第3戦 ストーリー

8月20日の、今期最終戦となる、JBⅡ四国シリーズ第3戦へ参戦のためパートナーのショウミと再び四国徳島入り


余裕を持って到着した金曜日はオフリミット期間中のため、トーナメントエリアとは別の徳島県内の河川でおかっぱり

釣れる場所なのかもわからず見つけたとこで、バスではなくライギョがドンッ!
e7a063a1.jpg

徳島らしい


翌日、公式プラクティスデイ

トーナメントエリアとなる旧吉野川は、河口堰の開閉により潮位や流れが変動する川

堰の開閉は日によって決まっており、今回のプラクティスデイとトーナメント当日は定水日

河口堰は動かず潮位の変動が起こらない、流れもあまり出ない日

今年、トーナメントで来ていて4度目の釣りとなる旧吉野川

ここは、シーズナルな動きと河口堰による潮位変動、流れもよんでいかないといけないフィールドということを見てきた

そして、プラクティスデイは定水日

ロコアングラーが釣れない日という定水日である


どちらかというと普段流れてるとこでやってない自分としては定水日のがやりやすいよーな?

でも、あきらかにバスの勢いが違うんですよね。


で、プラクティス
1c0a468a.jpg

多くの選手が旧吉野川水辺プラザから次々にランチングしていく

ちょい出遅れな時間からスタート

8月だっていうのに、水温24度??

先日開催されたTOP50戦でもそうだったが、今年の旧吉は季節がおかしい

とりあえず全域を見てまわり

下流~上流と、さまざまなストラクチャーや、ウィードエリア、流れなど変化に富んだ旧吉。

関東から見たら、メディアなどでもパラダイスのイメージがあるが、試合となると、まったくのパラダイスはない。

流れや潮位によって魚の活性も違うフィールド

地元、イマカツチームの本堂さんが良く口にする、パラダイスと地獄が紙一重のフィールドだよ

とは、まさに実感している。

ちょっとしたリズムの違いで釣る人は釣る、釣れない人はまったくダメとなるフィールド


プラクティスとしては、


下流域では、
5グラムテキサスリグ+パワーゴビーで水中のウィードマットやエッジをズル引き~スイミングな感じで旧吉アベレージの800くらいのはでる感じ
296c4220.jpg

上流域の流れのあるスポットもチェック

こちらは流れのヨレ+ウィードパッチのある法則に気付き、キロクラスが出た。

当初プリプラでのショウミか持っていたカバーは、潮位の低い定水日だったためカバーに水が入ってないせいかいまいちになっていた
とりあえず魚は出せる

ここからが難しい旧吉。あとはサイズだ。

下流か、上流か。。

キーはやはりウィードか


プラクティス後、翌日の試合用に組んだタックルは、メインとして

5グラムテキサス+パワーゴビー(ウィードエリアずる引き~スイミング)
1/2ozテキサス+エスケープツイン、ダイナゴン (ウィードパッチ、カバー撃ち)

アベラバ3.5グラム+アンクルゴビー (ウィードエリアスイミング)

スケアブロー48・モグラチャター (巻けるところは巻く)


と、いった感じ

ペアトーナメントなので、自分はこれだけ
f7f9ab4c.jpg


毎回前日のプラと本番では違った模様を見せる旧吉野川

アジャスト性能が必要となるトーナメントエリアだけに、今年数回の遠征で得た旧吉野川のクセに対応できるか



大会当日

スタート前
201108211328000


天気は曇り、晴れ間も差し、たまに雨もぱらつくコロコロ変わる陽気

これは、非常に厄介


フライト順は早いスタートを引き


スタート開始

あきらかに上流組が多いと踏んでいた通り、ほとんどの選手が上流に向かう中、我々はプラクティスで釣れていた下流域のウィードエリアへ


定水日+下流=前日が通用すると、読み下流へ一直線

ウィードエリアだが、その中でも変化のあるウィードを広範囲に探る


いればすぐ食うはず


パワーゴビーテキサスリグにて早速のバイト!


よし!と、フッキングかますが、なんとすっぽ抜け

しかもこの後ももう一発すっぽ抜けをやってしまう


魚はいたが、食いが悪い

流れのないせいか。。


ライトリグでも探るがライトリグには反応なし


出だし焦る展開になってしまったが、とりあえずリミットメイクを目指し、中流域のアウトサイドベンド側のテトラ+ウィードへ

プリプラでショウミが見つけていたポイント


ショウミはプラで釣っていたヘビダンでテトラを


バックシートの私はテトラ~ウィードのエッジを狙う

やみくもに狙うわけではない、沖にこぼれたテトラの張り出しがキーとなる。


そこで、ふと気付いたのか感覚的なものか、テトラのエッジからウィードねさらにアウトサイドをアベラバ+アンクルゴビーで、ミドスト~スイミングさせてみる

夏の中層に浮いてるバスを狙うようなイメージ


で、数投目


鈍いバイトが出る“モゾッ”

ん? 食った? (くらい)

よし! ヒット


が、様子がおかしい

引きが強すぎ


ん? バスか? 違う魚??

と、思ったくらい走られて上がってきたのは、まさかのビックバス!

で、キャッチ!

1本目は、いきなしのキッカー! 余裕1800クラス

キタキタキター!

勝てる魚

久々に現役プロ時代のような震えが全身に走った

ショウミとがっちり握手をかまし

それまで、沈んでいた空気も一気にやる気モードに!

これはいけるぞと、テンション上がった次のキャストで、さらにバイト!

で、キーパーキャッチ

旧吉では勝てない500~600クラス


なんとなく見えた今日のクセ

で、さらにのバイトで、連チャンモードでアベレージより下のサイズをまた追加し、一気にリミットメイク!

あとは、このアベレージ下のサイズを入れ替えるだけ

その後、時合いだったのか、バイトは遠くなり、前日いいサイズが出た上流に移動


が、上流エリアはかなりの選手で埋まっていた

狙いの流れの絡むウィードパッチを撃っていくも、流れが前日より弱いためか雰囲気なし


時刻は12時を回り残り時間も僅か

あと2本入れ替えなければせっかくのキッカーが無駄になってしまう

昼過ぎからは潮位の変動で堰の開閉はないが、多少流れが起こるタイミングがくる

キッカーを釣った中流のスポットか、朝バイトを獲ていた下流ウィードエリアか。

一気に下流へスロットルを開ける


残り30分

下流ウィードエリアへ到着
流れが少しずつ出だしいい雰囲気

ウィードエリア+ブレイク中心に、テキサスリグとアベラバで流していく

広いウィードエリアの中でも、魚が着くウィードの立ち方ってのがあり、ここでしょっとウィードを捕らえるとバイトが出る!


よし! 入れ替え成功の1本をキャッチ 約800くらのアベレージ

時合いなのか、続けてショウミも1本ゲット が、入れ替えならず

で、タイムアップ
201108211337000


あと1本キロフィッシュが欲しい展開のまま帰着となった


さて、ウェイインが始まる
やはり旧吉、厳しい感じに見えたがほとんどの選手がリミットメイクしている
自分たちのウェイトは、3280グラム
11 8 29 032

旧吉上位最低ラインの3キロは越えた

あとは、今日の旧吉のコンディション次第といったところか、回りがどれだけウェイトを出してきてるか

ちなみにこの日メインとなったルアーはこれ

このキッカーもこれで
11 8 29 034
11 8 29 035

この色の組み合わせが亀山でも絶好調な自分流なセッティング


そして、表彰


第5位、3300グラム~

って、おい!やっちゃった
20グラム差!


負けた

11 8 29 033

ということで、残念賞

6位とは同ウェイトゼッケン順負けで、

うちらは、7位でした。。

今期全3戦アウェイ参戦した旧吉戦にてようやくシングル入り

第1戦、2戦は旧吉のリズムに翻弄されダメダメだったが、ようやく旧吉の流れに乗れたかなって試合になった。


ここ旧吉野川、実におもしろいフィールドである。

関東ではまず無いシチュエーション

クリア~ステインウォーターで、ウィードありの、ナチュラルカバーや護岸やらのストラクチャーはたくさんあり、流れありの河口堰によっても流れや潮位が変動する、釣るためのファクターがありすぎる一方、どんな釣り方(ヘビーカバー撃ち~ライトリグ、巻物と)ができる、この豊富な自然と綺麗な水の環境が揃った素敵な魅力あるバスフィールドで、釣りができることに感謝


表彰式では、年間の表彰も
しかし、表彰の途中でまさかのゲリラ豪雨!
11 8 29 037


全員ビショビショで今期JBⅡ四国シリーズ終了となりました。


翌日

ちょろっと浮いて


今日は変水日

流れが出ます

と、スケアブロー炸裂
201108221152000

反省釣りで、ナイスワン
201108221510000

旧吉野川わかってきたぞ!(笑)

最後でね。。

今シーズンパートナーに誘ってくれたショウミ、ありがとう。


次はいけるね!(笑)
201108221845000


と、約10時間掛けて帰ってきました。。


mako28koide at 12:44|PermalinkComments(0)

2011年08月21日

結果

c4e19002.jpg残念!


7位


びみょ~

最後にやっとまともな成績出たが、あとちょっとという、びみょ~な順位だけに

クヤシィ。。。


とりあえず、ただ今会場土砂降りです。。


mako28koide at 16:20|PermalinkComments(0)

1本いいんだけど~

b808a699.jpgようやく、3キロ越えたが


mako28koide at 16:19|PermalinkComments(0)

ウェイイン

59ff0ced.jpgいいのが1本入りました
旧吉野川は釣れるとこなの?釣れないとこなの?

毎回難しいフィールドです
さて

3戦中では一番いいウェイトになりそうですが

いかに


mako28koide at 14:43|PermalinkComments(0)

JBⅡ四国第3戦 朝

71a41105.jpgおはようございます

朝の準備中


mako28koide at 06:55|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

o0154005710233822687


logo