2005年11月13日

見よ、あれがぼら待ちやぐらの灯だ!

「ローエル・カフェ」当日、8時半から作業開始する。前回にもまして、団塊の世代メンバーが張り切っている。特に「川に浮かぶぼら待ちやぐらかがり火」の企画立案者だったYさんは朝からそわそわしていた。

支度が整い、あとはそれぞれに店をまかせるのだがそれが整ってしまえば我々も来客する人たちとビールを飲みながら語ったり、催し物を見物したりする。
そしてクライマックスのかがり火が川の中に悠然と炎が舞い上がるとき、えもいわれぬ魂の高揚がはじまる。同じように壁面にロウソクのイルミネーションを飾りつけたMちゃんのセンスアップされたワークにも皆は酔いしれた。

さすがに映画はあまりに寒くて席を立ってしまう人が多かったのが、ちょっと残念だったが前回にもまして協力者が増えたことが何よりも心強かった。

この先も自分たちが楽しめる範囲でやっていけたらと思う。






makochan311 at 14:11│Comments(0)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ローエル  [ mothermoon ]   2005年11月14日 09:51
明日は1日限定オープンカフェ、ってほどこじゃれてませんが

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives