北海道ひとり旅 憧れの大地へ 旅のブログ

北海道のひとり旅で感じる事をブログに綴りました。 ほんの少しでも旅のお役に立てればと思っております。

北海道ひとり旅 憧れの大地へ 旅のブログ イメージ画像

更新情報

【2019年7月27日土曜日】日高町から鵡川の市街地に入って来ました。今は鵡川町ではありません。むかわ町と平仮名になり旧穂別町と合併しました。この鵡川のランドマークである道の駅の複合施設は非常に立派な建物です。鵡川に来たのは3回目ですが、この道の駅には昨年ね5月に
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ むかわ町『むかわ温泉四季の湯』』の画像

【2019年7月27日土曜日】日高門別にある、いずみ食堂さんで蕎麦を頂いた後に苫小牧に向かう道中で訪れたのは競馬場でした。訪問した門別競馬場は川崎や大井などの地方競馬です。地元に根差した競馬場ですね。駐車場から為すがままに広々とした芝生を通って入口を目指します。
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ 日高町『門別競馬場』』の画像

【2019年7月27日土曜日】新冠町から車で旧門別町に到着しました。時間は15時。食事をするには中途半端な時間ですが、だからこそ有名な食事処は空いているに違いないと思い、蕎麦で有名ないずみ食堂さんに訪問をしました。駐車場も満車ではありません。きっと空いている事でし
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ 日高町『いずみ食堂』』の画像

【2019年7月27日土曜日】長く降り続いた雨。ひとまず雨は止みました。新ひだか町旧静内市街を抜けて新冠町に到着し有名な場所へやって来ました。サラブレッド銀座です。サラブレッド銀座駐車場定番中の定番の駐車場。国道からすぐの場所にあり、気軽に放牧されているサラブレ
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ 新冠町『サラブレッド銀座』』の画像

【2019年7月27日土曜日】昼から降り出した雨は降ったりやんだり繰り返しをしています。今訪問をしている新ひだか町は旧静内町にある二十間道路の桜が見頃になる5月が観光のシーズンになります。今回訪問した7月下旬はシーズンから外れているので数多くない町の見所を考える
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ 新ひだか町『静内温泉』』の画像

【2019年7月27日土曜日】浦河町を出発し旧三石町、今は新ひだか町の三石地区に入ると雨が降って来ました。天気予報どおりの展開です。雨が降ったら観光どころではありません。先程、襟裳岬でうに丼を食べましたが国道沿いに結構有名な食事処がある事は知っていましたので立ち
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ 新ひだか町『ドライブインあさり浜』』の画像

【2019年7月27日土曜日】様似町から車を走らせ浦河町へ来ました。浦河はサラブレッドの有名な産地で、主な観光名所としてはJRA日高育成牧場があります。桜の咲く時期に訪問をしたことがあり、広い敷地をのんびりと散策するのには最高の場所でした。今日は曇天でいつ雨が降っ
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ 浦河町『谷川牧場』』の画像

【2019年7月27日土曜日】襟裳岬からえりも町市街地を抜け、更に様似町の市街地も通り過ぎてました。北海道の沿岸部をぐるっと回る旅では通過する市町村で最低1カ所は立ち寄るスタンスにしていますが、様似町は以前観光名所のエンルム岬は訪問していました。エンルム岬に再び
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ 様似町『親子岩』』の画像

【2019年7月27日土曜日】襟裳岬を突端まで行かず展望台からチラ見した腑抜けで恐縮ですが、次に進もうとしましたが大好きなうに丼の立て看板を見てしまい、思わず反応してしまいます。しかも前浜で採れたウニと言っていますよ。襟裳のウニは春が旬。今はなき無敵食堂さんで20
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ えりも町『えりも岬観光センター』7月下旬に地元産のウニとは』の画像

【2019年7月27日土曜日】日高地方でメインの観光地に到着しました。襟裳岬です。写真には写っていませんが、今日朝起きてからでは一番多くの人を見た気がします。この襟裳岬は2014年5月に広尾町からバスに乗って訪問しています。2014年5月の訪問時はバスの乗り継ぎ時間がたっ
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ えりも町『襟裳岬』』の画像

【2019年7月27日土曜日】白い砂浜が続いている百人浜を眺めたいと思って車窓から車を止められる場所を探していましたが、あれよあれよと言う間に砂浜から遠ざかってしまいました。襟裳岬へ到着する手前に大きな駐車場がありました。車を停めてみます。百人浜の展望台と言う場
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ えりも町『百人浜』百人浜の展望台に感動』の画像

【2019年7月27日土曜日】広尾町から走って来た黄金道路はえりも町に入り比較的に大きな集落がある庶野の手前で終わりになります。このえりも町の黄金道路の起点にも広尾町と同じような展望所があります。広尾町から向かうとボーっと車を走らせたら看板が無いので通過してしま
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ えりも町『黄金道路』えりも町側起点』の画像

【2019年7月27日土曜日】広尾町を出発して襟裳岬までは海岸線を通って行きます。ただ、海岸線と言っても爽快な海を見ながらのドライブと言うよりもトンネルやシェルターが多く、運転には気を遣いながらのヒヤヒヤドライブと言った方が良いかも知れません。この広尾町からえり
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ 広尾町『黄金道路』広尾町側起点』の画像

【2019年7月27日土曜日】根室の納沙布岬から続いて来た北太平洋シーサイドラインは十勝港で終了し、続いて襟裳岬を目指して先に進んで行きます。先ずは広尾町から襟裳岬に向けて進みますが、起点は国鉄広尾線の終着駅だった広尾駅にしてみました。5年ぶりの訪問になります。5
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ 広尾町『旧広尾駅』生まれ変わるバスターミナル』の画像

【2019年7月27日土曜日】北海道根室市納沙布岬から続いて来ました北太平洋シーサイドラインの旅は広尾町にある海に面した十勝港で終了したいと思います。この北太平洋シーサイドラインは見所が比較的多いドライブルートですが、訪れた2018年9月と今回の2019年7月とも天候には
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ 広尾町『十勝港』北太平洋シーサイドラインの終着点』の画像

【2019年7月27日土曜日】何気なくカーナビを見ていましたら、トーチカの文字が見えました。時間がありますのでカーナビの示す場所まで行ったら海岸線の交差点まで案内されました。看板がありましたのでダート道を進んでみました。入口には比較的新しい案内板があり、道は整備
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ 大樹町『旭浜トーチカ』』の画像

【2019年7月27日土曜日】朝8時前にホテルTAIKIさんを出発して北太平洋シーサイドラインの踏破を目指して広尾町の十勝港を目指します。国道336号線をメインに通るつもりでしたが、少し寄り道をしました。国道336号線が交差する下芽武と言う地域を抜けて何気ない田園風景
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ 大樹町『更生地区』何も無いけど北海道の風景が満喫出来ます』の画像

【2019年7月27日土曜日】ホテルTAIKIさんの朝食は無料と言う位置づけになっています。4階フロアに朝食会場はあります。7時前でしたがOPENしていました。従業員の方にもう入店しても良いかと尋ねたらOKとの事。誰もいませんので、4名席に座らせていただきました。席に座
『【北海道ひとり旅】ホテルTAIKI 朝食『無料のセットメニューはボリュームに富む』』の画像

【2019年7月26日金曜日】宿泊先を予約する時に夕食プランは結構気になる事はありますよね。北海道ひとり旅をしていますと、宿泊プランの夕食に困るケースは多いと思われます。一つ目は、お一人様の夕食プランが無い二つ目は、食事がビジネスプランしか無い三つ目は、プランは
『【北海道ひとり旅】ホテルTAIKI 夕食『部屋で十勝の食材を頂く』』の画像

【2019年7月27日金曜日】十勝地方南部で特に中札内村、旧忠類村、大樹町、広尾町界隈には帯広市内や十勝川温泉の様な宿泊施設はあまりありません。その中で瀟洒なホテルが大樹町にあります。ホテルTAIKIさんです。以前から気になっていたホテル。非常に楽しみにしていま
『【北海道ひとり旅】ホテルTAIKI ブログ『大樹町だから生まれた瀟洒なアーバンホテル』』の画像

【2019年7月26日金曜日】豊頃町大津海岸から海岸に沿って走る国道336号線を進んで行きますと、長節湖や湧洞湖など見所があります。しかし今日は霧が濃くて風景を眺めるどころか、車を走らせるのも憚かるくらいの天候でした。宿泊地にそのまま向かうのも勿体ないので、天候に
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ 大樹町『晩成温泉』驚くヌルヌル感タップリの温泉』の画像

【2019年7月26日金曜日】いきなりモノトーンな画で恐縮です。天気が悪いのですね。この豊頃のハルニレは去年の9月に訪問し、その時も曇り。その前は2013年でしたが曇り空。25年前くらい前に訪問した時だけ青空が望めました。今日は金曜日。時間は15時ちょうど。でも意外と訪
『【北海道ひとり旅】太平洋ドライブ 豊頃町『豊頃のハルニレ2』』の画像

【2019年7月26日金曜日】北海道の地図が思い浮かぶと人口が多い都市で海に面しない自治体が数件ですがあります。北広島市、千歳市、岩見沢市などの衛星都市もありますが旭川市、北見市などの主要都市も海に面していません。その海に面していない都市で、結構有名なところがあ
『【北海道ひとり旅】十勝の旅『ふじ膳』市場食堂でかなりお得な海鮮丼を』の画像

【2019年7月26日金曜日】鹿追町の神田日勝記念美術館から先に進んで行きます。次の目的地は十勝の旅の目的その2の場所になります。音更町にある十勝牧場。白樺並木が有名な場所です。18年ぶりぐらいの訪問になりました。到着して確かに見事な白樺並木が目の前にありましたが
『【北海道ひとり旅】十勝の旅『十勝牧場』見応えのある白樺並木』の画像

【2019年7月26日金曜日】実は十勝での旅は晴れなくても大雨でも構わなかったのです。もっと言えば、この場所へ来たら他は行かなくてもいいと思うほどの想いです。20年前、私の拙い芸術作品鑑賞で最も衝撃を受けた作品を観たい、その場所が十勝地方の鹿追町にあったのです。神
『【北海道ひとり旅】十勝の旅『神田日勝記念美術館』絶筆「馬」』の画像

【2019年7月26日金曜日】十勝清水から鹿追町へ向かう道沿いにパノラマパークと銘打っている場所がありました。天気は芳しくありませんが折角なので立ち寄ってみました。これは広角レンズで見渡した風景。大平原を見渡せる訳ではありませんが、雄大な十勝平野を眺めることは出
『【北海道ひとり旅】十勝の旅『美蔓パノラマパーク』』の画像

【2019年7月26日金曜日】夕張市街から新夕張駅を経由して十勝地方へ向かいます。本来なら道東道でトマムなり十勝清水までスッと行くのがスマートですが、下道の国道274号線で行く事になりました。道東道が占冠とトマムの間で事故があった様で通行止めになってしまった為です
『【北海道ひとり旅】十勝の旅『日勝峠』濃い霧の中で』の画像

【2016年7月26日金曜日】朝方に宿泊先の岩見沢市毛陽町から道道38号線を通って夕張市街まで向かいます。道道38号線は万字炭山で有名な栗沢町万字地区の入口までは平坦な走りやすい道でしたが、次第に道幅はあるものの、山岳地に入りウネウネとした山道になって行きました。朝
『【北海道ひとり旅】空知の旅『夕張市街』鉄路が途絶えた今は』の画像

【2019年7月26日金曜日】朝食のスタートは7時になります。場所は夕食と同じです。一番乗りでしたので席は選び放題です。バイキングでは料理をチョイスして席を確保するのではなく、まず席を確保するのを先決にしています。今朝は風景を眺めながらの食事を楽しむため窓側の席
『【北海道ひとり旅】ログホテル メープルロッジ 朝食『洋食も和食も最高な手作り地元食材』』の画像

【2019年7月25日木曜日】夕食の時間になりました。早速レストランに向かいます。今日は宿泊客が多いので一般の方はアラカルトの食事が出来ないと書いてありました。このホテルはオーベルジュを謳っており、夕食を非常に楽しみにしておりました。既に席は用意されています。食
『【北海道ひとり旅】ログホテル メープルロッジ 夕食『野菜が主役な至極のコース料理』』の画像

【2019年7月25日木曜日】この旅は、新千歳空港から空知地方の夕張市で最高級メロンを頬張り、南富良野町の上川地方から最盛期のラベンダーを美瑛地区まで巡って来ました。明日に、これから向かう十勝地方も含めて3泊目になりました。3泊4日の行程ですので空知・上川・十勝の
『【北海道ひとり旅】ログホテル メープルロッジ ブログ『地元愛を感じる至高のオーベルジュ』』の画像

【2019年7月25日木曜日】三笠市から岩見沢駅へやって来ました。時間は13時前。ホテルのチェックインは15時です。とりあえず、駐車場が空いていて500円以内なら停めようと決め事をしました。運が良いのか悪いのか、300円で12時間停められる駐車場を見つけてしまいました。レン
『【北海道ひとり旅】イレギュラーの旅『空知から石狩へ』岩見沢から電車で札幌へ行ってしまいました』の画像

【2019年7月25日木曜日】三笠市に入り比較的に大きな集落に入って来ました。三笠市幾春別町。幾春別は歴史の古い街で以前は道内で一番古い、手宮から札幌、そして幌内と結んでいた幌内線の終着駅でした。当て字ですが幾春別と言う名前の響きが美しいので以前から訪れたかった
『【北海道ひとり旅】空知の旅『更科食堂』三笠市幾春別の名店へ』の画像

【2019年7月25日木曜日】国道452号線は富良野と夕張を結ぶ最短ルートですが、紅葉の時期は別として三笠市まではこれと言って見所がある訳ではありません。その中で芦別市内にある三段滝は数少ない見所のひとつです。駐車場も完備され、三段滝までの遊歩道も階段も広々として
『【北海道ひとり旅】空知の旅『芦別 三段滝』』の画像

【2019年7月25日木曜日】一昨日から美瑛・富良野地区を中心に上川地方を巡って来ました。いわゆる花人街道237と言われている地域ですが、旅の最後の目的地に選んだのは富良野市にあるハイランドふらのです。富良野市街地から国道38号線を滝川方面に走らせ、左折し道道135号線
『【北海道ひとり旅】上川の旅『ハイランドふらの』』の画像

【2019年7月25日木曜日】美瑛から国道237号を富良野方面に走り美馬牛まで行かないくらいの地点で右折して山に入って行くと瑠辺蘂地区に入ります。カーナビなら一発で行けますが地図を見ながらだと、なかなか辿り着けません。本当に何もありません。のどかな田園風景があるだ
『【北海道ひとり旅】上川の旅『瑠辺蘂の丘』雄大な景色を眺めるなら』の画像

【2019年7月25日木曜日】  旭岳温泉から忠別ダム、就実の丘を巡り美瑛町に入りました。時間は8時45分です。旭川から国道237号線を走り、美瑛市街に入る前の道沿いにありアクセスしやすい場所にあります。7月下旬は花の最盛期を迎えているのでしょう。ビッシリと色とりどりの
『【北海道ひとり旅】上川の旅『ぜぶるの丘』アクセス抜群な花の蜜度が濃い庭園』の画像

【2019年7月25日木曜日】セブンスターの木やマイルドセブンの丘などの著名な観光名所は必ず美瑛の観光マップに載り多くの観光客が溢れています。今日は今まで行ったことのない美瑛や上富良野地区には属さない、行政区画で言うと旭川市に属する就実という地域を目指します。道
『【北海道ひとり旅】上川の旅『就実の丘』のんびりと田園風景を愉しむ』の画像

【2019年7月25日木曜日】旭岳温泉ホテルディアバレーを8時前に出発して美瑛方面に向かいます。道の途中に比較的に大きな湖が見えて来ます。忠別湖です。2回目の訪問になりますが、今日も初訪問の時も誰一人訪問者はいません。ここには忠別ダムがあり、なかなかの景色を楽しま
『【北海道ひとり旅】上川の旅『忠別ダム』いつも静かで雄大な景色』の画像

【2019年7月25日木曜日】朝の7時になりました。今日も早めに出発したいので朝食を摂りにレストランへ向かいます。会場は夕食と同じ場所になります。席は指定席で夕食と同じ場所。隣にはドリンクバーがあり、便利なロケーションです。朝食もセットメニューでした。意外とボリ
『【北海道ひとり旅】旭岳温泉ディアバレー 朝食『朝から驚く量と質』』の画像

【2019年7月24日水曜日】ホテルライフで一番の楽しみは夕食です。今回の旅行では4泊中2泊が夕食付きのホテルを予約しました。このディアバレーさんは繁忙期の夕食はバイキングと聞いていたので楽しみでした。バイキングは好きなものを少量づつ、気に入れば2回、3回と食べるこ
『【北海道ひとり旅】旭岳温泉ディアバレー 夕食『素材が素晴らしいセットメニュー』』の画像

【2019年7月24日水曜日】この旅は美瑛や富良野を中心に巡る旅です。本来なら巡る場所に近くで宿を取るのが効率が良いのは目に見えて分かります。ただ、この時期はこの地区にとって年間を通して最も人が集まるので、比例して宿泊料金が冷静に考えても高い施設が多くなるのです
『【北海道ひとり旅】旭岳温泉ディアバレー ブログ『森の中に佇む静かなリゾートホテル』』の画像

【2019年7月24日水曜日】ランチを美瑛ではなく東川町で摂りました。グッと旭川市に近付きましたので何回か訪問を試みて未だに訪問をした事のない旭山動物園へ行くつもりでした。しかし途中で気が変わり花を観ようと思い直して向かったのは上野ファームさんです。カーナビで打
『【北海道ひとり旅】上川の旅『上野ファーム』癒される自然豊かな庭園』の画像

【2019年7月24日水曜日】美瑛・富良野を巡っているのに東川町でランチになりました。理由は後述しますが、東川町へ来たのは道を間違えたからだったのです。東川町に来たなら蝦夷と言うラーメン店が有名だと知っていましたので向かいましたら定休日でした。途方に暮れていた時
『【北海道ひとり旅】上川の旅『東川楽座 笹一』』の画像

【2019年7月24日水曜日】美瑛を出発して上富良野を通り中富良野へ到着しました。現在の時刻は午前10時。早朝の6時に同じ町内のファーム富田さんに居ましたので4時間ぶりの中富良野町への訪問になります。2016年6月に訪問した事のある、佐々木ファーム彩香の里です。この時は
『【北海道ひとり旅】上川の旅『彩香の里』紫色に染まるラベンダーの丘』の画像

【2019年7月24日水曜日】早朝に青空の下、中富良野のファーム富田さん、上富良野の日の出公園の2箇所を巡りました。その後に開園前から訪れた美瑛の四季彩の丘は曇天、美瑛に隣接する上富良野のかんのファームさんも青空は望めませんでした。次の目的地が定まらない中、とり
『【北海道ひとり旅】上川の旅『ジェットコースターの路』』の画像

【2019年7月24日水曜日】四季彩の丘から程近い場所にある花畑が美しい、かんのファームさんへ訪問しました。朝の9時20分くらいな訪問になりました。空は一面の雲が覆っています。実は美瑛駅前にあるホテルから朝5時に出発しファーム富田さんへ訪問する前、5時15分にかんのフ
『【北海道ひとり旅】上川の旅『かんのファーム』早朝5時と朝9時の花畑』の画像

↑このページのトップヘ