【2017年3月18日土曜日】

札幌の夜のお楽しみは食事ですが、まだお腹が空いていません。

新しく日本三大夜景の一つに選ばれた藻岩山から観る夜景を鑑賞しに行こうと思います。
札幌市電の一日乗車券「どさんこきっぷ」がありますので、狸小路電停から「ロープウェイ入口」まで向かいます。

藻岩山へ夜景を観に行くのは初めてではありません。
でも、この前は2005年に訪問したので実に12年振りの訪問になります。

実は、この藻岩山のロープウェイ乗り場までが面倒なのです。
考えてみれば、前回はタクシー、前々回はレンタカーでしたので市電の電停からロープウェイ乗り場まで行ったことが無かったのです。

今回は冬。
しかも三連休の初日です。

これから藻岩山の頂上まで長い道のりが始まります。

17時35分
狸小路電停 出発

今日の札幌の日の入り時間は17時44分です。
夜景の一番綺麗に観える時間は日没後、20分くらいと言われています。
狸小路電停に到着したのは17時30分でした。
image

18時過ぎが見頃と思い、狸小路電停からロープウェイ入口電停までの時間を検索しました。
26分も掛かるのですね。
これから市電に乗車してロープウェイ入口で下車する時ぐらいが夜景のベストタイムを迎えるのです。
image



18時05分
ロープウェイ入口電停 到着

夕闇に包まれた電停。
この時間が夜景のベストタイムです。
結構な人がこの電停で下車しました。
これから無料でロープウェイ乗り場まで運んでくれるシャトルバスに乗ろうと思います。
image

市電の車内に掲示しているバス乗り場を目指します。
電停から少し歩くと、直ぐに見つけました。
すでに列んでいるので判りやすかったですね。
着いたのが18時7分、出発は他の人が話しているのを聞いて18時20分と判りました。
image

バスが到着するまで13分も待たないといけません。
それを聞いた人たちがゾロゾロとロープウェイ乗り場に向かって歩き出しました。
地図を見ましたら大した距離だとは思いません。
ただ登り坂があるので年配の方には辛いかも知れません。
image

ロープウェイ乗り場が見えて来ました。
思ったよりは坂道がきつかったです。
待ってでもシャトルバスに乗れば良かったと後悔しました。
image



18時16分
もいわ山ロープウェイ乗り場 到着

狸小路電停から実に45分でロープウェイ乗り場に到着しました。
場所が場所ですが、アクセスが良いとは思えません。
札幌市街から直通バスが有れば良いのにと思いました。
image

ロープウェイ乗り場まではエレベーターで向かいます。
私しかエレベーターホールにいないので、てっきりガラガラかと思いました。
image

4階で降りたらビックリ、結構な人がロープウェイを待っています。
乗車券を購入する人が列んでいましたので、最後尾につきます。
窓口の方に今日は強風の影響で風が強くなり過ぎたら、運転を中止して引き返してもらうと説明を受けていましたら団体客が到着しました。
彼らは乗車券を購入する必要が無いので、どんどんロープウェイを乗る列に列んで行きます。
結局、団体客の後に列んだのでロープウェイを乗るのに2本、約20分待つことになりました。
image

ロープウェイの乗車時間は5分。
ギュウギュウ詰めで発車しました。
ガイドの方の流暢な説明を聴きながら登って行きます。
ロープウェイの乗車が終わると更にケーブルカーに乗り替えます。
image

結局、ロープウェイの乗車券売り場から藻岩山山頂まで40分掛かりました。
混んでいる時はこのくらい掛かるのでしょうね。
普段からこんなに時間が掛かったら・・・
もう少しスムーズに山頂まで行きたいですね。
函館山はロープウェイでビューンと一本ですから。


18時55分
藻岩山 夜景鑑賞

片道で約40分掛かった山頂。
ケーブルカーを降りてから階段で展望台へ登って行きます。
札幌の夜景のイメージは広い平地に光が沢山あると言うものです。
image

新しく日本三大夜景に選ばれた札幌の夜景はどんな素晴らしいのでしょうか。
すでに展望台は人で溢れていました。
image

これが札幌の夜景です。
この方向は円山公園、東区の方を向いていると思います。
長崎、神戸と違って海がありませんのでアクセントには欠けますが、ギッシリと宝石が詰まった感じがしました。
image

この方角は今日の宿泊地すすきのの方角を向いています。
長崎、函館に比べて光量が多い気がします。
さすがは札幌、170万人都市です。
でも神戸と同じ様に光量は多いですが、展望台と街が遠いので迫力は感じないのは私だけでしょうか。
image

ここへ訪れた方々は思い思い札幌の夜景を観ていた事でしょう。
私は札幌に住んでいましたので札幌の事が好きです。
でも、あくまでも個人の見解ですが札幌の夜景について、日本三大夜景に選ばれた事には「どうでしょう」と思ってしまいました。
image

登って来た時間は掛からないとは思いますが、数分で夜景を見終えてケーブルカー乗り場まで戻ります。
image



19時20分
ロープウェイ入口電停 到着

もう、時間は夕食のメインタイムになっています。
これから札幌市電ですすきの方面に戻ります。
すすきの到着は20時前になりそうです。
image



19時50分
狸小路電停 到着

ロープウェイ入口電停から外回りで狸小路電停までやって来ました。
次に行く店は、すすきの電停の方が近そうです。
でも狸小路電停で結構な乗降数がありましたので、時間が掛かりそうなので降りて歩いて向かいました。
image

これから、すすきのの繁華街に入ります。
向かう店は大体の場所は分かりますが、なんせ小さなビルがギッシリと並ぶすすきの。
店の近くには来ているのは判りましたが、なかなか辿り着けませんでした。
image


20時20分
牛たん・旬菜 鈴の屋 入店

お店には20時を少し回った時間に到着しました。
でも満席です。
お店の方が、もう少ししたら帰るお客さんがいらっしゃるとの事でした。
外で15分くらい待って入店する事が出来ました。
image

カウンター席に座らせていただき「おまかせ料理プラン」を注文しました。
少しづつ美味しいものを出していただけます。
ひとり旅にはもってこいのプラン出してすね。
image

このお店の特徴は「道産牛の牛たん」を提供していただける事です。
このプランにプラス500円で道産牛の希少部位「たん元」がプラスされます。
もちろんプラスしました。
そのお味は繊細で、今まで食べて来た牛たんとは一線を画すものでした。
image

コースなので牛たん以外も提供して頂きました。
その料理の一つひとつが丁寧に仕上がっていますので、美味と言う言葉が一番ピッタリします。
あと、お店の雰囲気が素晴らしい。


21時45分
ホテル ロテル ド ロテル 到着

鈴の屋さんには1時間以上滞在させていただいた様です。
本来なら別腹の「ラーメン」で締めますが、今日は満腹です。
ホテルに帰ってゆっくりしました。
image

旅の初日は、とにかく食べました。
それほど大食漢ではありませんが、食べるものが目の前にありますと、ついつい口を開けてしまいます。

藻岩山しか観光名所に行きませんでしたが、明日も行き先が決まっていませんので、同じ様なシチュエーションになるかも知れません。