【2019年7月24日水曜日】
IMG_0361

美瑛で絶対に外せない観光名所の四季彩の丘。
ラベンダーの季節では無くとも四季折々の鮮やかな花が咲き誇り、その規模は他の施設を凌駕します。

いつ行っても観光客で溢れかえり、静かに花を愉しむことが出来ません。
今日は開園10分前に到着し、8時30分の開園と同時に入園しようと思います。
IMG_0372

特に入園料はありませんが、200円を募金形式で集めています。
これは以前から変わらないことです。
IMG_0373

2019年の今年から変わった事があります。
駐車場が有料になりました。
1回500円です。
美瑛・富良野の観光名所で駐車場が有料な場所は記憶にありません。
IMG_0374

特にゲートがあるわけでは無く、自由に入れますので開園5分前には中華系観光客を皮切りにポツリポツリと園の中に入って行きました。
私はとりあえず開園の8時30分まで待ちましたが特段注意を受けていなかったので、そこら辺はアバウトなのかも知れませんね。
IMG_0375

ゲートをくぐって、真っ先に遠望が出来る場所に向かいました。
もう数人が誰もいない花畑をカメラやスマートフォンで収めていました。
IMG_0376

人が歩いていない四季彩の丘は初体験です。
大体の方々は同じ目的なので思い思いの場所からカメラを構えています。
IMG_0377

これは朝一番の開園と同時に入園した人しか体験出来ない特権です。
これで晴れていれば良かったのですが、それは贅沢と言うものです。
でも10分くらい経つと丘の上から徐々に人が思い思いの場所に離れて行きました。
IMG_0378

広角レンズから覗けば人が居ても全く気づかないので私はゆっくりと丘の上に居続けました。
本当に花一面の迫力ある画は他では観ることは出来ません。
IMG_0379
IMG_0380

開園してから20分経つと続々と観光客が訪れて来ました。
もう十分に堪能出来ましたので、次の目的地に向かうことにしました。
IMG_0381

四季彩の丘の迫力ある花畑は職員の方の労力の賜物だと思います。

美しい風景を維持するのには費用が必要です。
駐車場が有料になるのは仕方ない事だと思います。

やはり開園前から待った甲斐はありました。
次は季節を変えて10月頃の風景を観に来たいと思います。