北海道ひとり旅 憧れの大地へ 旅のブログ

北海道のひとり旅で感じる事をブログに綴りました。 ほんの少しでも旅のお役に立てればと思っております。

北海道ひとり旅 憧れの大地へ 旅のブログ イメージ画像

▼2012年5月 札幌から宗谷岬へ公共交通北上の旅

【2012年5月19日土曜日】 〜宗谷岬まで徒歩で向かいます〜 バスは走り去りました。 降車した理由はもちろん最後は歩いて宗谷岬ヘ目指して行こうと思ったからです。 バス停付近は人家が広がり思ったよりは殺伐とした雰囲気ではありませんでした。 これから短い区間です
『【北海道ひとり旅】宗谷岬北上の旅 鬼志別から宗谷岬《徒歩編》』の画像

【2012年5月19日土曜日】 〜鬼志別から宗谷岬へ向かいます〜 昨日から宗谷岬へ北上を開始しましたが最終章です。 宗谷バスの新ルートで宗谷岬を目指します。 鬼志別バスターミナルの周辺はひっそりと静まり返っています。 土曜日はひと気が少ないのでしょう。 発
『【北海道ひとり旅】宗谷岬北上の旅 鬼志別から宗谷岬《バス編》』の画像

【2012年5月19日土曜日】 〜鬼志別から宗谷岬へ向かいます〜 昨日から宗谷岬へ北上を開始しましたが最終章です。 宗谷バスの新ルートで宗谷岬を目指します。 鬼志別バスターミナルの中は天北線の想い出が展示されています。 凄い数の展示で驚きます。 よく見てみると
『【北海道ひとり旅】宗谷岬北上の旅 鬼志別バスターミナル『構内は天北線のミュージアム』』の画像

【2012年5月19日土曜日】 枝幸バスターミナルから浜頓別に向かうバスが数分遅れで千畳岩入口バス停の 駐車帯に滑り込んで来ました。 枝幸町の景勝地、千畳岩を離れて目的地の宗谷岬を目指しバスで北上します。 乗り込んだバスは枝幸ターミナルを出発し浜頓別高校へ向か
『【北海道ひとり旅】宗谷岬北上の旅 千畳岩から鬼志別 バスの旅『宗谷バス:北緯45度を越える路線』』の画像

【2012年5月19日土曜日】 ホテルニュー幸林から歩いて行った千畳岩の展望所 〜枝幸から稚内へ北上します〜 3日目を迎えました。 バスで枝幸から宗谷岬まで向かいますが、宿泊しましたホテルニュー幸林から枝幸バスターミナルに向かわず、同じ枝幸町内の景勝地である千畳
『【北海道ひとり旅】宗谷岬北上の旅 枝幸町散策『枝幸市街から千畳岩まで歩いて行きました』』の画像

【2012年5月18日金曜日】 ホテルニュー幸林にチェックインです。 チェックインした時には、すっかり陽が落ちて暗くなっていました。 今回の宿泊は素泊まりで予約をしています。 素泊まりの時の夕食の選択はいつもこの3択です。 ①ホテル内で食べる ②ホテルの外の店で
『【北海道ひとり旅】宗谷岬北上の旅 ホテルニュー幸林 宿泊記『毛蟹が抜群に旨い公共の宿』』の画像

【2012年5月18日金曜日】 興部から北紋バスで雄武へやって来ました。 雄武バスターミナルから向かうのは今日の最終目的地である枝幸です。 枝幸に向かうバスがやってきました。 この雄武から宗谷岬までは宗谷バスさんにお世話になります。 旧型の観光バスタイプです。
『【北海道ひとり旅】宗谷岬北上の旅 雄武から枝幸 バスの旅『宗谷バス: 黄昏時に海岸線を走りました』』の画像

【2012年5月18日金曜日】 〜興部から雄武町日の出岬まで北上します〜 この興部から宗谷岬までは一部の訪問に留まり、完全走破はありませんでした。 レンタカーで行けば、数時間で走破できると思います。 でも今回は時間は掛かりますが路線バスを乗り継いで宗谷岬を目指して
『【北海道ひとり旅】宗谷岬北上の旅 興部から雄武 バスの旅『北紋バス: 単調な北オホーツク海岸を北上します』』の画像

【2012年5月18日金曜日】 名寄からの名士バスは興部バスターミナルへ到着しました。 それにしても興部でのバスの乗り継ぎ時間は短いです。 本当にトイレに行く程度の時間しかありません。 10分程度の乗り継ぎ時間です。 物産を扱う店が折角ありましたが見る時間はありませ
『【北海道ひとり旅】宗谷岬北上の旅 興部バスターミナル『名士バスと北紋バスの乗り継ぎ時間は短い』』の画像

【2012年5月18日金曜日】 ※写真は古い車体で興部に向かう名士バス。 名寄で少しの街散策と食事をしました。 これからオホーツク海に出るために東へ向かってバスで移動します。 一応名寄駅でバス停を確認します。 まだ時間があるので誰もいらしゃいませんでした。 数名
『【北海道ひとり旅】宗谷岬北上の旅 名寄から興部 バスの旅『名士バス: 西興部村のカボチャ塗装に驚きました』』の画像

【2012年5月18日金曜日】 ※高速江部乙バス停から乗車する「高速なよろ号」 名寄行きの高速バスに乗り込みます。 席は02番。 一番前ですが既に「01」「03」「04」と一列4名掛けに3名埋まっています。 えぇ?って顔をしてしまったのでしょうか、運転手さんが「どこで
『【北海道ひとり旅】宗谷岬北上の旅 高速江部乙から名寄 バスの旅『中央バス: 札幌市内で遅延すると終着まで遅延のままです』』の画像

【2012年5月18日金曜日】 ※写真は道道564号線沿いで観た江部乙の美しい風景 昨日は厚田、増毛と日本海側を北上しました。 そして一旦留萌から滝川市まで内陸部まで入り一泊。 本日は内陸部の滝川市から北上し、名寄から太平洋を目指し針路を東に向けます。 更に北オホ
『【北海道ひとり旅】宗谷岬北上の旅 江部乙駅から高速江部乙 徒歩の旅『思いがけない美しい風景に出会いました』』の画像

【2012年5月17日木曜日】 今回の宗谷岬へ公共交通機関のみを使って北上する旅の宿探しは苦心しました。 沿岸バスさんの「特急はぼろ号増毛経由」を利用しますと、宿泊地は「留萌」「深川」「滝川」に必然的になって来るのです。 今回の旅の「こだわり事項」として宿泊地は
『【北海道ひとり旅】えべおつ温泉ホテル 宿泊記『冷泉でも身体が温まる珠玉の温泉を堪能できる宿』』の画像

【2012年5月17日木曜日】 〜増毛から江部乙へ向かいます〜 増毛駅からは、宗谷岬北上の旅では唯一の列車の移動になります。 バスで拘ろうと思っていましたが、バス便の最終には遅すぎていました。 今回乗車する増毛から留萌までは廃止が声高に議論されている区間です。
『【北海道ひとり旅】宗谷岬北上の旅 増毛から江部乙 列車の旅『留萌本線: ローカル線で遅れが出る不思議』』の画像

【2012年5月17日木曜日】 札幌から沿岸バスで増毛まで来て夕日を観ていました。 これから増毛から宿泊先の滝川市江部乙まで列車で参ります。 夕日をじっくり観たので列車の出発まで1時間はありません。 店で食べるのには忙しいので寿司屋さんでお土産を買うことにしまし
『【北海道ひとり旅】宗谷岬北上の旅 増毛 すし忠『テイクアウトで列車で食べました』』の画像

【2012年5月17日木曜日】 〜増毛市街を散策します〜 まずはターミナルの周りを一周してみます。 案外新しい建物です。 トイレをお借りして万全な状態です。 夕陽を観にバスターミナルを後にしました。 増毛バスターミナルから少し歩きます。 海岸は地図上ではすぐ近
『【北海道ひとり旅】宗谷岬北上の旅 増毛の街散策『夕陽を見に行き海岸へ行きました』』の画像

↑このページのトップヘ