今日は更新する予定じゃなかったのですが、
民進党の後ろから前原代表の演説があまりに面白かったので、つい。
「安保法制反対。憲法に違反している!」
「自己責任型の社会ではなく、支え合う社会に」って、
そんな小池百合子氏と正反対の政治理念でもって希望の党に合流しようとか、
情けないにも程がある。
まさか、小池氏が改憲派でガチの新自由主義者だってことを知らないとか。
それにしても、今回の選挙は、怒涛の展開で面白すぎます。
今、一番楽しみにオチしているのは、
民進党の左派の人たちが、当選したいばかりに、
希望の党の提示した踏み絵、
「憲法改正賛成」「安保法案賛成」を踏むかどうかですねw
いわゆる無党派層は、目新しさ、未知の魅力というものが大好きですが、
それが本来の革新派にトドメを刺すことなるとは、
実に皮肉な現象です。

それから、今後の展開予想ですが、
小池百合子氏は、事前の世論調査で、希望の党が過半数取れそう、
あるいは自公が過半数割れしそう、という結果が出れば、
国政に復帰するでしょうね。
前にも書きましたが、小池氏の最終目標は都知事ではなく首相なので、
このワンチャンスを見逃すはずはありません。
で、希望の党が選挙で過半数取れれば、めでたく女性首相誕生。
また単独で過半数まで行かなくても、
第一党となり、かつ自公が過半数割れすれば、安倍総理は退陣することになり、
この場合は、自民、公明、希望の大連立政権が誕生して、
小池氏が首班に指名される可能性大でしょう。

いずれにしても、希望の党という新たな巨大保守政党の出現により、
憲法改正にはリーチがかかりましたね。
何しろ、選挙後は、第一党から第三党まで改憲派になるので、
9条信者がどうあがいても流れは止められません。
テレビのワイドショーのリベラル派コメンテーターの挙動が今から楽しみです。
あと、消費税。
もともと安倍総理が税率アップに消極的なところにもってきて、
(ただし、自民党内のポスト安倍とされる人たちは、おおむねアップに積極的)
小池氏は反対ということで、
財務省の思惑通り、すんなり10%に上がらないかも。