2017年12月31日

アイマス立て看板

アイマスポスターギャラリー

準備をはじめたプロデューサーたち 2017年準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち シンデレラ4thライブ準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち ミリオン3rdライブツアー準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち シンデレラ3rdライブ準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち 10th西武ドーム準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち ミリオン2ndライブ準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち シンデレラ2ndライブ準備記事

THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!名古屋公演レポ

THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!大阪公演レポ

準備をはじめたプロデューサーたち 9thツアー準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち ミリオンライブ1stライブ準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち シンデレラガールズ1stLive準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち アイマスSSAライブ準備記事



アイドルマスターをプレイしたことがない人に届けたいプレイレポ

アーケード版アイドルマスター1stプロデュース 雪歩の場合(Cランク終了)
完全ネタバレ:アイマスSP雪歩編プレイレポ
アイマス2ファーストプレイレポ(完全ネタバレ):現在進行中



好評だった記事

アイマスガールズ&ライブ・イベントレポ
アイマスポスター収納&グッズ&フィギュア&聖地訪問
スク水
アーケード版アイドルマスター時代
XBOX360版アイドルマスター時代
PSP版アイドルマスター時代
アイドルマスター2・アニメ版アイドルマスター・アイマスモバイル時代
アイマスコラム
ニコニコ動画アイマスMAD紹介記事
ニコニコ動画まこT制作分の記事

リボルテック春香でキン肉マンの必殺技を再現!



アーケード版プレイレポ

1st:雪歩の場合(Cランク終了)
2nd:律子の場合(Cランク終了)
3rd:亜美真美の場合(普通にやってBランク。そして・・・。終了済。)
4th:律子の場合(2回目カンペなし)(ファン人数126万7612人、Aランクで終了)
5th:雪歩(2回目)Sランクへ挑戦(現在、Sランク)
6th:千早の場合(現在Sランク)
7th:やよいの場合(これから開始)
8th:伊織の場合(ファン人数104万0070人、Aランクで強制引退)
9th:春香の場合(SPT)(9:02:PM)(Sランク)
10th:伊織の場合(SPT2回目)(9:02PM、213万7736人で終了)
11th:伊織の場合(SPT3回目)(9:02:PM)
12th:伊織+律子デュオの場合(アイドルマスター挑戦)
13th:第1回事務所対抗戦の場合
14th:バージョン1.3アイマスアタックの場合
15th:第2回事務所対抗戦の場合
16th:「裏」事務所対抗戦の場合:前編後編
17th:「事務所対抗戦FINAL」

XBOX360版プレイレポ

1st:雪歩の場合(完結)
2nd:律子の場合(未完)



アイドルマスター IRC

注:IRCクライアントソフトが使える方が対象です。
  IRCについては、検索等で調べて下さい。

チャンネル名:#iDOLM@STER (アーケード時代からの仲間です)
チャンネル名:#ニコニコアイマスPの集い (ニコニコ動画がメインです)

まこTは主にこの2つにいます。



あの夏で待ってる 聖地巡礼レポ 【長野県小諸市】

グッドスマイルカンパニー 貴月イチカ(あの夏で待ってる)

氷菓×飛騨高山 「第62回 飛騨生きびな祭」 & 舞台探訪レポ

全国萌えキャラフェスティバル&野沢雅子さん・白石涼子さんトークショー

アニメ「のうりん」関連

ザ・インタビューズ(とりあえずここにリンクを貼ってみます)



makotcollection at 00:00|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!

2017年03月21日

THE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017 〜BEYOND THE DREAM〜スタンディング会場編

THE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017 〜BEYOND THE DREAM〜
スタンディング会場編

2017年4月2日(日) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA(スタンディング)
2017年4月16日(日) 大阪 オリックス劇場(全席指定)
2017年5月6日(土) 愛知 センチュリーホール(全席指定)
2017年5月7日(日) 愛知 センチュリーホール(全席指定)
2017年6月4日(日) 東京 豊洲PIT(スタンディング)
2017年6月11日(日) 北海道 Zepp Sapporo(スタンディング)
2017年6月17日(土) 石川 本多の森ホール(全席指定)

全7公演ですが、そのうち3公演がスタンディングです。
アイマスの大きめなイベントでスタンディングになることは久しぶりなので、
今一度、スタンディングの特徴を押さえておきたい。

▼アイマスライブとしてのスタンディング

検索して出てくるライブハウスの準備記事などは、
前に押し寄せてもみくちゃになるものが想定されてることが多い。
バンド系、ホリプロ系だとまさに「戦場」になるわけだが、
アイマスライブは気質柄、演奏で前に押し寄せることは考えにくい。
そもそも両手にコンサートライトを持ってるので、無茶はできない。

RIMG0363


6th札幌公演の映像。
ステージから近すぎる事案!!
あと、一人あたりの床面積もかなり少ないのが確認できるだろう。

▼入場

スタンディングのチケットには入場整理番号が書かれている。
開場時間より早い時間に列形成が始まり、
この入場整理番号順に並びます。
それで開場時間になったら、番号順に入場開始です。
スタッフが「入場番号●●番から●●番までの方」と呼ぶので順番に入場、
早いもの順で好きな場所に陣取るわけです。

なので、開場時間より前に並ぶのが重要です。

開場の30分前には現地で荷物を預けて入れる状態にしておくのがベストだろう。

なお、入場整理番号の前にAとかBとかある場合、
A(先行チケット)が先に入ってからB(一般チケット)が入場とかになる。

列形成についてはスタッフの指示に従おう。
アイマスの過去をさかのぼると
スタッフが入場待機列を作るのが遅くて、
アイマスPが自主的に入場待機列を作り出すなんてことがあったが、
今どきのライブハウスなら対応はしっかりしてくれそうに思える。

▼入場時のドリンク代

スタンディングのライブでは入場時にチケットをもぎる他に、
1ドリンクの料金を支払し、ドリンクチケット、ドリンクコインなどを受け取るのが通例。

入場をスムーズにするためにドリンク代を用意しておいて、
お釣りが発生しないようにしよう。
金額については会場ごとに確認ですが通常は税込500円なので、
500円玉を装備したい。
1万円札を出すと時間がかかって後ろから殺気が出る。

▼ドリンクカウンター

ドリンク交換は会場内のドリンクカウンターで行う。
入場時からライブ終了後に退場するまで利用可能だ。
追加で購入もできる。

立ち位置を確保するために動きたいのなら、
入場してから開演前に使用することは難しいだろう

ちなみに、ライブハウスは建前上は「飲食する場所の提供」なので1ドリンク必須なのです。

▼ドリンクメニュー

Zeppなら専用のネックストラップ付きのミネラルウォーターのペットボトルなどがある。
ただし、重いので首から下げておくのはしんどいかも。

ジュースの他に、ビールなどのアルコールもあるが、
コップで渡されるメニューは、スタンディングの会場の中に持ち込むのはちょっとつらい。

▼ずっと立ちっぱなし

「スタンディング」とあるだけにずっと立ちっぱなしである。
とても体力がいる。
妊婦さんにはおすすめできない。

どれだけ窮屈な状態になるのかはわからないが、
アイマスライブであることを考えれば、
バンド系ライブのようにもみくちゃ、モッシュなどの状態にはならないと思われる。

▼荷物

ライブハウスでは手ぶらで入場するぐらいの荷物で行きたい。

アイマスライブはサイリウムという大きな荷物がある他、
タオル、ペットボトルなどで荷物が発生しやすいのだが、
肩がけカバンなどで対応できるレベルにしたい。

床に荷物を置くことはできないと思いたい。
最前列だと、柵の前が空いているが、カメラマンのスペースなので置いちゃダメです。

背中側のリュックも基本避けたい。
背中側に大きく膨れるので混雑する場所では不向き。
私の場合、ライブ中に中身を床にぶちまけたまである。

もちろんキャリーバッグなど大荷物はNG

▼ロッカー

会場内にロッカーが存在する場所もあるが、
会場内ロッカーを使うのに時間を使うのか、
好きな場所を確保するために時間を使うのかという二択になる。
入場前に会場外のロッカー、クロークで荷物を預けたい。

会場の外でロッカーが見つからないロッカー難民になると、かなり困ります。

▼靴

ヒールはNG
他の方の足を踏みつける可能性があるからです。
ヒール一点に全体重が乗るため骨折するレベルなので、
トラブルを回避するためにもヒールはひかえたい。
あと、転倒しやすいのもあるね。

あと、サンダルなどの脱げやすいのも避けたいのと、
スニーカーは紐がすぐにほどけちゃう人は注意。
(スニーカーには蝶結びでなく、ほどけにくい結び方がある!)

女の子だと身長稼ぎたいのはわかるが、運動するのに安定した靴がよい。

▼髪型

髪型についてはまわりに迷惑をかけないようにしたい。
長い場合はまとめる、まとめる場合は後ろの方の視界を塞がないよな感じで。
ポニーテールも響みたいに案外動くので後ろの方は困るようだ。

▼その他

ライブハウスの準備記事を検索すると
指輪、ピアス、長めのネックレス、ブレスレットは避けたいという意見が多い。
アイマスライブは前に詰めかけるようなライブではないので・・・とは思いますが、
落としたら見つからないとかありますからね。

▼ライブ用耳栓

ライブハウスは会場が狭いだけに、
場所によってはスピーカーの真ん前となることがある。
すると、かなりの音量で耳にダメージが来ることになる。
場所によってはライブ用耳栓を使えるようにすると良い。


▼ポジション取り

オールスタンディングライブは自分で好きな場所を確保することになる。

すみやかに動くために会場構造を知っておくといい。

BLUE LIVE広島

公式ページにフロアガイド
さらにグーグルで画像検索すればイメージがわくでしょう。

1階から入場して、ホールは一段下がったフロアで、真っ平ら。
特に柵はないみたい。
後ろの方は見るのにきついかも。

この下に降りる階段?を降りたところに人が集まりそう。

東京 豊洲PIT

公式ページにフロアガイド。
livehisさんによる解説。

公式ページで確認できるが、柵が何か所も設けられているタイプ。
1階フロアしかないオールスタンディングなのに、3000人入れるとか不思議な感じ。
後ろの方にもしかしたら関係者席があるかも?

人気となるのは最前列、続いて段差が2段あるので、段差の最前列の柵だろう。

Zepp 札幌

公式ページのフロアガイド
さらにグーグルで画像検索すればイメージがわくでしょう。
あと、アイマス6th札幌公演がこの会場です。
1階がスタンディング、2階が指定席というミックスの会場です。

入場すると、左右にわかれる。
1階ホールには横から入る形式になるわけで、
前の方の扉に行くか、後ろの扉に行くかの選択。

▼積極的に空いているスペースに入って欲しい

無理やり前に行くという意味ではない。
会場にお客さん全員が入りきるには、
空いたスペースを埋めるようにみんなが入っていかないといけないのだ。

柵、階段などで人がたまる場所ができるのだが、
前ブロックが空いているようなら通してもらって前ブロックへ。

▼会場内の圧縮

たいてい、最初のペースではお客さんが入りきれなくて、
後ろから「まえにつめてくださーい」の声が飛ぶ。
つめろといわれても詰めようがない!と前の人は思う。

スタッフさんが「まえにつめてくださーい」と言って、
ぎゅっと押される。
けっこう悲鳴が上がる。

前に詰め切れない原因は前述の柵である。
この柵より前のブロックに行く人がいないと後方がつまるのです。

▼下手、真ん中、上手(向かって、左、真ん中、右)

自分の担当するアイドルがどの位置にくるのか予想してポジション取りすることになる。
ドラスタだと真ん中にしゅごん、向かって左に内田さん、右は八代さんだろう。
さらにユニットごとだとどっちかは想像してください。

▼まったく見えない可能性もある

まこTのアイマスライブの歴史を振り返れば
スタンディングでまったく見えなかった経験がある。
ミンゴス1stライブに行きましたが、完全に人の壁で見えませんでした。
当時は後ろに大きなモニターもなかったですからね。
そんなこともありえるかもしれない。





makotcollection at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月14日

ミリオン4th忘備録

マイナビニュースを参考に

3日目

▼武道館のスケジュール

3/4(土) angela アイドルあっちゃんが登場して新曲「お願い!シャングリラ」を披露。ミリオンにも言及でPの人数を調査なども。
3/5(日) KING SUPER LIVE 2017 TRINITYで上坂すみれ 、小倉唯、 水瀬いのり登場。
3/6(月) ピコ太郎。発表では7000人だったので、きっと左右のスタンドとか使ってないんだろうなぁ。
3/8(水) 水曜日のカンパネラ。こちらも初の武道館ライブ!だから水曜日開催なのかな。
3/9(木) ミリオン事前物販
3/10(金) ミリオン初日
3/11(土) ミリオン2日目
3/12(日) ミリオン3日目
3/14(火) 全国縦断 にっぽん演歌の夢祭り 2017

本当に武道館ってずっと稼働してるんだね。

▼物販

一部の商品はものすごい勢いで売り切れた。
天空騎士団Tシャツなどは4分もったとか7分もったとか
ララビットが開始とツイートする前に売り切れたとか。
始発の電車でもポジションによっては買えなかったことになる。

限定CDも三日間ともほぼ売り切れ。
サンシャインだけ残ってたかもね。

物販は並んでるとリハの音漏れがすごくよく聞こえました。
マジ聞こえまくり。

▼フラスタ
すごくいっぱいのフラスタを2階の外側回廊に設置。
育ちゃん関係は2つ出てました。
まこTも出しておけば良かったといまさら。
ちなみに、かなり規制がされていて、
ルール通りの高さでないお花はその場で花屋さんが修正してルール内に納めるよう指示が出された。
そのための「180センチ棒」が用意されたという。
ちなみに棒術で使う棒の長さが6尺、つまり180センチらしいので武道館なら納得だ。(そんなわけはない)

▼会場
武道館狭っ!
いや、これでも本来は大きいんだけどね。
ステージが北側からほぼ中央まで出てきてるので
アリーナはその18列ぐらいしかなかった。
そりゃ当たらん!!
スタンド席は南側が見やすくて良かっただろうけど、
北西、北東はほぼガールズの背中を見ることになったので、
「背中でガールズを見分ける」という特殊能力が必要となった。
まぁ、そんな席でもP目線で楽しむことができる人が多い界隈です。

初日

▼前説
社長と小鳥さんによるおなじみの前説。
今までの諸注意では
・両手を左右に激しく振る、
・腕を振り回す、
・上半身を反らす(背面の捧げのことだと思うんだけどね)
・椅子の上に立つ
・ジャンプする
が禁止対象でしたが、今回は
・会場をかけまわる
・ものを投げる
も追加。
会場を走るについては、「ダッシュ」系の曲で会場を走る行為がアニサマなどで見られるからかな。
つまり、「ランニング・ハイッ」対策かと。
ものを投げるのはサイリウム投げかなぁ。

社長は「ライブハウス武道館にようこそ!」
って、ジュリアにとっとけよ!

M-01 : Thank You! / Sunshine Rhythm全員
ミリオン特有のヴオオオオという弦楽器の前奏から始まると
暗転の中でガールズが登場。
うぉおおおおお、育ちゃんはどこだーーーー。
通常なら6色ぐらいのサイリウムを持って応援するが、
この日に限っては育ちゃん六爪流で応援。

なんかね、もうこの時点で涙目である。

M-02 : サンリズム・オーケストラ♪ / Sunshine Rhythm全員
個人的に最後に歌われると思ってたからいきなりでびっくり。
ひたすら育ちゃんの姿を追う。
コールしてるだけで涙出る。
この時点で、育ちゃんリウムが1本死ぬが残り5本あるので大丈夫だ。

2日目、3日目もそうだが、
センターのモニターはビジュアル映像中心。
左右のモニター(+LV)が別カメラ映像を流していたが
ガールズ一人をクローズアップして後ろのビジュアルとくっついている絵がすごくかっこいい。

MC 全員で挨拶
3/9が原嶋あかりさんのお誕生日であるとふってくれるmachicoさん素敵。
そんな原嶋さんへのご褒美はmachicoさんのおへそに触れる権利。
かなり入念におさわりされてました。
他の人はファストパスがないので×。
のり子は武道館でプロレスっぽく「ナームーコ!ナームーコ!」

M-03 : おまじない / 木戸
トップバッター!!
アイマスでは赤の系譜、青の系譜、緑の系譜?などがあるが、
オレンジの系譜もあるんだ。
三日間とも、トップバッターはオレンジ!!
おまじないは披露された回数も多くて安定でしたが、
今まで「かなり一生懸命に踊ってた」と思いますが、
かなりリラックスしたダンスの構成になってた気がする。
ああ、そうか、武道館のステージを左右に全部移動するからか。
(3rdでは中央で歌ってたはず)
いい意味で力が抜けて楽しめてる、音符がかってに口から出てくる感じでした。

M-04 : Happy Darling / 夏川
こちらも何回も歌われてますが、
コールはいままででばっちり!

M-05 : WHY? / 山口
らっびゅらっびゅ!

M-06 : ゲキテキ!ムテキ!恋したい! / レオ[角元、原嶋、中村]
はい、育ちゃんきました

MC 

M-07 : マイペース☆マイウェイ / 浜崎
ミリオンメンバーでは一番最後にライブに登場となったのが浜崎さんなわけで、
のり子Pにとっては、本当に待ち続けた歌。
他のガールズと比べると遅かったかもしれないけど、
マイペース☆マイウェイ、やっとこの歌を歌うことができたよ!
のり子のアイデンティティであるスクーター(クラウザー号)で乗り回すような演出。
浜崎さんの後を二人のダンサーもついていくわけで、
ジェットストリームアタックだった。

M-08 : SUPER SIZE LOVE!! / 大関
おかわりー

M-09 : 恋のLesson初級編 / Machico
ポンポンもって登場したらこの曲しかない!

M-10 : ランニング・ハイッ / キャンサー[郁原、田村、渡部優衣]
めちゃくちゃ楽しい

MC

M-11 : アニマル☆ステイション! / 原嶋

そろそろくる?
そろそろくる?
と思ってたところに、
きたあああああああああああああああ

全力コールしてた。
両隣の方があんましコールできてない部分も全部おれにまかせろー
レッツゴー!レッツゴー!

M-12 : IMPRESSION→LOCOMOTION / 中村

M-13 : ファンタジスタ・カーニバル / 角元

M-14 : NO CURRY NO LIFE / カプリコーン[木戸、夏川、山口]

ついに出た!!カレー!!
俺はこの曲のために三日間カレーを食べた上に(カレーパン含む)、
月曜日も家でカレーを出されたんだ!

MC
ノーカレーノーライフって結局なんの歌なの?って話で
ちくわPが「カレー=彼だよ」と言って、すごく納得した。

M-15 : 微笑み日和 / 郁原
前奏が流れて、「あっ」てなりましたが、
1st以来の微笑み日和。
もちろん、歌い切れるかどうかを見守るモードに突入ですが・・・
1stと同じく、間奏パートにコメントを入れてくるライブ仕様、
それでいて今度は泣き崩れずにちゃんと最後まで歌い切れて、
「やった!」という俺たちだった。

髪飾りがPから贈られた楽屋花についていたものって話もびっくり。
そんなこともあるのね。

M-16 : りんごのマーチ / 田村
でんちゃんすごいんだよ!
口からひなたの声が出るんだよ!
ステージ演出もりんごりんごしてる。

M-17 : ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン / 渡部優衣

M-18 : Bonnes! Bonnes!! Vacances!!! / リブラ[Machico、大関英里、浜崎奈々]

MC 

M-19 : 創造は始まりの風を連れて / 伊藤、小岩井、麻倉、村川、中村
え、この曲は!?
誰が歌うのって?思ってたら
みっくの姿が見えるし、
画面に村川って書いてあるんですよ!!
オリジナルだああああああああああああああ
もちょおおおおおお、もちょおおおおおおおおおおおお
そして初日にこっこちゃんの尊いお顔を見ることができるとは・・・・

以下、記憶ぶっ飛び

構図としては村人Aのところに、
勇者、魔王、妖精、四天王がかけつけてくるというスタイル。
村人Aすげぇな!
しかし、考えてみれば世界のどこにでも現れる村人Aは
いわば世界そのものと言ってもいいから最強。

M-20 : Emergence Vibe / 角元、山口
「創造は始まりの風を連れて」の衝撃がすごかったのに、
その流れを受け止めれるだけのパフォーマンスがすげぇ。
CD版とはレヴェルが全然違う音圧、声の深さ、パフォーマンスにただただ見とれたよ。

あっ

M-21 : fruity love / 中村、原嶋

3rd福岡公演に引き続き歌われたとっても楽しいfruity love!
温姫さんのパートナーは原嶋あかりさんになって登場。
この歌、本当に聞いてるのが楽しいし、
ダンスもかわいいし、
育ちゃんのfruity loveが聞けて良かった。

でも「HELLO YOUR ANGEL♪」は今日は無いのかな・・・という気持ちも少しね。

M-22 : Eternal Harmony / 大関、夏川、木戸、郁原

これも強い!
エターナルハーモニーのメンバーはこの中ではゆうちゃだけになるが、
いや、ゆうちゃのためのEternal Harmonyだったともいえるんじゃないかしら。
だって、3rdでも歌ってなかったからね。

M-23 : HOME, SWEET FRIENDSHIP / 田村、浜崎、渡部優衣、Machico

またまた強い!!
リコッタでは奈緒、のり子が該当ですね。
個人的には桃子が家族を見つけた感が強いですが、
うん、そうだね。家族。ミリオンにしっくりくる言葉だよね。

M-24 : Growing Storm! / 乙女ストーム![山崎、阿部、伊藤、Machico、夏川]

なんじゃこりゃああああああああああああああ


MC

角元さんが、「私がエレナで良かったのかな・・・」と泣くところを、
会場の女性Pから「いいよーーー!!」って声が出たのがすごく良かった。

「次の曲で最後です」は、さすがにエエエエエ!!と思ったわけで、
ソロパートで半分だと思ってたからね。
そうか、ディレ1時代のやたら曲数の多いアイマスライブとは
時代が変わってきたのかなぁ。

M-25 : DIAMOND DAYS / Sunshine Rhythm全員
LTA曲のDIAMOND DAYSがラストの曲!!
この曲、ED感がすごくあって、
サビ前のウウウウウウウウウウウウウから
イエエエエエエエエエエエエエエエイでサビに入るところは感情大爆発です。

【Encore】

アンコールで社長が登場。
ちょっと先の未来ということで
765、シンデレラ、ミリオン、SideMのロゴが出て、
アイドルワールドだああああああああ、
と思ってたところに「×」が出てきて、「?」になって
パリーグのロゴが出てきて大爆笑。

ああ、そうかセリーグじゃないんだ。
セだとツバメとトラが戦い始めるしなぁ。
パだとやみのまさんがホークス?
SideMは誰が出るんだろうね。

EC-01 : Dreaming! / Sunshine Rhythm全員

EC-02 : Thank You! / 全員

最後に銀テープとんだ!

二日目

「昨日、サプライズあったけど、この流れならでんちゃん来るよね?」
「いや、稲川プロが他で仕事入ってるらしいぞ?」
「じゃあ、今日は無理かぁ・・・・。」
なんて声優事情通の会話しながら開始。


M-01 : Thank You! / BlueMoon Harmony全員
M-02 : brave HARMONY / BlueMoon Harmony全員
つえええええええええええええ

MC
こっこちゃんがMCで天空騎士団七か条を斉唱させてきた。
ああ、こんな形もありか。


M-03 : 恋の音色ライン / 野村
ソロトップバッターはまさかの千鶴さん!
そうだね、千鶴さんもオレンジの系譜なんだね。
いきますわよ!
でもブルームーンだけにしっかり聞かせる曲で

M-04 : 夕風のメロディー / 近藤
ソロトップの恋の音色ラインから夕風のメロディーにつなぐとか
ブルームーンならではダヨナ!とか納得しながら。
ゆんこん、本当に可憐だよね。
髪型のあの独特の横跳ねも再現しててすごく良かった。

M-05 : Maria Trap / 小岩井
やべぇ、まじ神様が登場した。
こっこちゃんのすごいところって、
眼力だと思うんだけどな。
なんかやわらかい顔だと思ってたら、
みるみる眼光が鋭くなっていくのゾクっとする。
長いおさげを背中側でくるくる回す風車ムチは今回も健在で
すごくありがとうございました。

M-06 : Raise the FLAG / サジタリアス[阿部、戸田、藤井]
激しい曲調に何本もの旗があがる映像をバックにこの三人、
うわぁ、すげぇつえええええええ。
「Raise the FLAG」コールもあって会場がすごく揺れるんですよ。
ゆきよさんのこういう声が好き。
戸田さん、あべりかさんがこんなに強いんだとあらためて認識。

MC
こっこちゃんにでれでれのゆんこんが、
野村さんにはすごくしょっぱい対応するのが面白くて、
ああ、そういや765にもこういうのあるよなって思った。

M-07 : Day After "Yesterday" / 斉藤
ぐわああああああああああああああああ
この心にしみるメロディーラインに昴の声・・・・・・
泣ける、まじ泣ける。
2日目で一番心に残ったのはこの曲。
昴の曲、LTPもLTHもすごく感動なんだよ。

曲の途中でいきなり歌詞をこっちに振ってこられましたが、
それをしっかりと歌える会場のみんながすごい。
ありがとう、こんなに昴を愛してくれて!!
昴とのキャッチボールも出来て、
感動しかない。

M-08 : 透明なプロローグ / 伊藤
今回はばっちりウインクもいただいたぜ

M-09 : Precious Grain / 田所
いつものPrecious Grainじゃないって、
みんなすぐにわかったよね。
Precious Grainって、限られた時間の中であがく歌なので、
これまでずっと「張りつめるように」歌われてきたのが、
今回はなにかとても穏やかに、楽しむように歌えていた。
後にころあずからそのように歌ったって、
ガールズもそう感じたって言ってた。

最上静香にとっての武道館って場所がそう歌わせたんだろうな。
このあたり、ゲッサン基準であるともいえる。
あと、最上静香がこの順番ってのもけっこう驚きだったり。

M-10 : 待ちぼうけのLacrima / アクアリウス[平山、愛美、駒形]

Precious Grainの次にこの3人ですよ。
どう考えても最強布陣すぎる。

MC
涙を浮かべる斉藤さんが「フリーザは泣かない!」ってこらえるところ、
斉藤さんの旦那さん、トランクスだよね。

M-11 : フローズン・ワード / 藤井
俺、この曲の右脚の動き大好きなんすよ!!
サビのところでももをあげるところね。
3rdライブでも存在する振り付けだけどそんなに大きくなくて、
今回はすげぇ大きく動いていた。

M-12 : Get My Shinin' / 戸田
曲調の楽しいユニゾン☆ビートではなくこっちで!
ブルームーンならそうだよね!

もう、歩の歌声がとっても素敵なGet My Shinin'で、すごく感動。

M-13 : POKER POKER / 阿部
LTP05の曲がここまでひっぱられたわけで、
待望のPOKER POKERでした。

M-14 : P.S I Love You / ピスケス[近藤、小岩井、野村]

MC

ゆきよさんが、スタッフさんが作る台本がいつも「フローズンワールド」になってる!
と怒って、PA席から平謝りが見えたのが面白かった。
その次に戸田さんが「私もフローズンワールドが大好きで・・・」って言いだして、
ゆきよさんにほっぺたつねられたの戸田クン最高。

M-15 : 流星群 / 愛美

赤髪にギターをひっさげてまさにジュリアそのものに近づいてきたあいみん。
ギターパートも前より増えてるし、
歌声も前にも増して激しいし、
なにより楽しい!!
いやぁ、すげぇ楽しい。
ギターソロパートはちゃんとマイクスタンドから横にずれて見せつけてくれるわけで、
ギターを弾くと、ギターの音が鳴るってのが感激だなんてこの時思ったよ。

M-16 : vivid color / 駒形
流星群に続いて、僕は青色のサイリウムを握っていた。
ぷっぷかさんだと思ったから、
でも、先に駒形さんが出てきたということは!!

vivid colorって、絶対難しすぎる歌だと思うよ!!
ボーカル振り切りの駒形さんをして、
3rd幕張には納得できてないわけだが、
この違和感って、3rd幕張のBD見てても感じないんだけど
現地の音圧、スピーカーから客席までの微妙な距離とかが
歌う方にも、聞く方にもすごく惑わすんだと思う。
特にあの間奏パート。

今回もやっぱりこの微妙な違和感はやっぱ感じたわけで、
駒形さんは自分がまだ足りないって言うけど、
うーん、vivid colorの魔力なのかなって思う。


M-17 : FIND YOUR WIND! / 平山

このブルームーンのメンバーでソロの最後をぷっぷかさんが、
平山さんが担当することがすごく嬉しいんだ。
普通に考えれば最上静香がいるのにね。

ただ、平山さんの声って、大小の差がすごく大きくて
Aメロの声が拾い切れてないかと思えば、
サビはしっかりと響き渡るので、
これは平山のポテンシャルに設備が追いついていないのかと。

M-18 : プリムラ / ヴィルゴ[斉藤、伊藤、田所]

M-19 : 赤い世界が消える頃 / 木戸、大関、近藤、阿部、平山

わかってても揃うとすげぇよな!

M-20 : Beat the World!!! / 戸田、藤井

これが、戸田クンに平田さんのために「いつでも歌えるようにして待ってます!」と言わしめたBeat the World!!!

M-21 : Marionetteは眠らない / 平山、愛美

3rdでは聞けなかったので久しぶり。
それがぷっぷかさんとジュリアなんですよ!
LTPオリジナルメンバー!!
これまではギャップ萌え感のあるメンバーで歌われることが多かったけど、
今回はかっこいいマリオネットでした。

M-22 : Blue Symphony / 田所、阿部、近藤、伊藤

聞けると思ってなかったのですごく嬉しかった。

M-23 : 星屑のシンフォニア / ミルキーウェイ[野村、駒形、小岩井、斉藤]

「心のタクトがー」でもう崩れ去るしかない。
すっかり、ミルキーウェイが揃うことを忘れていたわけで、
ああ、いいなぁ、LTHユニットってさ。
途中で入れたセリフの頭文字を全部つなげると
「ほしいみき」となる粋なギミック入り。

M-24 : Flooding / クレシェンドブルー[田所、平山、雨宮、小笠原、麻倉]

雨が降る音の演出・・・・・といえばゲッサンミリオンのあのシーンだ!!
クレシェンドブルーーーーーダアアアアアアアアアアア
前日の乙女ストームがあったんで予想はしてたんだけど、
揃うとやっぱ嬉しいよね。
ついに茜ちゃんがクレシェンドブルーに合流だ!!

ちなみにゲッサンではここで撮影された静香の写真があまりに良くて話題になったエピソードだが
うん、それって橋本環奈だよな。

後々に話を聞いたが、
LTHで765メンバーが入ってないのは
乙女ストーム、クレシェンドブルー。
そして、灼熱少女・・・・ということは・・・。

MC

戸田さんの「なかなかうまくいかなくて、声優をあきらめようかと思い始めた時に、声優の事務所に合格した連絡をいただいたのが6年前の今日でした。」との話。
6年前の3/11って、やっぱり東日本大震災の日だよね。
うん、なんかすごく考えるようになった。


M-25 : DIAMOND DAYS / BlueMoon Harmony全員


【Encore】
EC-01 : Dreaming! / BlueMoon Harmony全員
EC-02 : Thank You! / 全員


ライブが終わったら、ゆいとんがホムラジに出ていた。
俺も何が起きたかわからなかった。


三日目

「今日はもしかしたら全員出るかもな!」
「いや、木戸ちゃんが別の仕事入ってるらしいぞ?」
「そっかぁ、さすがに無理かぁ。」
なんて声優事情通の会話しながら開始。

M-01 : Thank You! / Starlight Melody全員

メンバーの顔を見回すのが最初の曲でやることなんだけど、
あれ?だれこのおさげの女の子・・・・・。
なんか見覚えのあるような、ないような・・・・と思ってたけど、
それがこのみさん役のみーなだと気付いたのはMCの時でした。

あと、右の方になんかシンデレラのありすのようなすげぇ美少女がいる!と思ってたが、
それが末柄さんだと気付いたのもMCでした。

M-02 : Starry Melody / Starlight Melody全員

M-03 : Heart・デイズ・Night / 小笠原
おおお、茜ちゃんが先鋒を務める日が来るなんて・・・。
とにかく動く動くんです!
茜ちゃんそのままに動きまくる小笠原さんと
背景にいっぱいの茜ちゃんメーカーのキャラたちに
茜ちゃん、強くなったなぁ・・・って。
でも、これはまだ茜ちゃん伝説の序の口だったのだ。

ちなみに曲名、Heart・デイズ・Night はビートルズのA HARD DAY'S NIGHTのもじり?
だとしたら武道館にぴったりの曲だったともいえる。

M-04 : ホップ♪ステップ♪レインボウ♪ / 稲川

環は当然歌ってないこっちの歌。
もうね、歌声がずっと環なのがたまらん。


M-05 : トキメキの音符になって / 麻倉

ミリオンでは初期から聞き続けているけど、
聞き続けているから、聞けるのが嬉しいってのがある。
今どき、新しい曲が生まれては流行りの中で忘れられていくので、
4年前の曲を今もこうして楽しめている、
アイマスの一つの嬉しさなんだなと思った。
もちょは3rdではやや大人びた感じのスタイルでしたが、
武道館では星梨花に近づけてきたって気がしました。

M-06 : リフレインキス / スコーピオ[雨宮、上田、村川]
アイマス世界にはキスに関する曲はいくつかありますが
KisSとかHotel MoonsideとかTulipとか、みんな名曲揃い。
ここに新たなアイマスキスソングがうまれたぜ!

M-07 : フェスタ・イルミネーション / 諏訪
いつもよりずっとテンション高めでしたよね!
声をはりあげてみたり
コールレスポンスっぽくルミルミしてみたりで
すっごく楽しんでいる感じ。
「お城で上演!」って、江戸城のことだったのか!徳川だけに!
(武道館は江戸城の中です)

M-08 : 素敵なキセキ / 山崎
素敵なキセキは、3rdライブで歌詞の多くを会場にゆだねるようになって
毎回どう姿を変えてくるかすごく楽しみになったわけだが、
その意味では、ぴょん吉の動きからまったく目が離せない曲になったぞ!

サビの「素敵なキセキを」のところで右手を顔のところにもってきて、
キラッと反転させる振り付け、すごく大好きなんだけど、
その直後の「みんなの声がするから勇気湧いてくるよ」を会場に投げてきたので、
見惚れてたまこTは一瞬対応が遅れた!

間奏パートのぴょん吉ステップは今回は無しにして、
いきなりのウェーブいくよ宣言!
うーん、何が飛び出すかわからないのはまさに未来だよね。

M-09 : ハッピ〜 エフェクト! / 桐谷
3日目の一番の思い出はここかなぁ。
美也はね、俺たちのアルティメットクィーンなんですよ。
あのイベント、ミックスナッツ勢としては真美一択だったわけですが、
美也すごかったもんな。
そんなことを思い出しながら、見てくれ俺たちのアルティメットクィーンを!と涙流しながら見ていた。
ハッピ〜 エフェクト!って、カードのイラストもいいですよね。
ミリオンライブ屈指のイラストだと思います。
ダンスがクラシックっぽかったですね。


M-10 : 永遠の花 / ジェミニ[渡部恵子、末柄、高橋]

もう、聞かせるとしかいいようがない!

MC
蝶々さんがつけてた蝶々の髪飾り、
過去のフラスタについてたんだって!


M-11 : デコレーション・ドリ〜ミンッ♪ / 渡部恵子

「なりたい自分になれる歌」って思ったら、
そうか武道館はなりたい自分の一つの形だったんだよな・・・・と納得して、
なんかすげぇ感動してた。
あと恵子ねえさんのふとももに感動していた。
この曲のサビの右手の動き大好き。

M-12 : dear... / 高橋
みーなの歌、すごいよなぁ。
声を伸ばして、抜けていくときの声とかすごくいいわけで、
dear...ではそれを目いっぱい堪能できました!

M-13 : オレンジの空の下 / 末柄
2nd以来ですかね


M-14 : Sweet Sweet Soul / アリエス[稲川、小笠原、麻倉]

やべぇえええええええええええ
CDの時点でどんなヒップホップ曲になるかと思ってたけど、
音圧が高いライブ環境で聞くとこんなに楽しいんだ!
もうノリノリで楽しませてもらいました。
「茜ちゃんと愉快な仲間たち」とありましたが、
本当にドセンターで歌ってる茜ちゃん。
本当に大活躍だよな!
ポーズは変だけど。


M-15 : 恋愛ロードランナー / 上田
この子、本当にすごいよな!!
ひたすら盛り上げるのが楽しいのと、
びしっと指をさして決めるのがかっこいいのと
目がらんらんとしてるのがいい。

M-16 : Up!10sion Pleeeeeeeeease! / 村川
こっちがきたああああ
もう、楽しいのわかってるんで全力でコールしました。
りえしょんがいつもは歌ってない早口パートを歌っているのはわかったわけで、
これも下田さんのYOU往MY進!の進化を思い起こさせる。
ご本人いわくバージョン3.5ですが、今後にも期待です。

M-17 : ライアー・ルージュ / 雨宮
アップテンションの盛り上がった空気をまさに「切り裂いた」と思えた登場シーン。
そういやネイルは白と青の指がありましたよね。

M-18 : メメント?モメント♪ルルルルル☆ / タウラス[山崎、諏訪、桐谷]
わけわからんけど楽しい

M-19 : 侠気乱舞 / 愛美、浜崎、稲川、渡部恵子、田村
この歌、マジかっこいい!
LTA02って、ぜんぜんギャグが入ってなくてマジでヤクザものドラマCDを一本作ってしまったわけだが、
この日のライブメンバーは魅梨音組のお嬢桃子と子分環の二人、
ここにスペシャルゲストで木下組の悪徳組長ひなたと用心棒のり子が襲い掛かってきて、
風来坊のジュリアが助けに入るという構図を考えれば
たまらなく面白くなるわけですな。
あいみん、恵子ねえさん、稲川名人の歌声の強さはわかってますが、
浜崎さんの張ったの声の強さにはびっくりしました。
のり子の新しい面、本当に見れました。
でんちゃんは、侠気乱舞の振り付けがばしっと決まってるのが面白く、
かっこいいでんちゃんというジャンルを俺に開いてくれた。
最後のおひかえなすってポーズのしめとか最高でしょ。

気になったでんちゃんの声をマイクが拾えてなかった件については、
その後のMCででんちゃんの声が出てなかったことを考えれば、
初日のダメージが残ったため本当に声が出てなかったのかもしれない。
BDに関しては最近はしっかり修正(声だけ取り直しとか?)されるだろうけどね。

M-20 : ジャングル☆パーティー / 稲川、小笠原
アニマル☆ステイションが動物園なら、
ジャングル☆パーティー は野生なんですよ!
楽しいこと間違いなしのジャングル☆パーティーの助っ人に茜ちゃんが入ったことにマジ驚きました。
小笠原さん、クレシェンドブルーの件も含めて新曲ばっかりで
かなり練習されたんじゃないでしょうか!
おさるさんポーズとかすごくよく出来ていましたし!

M-21 : little trip around the world / 麻倉、渡部恵子
まったくの不意打ち。
もともとエミリーと伊織の楽曲だもんなぁ。
3rd仙台ではゆうちゃともちょで歌ってるので、
もちょの負担を軽減しつつ、桃子ならできる、ということですかね。
なんにせよ、当日にはこの二人が歌うことにまったく違和感感じてませんでした。

M-22 : PRETTY DREAMER / 高橋、末柄、山崎、村川
俺たちがコールした曲をよくわかってんなぁと思いつつ、
オリジナルメンバーは風花と未来。

M-23 : 瞳の中のシリウス / 諏訪、雨宮、上田、桐谷

ゲッサンミリオンでは五巻の要所で歌われているので
ここでこの曲が登場は本当に納得です。
ちなみに当日のリハ音漏れで聞こえてた。

LTPでは貴音、美也、海美、まつりで歌唱され、
美也、海美、まつりはシリウスでは鉄板のトリオなんですが、
3rdライブでも揃うことはなく、この武道館で念願のトリオ成立。
ゲッサン版では貴音ポジションに未来を入れて歌唱でしたが、
さすがにそのままではいかんと思ったのか
武道館では未来を志保に変えてセトリとしてきました。

ゲッサンミリオンがこの話をもってきたのが2016年の6月くらい?
それで武道館の出演者発表が8/20で、
もう最初からゲッサンとあわせてこの武道館のセトリを考えていたような雰囲気ですよね。


M-24 : ジレるハートに火をつけて / 藤井、桐谷、稲川、上田

あるだろうとは思ってましたが、
本当に来た!!
セトリもまさか桐谷さんを連続で並べてくるとは!!
アルティメットクィーンだしな!

琴葉のポジションを空けてのパフォーマンスには、
泣かされる気持ちでいっぱいでした。
後にゆきよさんがこの曲を歌うことに葛藤した、
その答えを恵美からもらったってのが、
実にアイマスだよなぁ。

M-25 : 君との明日を願うから / 山崎、田所、Machico

ゲッサンミリオンのラストナンバー。
それを武道館のラストナンバーにもってくるんだから、
いかにゲッサンがミリオンの心のよりどころになっていたかがわかる。
呼ばれて嬉しそうに出てくる静香と翼がなんかとってもいいよね。
三日間バラバラにされちゃったけど、やっと会えた!!と喜ぶところは
ニュージェネにもつながるわね。


MC

ここまでで私たちの歌を全部披露しましたと言われて
「Good-Sleep, Baby♡さんが・・・・・・・・・・・・・・」
と思いました。育ちゃんソングだけに。
イベントでは歌ってるそうですけどね。

M-26 : Brand New Theater! / 新曲・Starlight Melody全員
新曲だあああああああああああああああああああ
って、3rdライブが終わってから遊んできた
「Brand New Stage編」の言葉がここにつながるってのが粋だよね。
The world is all one !!を思い出すよね。

【ENCORE】

社長→ガミPという流れ。

それでスタッフが作った記念PVが流れ始めるが、
「アニメ!?」
「どかーーーーーーーーーーーん」
「やッパリミリオンだー!」
「うおおおおおおおおおおおお、マイティセイラーーーーーーーーー!!」
こんな感じで終始持ち上がりです。

EC-01 : Dreaming! / Starlight Melody全員


EC-02 : Thank You! / MILLIONSTARS (36人+田中琴葉)

ステージに3日間のメンバー全員が揃うことに圧巻。
これだけが一堂に会することがこんなに素敵だなんて!
ちなみに木戸ちゃんは当日別の仕事が昼間に入ってたはずだが、
それを終わらせてからこのステージにかけつけたわけで。
でも、ゆいとんがライブ→ホムラジを成立させたから、この動きは出来ても納得でした。

ステージの後ろには琴葉の姿を登場させたわけで、
プロミの時に春香が動いてたあの技術だと思われるが、
それがここで使われたことになる。
もしかしたら、ミリオン4thに間に合わせようと開発スタッフが頑張ったのかもしれない。

makotcollection at 19:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月07日

ライブハウス武道館へようこそ!

「ライブハウス武道館へようこそ!」

日本武道館のミュージックシーンに残る
BOOWYの氷室京介さんの名言ですね。

今でこそ、日本武道館より大きな東京ドームやSSAがあるわけですけど、
交通網が発達した今だから、全国からSSAを埋めるだけの人が集まれるんじゃないかな。
東京ドームがなかった時代、まだ交通網、情報網が今ほどじゃない時代では
日本武道館14000人のキャパは最高の舞台だったし、
ここを埋めるのは最高の実力を持つアーティストだった。

その最高の舞台でBOOWYがライブを開催することができたのが1986年7月2日。
武道館初ライブでIMAGE DOWNを歌った際に
「ライブハウス武道館。ライブハウス武道館へようこそ!ライブハウス武道館へようこそ!ここは東京だぜ」
とMCを入れたわけだ。
これがいわゆる伝説のはじまり。

この時の音源はCDにも入ってるので、
「ライブハウス武道館へようこそ」は現地に行けなかったBOOWYファンも聞くことができたし、
それこそ何度も何度も聞き続けたに違いない。

そして「ライブハウス武道館へようこそ」を聞いて育った世代が、
武道館ライブまでたどり着いたとき。
それは「ライブハウス武道館へようこそ!」と言いたくなりますよね。

どれだけのアーティストが「ライブハウス武道館へようこそ!」と言ったかは軽く検索すればわんさか出てくるが、
アイマスでいえば若林直美さん、つまり神である。
アイマスで日本武道館単独公演は無いものの、
2013年1月26日のリスアニ!LIVE-3で日本武道館にたっており、、
どう考えてもBOOWY世代の若林さんが
「ライブハウス武道館へようこそ!」とここで言ったのも
ものすごくよくわかる。
言いたくなる。

ミリオンライブ!のメンバーはBOOWY世代ではないわけだが、
「ライブハウス武道館へようこそ!」が飛び出すかどうかはお楽しみということで。

ミリオンライブ!にとって武道館は目標?
いや、スタート地点なんだろう。

会場選択


アイマスにとってはライブハウスは最初のステージなんだ。
ミリオンライブ!が「ライブハウス武道館へようこそ!」と言うことがあれば
それは、私たちの始まりにようこそ!ということなんだ。
そう信じたいですよね。

最後に大事な言葉なのでもう一度書こう。

「ライブハウスぶどーかんへようこそ!」


makotcollection at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月27日

準備をはじめたプロデューサーたち ミリオン4thライブ 開催概要編

ミリオンライブ4thライブ 武道館3Days編 開催概要

みんなでつくったの(遅くまで残って)
手作りの「ぶどーかん」( 看板は虹色)


ミリオン3rdライブ幕張公演で発表された武道館公演。
もう1年前のことになるんですよね。
ミリオンライブは「武道館」をよりどころにこの1年間を生きてきた!

シンデレラ4thはただただすごかった。
765プロミは積み上げた歴史とともに感慨深い、そして考えるイベントだった。
SideM2ndはとても刺激的だった。

さぁ、ミリオンライブの出番です!


イベントタイトル

公演名:
THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 4thLIVE TH@NK YOU for SMILE!!

DAY1 Sunshine Theater
2017年3月10日 (金) 開場17:00 / 開演18:00(予定)
DAY2 BlueMoon Theater
2017年3月11日 (土) 開場16:00 / 開演17:00(予定)
DAY3 Starlight Theater
2017年3月12日 (日) 開場16:00 / 開演17:00(予定)

場所:日本武道館

3月10日から12日までの3日間公演です!
10日(金)は普通に平日ですので、
仕事があるなら半日ないし全日お休みにしないといけない人も多いだろう。
育ちゃんが出演しているので、3月10日は育休です。

アイマスライブで過去に平日にライブを入れてきたのはただ一度。
4thライブ大阪公演が新型インフルエンザの大流行で延期となり、
振替開催となったのが木曜日だった。
これ以来となるが、今年になって平日ライブが2つも組まれているアイマスは鬼である。

3つの公演は「サンシャイン」「ブルームーン」「スターライト」の3つの名前が付けられてますが、
サン、ムーン、スターの3つはアイドルマスターSPの3タイトルに付けられた名前でもあります。
懐かしい感じですよね。
プロミの朗読劇が同じくSP編成だったのも思い出す。

ミリオン4thロゴ


ライブロゴには星、月、太陽の3つが描かれています。
でも、もう一つ王冠が描かれていますが、これは?
ライブグッズなどにも全体に描かれている王冠ロゴ。
これってなにか意味があるのかしら。


公演時間予想

最近のアイマスライブは22時ギリギリまでやることは少ない。
3日間とも12人だが、1日目だけ開演時間が18時で、土日は17時。
1日目が平日だけにやや遅めにしたのだろうか。
まぁ、3時間半ほどの公演内容で、
2日目、3日目はなにかしら発表の時間を取るために時間が長いとも思える。
終演21時30分は普通にあるだろう。
当日に帰宅を考えている場合は移動時間もこみで最終電車に間に合うか検討しましょう。
終電の都合で最後まで参加ができない・・・ということもありえます。
でも、せっかくなんで最後まで会場にいれるようしたいですね。

物販について

物販予定日時
2017年3月9日(木)13:00〜18:00 ※前日物販
2017年3月10日(金)10:00〜開演まで
2017年3月11日(土)10:00〜開演まで
2017年3月12日(日)10:00〜開演まで

物販場所
日本武道館場外

これについては公式サイトを見るのがはやい。
例によって、CDとグッズの売り場は別だ。
グッズについてはクレジットカードも使用できます。

グッズの数はやたら多い。
特にグッズについては茜ちゃん人形や騎士団Tシャツなど、
やや単価が高めも担当Pにとっては必須アイテムっぽいものを投入してきている。
けっこう戦場ね。

限定CDについてはソロコレクションが3枚です。


出演者

DAY1 Sunshine Theater
Machico(伊吹翼役)・大関英里(佐竹美奈子役)・角元明日香(島原エレナ役)
郁原ゆう(エミリー スチュアート役)・木戸衣吹(矢吹可奈役)・田村奈央(木下ひなた役)
中村温姫(ロコ役)・夏川椎菜(望月杏奈役)・浜崎奈々(福田のり子役)
原嶋あかり(中谷育役)・山口立花子(百瀬莉緒役)・渡部優衣(横山奈緒役)

DAY2 BlueMoon Theater
田所あずさ(最上静香役)・愛美(ジュリア役)・阿部里果(真壁瑞希役)
伊藤美来(七尾百合子役)・小岩井ことり(天空橋朋花役)・駒形友梨(高山紗代子役)
近藤唯(篠宮可憐役)・斉藤佑圭(永吉昴役)・戸田めぐみ(舞浜歩役)
野村香菜子(二階堂千鶴役)・平山笑美(北上麗花役)・藤井ゆきよ(所恵美役)

DAY3 Starlight Theater
山崎はるか(春日未来役)・麻倉もも(箱崎星梨花役)・雨宮天(北沢志保役)
稲川英里(大神環役)・上田麗奈(高坂海美役)・小笠原早紀(野々原茜役)
桐谷蝶々(宮尾美也役)・末柄里恵(豊川風花役)・諏訪彩花(徳川まつり役)
高橋未奈美(馬場このみ役)・村川梨衣(松田亜利沙役)・渡部恵子(周防桃子役)

※田中琴葉役種田梨沙さんは病気療養の為欠席。
本来はDAY3に出演予定でした。

綺麗に分散させているので、LTFの3枚はともかく、
LTP、LTH、LTD、LTAなどはなかなかそろわない。

ゲスト

前説は小鳥さんと社長なのは予想の範囲。
他はさすがに考えにくいが、琴葉がなんかの形でそこにいて欲しいと願うのがPというもの。


サイリウム

RIMG0126


千本桜景厳!!

まこTも4年かけて37人分全員揃えました!!
ちょこっとずつ買い揃えてついに・・・・・

あ、あれ?36種類・・・・!?


ぷっぷかさん買いそびれたーーーーー!!

(5thライブに続く)

ミリオンで本気出してる人のサイリウムはこんな感じになるのだが、
1本につき電池3つなので、全部交換すると111個。
なかなか大変だ。

RIMG0155


どうやってこれだけの本数を運ぶのかも悩ましい。
こんな綺麗な箱に入れて運ぶわけにもいかないし、
当日の会場の席も狭い。
方法はちゃんと考えよう。

RIMG0143


ミリオンライブはアイドル全員に固有の色が与えられているが、
同じピンクで微妙な色合いの違いなどが多い。
市販のペンライトで
赤、青、黄、緑、白、オレンジ、ピンク、紫、水色、黒の基本10色が使えるならだいたい困らない。
ミックスペンラプロを使うなら2本持ってくと良い。

RIMG0905右


これは特殊な使い方。


お日にちについて

アイマスライブは開催とアイドルの誕生日が重なるとお祝いされることが多い。
声優の誕生日についてはあんまし触れられない。
前後でピックアップすると、
誕生日がジャストタイミングな方は出てこないが

3月1日    ロコ(伴田路子)
3月9日   原嶋あかり(中谷育役)
3月18日 七尾百合子

みんな、原嶋さんにお祝いのファンレターしようぜ!!


会場

b2d_budokan_all

※ゲーム中画像

日本武道館は東京オリンピックの施設として建設された歴史ある建物です。
「武道」、つまり「道」を名前に刻むだけあって
日本武道の聖地として精神的な意味合いは大きいですね。

八角形の形状や屋根についた擬宝珠(光るタマネギ)が特徴的。
また、内部的には日章旗が掲揚されており、コンサートイベントであってもこれは外れることはありません。

音楽コンサート会場としても相当なステイタスがあり
古くはビートルズの日本公演が行われていますし(前座がドリフターズ)、
日本武道館でコンサートを行えることに歴史の重みを感じるのではないでしょうか。
今ではアリーナ開催、ドーム開催など収容人数が武道館より大きい会場は他にもありますが、
武道館で公演できることを特別視するところは今でもあります。

なお、武道館では生バンドで行われることが多い。

アイマスとしての武道館

アイマスではアーケード版にて武道館がコミュやED(お別れコンサート)の会場として登場しています。
亜美真美のコミュなどは楽しかったですね。

会場選択


アケマスではアイドルランクによって選択できるライブ会場が変化しますが、
これは実際のアイマスライブが実現してきた歴史でもあります。

ライブハウス:新木場スタジオコーストや、Zeppみたいなスタンディング。1st、オールスターライブぐらい。
市民ホール:パシフィコ横浜かな。3rdライブ。
アリーナ:横浜アリーナ。7thですね。
武道館::日本武道館。周年ライブではミリオンが初。イベントならリスアニライブ。
ドーム:ゲーム中では東京ドームにみえるよね。10thで西武ドームで開催。

こうしてみると、なぜか武道館だけ避けている。
9thが東京体育館(ここもオリンピック関係)だったが、
別に武道館でも良かったはず。
それでもあえて武道館を残したのは8thでミリオンがすでに登場していたからですかね。

ぶどーかん


ミリオンライブでは「Thank You! 」の歌詞には
手作りの「ぶどーかん」とありますが、
ミリオンライブの初期の765プロってテントでしたよね・・・・。
これが「ぶどーかん」なのかはちょっと自信がなかったですが・・・・

ぶどーかんセット


このグッズが出たことで、これが「ぶどーかん」であることが確定しました。
まぁ、このテントが本物の武道館になったというのが夢が実現するってことなんですよ!

ちなみにミリオンのゲーム中では
100万人の観客が入るメガフロートドームを765で作るという壮大な夢が語られている。
とてもありえないような話に思えるが
オバマ大統領の就任式にはそれくらいの人数は集まっている。(適当)


▼席について

例によってlivehisさんのリンクを貼りますのでそちらで詳細を!

日本武道館

発券されているチケットは北以外の7方向は確認されている。
特に北西、北東は一般で出ていたので、
見切れ席である可能性は高い。

ステージが北側に設置されたエンドステージ。
でも、北西、北東の斜め後ろからの角度からも見れるってのが有力かな。
もちろん、センターにステージを置く形式も考えられるが、
それってプロレスだよね。

座席は「アリーナ席」「1階席」「2階席」の3種です。

●入口
席によって違う

●アリーナ席

アリーナ席とは、普段であれば剣道や柔道が行われている場所。
オリンピックの試合していた場所に席があるのはなんだか不思議な気分だ。
もちろんフラット。
となれば前の方は近くて嬉しいが、最後方となると背の高い人が前にいれば見づらいことに。
まぁ、これはどこでもいっしょですけどね。
しかし、演出を正面から見れるという意味合いはあります。
ライブステージの演出は正面に向かって作られるのです。

アリーナ席はパイプ椅子みたいなものですので、
持ち込む荷物はその程度のものにしておきましょう。
(プロレスで乱闘で使うタイプではなく、しまう時に積み上げるタイプのもの。)

●スタンド席

スタンド席はいわゆる1階席、2階席。
ステージ全体、会場全体の動きをみることができます。
サイリウムやレーザービームがきれいに見えるのもスタンド席の特権です。

確かにステージからは遠いですが、
武道館は会場そのものが狭いことから、
1階席、2階席でも十分近さを感じます。
また、2階席もかなり急こう配で前の方に出てますので、
2階席でも近さを感じるはずです。

また、北西、北東スタンドが販売されました。
通常のエンドステージ形式であれば、ステージを斜め後ろから見ることになるので
アーティストの背中側を見ることになるが、
その分、他のスタンドよりステージに近いともいえる。

スタンド席は跳ね上げ式の椅子ですが、
椅子の下のスペースが通常の会場よりもぐっと小さいのが特徴。
上記リンク先などで座席を確認していただけばわかるが、
当日、会場に持ち込むものはなるべく少なくして臨みたい。

▼キャリーケースはNG

上記写真で見て、わかるとおり
キャリーケースは足の置き場がなくなります。
キャリーケースは持ち込まないこと。

●花道、センターステージ、バックステージ、トロッコは?

花道、センターステージについては可能性は捨てきれない。
ミリオン2ndライブでは周囲をトロッコで移動し、
バックステージへとつながっていました。

●ワイヤー

演者が飛ぶ演出。
小岩井ことりさんが御所望だったので
ぜひともやって欲しい。
武道館では実績ありまして、ミルキィホームズの徳井さんが飛んでいる。


▼ロッカー

遠征者、および物販購入者にとっては荷物の置き場所は心配である。
武道館ではロッカーは期待できないので、
どこか駅などで手配しよう。

▼スタンドフラワーについて

公式
2月27日付けでスタンドフラワーの搬入の指定時間が変更されました。
手配している人は花屋さんに連絡をお忘れなく。


準備編へ

2017年02月19日

4/30

4月30日に発売されるアイマスフィギュアの数々!!

0430の01


0430の02


0430の03


0430の04


やべぇ!

makotcollection at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月05日

ミリオン一般とふるさと納税

いつものように空を翔けてた
ずっとずっと どこまでも続く世界

いろんなことが起きてる街は
スピードについて行くだけで
もう精一杯
(フタリの記憶/水瀬伊織)

なんて、歌詞が懐かしいですが、
アイマスのスピードについて行けなくなったなぁ・・・と感じているまこTです。
立ち位置が765、ミリオンよりなのでここはいいのですが、
シンデレラ、sideMはキャラクター情報、声優の段階でついていけてないです。
ずっと買ってたアイマスライブの限定CDも
ついにプロデューサーミーティングは購入する機会が無くなりました。

さて、楽しみはミリオン武道館ですが、
気が付いたら一般販売が終わってた!
3日に発表で4日に実施のようで、あいかわらずアイマスは辛い。
自分の都合では金曜日は確保。
土曜日は、まぁ、なんとかなるだろうで、
日曜日は仕事の都合で地元のLVにします。
月曜日が仕事だからね。
ホテルも金、土で確保したし、
久しぶりの遠征が楽しめそうです。
でも、土曜日はアニマルステイションで、日曜日がジャングルパーティーなんだろうなぁ。

別件ですが、徳島のふるさと納税の話で
アイマス関係のポスター話を聞きまして手続き済。
1万円の寄付を徳島にすることで、お礼の品を貰えるわけですが、
ふるさと納税の仕組みでは、これで地元の住民税が8000円分控除となるので、
実質2000円のお買いもの。
ただ、ふるさと納税することで地元に納税できないのは、
自分の町の住民サービスの低下になっちゃうんじゃないかと心配。
特に田舎の町なのでね。


makotcollection at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月02日

THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS~

開催概要 幕張編


イベントタイトル

公演名:
THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS~
[Shining Side] 2017年2月11日(土)開場 16:30 開演 17:30
[Brilliant Side] 2017年2月12日(日)開場 16:30 開演 17:30

会場:幕張メッセ イベントホール

物販情報

物販予定日時
2016年4月15日(金)12:00〜18:00 ※前日物販
2016年4月16日(土)9:00〜【終演後】30分程度
2016年4月17日(日)9:00〜開演まで

物販予定日時
2017年2月10日(金) 15:00〜20:00 ※前日物販
2017年2月11日(土) 10:00〜【終演後】30分程度 
2017年2月12日(日) 10:00〜【終演後】30分程度 

物販場所
【グッズ】売り場 および【CD・映像・書籍】売り場
幕張メッセイベントホール横 中央ロータリー・中央プラザ


出演者

[2017.2.11] Shining Side
DRAMATIC STARS [仲村宗悟(天道輝 役)、内田雄馬(桜庭薫 役)、八代拓(柏木翼 役)]
High×Joker [野上翔(伊瀬谷四季 役)、千葉翔也(秋山隼人 役)、白井悠介(若里春名 役)、
永塚拓馬(冬美旬 役)、渡辺紘(榊夏来 役)]
彩 [バレッタ裕(華村翔真 役)、山下大輝(猫柳キリオ 役)、中田祐矢(清澄九郎 役)]
FRAME [熊谷健太郎(握野英雄 役)、濱健人(木村龍 役)、増元拓也(信玄誠司 役)]
神速一魂 [益山武明(紅井朱雀 役)、深町寿成(黒野玄武 役)]
Altessimo [永野由祐(神楽麗 役)、土岐隼一(都築圭 役)]
F-LAGS [三瓶由布子(秋月涼 役)、浦尾岳大(兜大吾 役)、徳武竜也(九十九一希 役)]
Legenders [笠間淳(葛之葉雨彦 役)、汐谷文康(北村想楽 役)、駒田航(古論クリス 役)]

[2017.2.12] Brilliant Side
DRAMATIC STARS [仲村宗悟(天道輝 役)、内田雄馬(桜庭薫 役)、八代拓(柏木翼 役)]
Beit [梅原裕一郎(鷹城恭二 役)、堀江瞬(ピエール 役)、高塚智人(渡辺みのり 役)]
W [山谷祥生(蒼井享介 役)、菊池勇成(蒼井悠介 役)]
S.E.M [伊東健人(硲道夫 役)、榎木淳弥(舞田類 役)、中島ヨシキ(山下次郎 役)]
Cafe Parade [狩野翔(神谷幸広 役)、天滉平(東雲荘一郎 役)、
古川慎(アスラン=ベルゼビュートII世 役)、児玉卓也(卯月巻緒 役)、小林大紀(水嶋咲 役)]
THE 虎牙道 [寺島惇太(大河タケル 役)、小松昌平(牙崎漣 役)、濱野大輝(円城寺道流 役)]
もふもふえん [矢野奨吾(岡村直央 役)、古畑恵介(橘志狼 役)、村瀬歩(姫野かのん 役)]
Special Act…松岡禎丞(Jupiter 御手洗翔太 役)


公演時間予想

先のプロデューサーミーティングの長さからいえば、
ざっくりいって3時間半。
しかし、過去のアイマスライブは4時間越えもあったことは覚えておこう。

当日に帰宅を考えている場合は移動時間もこみで最終電車に間に合うか検討しましょう。
終電の都合で最後まで参加ができない・・・ということもありえます。
でも、せっかくなんで最後まで会場にいれるようしたいですね。


ゲスト

315の人
ここ最近はゲスト大好きなアイマスだけに・・・。

開演前BGM

アイマス名物開演前BGM。
開演前BGMでかかった曲は本公演では歌われないのが通例。
また、前の公演で組で歌ってない方のソロ曲を使用する傾向にある。

サイリウム

また、アイマスライブでは参加していない人の色を急遽使いたい時がありますので、
赤、青、黄、緑、白、オレンジ、ピンク、紫、水色、黒の基本10色は使えるようにしたい。

日にちについて

アイマスライブは開催と誕生日が重なるとお祝いされることが多い。
しかし、前後でピックアップすると、
誕生日がジャストタイミングな方は出てこない。

会場

幕張メッセイベントホール!
我々はこの会場を知っている!
いや!このホールの音と、このホールのアイマスの歴史を知っている!
規模としては6000人強。
2ndライブで使用したホールに帰ってきたのですが、
手ごたえ的には6000人では狭いですよね。

アイマスとしては過去に4回の公演があります。
アイマス5th公演、雪歩の声優がゆりしーからあずみんへと交代した場所。
7thの次の冬ライブTHE IDOLM@STER MUSIC FESTIV@L OF WINTER!!では初めての生バンドでのライブ。
(お隣でワンフェス開催)
8thライブではツアーのファイナルの場所であり、ぴょん吉、ころあずも参加していました。
(東京ゲームショーとして開催)
そして、ミリオン2ndライブもここです。
他にも数多くのイベントがこのホールで開催されてますので、
アイマス関係ではすっかりおなじみとなったホールです。

5thライブでは、
中村繪里子さんは、「これからも私達と一緒に生きてください!」と言いました。
「アイマスは人生」はこの場所から始まったのです。


RIMG3182


LIVE THE@TER HARMONY 01のジャケットですが、
これって幕張メッセイベントホールじゃないかなって思います。
プラチナスターライブの文字のある看板に注目。

RIMG0097


PS編


アイドルがいない絵にしてみました。
この看板が幕張メッセにあるものと完全に一致してるんですよね。
なので、LIVE THE@TER HARMONYがはじまった時点で、
2ndライブのゴールは幕張メッセイベントホールで予定されていたと思います。
もしかしたら、3rdライブツアーで同じ場所に戻る構想もその時点であったんですかね。

RIMG3604


幕張メッセの施設はこのようになってます。
幕張メッセという場所はアニメ・ゲームのイベントで名前を聞くことは多いかと思いますが、
複合施設の名称です。
アイマスライブが行われるのはその中の「イベントホール」になります。

過去にここでアイマスライブを行った時は、
東京ゲームショー、ワンフェス、NMB48サイン会、東洋大学入学試験、日本骨折治療学会などが
併設の施設で行われていました。
シンデレラガールズの時はチャン・グンソクライブでした。




今回、かぶるイベントは?








▼京葉線がよく止まる!!

風に弱い。
対処法は自動車移動など。
一応、下調べしておこう。


▼席について

例によってlivehisさんのリンクを貼りますのでそちらで詳細を!

幕張メッセイベントホール

2013年6月に改修工事が行われており、
スタンド席の椅子、床、トイレなどが新しくなっています。





過去のライブの時のスケッチを参考に出しました

5thと冬フェスです。
アリーナ席はブロックごとに指定されます。
今回、チケットを見る限りはA1〜5、B1〜5みたいな感じです。

ミリオン2ndライブでは後方ステージも用意され、
トロッコを使用して移動するようになっていました。
これにより、かなり後ろの席でもガールズが接近するチャンスが増えた演出となってました。
ミリオン3rdライブでもトロッコ演出があるといいですよね。

●アリーナ席

ステージからアリーナ席の最前まではちょっと距離があります。
舞浜みたいに近いのは稀な話です。
それでもアリーナの前のブロックだとさすがに近いです。
肉眼でガールズがわかる位置ですので、
眼鏡の人はよく見える眼鏡にしておくといい。

床が全体でフラットなので
アリーナの後ろの方になるとステージを肉眼で見るのが難しく、
モニター頼りになってしまいます。
しかし、演出を正面から見れるという意味合いはあります。
ライブステージの演出は正面に向かって作られるのです。

あと、過去のライブでは上から風船が大量に振ってきたり、
AMCGマーク入りのハート型紙飛行機が飛んで来たりした実績があります。
トロッコがある場合にはバラ巻くことはないでしょうが、
トロッコがない演出の場合には、天から何か降りてくる可能性もあります。

アリーナ席はパイプ椅子みたいなものですので、
持ち込む荷物はその程度のものにしておきましょう。

●スタンド席

スタンド席はいわゆる2階席、3階席なので、
ステージ全体、会場全体の動きをみることができます。
サイリウムやレーザービームがきれいに見えるのもスタンド席の特権です。
確かにステージからは遠いですが、
過去のここの会場の感想では、
2階席、3階席でも十分近さを感じます。
国立代々木体育館とか、SSAに比べればぐっと小さいホールなんですよね。
アイマスガールズ本人の姿を直接見たいという思いがあるなら、
アリーナ後方よりはスタンド席かと思います。

トロッコがあった2ndライブでは、
2階席最前列の目の前をガールズが通っていきました。

スタンド席は跳ね上げ式の椅子です。


●花道やセンターステージは?

アイマス以外のライブでは花道がある場合もあるのですが、
過去のこの会場でのアイマスライブでは
花道は実績がありません。
花道を作ると客席の数が減りますからね。
アイマスライブでは1万人以上のホールでしか花道の実績はありません。

ミリオン2ndライブでは周囲をトロッコで移動し、
バックステージへとつながっていました。

▼キャリーケースはNG

上記写真で見て、他のホールよりは広そうだが
それでもキャリーケースは足の置き場がなくなります。
キャリーケースは持ち込まないこと。

▼ロッカー

遠征者、および物販購入者にとっては荷物の置き場所は心配である。

国際展示場ホールのロッカーが使えるのであればけっこうな数が確保できるのですが、
何分、ライブ開催が重なっていることもあり、
埋まっていることも考えられる。
駅にしても同様にけっこうなロッカーがあるのだが、これが全部埋まってしまうのだ。
シンデレラガールズ3rdの時は昼過ぎに行ったらロッカーが全滅しててかなりあせった覚えがある。
(アケマス仲間の車に入れてもらいました)

▼ライブビューイング

ライブビューイング開催は決定。
なお、大阪府については16歳未満の方で保護者同伴でない場合は、
終映が19:00を過ぎる上映回には入場できません。
大阪府青少年健全育成条例の<青少年の夜間外出を抑制するため夜間営業を行なう施設への立入り禁止の規定>にかかります。
22:00を越える場合は保護者同伴でも入れないのだが、22:00までには終わる。

▼東京駅

もしかしたら東京駅の京葉線の乗り換えのところに広告出るかもです。



2017年01月17日

準備をはじめたプロデューサーたち 2017年 目次

2017年はアーケード開始から12年目にあたります。
アイマスが始まって干支が一つ回ったことになりますが、
いやはやこんなロングコンテンツになろうとは今更ながら驚いているところです。
そして、2017年はスタートからライブ活動が毎月展開されます!!

これだけ、大きくなったアイドルマスターのライブですが、
シンデレラガールズによりとても大きく間口が広がったこともあり、
12年目にしてもなお、声優系のライブは初めてって人、
いや、コンサートというものが初めてという人が多いのも特徴です。
この12年はいつだって何割かの「初めてのアイマスライブ」を体験する方々がいた歴史です。
そして、「初めて参加したけど最高だった!!」というのがアイマスライブです!

でも、やっぱり初めてのライブは不安もあると思いますので、
はじめましての人に向けまして、
私の12年間の経験をふまえたライブ準備記事を今回も掲載します。
これまでライブごとに記事を書いてきたのでそれのアレンジになりますが、
「実際にまこTとその愉快な同僚たちがやらかした失敗談の数々」ですので、
ぜひとも参考にしてください。

なお、公式からの発表項目もありますので、
その部分は必ず公式を確認していただきたいです。

▼カレンダー
1月28日(土)、1月29日(日)
THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017
765PRO ALLSTARS -Fun to the new vision!!-

2月11日(土)、2月12日(日)
THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS~
2/11  [Shining Side]
2/12  [Brilliant Side]

3月10日(金)、3月11日(土)、3月12日(日)
THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 4thLIVE TH@NK YOU for SMILE!!
DAY1 Sunshine Theater
DAY2 BlueMoon Theater
DAY3 Starlight Theater


2017年4月2日(日) 
THE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017 〜BEYOND THE DREAM〜
広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
開場:15:00 開演:16:00
出演:DRAMATIC STARS [仲村宗悟(天道輝役)、内田雄馬(桜庭薫役)、八代拓(柏木翼役)]
   High×Joker [野上翔(伊瀬谷四季役)、千葉翔也(秋山隼人役)、白井悠介(若里春名役)、永塚拓馬(冬美旬役)、渡辺紘(榊夏来役)]

2017年4月16日(日)
THE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017 〜BEYOND THE DREAM〜
大阪 オリックス劇場
開場:17:00 開演:18:00
出演:FRAME [熊谷健太郎(握野英雄役)、濱健人(木村龍役)、増元拓也(信玄誠司役)]
   Cafe Parade [狩野翔(神谷幸広役)、天滉平(東雲荘一郎役)、古川慎(アスラン=ベルゼビュート鏡ぬ)、
           児玉卓也(卯月巻緒役)、小林大紀(水嶋咲役)]
スペシャルゲスト:神原大地(Jupiter 伊集院北斗役)

4月22日(土)、4月23日(日)
THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS First Time in TAIWAN
LV決定!

2017年5月6日(土) 
THE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017 〜BEYOND THE DREAM〜
愛知 センチュリーホール
開場:17:00 開演:18:00
出演:Cafe Parade [狩野翔(神谷幸広役)、天滉平(東雲荘一郎役)、古川慎(アスラン=ベルゼビュート鏡ぬ)、
           児玉卓也(卯月巻緒役)、小林大紀(水嶋咲役)]
   THE 虎牙道 [寺島惇太(大河タケル役)、小松昌平(牙崎漣役)、濱野大輝(円城寺道流役)] 
   Legenders [笠間淳(葛之葉雨彦役)、汐谷文康(北村想楽役)、駒田航(古論クリス役)] 
スペシャルゲスト:松岡禎丞(Jupiter 御手洗翔太役)


2017年5月7日(日)
THE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017 〜BEYOND THE DREAM〜
愛知 センチュリーホール
開場:16:00 開演:17:00
出演:DRAMATIC STARS [仲村宗悟(天道輝役)、内田雄馬(桜庭薫役)、八代拓(柏木翼役)]
   High×Joker [野上翔(伊瀬谷四季役)、千葉翔也(秋山隼人役)、白井悠介(若里春名役)、永塚拓馬(冬美旬役)、渡辺紘(榊夏来役)]
   神速一魂 [益山武明(紅井朱雀役)、深町寿成(黒野玄武役)]


5月13日(土)、14日(日)
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!
宮城公演
宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ

5月27日(土)、28日(日)
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!
石川公演
石川県・石川県産業展示館・4号館

2017年6月4日(日) 
THE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017 〜BEYOND THE DREAM〜
東京 豊洲PIT
開場:16:00 開演:17:00
出演:S.E.M [伊東健人(硲道夫役)、榎木淳弥(舞田類役)、中島ヨシキ(山下次郎役)]
   もふもふえん [矢野奨吾(岡村直央役)、古畑恵介(橘志狼役)、村瀬歩(姫野かのん役)]
   F-LAGS [三瓶由布子(秋月涼役)、徳武竜也(九十九一希役)、浦尾岳大(兜大吾役)]
スペシャルゲスト:寺島拓篤(Jupiter 天ヶ瀬冬馬役)

6月9日(金)、10日(土)
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!
大阪公演
大阪・大阪城ホール

2017年6月11日(日)
THE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017 〜BEYOND THE DREAM〜
北海道 Zepp Sapporo
開場:16:30 開演:17:30
出演:W [山谷祥生(蒼井享介役)、菊池勇成(蒼井悠介役)]
   FRAME [熊谷健太郎(握野英雄役)、濱健人(木村龍役)、増元拓也(信玄誠司役)]
   Altessimo [永野由祐(神楽麗役)、土岐隼一(都築圭役)]

2017年6月17日(土)
THE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017 〜BEYOND THE DREAM〜
石川 本多の森ホール
開場:17:00 開演:18:00
出演:Beit [梅原裕一郎(鷹城恭二役)、堀江瞬(ピエール役)、高塚智人(渡辺みのり役)]
   彩 [バレッタ裕(華村翔真役)、山下大輝(猫柳キリオ役)、中田祐矢(清澄九郎役)]
   もふもふえん [矢野奨吾(岡村直央役)、古畑恵介(橘志狼役)、村瀬歩(姫野かのん役)]

6月24日(土)、25日(日)
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!
静岡公演
静岡・エコパアリーナ

7月8日(土)、9日(日)
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!
千葉公演
千葉・幕張メッセ イベントホール

7月29日(土)、30日(日)
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!
福岡公演
福岡・西日本総合展示場 新館

8月12日(土)、13日(日)
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!
さいたまスーパーアリーナ公演
埼玉・さいたまスーパーアリーナ


▼メニュー

ラジオの発表などで変更かけることがあります。

THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017765PRO ALLSTARS -Fun to the new vision!!-開催概要編

2月11日(土)、2月12日(日)THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS~2/11  [Shining Side]2/12  [Brilliant Side]

3月10日〜12日 THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 4thLIVE TH@NK YOU for SMILE!! 開催概要編

準備編

当日編

ライブビューイング編

コール編

サイリウム基本編

電池式ペンライト編

ケミカルライト、ウルトラオレンジ編








持ち物リスト(全部必要とは言わないが、上のほうが重要)

当日の出かける直前にこのチェックは必須!

□ ライブのチケット(公演注意)
□ お金・アイマスVISA
□身分証明書(本人確認がある場合)
□ サイリウム (お持ち帰り用袋)
□ 携帯電話(充電器、予備電源)
□ ファンレター(意外に忘れるのが封をするシール!)
□ タオル(便利かつ必須アイテム。汗と涙を拭くのに必要。)
ライブTシャツなど事前購入物(せっかく買ったのに!当日買えると思ったら大間違い)

【当日】
□ 直前のエネルギー補給(直前、途中、終演後)
□ 水、スポーツドリンク等 (4時間ならペットボトル2本くらい推奨)
□ 帰りの電車に乗れる切符かSUICAなどのチャージ
□ オフ会の幹事の緊急連絡先(ツイッターで連絡とか無理だと思うけど・・・)
□ 名刺(サイリウムバッグにも数枚入れるとなおよい)
□ 物販用の袋(紙袋は破れることもある)

□ コインロッカー用100円玉
□ 汗ふきペーパー(無香料推奨)
□ 交通手段、宿泊先情報、 会場、ホテル周辺の地図(北がどっちかわからないとつらい)
□ 宿泊ホテルの会員証(アパ、東横インなど)
□ 宿泊先のTEL番号(チェックインが遅れる時の連絡先)
□ オペラグラス(使ってみたい人だけ)
□ 保険証のコピー(緊急の病院用に。本物でなくてもコピーでOK)

□ お泊まりセット一式(荷物になる要素ですが・・・。ホテルなら寝巻きなどはそろってます)
□ 着替え(汗でビショビショ確実→会場の外で冷えて寒い)
□ 雨対策は当日の天気次第。
□ 物販グッズの雨対策。ビニール袋で濡れないようにしよう。
□ 常備薬、持病の薬
□ 筆記用具、レターセット(急にファンレターを書きたくなる人向け)
□ トイレでも流せるティッシュペーパーがあると最悪の事態の時に助かる(11年で2回遭遇)

2017年01月01日

準備をはじめたプロデューサーたち 2017プロデューサーミーティング 開催概要編


大好きだよ 何度も聴かせて
抱きしめたい 離さないで


THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017
765PRO ALLSTARS -Fun to the new vision!!-の開催です。

2016年には765プロ周年ライブがありませんでしたので、
765プロ的なイベントは久しぶりになります。
チケットクレジットには765PRO ALLSTARS全員の名前が入っています。
実際に全員が参加するイベントとしては7thライブ以来になります。
全員が揃うのが難しいアイマスにとってはこれはかなり貴重なことですし、
それだけ大きな意味が今回のイベントにあるということでしょう。

実に久しぶりとなる律っちゃんは
P兼業ではなく、アイドルとしての参加になるのかな。
小鳥さんはクレジットにないですが、きっと前説等で参加していることだと思います。

ライブではなくPRODUCER MEETINGという名前でありますが、
ゆくM@S くるM@S 2016では一生懸命練習している話も聞けましたし、
歌あり、今後に向けてのトークありの総合的に楽しいイベントになると思います。
Fun to the new vision!!ですから、
3rd visionも意識しそうなところですが、
ディレ1こと石原さんがバンナムを止められたのがちょうど1年前ですし
新体制で今後も続いていくアイマスとは何なのか、その一端が見れると思います。

▼開催概要

THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017
765PRO ALLSTARS -Fun to the new vision!!-

開催日時:
2017年1月28日(土) 開場16:00/開演17:00(予定)
2017年1月29日(日) 開場15:00/開演16:00(予定)

開催場所:東京体育館
(東京都渋谷区千駄ヶ谷1-17-1)

▼物販情報

物販予定日時
2017年1月27日(金)10:00〜18:00 ※前日物販
2017年1月28日(土)10:00〜開演まで
2017年1月29日(日)10:00〜開演まで

物販場所
【グッズ】売り場
東京体育館 場外二階特設テント
【CD・映像・書籍】売り場
東京体育館 入り口前広場

公式で確認しましょう。


▼出演者と曲

中村繪里子(天海春香役)/今井麻美(如月千早役)/浅倉杏美(萩原雪歩役)
仁後真耶子(高槻やよい役)/若林直美(秋月律子役)/たかはし智秋(三浦あずさ役)
釘宮理恵(水瀬伊織役)/平田宏美(菊地 真役)/下田麻美(双海亜美・真美役)
長谷川明子(星井美希役)/原 由実(四条貴音役)/沼倉愛美(我那覇 響役)

両日とも同じで、765PRO ALLSTARSが全員出ます。
1日目と2日目の違いはわかりません。
過去のアイマスライブでは
1日目と2日目はほぼ同じセットリストということが多かったですが、
ここ数年は「やってしまいました!」の勢いで全とっかえということもあります。

2015年の西武ドームでもMA3の曲で歌われていないものは多かったですし、
PLATINUM MASTER Seriesも今回初披露となるはず。
それと同時に乙女大志などのアイマスの歴史を作った名曲も歌われるだろうと思いますし、
やよい、美希、律子といった長期休養組も楽しみ。
「懐かしさ」と「新しさ」が同居するステージになると思います。
そして、765PROすげぇ!とあらためて再認識することになるんじゃないかな?

▼サイリウムカラー(コンサートライト)

公式コンサートライトを購入するならそれでいいですが、
市販品で揃えるなら、次の通り。
また、多色ペンライトで出ない色でも代用の色は有ります。

・春香=赤
・千早=青
・亜美=黄色
・真美=黄色
・雪歩=白
・伊織=ピンク。
・あずささん=パープル
・やよい=オレンジ(元気な曲ではウルトラオレンジが多い。)
・美希=フレッシュグリーン(緑):律っちゃんの緑と共通でもいい。
・律子=緑。美希と共通で、使い分ける人は少ないかと。
・響=浅葱色(あさぎいろ):千早と共通の青でもいいが、水色であるのが望ましい。
・貴音=臙脂色(えんじいろ):赤かピンクか会場でもけっこう2つに別れます。
・真=黒:黒は市販でもありますが、青や紫で代用するのも根強いです。

・小鳥さん=ひよこ色。つまり薄い黄色ですが、制服の色から緑を使う人も多い。いっそのこと両方ふる人も多い。
・ガミP=ウルトラオレンジ

▼シークレットゲストは?

音無小鳥役滝田樹里さんの名前が無いものの、
前説などで出ることは想像されますし、
シークレットゲストで出ることも想像できます。

赤羽根Pも同様、前説なら。

玲音、876プロといったところまではさすがにないか。

▼ダンサー

すっかりおなじみとなったアイマスライブのダンサーさん。
ライブパンフで名前は確認できるので、
参加があれば事前販売でそこはわかるのですが・・・。

アイマス、シンデレラ、ミリオンライブと同じダンサーさんが出ることが多いです。

ちなみに過去には生バンド嗜好もあったアイマスライブですが、
生バンドの場合もパンフに参加クレジットが入ります。

▼公演時間予想

アイマスライブは世間一般のアーティストのコンサートより長時間になる。
世間一般ではコンサートは2時間30分ぐらいだが、
アイマスでは4時間越えはざらである。

開演時間が17時と16時ですが、
ここ最近のアイマスライブは21:30には終わることが多く、
両日とも最大21時30分と思っておこう。
大阪府の条例ではLV会場においても16歳未満は22時以降立ち入り禁止になります。
大切なお客様の事情を考えれば、22時以降までひっぱる可能性は低いです。

当日に帰宅を考えている場合は移動時間もこみで最終電車に間に合うか検討しましょう。
終電の都合で最後まで参加ができない・・・ということもありえます。
でも、せっかくなんで最後まで会場にいれるようしたいですね。


▼誕生日について

アイマスライブは開催と誕生日が重なるとお祝いされたち、
一言コメントがついたりが多い。

では1月終盤だけピックアップしてみる

21日:四条貴音
21日:原由実(四条貴音役)
30日:下田麻美(双海亜美/真美役)

貴音とはらみーが同じ誕生日ですが、偶然です。

▼会場

会場となるのは、東京体育館。
かっては東京オリンピックで使われた歴史ある会場である。
アイマス史としては9thライブ東京公演がここ。
玲音役茅原実里さんが歌ったのも懐かしい。

ライブ会場としてはいつもお世話になってるサイトへ。

交通に関してはとりあえず迷うことはなさそうです。

東京体育館1


東京体育館2


9thライブの光景。
今回、花道などが無ければこれに近いことが想像される。

▼アリーナ席

アリーナはいわゆる1階席。

座席はパイプ椅子を並べることになる。
思うに、学校などで使ってたパイプ椅子より一回り小さいものだろう。
アイマスの場合、パイプ椅子をぎっしりと並べて客席を確保しようとしてくるので、
かなり窮屈には感じる。

荷物の量は少なめにしたい。

フラットなので中段より後ろはステージが見えにくいのは仕方がない。
ただ演出は正面に向かって作られていることを思えば、
その恩恵を受けられるのはアリーナ席の特権です。
最近ではトロッコなどで「どこでも神席」に変えてしまうのがアイマスファンサービスでしたが、
はたしてどうなるか。

▼スタンド席

スタンド席は跳ね上げ式の椅子である。
椅子の下に入れられる荷物量はそれほど多くないので、
やはり荷物はなるべく少なくしたい。
スタンド席は俯瞰で見られるので、
ステージ全体が見やすいのが良いです。

▼キャリーケースはNG

会場の写真を見る限り、
キャリーケースを席に置くことはほぼ不可能

▼コインロッカー

コインロッカーは会場にはないらしい。
出来る限り軽装で会場に入りたいので、
駅のコインロッカーを使うなどになりそう。
当日の自分の動きをふまえて、どこに荷物を置いておくか考えよう。

▼駐車場

駐車場の選択は考える必要がある。
なんせアイマスライブは公演が5時間級、
物販も含めれば10時間ぐらい駐車することもありえるからだ。

東京体育館専用駐車場(第1、第2、大型)はすでに貸切状態。
きっと運営側が使うのだろう。

24時間動いている民間駐車場は近くにあります。
しかし、現地に行く時間が遅くなれば
駐車場を探すのに時間がかかることになる。
開演時間に間に合うかどうかの瀬戸際になるのはできるだけ避けたい。
なんにせよゆとりのある時間で行動したい。

▼コンビニや食事

都心なので困ることはないだろうが、
先に調べておくと良い。


準備編へ

アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

まこT制作ニコニコ動画
Recent Comments
最新記事(画像付)
Archives
記事検索
ユニークユーザ数