2017年12月31日

アイマス立て看板

アイマスポスターギャラリー

準備をはじめたプロデューサーたち 2017年準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち シンデレラ4thライブ準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち ミリオン3rdライブツアー準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち シンデレラ3rdライブ準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち 10th西武ドーム準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち ミリオン2ndライブ準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち シンデレラ2ndライブ準備記事

THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!名古屋公演レポ

THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!大阪公演レポ

準備をはじめたプロデューサーたち 9thツアー準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち ミリオンライブ1stライブ準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち シンデレラガールズ1stLive準備記事

準備をはじめたプロデューサーたち アイマスSSAライブ準備記事



アイドルマスターをプレイしたことがない人に届けたいプレイレポ

アーケード版アイドルマスター1stプロデュース 雪歩の場合(Cランク終了)
完全ネタバレ:アイマスSP雪歩編プレイレポ
アイマス2ファーストプレイレポ(完全ネタバレ):現在進行中



好評だった記事

アイマスガールズ&ライブ・イベントレポ
アイマスポスター収納&グッズ&フィギュア&聖地訪問
スク水
アーケード版アイドルマスター時代
XBOX360版アイドルマスター時代
PSP版アイドルマスター時代
アイドルマスター2・アニメ版アイドルマスター・アイマスモバイル時代
アイマスコラム
ニコニコ動画アイマスMAD紹介記事
ニコニコ動画まこT制作分の記事

リボルテック春香でキン肉マンの必殺技を再現!



アーケード版プレイレポ

1st:雪歩の場合(Cランク終了)
2nd:律子の場合(Cランク終了)
3rd:亜美真美の場合(普通にやってBランク。そして・・・。終了済。)
4th:律子の場合(2回目カンペなし)(ファン人数126万7612人、Aランクで終了)
5th:雪歩(2回目)Sランクへ挑戦(現在、Sランク)
6th:千早の場合(現在Sランク)
7th:やよいの場合(これから開始)
8th:伊織の場合(ファン人数104万0070人、Aランクで強制引退)
9th:春香の場合(SPT)(9:02:PM)(Sランク)
10th:伊織の場合(SPT2回目)(9:02PM、213万7736人で終了)
11th:伊織の場合(SPT3回目)(9:02:PM)
12th:伊織+律子デュオの場合(アイドルマスター挑戦)
13th:第1回事務所対抗戦の場合
14th:バージョン1.3アイマスアタックの場合
15th:第2回事務所対抗戦の場合
16th:「裏」事務所対抗戦の場合:前編後編
17th:「事務所対抗戦FINAL」

XBOX360版プレイレポ

1st:雪歩の場合(完結)
2nd:律子の場合(未完)



アイドルマスター IRC

注:IRCクライアントソフトが使える方が対象です。
  IRCについては、検索等で調べて下さい。

チャンネル名:#iDOLM@STER (アーケード時代からの仲間です)
チャンネル名:#ニコニコアイマスPの集い (ニコニコ動画がメインです)

まこTは主にこの2つにいます。



あの夏で待ってる 聖地巡礼レポ 【長野県小諸市】

グッドスマイルカンパニー 貴月イチカ(あの夏で待ってる)

氷菓×飛騨高山 「第62回 飛騨生きびな祭」 & 舞台探訪レポ

全国萌えキャラフェスティバル&野沢雅子さん・白石涼子さんトークショー

アニメ「のうりん」関連

ザ・インタビューズ(とりあえずここにリンクを貼ってみます)



makotcollection at 00:00|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!

2017年09月18日

準備をはじめたプロデューサーたち ハッチポッチ編

THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS HOTCHPOTCH FESTIV@L!!

とびらあけて さあ 行こうよ
私たちのBrand New Theater Live!


ミリオン4thライブは、「みんなで作った手作りのぶどーかん」で歌われた武道館公演でした。
ここに帰ってくる日はまたいつのことか・・・
と思ってたら、半年後にまた帰ってきちゃいました!
今度は765ミリオン合同という新ステージ、
さらには新ゲーム「ミリシタ」体制から加わった紬と歌織も参加です。
まさに、Brand New Theater!ですね!
先に開催されたMEG@TON VOICE!公演で、
2人のポテンシャルの高さに驚いたばかり!
さぁ、HOTCHPOTCH FESTIV@L!!

イベントタイトル

公演名:THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS HOTCHPOTCH FESTIV@L!!

HOTCHPOTCHとは料理名の「ごった煮」のことですが、
協賛企業に日本コロムビアとランティスが一緒になってる時点で
ものすごくごった煮な予感がします。
「FESTIV@L!!」の表記は過去には765の冬フェス、シンデレラのサマフェスで使われてます。
高木社長からは新企画があるとのコメントが出ていますが・・・。


開催日時:
2017年10月7日(土) 開場16:00/開演17:00(予定)
2017年10月8日(日) 開場16:00/開演17:00(予定)

開催場所:日本武道館

2日間公演です。
10月9日(月)が体の日ですので、
お休みの方もいるかと思います。

出演者

DAY1
中村繪里子(天海春香役)/沼倉愛美(我那覇響役)/平田宏美(菊地真役)
原由実(四条貴音役)/仁後真耶子(高槻やよい役)/たかはし智秋(三浦あずさ役)
山崎はるか(春日未来役)/郁原ゆう(エミリースチュアート役)/平山笑美(北上麗花役)
上田麗奈(高坂海美役)/大関英里(佐竹美奈子役)/近藤唯(篠宮可憐役)
愛美(ジュリア役)/南早紀(白石紬役)/原嶋あかり(中谷育役)
伊藤美来(七尾百合子役)/野村香菜子(二階堂千鶴役)/小笠原早紀(野々原茜役)
麻倉もも(箱崎星梨花役)/戸田めぐみ(舞浜歩役)/桐谷蝶々(宮尾美也役)
夏川椎菜(望月杏奈役)/渡部優衣(横山奈厂髻

DAY2
今井麻美(如月千早役)/長谷川明子(星井美希役)/若林直美(秋月律子役)
浅倉杏美(萩原雪歩役)/下田麻美(双海亜美・真美役)/釘宮理恵(水瀬伊織役)
田所あずさ(最上静香役)/Machico(伊吹翼役)/稲川英里(大神環役)
雨宮天(北沢志保役)/田村奈央(木下ひなた役)/香里有佐(桜守歌織役)
角元明日香(島原エレナ役)/渡部恵子(周防桃子役)/駒形友梨(高山紗代子役)
小岩井ことり(天空橋朋花役)/諏訪彩花(徳川まつり役)/藤井ゆきよ(所恵美役)
末柄里恵(豊川風花役)/高橋未奈美(馬場このみ役)/浜崎奈々(福田のり子役)
阿部里果(真壁瑞希役)/山口立花子(百瀬莉緒役)/中村温姫(ロコ役)

DAY1で23人、DAY2で24人です。
あさぽんはDAY2なので二日目は実質25人。
出演予定のない4名をあげると琴葉、亜利沙、可奈、昴。
4th武道館では木戸ちゃんが昼間にイベント→夜にシクレで登場なんてありましたが
今回は木戸ちゃんは沖縄、りえしょんは神戸ハーバーランドと
さすがに登場はなさそう。


予告先発ユニット

予告先発
DAY1
ユニット1:菊地真、高坂海美、篠宮可憐、舞浜歩、三浦あずさ
ユニット2:二階堂千鶴、野々原茜、箱崎星梨花
ユニット3:高槻やよい、中谷育

DAY2
ユニット1:桜守歌織、豊川風花、馬場このみ、百瀬莉緒
ユニット2:秋月律子、木下ひなた、萩原雪歩
ユニット3:周防桃子、水瀬伊織

事前に公式から発表の予告先発ユニット。
このユニットでなんの曲を歌うのか、
どんな演出になるのかは想像すると楽しいですね。


ゲスト

前説は社長なのは予想の範囲。
社長からスイッチするのはミリシタ劇場事務員である「青羽美咲」(CV安済知佳)の可能性高い。
(あおばみさき、あんざいちか)
また音無小鳥がミリシタの世界で生きていることは確認されたので
同時に出てきても良いだろう。
他はさすがに考えにくい。

公演時間予想

全国ライブビューイングの都合により、22時以降にひっぱることはない。
直前になると映画館で終了予定時刻を発表したりするので、
おおよその終了時刻はわかってくる。
一応、出演者へのプロンプターにも「LV終了まで」と指示が出る。

出演が23人、24人なので4時間は覚悟、
コメントや発表の具合によっては21時30分はありえる話だし、
退場に時間がかかることもあります。

当日に帰宅を考えている場合は移動時間もこみで最終電車に間に合うか検討しましょう。
終電の都合で最後まで参加ができない・・・ということもありえます。
でも、せっかくなんで最後まで会場にいれるようしたいですね。

物販について

物販予定日時:
2017年10月6日(金)13:00〜18:00 ※前日物販
2017年10月7日(土)10:00〜開演まで
2017年10月8日(日)10:00〜開演まで

物販場所
日本武道館場外

これについては公式サイトを見るのがはやい。
例によって、CDとグッズの売り場は別だ。
グッズについてはクレジットカードも使用できます。

グッズの数はやたら多い。
特にグッズについては茜ちゃん人形やまつり軍Tシャツなど、
やや単価が高めも担当Pにとっては必須アイテムっぽいものを投入してきている。
けっこう戦場ね。

限定CDについてはまだ不明。



サイリウム

RIMG0126


千本桜景厳!!

まこTもハッチポッチの事前通販で765もあわせて全員のコンサートライトを買いそろえました。
俺、コンサートライトで5万円以上使ってるんだぜ・・・。

ミリオンで本気出してる人のサイリウムはこんな感じになるのだが、
1本につき電池3つなので、全45本交換すると135個。
なかなか大変だ。

RIMG0155


どうやってこれだけの本数を運ぶのかも悩ましいが、
当日に23本をどうやって装備するのかも悩ましい。
コンサートライトホルダー1本では足りない。
当日の会場の席も狭いし、方法はちゃんと考えよう。

RIMG0143


ミリオンライブはアイドル全員に固有の色が与えられているが、
同じピンクで微妙な色合いの違いなどが多い。
市販のペンライトで
赤、青、黄、緑、白、オレンジ、ピンク、紫、水色、黒の基本10色が使えるならだいたい困らない。
ミックスペンラプロを使うなら2本持ってくと良い。



お日にちについて

アイマスライブは開催とアイドルの誕生日が重なるとお祝いされることが多い。
前後でピックアップすると、
誕生日がジャストタイミングな方は出てこないが

10/5 田中琴葉
10/7 初日公演
10/8 二日目公演
10/10 我那覇響
10/10 田村奈央(木下ひなた役)
10/12 伊藤美来(七尾百合子役)

ここらで言及があるかもですね。


会場

b2d_budokan_all

※ゲーム中画像

日本武道館は東京オリンピックの施設として建設された歴史ある建物です。
「武道」、つまり「道」を名前に刻むだけあって
日本武道の聖地として精神的な意味合いは大きいですね。

八角形の形状や屋根についた擬宝珠(光るタマネギ)が特徴的。
また、内部的には日章旗が掲揚されており、コンサートイベントであってもこれは外れることはありません。

音楽コンサート会場としても相当なステイタスがあり
古くはビートルズの日本公演が行われていますし(前座がドリフターズ)、
日本武道館でコンサートを行えることに歴史の重みを感じるのではないでしょうか。
今ではアリーナ開催、ドーム開催など収容人数が武道館より大きい会場は他にもありますが、
武道館で公演できることを特別視するところは今でもあります。

なお、武道館では生バンドで行われることが多い。
(4th武道館ライブは生バンドではありませんでした)

アイマスとしての武道館

アイマスではアーケード版にて武道館がコミュやED(お別れコンサート)の会場として登場しています。
亜美真美のコミュなどは楽しかったですね。

会場選択


アケマスではアイドルランクによって選択できるライブ会場が変化しますが、
これは実際のアイマスライブが実現してきた歴史でもあります。

ライブハウス:新木場スタジオコーストや、Zeppみたいなスタンディング。1st、オールスターライブぐらい。
市民ホール:パシフィコ横浜かな。3rdライブ。
アリーナ:横浜アリーナ。7thですね。
武道館::日本武道館。周年ライブではミリオンが初。イベントならリスアニライブ。
ドーム:ゲーム中では東京ドームにみえるよね。10thで西武ドームで開催。

こうしてみると、765が開催していなかったのが武道館。
9thが東京体育館(ここもオリンピック関係)だったが、
別に武道館でも良かったはず。
それでもあえて武道館を残したのは8thでミリオンがすでに登場していたからですかね。

ぶどーかん


ミリオンライブでは「Thank You! 」の歌詞には
手作りの「ぶどーかん」とありますが、
ミリオンライブの初期の765プロってテントでしたよね・・・・。
これが「ぶどーかん」なのかはちょっと自信がなかったですが・・・・

ぶどーかんセット


このグッズが出たことで、これが「ぶどーかん」であることが確定しました。
まぁ、このテントが本物の武道館になったというのが夢が実現するってことなんですよ!

ちなみにミリオンのゲーム中では
100万人の観客が入るメガフロートドームを765で作るという壮大な夢が語られている。
とてもありえないような話に思えるが
オバマ大統領の就任式にはそれくらいの人数は集まっている。(適当)

▼ライブハウス武道館へようこうそ!
日本武道館のミュージックシーンに残る
BOOWYの氷室京介さんの名言ですね。
4th武道館ではジュリア役愛美さんのセリフにもありました。
詳しくはこちらで。

▼席について

例によってlivehisさんのリンクを貼りますのでそちらで詳細を!

日本武道館

4thと同じステージが北側に設置されたエンドステージが有力。
ちゃんとステージサイドも発売されたからね。

座席は「アリーナ席」「1階席」「2階席」の3種です。

●入口
席によって違う

●アリーナ席

アリーナ席とは、普段であれば剣道や柔道が行われている場所。
オリンピックの試合していた場所に席があるのはなんだか不思議な気分だ。
もちろんフラット。
となれば前の方は近くて嬉しいが、最後方となると背の高い人が前にいれば見づらいことに。
まぁ、これはどこでもいっしょですけどね。
しかし、演出を正面から見れるという意味合いはあります。
ライブステージの演出は正面に向かって作られるのです。

アリーナ席はパイプ椅子みたいなものですので、
持ち込む荷物はその程度のものにしておきましょう。
(プロレスで乱闘で使うタイプではなく、しまう時に積み上げるタイプのもの。)

●スタンド席

スタンド席はいわゆる1階席、2階席。
ステージ全体、会場全体の動きをみることができます。
サイリウムやレーザービームがきれいに見えるのもスタンド席の特権です。

確かにステージからは遠いですが、
武道館は会場そのものが狭いことから、
1階席、2階席でも十分近さを感じます。
また、2階席もかなり急こう配で前の方に出てますので、
2階席でも近さを感じるはずです。

また、ステージサイドが販売されました。
通常のエンドステージ形式であれば、ステージを斜め後ろから見ることになるので
アーティストの背中側を見ることになるが、
その分、他のスタンドよりステージに近いともいえるし、
なによりステージの裏側から見るようなもので、プロデューサー気分を味わえる。

スタンド席は跳ね上げ式の椅子ですが、
椅子の下のスペースが通常の会場よりもぐっと小さいのが特徴。
上記リンク先などで座席を確認していただけばわかるが、
当日、会場に持ち込むものはなるべく少なくして臨みたい。

▼キャリーケースはNG

上記写真で見て、わかるとおり
キャリーケースは足の置き場がなくなります。
キャリーケースは持ち込まないこと。

●花道、センターステージ、バックステージ、トロッコは?

4thライブのことを考えれば
これらは考えにくい。

●ワイヤー

演者が飛ぶ演出。
小岩井ことりさんが御所望だったので
ぜひともやって欲しい。
武道館では実績ありまして、ミルキィホームズの徳井さんが飛んでいる。


▼ロッカー

遠征者、および物販購入者にとっては荷物の置き場所は心配である。
武道館ではロッカーは期待できないので、
どこか駅などで手配しよう。

▼スタンドフラワーについて

公式を確認しよう。


準備編へ

makotcollection at 19:22|PermalinkComments(0)clip!

2017年09月11日

チケット報告

ひとまずチケット報告あたり。

765ミリオンハッチポッチ武道館公演のチケットの一般販売が終了。
1回目のCD先行の次はゲーム先行を期待したが、
いきなりの一般販売という運びになったのはこちらの想定外。
一般販売も参加してみましたが、取れませんでした。

一般販売はこれまでのイープラスのシステムとは違う形式に。
以前は先にログインをしておき、10時ちょうどにボタンを押す形でしたが、
今回は10時から専用URLがオープン、そこからログイン作業をして申込みということに。

この形式だと10時ちょうどに自動でチケットを取る転売システムみたいなものが作動しないので、
よりアイマスライブに行きたい人が取れる形になったように感じる。
事実、一般販売で取れた報告は多く、
中には土日とも一般販売で押さえた人も。
まこTはログインの操作などで戸惑うところがあって間に合いませんでした。

次は、ステージサイド、立見席というチケットが追加で販売される。
特にステージサイドは経験者からは大好評なだけに
チャレンジの価値はあるかと思います。
ライブビューイング先行抽選はすでに発表されているので、
ダメでもLVでいい的に気分は楽になりました。

しかし、あらためてアイマスライブは現地に行くのが難しくなったと感じました。


MEG@TON VOICE!の方は
2回目の抽選で昼公演が当選しました。
当選するとは思ってなかったので急遽資金繰りに追われていますが、
新規メンバー2人のステージということで
楽しみにしています。

夜公演はニコ生決定ということで、
ちょうど昼夜見れることになったのでいい感じだなと思っています。

makotcollection at 22:14|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月19日

シンデレラ5thなぐりがき SSA2日目

未完

■THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! さいたまスーパーアリーナ公演 day2 セットリスト

▼開演前BGM
華蕾夢ミル狂詩曲~魂ノ導~

Neo Beautiful Pain

ヴィーナスシンドローム

ヴィーナスシンドロームの音が大きくなって
会場から声が大きくなる

▼ちひろさん
ちひろ「ウォッホン」
ちひろ「おっはようございまーす」客席「おっはようございまーす」
→もっと声が出るんじゃないのともう1回やる
本日は最高気温32度、最低気温24度、
今は30度くらいで今日は最高のライブ日和。
LVは全国110+海外10で生中継で
会場の熱気を全国にご覧いただく
→クレーンカメラを使ってアリーナ席の水平に近いところから
俯瞰になるように会場全体を映るよう動かす。

きいてみてもいいですか?
「男性」「女性」「埼玉出身」
「はるばる海外から」→けっこうたくさんみえて、カメラがはしゃぐ海外Pを映す
→「日本へようこそ」
「7ヶ所全部まわった人」

休憩無しが告げられる

▼協賛企業
機能と同じなので、
コスパのところで「おなかがすいたら」を言う人がいなくなった

▼注意事項
開演前の注意はしんげき風に。
桃華ちゃま、三船さん、早苗さん。
昨日と同じ。

▼入場
時計は12時
↑この時計、映された以外は特に演出なかった

一番手ははっしーで、
NGがの三人が上段で、ぞろぞろと登場
会場にでっかく
Final
の文字が出て、ジャーンババーーン、ジャーンババーーン、ジャーンババーーン、
デッデケデン
はっしー「わたしたちー」
シンデレラガールズです!

01.Shine!!(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)

1曲目はShine!!です
5thツアーの地方公演の奇数回のOP曲でしたね。
やっぱ人数多くて、声が束になって聞こえてきて大きい
1日目と同じで、全員一人一人を映していくが、
名前を出すような映像演出はなし。
Shine!!ってけっこうダンスの動きが大きい曲ですが、
上手(舞台に向かって右側)の端っこ、波止場ゾーンで一際大きく踊ってたのが村中さん。
逆に下手は、このロングの髪の毛の人は誰・・・・・と思ったらはらぼーでした。
ストレートパーマかけたのかしらね。
炎陣の二人に挟まれるツアーなのね

MC
たくみん:このみ朽ち果てるまでよろしく!
上条:眼鏡装着!
早坂:つめあと残します

志希←なんかかわいい声だった
難波:笑顔で
小日向:ダメっ・・・ですよ?
幸子:カワイイボクに出会えてうれしいですか?
涼:
輝子:もえキノコ
藍子:パシャ
千枝
智絵里:もりあがってください
美嘉:ついてきてください
凛:完全燃焼
卯月:わたしせいいっぱいがんばります!
未央:元気に明るく
李衣菜:ロック
夏樹
茜:もえてボンバー
フレデリカ:フンフンフンフンフレデリカ〜♪
飛鳥:今宵最高のステージを
瑞樹:川端瑞樹25ちゃい♪
裕子:心のスプーンを曲げる
桃華:おまたせしました
鈴帆:笑顔になるばい!
里奈:ポヨポヨ
周子:キラキラシューコ
莉嘉:ヨロシク
響子
亜季

なげぇ!!

といったところで一番手は

02.熱血乙女A(赤崎千夏)

出演は1st以来となる茜がステージ真ん中にかけこんできました!
開幕はパッションでぶっ叩くのが常套手段だぜ!
ダンサーもポンポンをもってチアーです。

千夏さん、確かに1st以来となるんだが、
すげぇ声が出てて、すげぇ動くんですよ。
アイマスしか知らないまこTには
他にライブ活動とかしてるのかわかりませんが、
(中二病のブラックレゾンデートルぐらいしか知らない)
自信満々に動きまくってブランクっぽさはまったくなかったです。
それに俺たちもコールをがっつり返す。
ヘイヘイ! ヘイヘーーイ!
最初期の歌だけど、みんなしっかりコールできてて素敵

2番が終わると突如「いってきまーす!」と
センターからステージ下手の一番端までダッシュ!
さらには下手から一気に上手の端まで走りきって手を振り、
最後にセンターまで走って戻ると
何事も無かったようにCメロを歌いだす。息切れない!
最後のレッツゴー!の後も最後までずっと動き続けていて、
いやぁ、茜がそこにいるってすごいと思いました。

03.SUPERLOVE☆(山本希望)

パッションにパッションを重ねてぶっ叩き続ける!
健康的に素敵なのじょさんの
SUPERLOVE☆です!チュッチュッチュー!

この歌、始まるやいなやサビで開始するので、
サビの後の後ろを向いてお尻を振るダンスをさっそく披露。
振るというか、グイングイン動くわけで、
それをしっかりと抜き取るライブビューイングカメラマンは優秀だ。

とにかく運動量が半端ない歌。
歌詞はずっと叩き込むように歌い続けるし、
サビまで歌い切るとさっきのグイングインダンスをしてすぐに歌が始まる。
のじょさん、相当作りこんできたな!
画面にときたま出てくるカブトムシもナイスだ。

2番が終わると前の方に移動。
ダンサー6名と並んで7人で動きをあわせたダンスもすごい。
最後はメッチャッスキッス!!
でスパラブジャンプ!

あまりにすごいことが目の前で繰り広げられたので
終わってからしばらく会場がどよめいてました。

04.青空リレーション(金子有希)

これで披露となるのは3会場目、
セットに虹がかかったところからスタート。
ねこさんが右手でスカートをちょこんとつまんで踊るのがかわいらしい。

しかし、熱血少女→スパラブと激しい曲の流れを受け切れるわけで、
ねこさんのダンスかわいいよねぇ。
両足そろえたままトントントンと動くのもかわいいし、
腰の入った通常ダンスもかわいい。
2番サビの「いつもよりかわいく見えるかな」で自分を指さしたり
要所要所に見せ場があるのがいい。
Cメロの「キャンバス開いて 二人で描いて・・・・」のところの声も素敵。
まぁ、なんだ。
ねこさんってサービス精神たっぷりってことなんだよ!

最後は手を振って終り!素敵。

05.キラッ!満開スマイル(朝井彩加・大空直美・金子真由美・高野麻美・種崎敦美・津田美波)

前奏が流れてきたところで、
おおおおおって、
今回のライブツアーで盛り上がったしんげき曲じゃないですか!

歌パートが順番に回っていくんですが、
一人一人がかわいい動きなのがいいですよね。
特にはフレちゃん高野さんのパーリラがかわいいですよね!

2回目のキマッタ!のところ、LVでは津田さんがピンポイントで抜かれましたが、
そこで右手をキラキラさせる動きもかわいい
やっぱキュートはかわいいよな!

と、思ったところで

06.SUN♡FLOWER(原紗友里・金子有希・春野ななみ・山本希望・佳村はるか)

お次はパッションタイム!
歌詞のフレーズが休むことなく出てきて、
俺たちもコールを次々入れ続けるまさにパッション曲!
笑った顔が大好きだから!
でもどっかしらであったるるきゃんのふくれっつらもかわいい。

しんげき曲が2つ続いて
さぁ、クール曲・・・・と思ったら、
ここで「はーい」と切られてMC

熱血少女A
ただいまー→おかえりー!
走らざるを得ない曲で演出さんに自分から走ると言って、走っちゃいました。
きもちいー!
広いステージを走り抜けて
満足しました!

SUPERLOVE☆
みどころはお尻ふりふりです

青空リレーション
元気からふんわり
後ろに虹がかかるの見えましたか?私は見えてません

キラッ!満開スマイル
満開スマイル組、
パッション組から「キュートじゃないじゃん。こっちくるー!?」と言われるも
津田「ピンクになればみんなキュートなんだよ!」と返す
昭和感あふれる振り付けだが、
高野さんがパーリラの練習をしていると
今井麻夏さんに「麻美ちゃん、ださすぎ」といわれた。

SUN♡FLOWER
ムテキ感がいいよね!


MC終わって馬車曲です

07.輝く世界の魔法(大橋彩香・福原綾香・飯田友子・鈴木絵理・竹達彩奈・伊達朱里紗・照井春佳・東山奈央・原優子・安野希世乃)

昨日に引き続き馬車曲は輝く世界の魔法です。
馬車にすると振り付けがなくなるから声優にとっては負担が少ない?
その分、かなりわちゃわちゃ遊んでくれます。

個人的にはこの曲を竹達さんが参加してたのが嬉しい。
第2回総選挙で選ばれたオリジナルメンバー。
CDジャケの幸子が一人浮いてると話題だったものね。

さて、終わって
会場がドヨドヨしてるところで

08.エチュードは1曲だけ(青木志貴・青木瑠璃子・今井麻夏・千菅春香・長島光那・村中知・ルゥ ティン)

無いはずが無かったしんげきクール曲!
いまやダンスにも注目の曲ですよね。
今井麻夏さんの「パシッ!パシッ」と決めてくるダンスがすごいと視線が行くが
村中さんの大胆に大きなダンスも注目がいく。
とどめにルゥさんの「キュンキュン」にやられる。
LVだと腰だけ正面から映した映像が何回か映ったが、
斜めから撮ってるカメラは志貴くん、
正面から撮ってるカメラは麻夏さんだと思った。

セリフパートは
長島さん→村中さんでしたっけ

09.cherry*merry*cherry(大空直美)

ワンピースをつまんでふりふりする天使が現れた
これもツアー3会場目となる曲で、
もう、かわいい大空さんを見続ける曲であることはみんなわかってるよね。
LVもハートマークに色がともるところをピンで抜くなど、
演出もわかっております。

2番が終わったあたりでステージ後方へダッシュするシーンがあるが、
それが伝統の女の子走りでかわいすぎる。
左後方へと動いたのは
そこに観覧車の映像があるからで、
そこで十二時の時計ダンスなどですね。

最後のあたりの「チェーメリーちえり」ももちろんかわいくて、
くるってした!ああぁ、くるってしたな!

10.つぼみ(藍原ことみ・金子真由美・伊達朱里紗・長島光那・安野希世乃・ルゥ ティン)

6人によるつぼみ
アニメの未央ソロバージョンが印象にあったので、
6人の声が重なるのもつよさがあっていいよなぁ。
(CDでは5人でしたけどね)

座って歌う演出に目が行くわけですが、
みんなちょこんと座ってる中で、
一人だけ右脚を片膝にして座ってイケメンになってるなつきちがさすが。

全体的に属性2人ごとに歌っていく構成。

Cu金子さん、ことみさん

Co長島さん、ルゥさん

Pa伊達さん、安野さん

というつなぎですね。3番目にPaの安野さんの声が強いわけですが
後ろの方に強い声をもってきたのかな。
もちろん次の6人の声の重なりにつながりますし。

一番サビが終わって曲が盛り上がります。

2番は
Cu→Co→Paで、やっぱりPaが3番目。

Cメロになって立ち上がるのかどうかですが、
動くことなく歌い続ける。

Cサビはなんか金子さんいいな!
ことみさんさんいいな!安野さんいいな!とか
いいなばかりが手元に書き記してある

こんな素晴らしい声聞いたらん泣くしかないわ。

11.Love∞Destiny(青木志貴・青木瑠璃子・大空直美・金子有希・津田美波)

李衣菜センターのラブデスだぁぁぁぁぁぁぁ!!
CGまゆが右後ろ、CG加蓮が左後ろに配置されて、
実質、オリジナルメンバー+2人

右手で丸をつくって覗き込む歌いだしですが、
いつもまゆがセンターだった印象なので
李衣菜からってのがいいよね。

ダンスについてはねこさん、津田さんは強いよなぁ。
グインと腰が入っている。
ずっと魅入る曲でした。

MC

輝く世界の魔法
伊達「初トロッコなんですよ!どんなTシャツを着ているかわかるところまで行けて嬉しかったです!」
つっこみ「馬車です」

エチュード
セリフパートを長嶋さん、村中さんでやりましたが、
ここだけ特別な表情とのこと。
それを青木一族の瑠璃子さんより、志貴くんにやっちゃえよと命令。
瑠璃子、志貴くんでやってみたが、
やってみると志貴くんオロオロしてた。

cherry*merry*cherry
クローバー畑

つぼみ
ルゥさん、ことみさん「むずかしい」
なつきちとして座ろうと思ったら片膝を立ててみた。
リハでダメって言われなかったからやることにした。

ラブデス
大空さん。オリジナルメンバーなんですけど、ライブで歌うのは初めてでした。
こしのくねりができるかドキドキしたけど、
照明の雰囲気でのりのりでやりました。
瑠璃子さんがアンリミテッド。

では曲

12.Near to You(青木志貴・朝井彩加・金子真由美・高野麻美・種崎敦美・千菅春香・松田颯水・山本希望・佳村はるか・ルゥ ティン)

馬車曲も慣れてきまして
もう、好き放題やってたような気がする。
ルゥさんと金子さんが一緒に手を伸ばしてたり、
彩加さんと、種崎さんが一緒に手すりにひじついてたり。
全体的にるるきゃんがなんかしてた。

13.Snow Wings(大橋彩香・福原綾香・原紗友里・長島光那)

4人による歌唱ですが、
センターにCGの大槻唯が出てきたので実質オリジナルメンバー。
唯が踊っているダンスと同じにメンバーが踊るのがいいですよね。

声の合唱感がすごい曲ですよね!
最後あたりウルトラオレンジが増えましたが
浸透すればスノハレみたいになっていくでしょう

14.To my darling…(竹達彩奈)

サプライズではない、
クレジットに名前がある竹達さんがやってきた!
最初のShine!!では誰だかわからない子がいるぞと思ってたら、
(しまゆきさんと見間違えた人も多い)
髪型を幸子にした竹達さんだったんですよ!
こういうの嬉しいですよね!

そんでね、幸子の声がするんですよ。
アイマスはキャラ声で歌うってのがありますが、
幸子は特にキャラ声が強くて、
フレーズの1つ1つの終わりが甘くからんでくる声。
ああ、765だと伊織(CV釘宮さん)みたいなキャラ声なんですよね。
その、どこから声出してるんだって声でしっかりきっちり歌いこんでくるのにまず感動でした。

もちろん常に「カワイイボク」であり続けてまして、
最後の右手をほほにもってくるポーズももちろんカワイイ。

15.ラヴィアンローズ(照井春佳)

メイドさんだらけだーーーーー
前のTo my darling…に続いて、
この子もキャラ声が強い子。
でもそこが耳にはまってきもちいい。

照井さんも参加は3rd以来となるわけで、
実質これが2回目のステージでしかもブランク有り。
緊張してるような、不安げな顔も見えたかと思いますが
ちゃまとしてしっかり歌い切れるだけののびやかな声だったと思います。

16.リトルリドル(青木志貴・朝井彩加・山本希望)

「LittlePOPS」から3人が登場のラップ曲!
アイマスではまだまだラップ曲は少ないものの、
ミリオンのSweet Sweet Soul では茜、環、星梨花だったわけで、
アイマスは小さい子にラップさせるのが大好きなようだ。

とにかくかわいく元気に3人がのりのりに歌ってるのが楽しくて、
あっけにとられて見てました。
いやぁ、すごい楽曲だ。

ハーイ

MC
リトルリドル初公開でした!
みんなの香りを感じる!

Near to You
さっつん。みんなのそばにいけました。Nearってそうだそばだったんだ。
全体的にるるさんが求愛していた

Snow Wings
まなつだよ!
すずしい感じ出せたかな、ありがとう

To my darling…
前回はサプライズでしたので、今回は堂々として出演できました
髪の毛がさっきまでツインテールだったのに、
幸子ヘアーになりました。
いつもはロングなので首元がすーすーします。
前の横2本が長いのに襟足が短くて
普通の髪型ではないです。

りか「おねーちゃんが幸子大好きでキュンキュンしてたよー!」

ラヴィアンローズ
3rd以来です。おまたせー。
カチューシャと手袋を付けまして、
バラがついています。
ダンサーさんも前回は短いスカートでしたが、
今回はロングスカートのベテランメイドっぽくしていただき、
桃華のおうちに来たような感じになりました。

リトルリドル
ユニット名はそろった時にお預け

さぁ、曲です。

17.We're the friends!(原紗友里・藍原ことみ・青木瑠璃子・赤崎千夏・今井麻夏・大空直美・金子有希・津田美波・長島光那・春野ななみ・村中知)

バシャ曲です。
ななみさんの笑顔が素敵だなーって見てましたが、
Cメロで腕を胸の前で×に組んでファラオになってました

18.One Life(千菅春香)

セリフでスタート
ちっすーを中心に放射状に光の演出で尊い。
さすがの歌え声だよなぁ。
前回の披露の時よりも良くなっていると感じました。
髪型、まえはおでこをいっぱいだして「おでこ」って感じでしたが、
今回は左右にさらっと流しててとても自然体に見えました。
最後は背を向けて片手でマイクをかかげてフィニッシュ

19.PANDEMIC ALONE(松田颯水)

扉が開くと小さくなったさっつんが登場、
腕をプラプラさせたり、小さく移動させたりと
すごく地味ーな感じで

だけど、

おまえ

キノコじゃなかったのかーーー

ヒャアアアッハアアアアアアアアアアアア

画面爆発ボカーン!大炎上でさっつんがすっげぇ声で歌ってくる。
俺たちも大喜び。
ひゃっはああああああああああああああ

やっぱり

キノコじゃなかったのかーーー

ヒャアアアッハアアアアアアアアアアアア

とにかく声がパワフルな上に、
目つきがすごい。

感想では腕を振り下ろして
俺たちもウェーイ

大サビもヒャッハーーーーーーー

いやぁ、すげぇもの見た

20.Nocturne(飯田友子・千菅春香・東山奈央)

PANDEMIC ALONEの大爆発の後をクールにはげしく受け止める!
Nocturneはツアーの最初の頃で歌ってたので
もう来ないと思い込んでて、来てくれたのは嬉しかったです。

ステッキ状のマイクさばき。
飯田さんを見てると、ああ、なるほど省エネスタイルなんだなって思いました。
飯田さんのマイク側(左手)の指が動くのいいですよね。

Cメロがちっすー。
この人、ソロパートになると鬼のように強いな。

21.銀のイルカと熱い風(今井麻夏・大空直美・鈴木絵理・照井春佳・原優子・村中知)

2日目、いろいろ印象に残ったけど、この曲が良かったなぁ。
前日にこの曲の泳ぐようなダンスが良かったの覚えてて
パッと見、麻夏さんがいるのがわかって大喜び!
この曲は楽しくなる!
ただ、村中さん、えりぴょんと激しく踊れる2人もそろってるし、
はらぼーもいる。
んで、確かセンターが大空さんと、照井さん。
ちょっと硬いような照井さんを、大空さんがさそって手を伸ばしてるような感じで歌ってて、
あ、この2人センターなんかいいなと可能性をすごく感じました。

全体的に夏を感じさせる、素敵な楽曲。
すごく楽しかったです。

22.Treasure☆(大橋彩香・福原綾香・原紗友里・青木瑠璃子・佳村はるか)

デレラジ、デレパのコラボ楽曲。
ラジオ曲?という立ち位置でも大事なシンデレラの1曲である。
なにより、ラジオが支えてきたものって大きいですよね!

楽曲はミュージカル風。
船出感があってワンピースも感じる。
あと、船の演出なので画面が揺れて酔う。
クレジットに5人の名前があったのに最初はデレラジ組3人しか見えなくて
LVのカメラワーク悪いのかなぁーって見てましたが
嵐が来て、羅針盤もぶっ壊れて3人が立ち往生したところに
「もう大丈夫!!」
さっそうとあらわれるデレパ組。
ああ、君ら別の船(ラジオ)だったのか!
しかしそのデレパ組も2番ではクラーケンに襲われて
激しくぶっ倒れる。
瑠璃子!イカは得意じゃなかったのか!
そこに助けに来るのはデレラジ組、ということで大団円でした!

ハーイ

MC
Treasure☆
るるきゃん。いろんなアイドルがのってるからあとにつづけー

One Life
宮城以来。
なぜかしゃべり方がたどたどしくて、まわりからへごってない?とつっこみ

PANDEMIC ALONE
アローンだけど、アローンじゃなかった!

ノクターン
東山さん。自分の中では赤とか青とか決めて歌ってて
今回は青めにやってみた。
わかるわ。

銀のイルカと熱い風
大空:まさかやるとは思わなかった?昨日もやったよねぇ。
はらぼー:イルカを飛ばすつもりが私がイルカだったのかー。


ここからスペシャル企画で
DJぴにゃ登場。

■Serendipity Medley!!!
23.お願い!シンデレラ -JAZZ Rearrange Mix-(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
まずは開幕。
これは昨日と同じ。

24.ギャル友達が歌う「Radio Happy」(金子真由美・山本希望・佳村はるか)
おおおお、大槻唯だああああああああああああ
唯にとどけーーーーーー
めっちゃ楽しかった。
実質セクシーギャルといっても良さげ

25.猫好きが歌う「おねだり Shall We〜?」(長島光那)
「眼鏡」というパワーワードのおかげであまり出てこないが、
上条さんは猫が好き。
ということで「おねだり〜」を歌うわけですが、ソロだー!
この方、ダンスも歌唱もすごいわけで、
「おねだり〜」も難しい曲だと思うけどしっかりかわいく歌えてました。

26.風色メロディ 〜For Mio Rearrange Mix〜(原紗友里)
昨日に引き続き、アレンジ曲もあるのね!
大空さんのそれとはまた違って
すごく元気に聞こえるアレンジに

27.ましゅまろ☆キッス 〜For Riina Rearrange Mix〜(青木瑠璃子)
デレパつながりか!
プニプニがロックーになってる!!
「ましゅまろほっぺ 私 あなたの楽器」
で、しっかりエアギターしてるところがロックー
カモーン!

28.ヤンキーが歌う「Can't Stop!!」(原優子)
ヤンキーが出てきて警察官の持ち歌を歌ってる!!
とにかく無理やりに歌ってる感じが拓海っぽくてとっても良い。

最後は本家と反対の立場なので「逮捕されねぇえぞ!!」
もはや名言。

29.小悪魔による「絶対特権主張しますっ!」(藍原ことみ・高野麻美・ルゥ ティン)
メンバーとしては誘惑イビル!
こういう要所要所でユニットを突っ込んでくるDJぴにゃはあなどれない
しきにゃん、フレちゃんはともかく
周子が特権主張するのはレア?

30.オトメ達が歌う「ススメ☆オトメ 〜jewel parade〜」(金子有希・津田美波)
今回の5thツアーで、
どこかでありそうでなかったススメ☆オトメをここ

31.お嫁さんにしたいアイドルNo.1による「エヴリデイドリーム」(種崎敦美)
DJぴにゃがいる右側に種崎さん登場。
種崎さん、ソロで歌ってる時の歌唱力すげぇなぁ・・・・。
そんなお嫁さんにしたいアイドルNo1が歌ってるのを
DJぴにゃが右むいてじっと見つめている謎のシチュエーション発生。
LVだと画面中央にぴにゃで映していた。
全部歌い終わったところで、ぴにゃの視線に気づいて
謎の間
まぁ、エブリデイドリームだからかもしれない。

32.フレッシュな「GOIN'!!!」(朝井彩加・伊達朱里紗・春野ななみ)
5thツアーではこの曲こないなぁ・・・と思ってたものが何曲かあると思いますが、
GOIN'!!!は真っ先に思い浮かぶ曲じゃないかな。
それだけにウルトラオレンジをメドレーとはいえ、この曲で折ることができて良かった
フレッシュだけど、3人とも楽しそうでした

33.ROCK THE BEATが歌う「Lunatic Show」(青木瑠璃子・安野希世乃)
だりなつのこれはかっこよすぎるでしょう!!
サビのダンスはちょこたんのそれとは違ったので、
逆にあのダンスはちょこたんだからこそと再確認

34.ダークイルミネイト飛鳥「華蕾夢ミル狂詩曲〜魂ノ導〜」(青木志貴)
蘭子の歌を、飛鳥が歌うことで
ダークイルミネイトが完成する!!
もう、この組み合わせは変な笑いが出る

35.女神による「ヴィーナスシンドローム」(飯田友子)
奏さんによる窓拭きダンスだああああああああああ

36.ブルーナポレオンによる「Nation Blue」(今井麻夏・東山奈央・長島光那)
もう、このライブで一番熱いポイントは、
ブルーナポレオンの名前がクレジットされたことだ。
千枝ちゃんはハイファイデイズがあるなら1日目でも良かったはずだが、
ブルーナポレオンのために2日目に来たとしか思えない。
千枝ちゃんがアニメで登場したのもブルーナポレオンだ。
まだ声がついてないメンバーもいるが、
いつか実現してほしい。
そのためのNation Blue

37.アブナイ炎陣による「Absolute NIne」(金子真由美・千菅春香・原優子・村中知・安野希世乃)
炎陣つえーーー


38.new generationsによる「Trancing Pulse」(大橋彩香・福原綾香・原紗友里)
さすがにサービスすぎるだろ思ったガ
凛センターで聞けて素直に嬉しい。

39.パッションが歌う「咲いてJewel」(金子有希・鈴木絵理・伊達朱里紗・松田颯水・佳村はるか)

40.クールが歌う「明日また会えるよね」(福原綾香・今井麻夏・千菅春香・村中知・ルゥ ティン)

41.キュートが歌う「きみにいっぱい☆」(朝井彩加・大空直美・種崎敦美・津田美波・照井春佳)
わいぱー

42.お願い!シンデレラ -JAZZ Rearrange Mix-(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)

最後の方、もうわけわからん感じですごかった
DJぴにゃが自走して帰る

ぴにゃは女の子なんですけどね!で
種崎さんとのあの見つめあいはなんだったのだろうとあらためて思う

さぁ、ラストスパート

43.∀NSWER(朝井彩加・松田颯水)

ラストスパートにふさわしいすごい曲がきた!
彩加さんも眼帯をつけて本気モードです!


44.Jet to the Future(青木瑠璃子・安野希世乃)
ROCK THE BEATの大きな文字の前で歌う。
2人がお揃いのものを付けてるのが見えるんですよ
ブレスレットであったり、イヤリングであったりね。
(LVでもそこを映してた)
ロックザビートの絆ってやつですよ。
曲も声も強いんだけど、
ふとみると上手側の安野さんの左耳のイヤモニが外してあるのが見えて、
ああ、みんなの声を聴きたいんだなと思ってたら
後に付け忘れてたと告白。
それであれだけ音を外すことなく、ずれることなく歌い切ったんだから
やっぱすごい人だよなぁ

45.ラブレター(大橋彩香・種崎敦美・津田美波)
ピンクチェックスクールだああああああああ
種崎さん→はっしー→津田さんの感じで歌いつないでたと思います。

「わたしたちー、ピンクチェックスクールです!」

46.情熱ファンファンファーレ(原紗友里・赤崎千夏・金子有希)
とにかく元気な曲なんですが、
千夏さんすげぇよなぁ。
「もっとポジティブパッション」

ウルトラオレンジすごかったなぁ。


47.Tulip(藍原ことみ・飯田友子・高野麻美・佳村はるか・ルゥ ティン)
あ”−−−−−−−−−−
って感じになりますが、
センターが飯田さんですよ!奏ですよ!


48.純情Midnight伝説(金子真由美・千菅春香・原優子・村中知・安野希世乃)

炎陣フルメンバー!
つええ

49.サマカニ!!(赤崎千夏・鈴木絵理・伊達朱里紗・東山奈央・春野ななみ)
純情Midnightで終わりかなと思ってたところに
最後の最後にカニカニ!!
この最後のメンバー5人がまたいい顔するんです

ダンサーチームもみんなセーラー!

50.夢色ハーモニー(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)

みんなで一斉に前後が入れ替わるの好き

51.EVERMORE(大橋彩香・福原綾香・原紗友里・朝井彩加・今井麻夏・大空直美・金子真由美・鈴木絵理・伊達朱里紗・千菅春香・東山奈央・松田颯水・佳村はるか・ルゥ ティン)


52.M@GIC☆(藍原ことみ・青木志貴・青木瑠璃子・飯田友子・金子有希・高野麻美・種崎敦美・津田美波・照井春佳・長島光那・原優子・春野ななみ・村中知・安野希世乃・山本希望)


53.お願い!シンデレラ(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)

makotcollection at 20:12|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月15日

シンデレラ5thなぐりがき SSA1日目

■THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! さいたまスーパーアリーナ公演 day1 セットリスト

▼開演前BGM

共鳴世界の存在論(オントロジー)の音が大きくなって、
会場内のボルテージが高まる。
開演前BGMの最後の曲。
これがかかってる時点で17:24だったのでちょっと早めスタート?

「さぁ、往こうか」

▼ちひろさん

いつもと順番違って、最初にちひろさんが登場!
ウオッホン!
しゃべり方がいつもの事務的じゃなくて、
とってもワクワクしてて本物の影ナレ感たっぷり!

最高気温30度、最低気温21度、今は21度くらい?
と会場にいるアピール。
LVの数は日本国内110か所+海外10か所。
会場内を映して熱気を伝えるが、
「顔出しNGの人は自分で処理してね」とはおちゃめなところ。
「きれいな光ですね。でも、緑って・・・・もしかして私の色ですか?
色を変えることもできるんですか?赤にしてー!」
青、黄色、レインボー、
色変化が速くてもしかしてエスパーとか言いつつ
最後はやっぱり緑が一番好きです。

ここでライブが盛りだくさんで
休憩無しが宣告

▼協賛企業

カレーメシとYAHOOカーナビが新規に参加。
逆にスニッカーズがなくなったので、
コスパの直後に「おなかがすいたら!」を言った人がからぶり。

▼注意事項

開演前の注意はしんげき風に。
桃華ちゃま、三船さん、早苗さんによって
1.携帯等の電源切ってね
2.過激な応援行為はやめてね
3.休憩ないので水分補給してね
4.LVは音声の乱れとかはあらかじめご了承ください

なぜかしんげき曲をバックに説明。

▼入場

時計は23時。
入場一番手は大坪社長ですが、
とにかく入場する人数が多くて会場どよめき。
注目のセンターは・・・・・
高森「わたしたちーーーー!!」
全員「シンデレラガールズです!」
待望のみくにゃんセンターだああああああああああああ!!
でも、この日の動きをみるとセンターの役目を
何人かで分担した感じですね。


01.Yes! Party Time!!(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)

開演はYes! Party Time!!
これまでの6公演の内、3公演で開幕曲になってたので
ツアーを思い出します。
それにしても人数多い。
LVで見てる限りはキャラクター付きの紹介画像はなかったかしら。
森久保の目線が合わないのがさすが。


ライブ終わってから改めてこの曲聞くと
身体が自然に動いてしまうからおそろしい。


MC
みじかめということで、かなりの速度で挨拶。
早苗さん:バキューン
紗枝はん:
歌鈴
小梅:会場を真っ赤にそめてください
うさみん:ウサミンパワー
よしのん:かんだよね
雫:ミルキー
乙倉:髪の毛切った?会場からおおおの声
美波:
アーニャ:ロシア語
三船さん:
ゆかり:
みくにゃん
かな子
きらり
まゆ:ちゃんと見ててくださいね
杏:もえつきるぞー
珠美:一本取ります!
ともよ:あそぼーよ!←やっぱ存在感でかい子だよね
夕美
シュガハ:スイート
ありす:クールによろしく
法子
あやめ:ニン!
森久保:ムーーリィ・・・・じゃない
おすにゃん:オス!!(会場みんなで)
ゆっき

奈緒

よく会場のペンライトの色を変えれたよな!!

さて一曲目だが・・・・・

後ろの扉が開いて、
こ、このお姿はーーーーーーー

だちゃーんだーーーーーーー!!

02.アップルパイ・プリンセス(原田ひとみ)

3rdは骨折で参加できなかった原田さん。
今回もまだ体調などの理由で最初の行進には参加しませんでしたが
ついにアップルパイ・プリンセスを聞くことができた!
最初は原田さんといえども硬かったように思いましたが、
2番の歌詞辺りから声が出るようになって、さすがの歌唱力でしたよね!

セリフパートありましたが、
イヤモニに手を変えてましたので、
会場の生の声を聴いていたと思います。

03.追い風Running(中島由貴)

追い風Running!
この曲がかかるってことは、
今回のセトリはソロ曲も期待していいんですよね!と思いました。

動きは抜群でしたよね。
追い風Runningを聴き直すたびに
あの姿を思い出してくるんです。
ふとももから繰り出されるステップが良かった。

「おはよ」「どうぞ」はしっかり決まりましたよね。

いつもありがとうって
自然に交わして
次のページまで走り続けよう

ここの声の抜け方が好き。

04.にょわにょわーるど☆(松嵜麗)

ツアーでは5度目となるので、
これまで入れてきた突然のコール振り
「コッチー」「コッチー」「女子ー」「男子ー」「アリーナー」「スタンドー」
などなど他にもキラリンビームなど楽しませましょうてんこもりでした。

ほほに手を当ててるtころめっちゃかわいいよね。
あと、しあわせステップと読んでいるが、
サビの足の上げ方がめちゃくちゃかわいい。
ダンサーさんとのからみもすごくかわいくて、
フォーメーションが決まるところを見ると、
ダンサーってすごいと思った。

05.たくさん!(上坂すみれ)

「たくさん」という簡単なひらがな四文字だからこそ、
アーニャにとても似合う歌。
すみぺの声が本当に外国人っぽくていいよね。

静かだけどダンスもかわいくて、
右手でスカートをちょこんとつまむ振り付けがとてもかわいくて、
これが連発されるんだ。

LVではすみぺの表情がアップになるので
本当にありがとうございました。

06.Flip Flop(嘉山未紗、新田ひより、のぐちゆり)

元は藍子、茜で歌われたBDの特典曲ですが、
5thツアーですっかりおなじみとなりましたよね。
3人そろった振り付け、歌い方がぴったりはまってすごく良かった!
行進とか、ワクワクの両手の動きとかね。
Yeah!Ohのコールもすっごく楽しいですが、
セリフパートでは珠美の「面!」も出ましたね。

MC
まずはダチャーンが合流したこと。
服が入らなくて遅れたという説明にグッド!
いろいろ思いもあるでしょうが御挨拶いただいたわけで、
ここでれいちゃまが出てきて一緒にフラッグを立てよう!と、
わざわざ自分のフラッグをひっこぬいてから
2人同時に差し込む
ダチャーンは初登場になりまして、
ずっと歌いたかった、光る棒ありがとう!

ピンクの風しまゆきさんは、今回も二段飛ばしで登場

ステージ横ではまつえりさんが「実写じゃん!!」と
また、歌い終わった後にマイクにのらないメッセージがあったとの話で
ステージ裏勢は「ありがとう」いや「すきだよ」じゃない?と言ってたかが、
正解は「おはよー!」でした

れいちゃまはみんなのにょわぱわーで歌ったとのことですが、
亜美菜さんがこの曲大好きでステージ裏で一緒に歌ってて、
それを藤田茜さんがウンウンと振り子になってたというレア光景
れいちゃま凄すぎて、髪の毛のキラリンパーツ(星)がいっぱい落ちちゃって
みんなで拾い集めた

すみぺは宮城公演以来ですね。
かわいすぎて
なっぴーが「人間じゃない!」って言い出した。
すかさず「天使だ」とフォロー入りました

Flip Flop組はデレステで実装された時の
追加メンバーの三人で、デレステではじめて収録の歌を歌えてうれしいとのこと。

さぁ、曲です。

07.kawaii make MY day!(下地紫野、都丸ちよ、藤田茜)

メロウ・イエローの最新曲がさっそく登場!
会場のメローイエロー自販機が売り切れてメローイエローだけ補充されるなど起きてたらしいが
それだけ期待が高かったわけだ。
MYが大文字なのは「メロウ・イエロー」のことなんだろうね。
ツアーの最中に新曲が増えるのもアイマスならではだ。

とってもかわいくて、
完成度も高くてこの三人すごいんだなとも思いました。
藤田茜さんの太ももは良い。

右手には三人共通のブレスレットを発見!
後にコメントでも触れられました。

08.スローライフ・ファンタジー(五十嵐裕美)

今回で5度となるが、
今までで一番声も出てて完成度が高かったんじゃないかなぁ。
ダンスの動きが特徴的で、
普通、ダンスには動きの緩急をつけてパシッパシッと決める形があるのだが、
ふわりというか、スローというか、緩急のない不思議なダンス。
それがまた、哲学としか思えない曲である。
あくび、のびもかわいいですよね。
最後はいつもと同様、
ストンと下に下がって右手の先だけみえるのが
昔のアニメのワイプっぽい。

09.桜の頃(嘉山未紗、高田憂希、田澤茉純、立花理香、新田ひより)

珠美、よしのん、あやめ、さえはん、歌鈴とユニット春霞が登場!
剣道、巫女、忍者、京者、巫女?と揃って、
これでまだ周子とか和風アイドルが控えてるシンデレラの幅広さ。
さえはん→よしのん→あやめ→歌鈴→珠美と一人ずつつなぐわけですが、
初登場の田澤さんがしっかりと歌えたのが好印象。
ツアーでは他2会場で歌われてましたが、
うまくこの会場でまとめ上げられたかと思います。

Cメロをよしのんが歌い上げたのが印象的でした

10.Sweet Witches' Night 〜6人目はだぁれ〜(大坪由佳、高橋花林、都丸ちよ、のぐちゆり、原田ひとみ)

デレステ実装と同じメンバーで
Sweetches(スウィッチーズ)」が勢揃い!
森久保センター曲です

曲調、歌詞の内容も怖いですが、
ライトが下から当たってる?かで、
表情も怖かったよ!
でも、ダチャーンの声は本当に伸びるよね。

11.We're the friends!(桜咲千依、木村珠莉、黒沢ともよ、洲崎綾、高森奈津美、中島由貴、春瀬なつみ、牧野由依、松井恵理子、和氣あず未)

馬車曲その1
懐かしい感じすらしますが、
2ndライブのトップの曲ですし、大好きな曲です。

馬車が200レベルのすぐ横を通るわけで
フリー素材の方々がみんなニコニコしてる。

ちょこたんかわいい、ともよさんかわいいと思ってた。


MC
kawaii make MY day!は、
メロウ・イエローのお揃いブレスレットの話。←これゲーム中のイラストでも登場
リボン付!
デレラジで揃った三人が、
こうしてユニットとなって曲を出すまでいたるのが感慨深いとのことだが、
出演は第161(A43)回(2015/11/9)のことだから、2年前になる。
とりあえずドーナツ。

スローライフファンタジーの感想は
まずは「ひろちゃん!」とみんな呼ぶが
「そう呼んでいいのはまだ少ないはずだ!」とけん制
同じ事務所の高田憂希さんと一緒のステージに立てたのが嬉しかったとのこと。
マウスプロモーションをよろしく
かわいいよねーという私情でした。
いつも以上に時がスローになるのを感じたそうです。

桜の頃
わたしたちー!春霞です!と今風アイドルっぽく挨拶してみたが元気すぎたのでもう一回
よしのんが前口上をすることにしたが
その間、隣のチームがなんかやってて
よしのんがしゃべろうとしたら会場視線がステージ上手に行って
動揺してた。
よしのんスタートで
わーたーしーたーちー、はーるーがーすーみーでーす
とユニットの個性っぽくなりました。

Sweet Witches' Night
突然の打ち合わせで、
わたしたちー、Sweetchesです!を決めてくるのが
さすがです。

さぁ、次のブロック

12.キミのそばでずっと(高田憂希、高橋花林、原田彩楓)

さやさや→花林さん→高田さんと歌い繋ぐわけで、
花林さん、高田さんが強いのは知ってたけど、
さやさやがそれに負けないのはすごいなぁ。
サビのソロ部分をさやさやが歌い切ってました。

曲の中では高田さん、花林さんが座って見わたすというモーションもありました。
Cメロでは再び立ち上がりましたが、
その二人を両脇にセンターをつとめあげたさやさやに◎を送りたい。

13.薄紅(立花理香)

これで3会場目となる薄紅。
歌詞、振り付けについて
以前の公演でじっくり考えただけに
今回も思い深く見てました。
やっぱ別れの歌なんだよね。
せつなげな、それでも前を向いていくという女心を
表現されているわけで、
桜のところのつまむような指先の使い方、
次の来るよしのんとはまた違う回り方などなど
よどみなく続く振り付けに
見入ってしまいます。
「そっと」で揺れるところいいですよね。

薄紅は口紅のことで良いかと思いますが、
LVではりっか様の口元を大きくアップに。
LVスイッチャーはわかっておられる。

最後にシルエットになる演出はさすがの一言。

14.祈りの花(高田憂希)

福岡公演に続いての祈りの花。
まさによしのんという感じで、
あいかわらずアイマスのキャラクターの声で歌えるってのはすごいもんだと感じる。
その声と、よしのんと同化した高田さんの笑顔をずっと魅入る。
梅の枝の動きを視線で追うと同時に、
後ろ手に枝を持つ姿、
とととと回る姿、
その枝を持つ指先と
いろんなところによしのんを感じるわけです。

「また逢えますね」

アイマスというのはゲームの中のアイドルと僕たちの出会いだ。
存在しないはずのアイドルと出会うということ。
祈りの花の歌詞を見ながら
僕たちはこんな不思議な出会いをしていることを
あらためて感じる。

よしのんのカラーは白ですので、
次の機会あればもっと白一色になるよう広めたいですね。

15.命燃やして恋せよ乙女(花守ゆみり、原田彩楓、三宅麻理恵、和氣あず未)

和→和とつないで、
これも確かに和であります。
前奏だけでざわっとしますが、
ユニット「宵乙女」のうち4人が揃ってるわけで
左右に2人ずつの配置で
空いたセンターには高垣楓のCG!
これは、もしや本人が出るのでは?と思いながら聞いていました。

演歌ソングということで
歌い方、動きもそれになるわけですが、
みんな堂に入った動きでしたよね。
シュガハ、早苗さんはさすが。
うさみんはちょっとオーバーかもですが、うさみんだからそれがいい。
正直、まこTはさやさやの表情、動き、声にぞっこんでしたので、
ずっと見てましたぞ。
最後の指でトコトコするのがとてもいい。
そういや、四人でそろって髪飾りみたいなのつけてましたよね。

1番終わったところで楓さんが消えて
真ん中がぽっかり空いたわけで、
こ、これは生えてくる生えてくる!?と思ってましたが
生えませんでした。
そうなんだ、今回のツアーはサプライズみたいな飛び道具は使わない公演なんだよね。

セリフパート
うさみん「永遠の17歳乙女」
早苗さん「ビール大好き乙女」
三船さん「流されやすい乙女」
シュガハ「崖っぷち・・・乙女」←NEW
うさみん「いつまでも・・・乙女」

年齢的には早苗さんの方が崖っぷちかもしれないが、シュガハなら納得だ!
会場からもドッと笑いが出てました。
いつか楓さんが一緒に歌う時には、どんな乙女になるんでしょうね。


16.輝く世界の魔法(五十嵐裕美、上坂すみれ、大坪由佳、嘉山未紗、佐藤亜美菜、田澤茉純、立花理香、藤田茜、松嵜麗、杜野まこ)

前奏が流れた時に
なんの曲かすぐにわかって
ああ、この曲が来てくれたんだと謎の感動。
大阪公演では真礼さんがいつかこの曲をシンデレラガールで歌いたいって言ってましたよね。
ということで馬車曲その2です!
12時を越えても魔法は解けないと歌ってくれるこの歌は大好きです。

馬車の上でいろいろ遊んでるのは
ここから徐々にわかり始めましたが、
藤田茜さんと嘉山未紗さんがなんかしてたという記憶。

MC
君のそばでずっと
曲について話を振られるも、あまりしゃべらない3人のキャラだけに謎の間
花林さんと原田さんがレッスンで一緒になれて楽しかったよね!と言ってる横で、
高田さん「楽しかったですよ・・・。一人でも」と一人レッスンだったのでぽつり。


薄紅
りっかさま尊かった。

祈りの花
高田「好きな振りがいっぱい入ってるんです!枝を持ってとととと回るところとか。
それと、ダンサーさんのお着物が眼福でしたー!」

命燃やして恋せよ乙女
今週発売したばかり!(8/9発売)
シュガハとウサミンのシュガシュガスウィート(しゅがしゅがみん?)


さぁ、曲が続きます

17.Bloody Festa(桜咲千依)

カミナリが鳴ってから始まる演出だっけ。

前奏からハードロック調のギターが流れて会場が大盛り上がり。
ちょこたんの爪を立てるポーズがかわいい!

そこからは会場真っ赤にして
速攻BPMにあわせてサイリウム振って
ちょこたんのかわいい声が鳴り響くの最高に楽しいでしょ。
ちょこたんのクロスポーズにはもちろんレッドサイリウム二本で十字架作りました
エイメーーーン!!(違う)

18.Neo Beautiful Pain(松井恵理子)

福岡公演に続いて、
そして福岡公演でものすごいインパクトを残したNeo Beautiful Painが再び!
全力のダンサー、照明、サウンド、CG表現
ホントにアイドルソングの領域なのかよ!

CDで聞いてたより、生歌の方が重く響いて凄みがあったよなぁ。
ダンスについても自分から志願して入れたという、
12時の方向で止める腕の高速回転とか見どころはあったわけですが、
「わずかに残る温もり 頬に感じて」で
右手を頬に当てるところの表情とかはかなりキテマス。
全体的に右手がなんかを表現しようとしててキテマス。

ダンサーとの動きの合わせも圧巻。
もちろん2番終わったところから
飛びかかってくるところまでの間はなんともいえないですよね。

最後に魅せた笑顔からシルエットへ。
すげぇなとしか言えない。

19.マイ・スイート・ハネムーン(牧野由依)

Neo Beautiful Painを受け止めるだけの曲なんて
そうそうないだろうと思ってましたが、
そうか、愛は強いな・・・。

歌詞をまともに読むと
一線越えまくった歌なんですが、
エヴリデイドリームの後だとこれも本当?妄想?とか思ってしまうわけだが、
(だいたい証人である日記帳があやしい)
そんなこた関係なくて、
牧野さんがままゆとなって歌ってる姿がかわいいんだ!
まゆかわいいなー!
まゆかわいいなー!
まゆかわいいなー!
それで時間が経ちます!
なんていうか、揺れ方がすごい。
そしてこのピアノが牧野由依として弾いたピアノなのね!
演出でリボンがハートを描きまくってて、
もう、愛があふれているとしか言いようがなかった。

余談ですが、
夏目漱石が英語の先生やってた時に、
学生にI Love youの訳し方の話になって
「月がきれいですね」ぐらいに訳しなさいと言った逸話がありまして
(ロボティクスノーツで知った話だが)
マイ・スイート・ハネムーンでも最後の方に
「月がきれいだね」が出てくる。
アイラブユーは必要ないと言いつつね。
そういや、月は狂気の象徴でもあるんだよね。

20.With Love(中島由貴、藤田茜、松嵜麗、杜野まこ)

ハネムーンの後に結婚式!
逆だ!というつっこみはともかく
「Love Yell」の5人の中から4人で登場ですが、
モニターには響子も映ってました。
やべぇ、ベールをつけたこの四人、本当にかわいい!
しまゆきさん、藤田さん、れいちゃまの可愛らしさは当然ですが、
特に杜野まこさんがとてもとても嬉しそうに歌ってました。
右手の親指と人差し指で作るLOVEのLがとってもいいですよね。

結婚行進曲パートの後にはそれぞれセリフがあったかと。
通常なら健やかなる時も・・・ですが、
シンデレラでは
「おいしいご飯ができた時も」
「キャッツが勝った時も」
などなど、ふふっと笑いが出てしまいます。

21.Near to You(下地紫野、高田憂希、高橋花林、都丸ちよ、新田ひより、のぐちゆり、花守ゆみり、原田彩楓、原田ひとみ、三宅麻理恵)

馬車曲その3ということで、
コ−ルをすると同時に、
馬車の上で何が起きているかを楽しみにする場。
手元にはシュガハ、ひよりと書いてあるが
もはや何があったか思い出せない。
※まりえってぃがダチャーンに抱きつく

22.銀のイルカと熱い風(佐藤亜美菜、洲崎綾、立花理香、春瀬なつみ、牧野由依、和氣あず未)
オリジナルメンバーとしては美波ですが、
紗枝はん、まゆ、早苗さん、ありすまでが
夏の海に飛び出してきて
次から次へと押し寄せるフレーズと
かわいい振り付けにずっと大喜びしてたなぁ。
亜美菜さんがやっぱただものじゃないなと思った記憶があります。
平泳ぎやクロールの振り付けがかわいかった。
(そう思うと秋月律子にこの歌は無理だ)
しばらくこの曲がずっと頭の中で流れてました。


MC
ここで全員が出てきました。
全員が出るともしかして中区切り?とも思いましたが、
実はとんでもないことに・・・、その前にMC!

Bloody Festa
プロデューサーさんの血をいっぱいかぶりました
なつねぇ「心と血液を捧げます!」

NBP
「まだ完成形がみえない!」
と、まつえりはより高みに行こうとしているわけですが、
「育成は大事だよ!」とかぶせてくるあたりがアイマスだ。
福岡から2週間でパワーアップ

マイ・スイート・ハネムーン
牧野さん本人からウカレポンチな曲と言われる
ピアノを弾かせていただいたことにも触れられました。

With Love
ベールと手袋について触れる。
れいちゃま「会場の一人一人と結婚するつもりで歌いました!」
↑なつねぇから「重婚にもほどがある!」と突っ込まれる。
セリフ「おいしいご飯ができた時も」で大坪社長「ハンバーグ!」と叫ぶ
でも、響子のこと思ってくれてていいよね。

銀のイルカと熱い風
洲崎「美波がやっと悲しい曲じゃないものを歌えてよかったです!」
水抜きのトントンや泳ぐ振り付けがかわいかった。

後半戦のスペシャルな企画のためにDJぴにゃが登場
サングラスから下の目が透けて見えるのをさんざん言われる。
ただ、「自走している」ことを思えば
過去ライブからそうとう進化している。

というわけで20分の何が出るかわからないセレンディピティーメドレー
ひゃうぃごー!

『Serendipity Medley!!!』
23.お願い!シンデレラ -JAZZ Rearrange Mix-(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
まずはここからですが、
1サビだけ歌って終わってしまったのでちょっと驚く。

24.メロウ・イエローによる「Happy×2 Days」(下地紫野、都丸ちよ、藤田茜)
まさかメロウ・イエローに2回も出会えるなんて・・・
ここまでメモリー図しか歌われてなかったアニメ一期曲の登場に会場大喜び。
もちろん最後のヘックチンも!←誰だっけ。。。

25.大人達が歌う『LET'S GO HAPPY!!』(花守ゆみり、原田彩楓、三宅麻理恵、和氣あず未)
大人達と書いてますが、「命燃やして〜」のメンバーですよね。
アニメ一期の高速コール曲の登場に
こちらもゴキゲン!

26.ドーナツによる『ショコラ・ティアラ』(都丸ちよ)
ここから一人?
ですが、
ドーナツもってるーーーーーーー!!
大坪社長が事務所の先輩ということで、
これもなんという奇跡と思いました。
かわいいショコラティアラの後に、
もちろんドーナツをパクッっとしました!!

27.愛情たーっぷりな『Naked Romance』(牧野由依)
おい、DJぴにゃ!!
なんてやばい人に、なんてやばい曲を歌わせるんだ!!
「あなたが好き」「運命感じちゃう」などなど
まゆが歌うとしっくりいきすぎで驚きます。
最後には美穂と同じ×のポーズ!

28.相方の歌を歌う『メルヘンデビュー!』(花守ゆみり)
同じく一人で、
メ、メルヘンデビューだとぉぉぉぉ!
かってこのSSAを埋め尽くしたメルヘンデビューを
シュガハに歌わせるたぁ、やるなDJぴにゃ!
「キャハッ!ラブリー26歳!」
しっかり自分アレンジも入れるところがさすがだぜ!

29.森久保が歌う『あんずのうた』(高橋花林)
これまたあんずのうたにぴったりすぎる
働きたくないの大絶叫!
花林さん、なんでそんな顔が出来るんだろうってぐらい
働きたくない顔だ。
働いたら やっぱ負けだよね  ふふ←冗談に思えない

30.子供達による『みんなのきもち』(黒沢ともよ,佐藤亜美菜、春瀬なつみ)
みりあと馨が歌うのはわかるけど、
ありすが入ってくるのがもうね!
すっごく楽しそうなわけですが、
「ワンツーサンシ」の亜美菜さんの足の跳ね方でやられた!

31.3人娘による『花簪 HANAKANZASHI』(嘉山未紗、田澤茉純、新田ひより)
こんちきだーーー!!
ご本人以外の和ユニットメンバーを選ぶあたり、
まるでゲームでユニットを作るような気分だ。
あやめどのが印象深かったと覚えている。

32.セクシーが歌う『DOKIDOKIリズム』(のぐちゆり、和氣あず未)
もう、この辺まで来るとわけわかんなくなってる。
セクシーギルティーがJCの歌を歌うとか、
アイマスはこのミスマッチ大好きだよな!
いや、この曲のセレクト理由は「鎮まれ!この胸のリズム!」を歌わせることだったか。
このきもっちーのギャルピースもしっかり決まりました。

33.あんきらによる『shabon song』(五十嵐裕美、松嵜麗)
あんずときらりって本当に仲がいいよなと思ったよ。
こう一緒に並んで歌うところは最高だよな。

34.LOVE LAIKAが歌う『-LEGNE- 仇なす剣 光の旋律』(上坂すみれ、洲崎綾)
ラブライカをここで使うのかよ!
しかも蘭子の曲で!ジッシツラブランコ!

35.絆の『Never say never』(松井恵理子)
「凛!うたわせてもらうぞーーーーー!!」
それは強すぎるーーーーー!!
福岡で奈緒可憐の ‎Memoriesがあったところで、
SSAで奈緒が凛の曲を歌うとか絆が最高すぎる。
Never say neverのパシ!パシっと決める大きな振り付けが
まつえりさんの身長に似合って本当にかっこよかったです。

36.You're stars shine on me 〜For Miku rearrange Mix〜(高森奈津美)
ここからさらに変化で・・・・
あ、これアニメの特典CDの奴ね!
ふりしぼるように歌うのがいいね。
最後までにゃん!にゃん!

37.ミツボシ☆☆★ 〜For Minami rearrange Mix〜 洲崎綾
こっちもかーーーー!!
というわけで、かっこいいミツボシ!
もちろん美波節全開でした!

シンデレラのライブってたくさんのメンバーで構成される反面、
1人あたりに当てられるソロ曲は1曲ぐらいしかないから
多分、これが聞けるのって相当レアなんじゃないかなぁ。

38.フレッシュな『メッセージ』(嘉山未紗、高橋花林、田澤茉純、都丸ちよ、中島由貴、新田ひより、のぐちゆり、花守ゆみり、原田彩楓、藤田茜)
メッセージだー!
フレッシュなメンバーということで、
難しいと言われるメッセージに挑戦!

39.パッションが歌う『Nation Blue』(木村珠莉、高田憂希、松嵜麗、杜野まこ、和氣あず未)
ここから属性曲!
NationBlueをパッションが歌うのってなんか不思議な感じかな。

40.クールが歌う『アタシポンコツアンドロイド』(上坂すみれ、桜咲千依、佐藤亜美菜、洲崎綾、松井恵理子)
は・だ・かーになっちゃおっかなーー
なっちゃえーーーーーーーーーーーーーーー
なんかすみぺがとっても嬉しそうに歌ってるのが印象的でした。

41.キュートが歌う『Orange Sapphire』(五十嵐裕美、大坪由佳、高森奈津美、立花理香、牧野由依)
オレサファだーーー
キュートだけど、ちゃんと「パッション!」でコールした
なんか最後に投げキッスが飛んでたような気がした。

42.お願い!シンデレラ -JAZZ Rearrange Mix-(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
最後はジャズアレンジおねしんで終了。
フワフワを入れることができないアレンジなので
なにか新鮮でしたね。

以上でメドレーは終了。
いやぁ、すげぇ20分だった。

※今思えば、お昼に外に出ていたぴにゃとステージのぴにゃは同一?
 ライブ本編で使うものをお昼に使うとか冒険なんだけどね。

MC
まずはドーナツ
都丸さんは大坪社長のじきじき指導でした、
持って登場してるのに、歌い終わってからまら、こんなところにドーナツがー!
って食べておいしかったーっていう流れにすると完璧なご指導でした。
ここで同じ事務所って話をしてましたよね。

あんずのうた
本気で嫌そうな顔だった

メルヘンデビュー
うさみんの教育ということで、
パイセン!と呼ばれてた

フレッシュなメッセージについては
一番フレッシュな初登場のあやめ殿にふれられてました。
ニンニン!

ネバネバ
まつえりさんが「ふーりんこいしー!」と絶叫

You're stars shine on me
ジャズアレンジ。
なつねぇがニャアを聞くと落ち着くと言ったが
今日にゃんって言ったの初めてじゃない?私は何をしてたんだ!
大坪さんが一緒になって「私今日なにも食べてない!」

ミツボシ☆☆★
かっこいいミツボシですが、
洲崎「私が歌うと、なんで悲しい感じになるんだろう・・・・。」
ええ、マイナー曲調・・・・、当然の結果です・・・・。


さぁ、ライブはラストスパート!!


43.Take me☆Take you(高田憂希、高橋花林、高森奈津美、花守ゆみり、原田彩楓、三宅麻理恵)
この曲、これまで2会場で歌われてそれぞれいい感じに仕上がってましたが、
それが集大成になった感じですね!
花林さんの歌声いいなぁと思いつつ、
やはりさやさやの笑顔が気になってしまうのであった。


曲が終わってちょっと間が空いてどうなるかと思ったら・・・

44.モーレツ★世直しギルティ!(のぐちゆり、和氣あず未)
セクシーギルティーだーーーーー!!
前回はゆっこ、早苗さんのWぼけでしたが、
今回は雫、早苗さんのボケツッコミが完成。
早苗さんの無茶に振り回される雫がかわいい!

ゆっこがいないのでサイキックおいろけビームが出せないのだが
そこは早苗さんの柔道技で対応
「三角締め」「上四方固め」をセリフパートに入れてきて、
それで雫さんがついに「もーおこっちゃいますよー!」とももももーーー!

お馬鹿な歌詞のようでいて、
よくよく考えれば深いかも。
イジメはダメダメ!とか、BABY METALにもつながるからな。

45.メルヘン∞メタモルフォーゼ!(三宅麻理恵)

こちらも3会場目となっておなじみなってきたメタモルフォーゼ。
しかし、特撮ものってのは何度も同じ主題歌を聞くのがいいんですよね!
うさみんの全力の歌唱、全力のダンス、全力のよびかけが素敵で
俺たちも最大限のコールを送ってしまう。

途中、ダンサーさんが倒されてひっくりかえって手足を真上に伸ばすのが面白い。
これ、前回は1人だけだった気がしたが
今回はみんなやってましたね

歌詞の中にある「10年後」
かなうといいですよね。

46.あんきら!?狂騒曲(五十嵐裕美、松嵜麗)

あんきら劇場。
リボン、マカロンがデコレートされてかわいい。
シナリオとしてはあまりにあんずがいじわるするので
きらりがついに座り込んでしまうのですが、
そこから
「いつもキラキラだけどホントは繊細なとこも」
「照れ屋さんだけど、ホントはやさしいとこも」
「知ってるし」
「大好きだにぃ」

コール&レスポンスパート
原曲では「あんきら」が「アンキモ」になってえってなりますが、
ライブでは「あんきら」が「アイマス」に変化!?
(「アイマス さーいこー」「いま、いいこと言わなかった?」だったそうです)
これが予定通りか偶然かはわからないが
五十嵐さんも照れてたような顔だった気がします。

最後は楽しかった!うん!

47.Nothing but You(上坂すみれ、下地紫野、高森奈津美、松井恵理子)

ユニット「NEX-US」(ネクサス)から星輝子だけいない構成ですので、
CGで登場して全員が揃う形となりました。
CGが出ることで、
ああ、ゲームと同じ振り付けで踊るんだなって思いました。
うん、抜群にかっこよかったですが。


48.生存本能ヴァルキュリア(桜咲千依、木村珠莉、佐藤亜美菜、洲崎綾、中島由貴)
前奏がかかった時点で会場は大盛り上がり。
さすが人気楽曲!

ユニット「アインフェリア」のオリジナルメンバーは
新田美波、鷺沢文香、橘ありす、相葉夕美、高森藍子ですので、
藍子、文香がいないのでCGで登場。
そのうえで乙倉、小梅の二人が参加してるので、変形7人体制。

ここでも亜美菜さんのダンスすげぇなと思った。
美波、ありすの印象は強いが、
夕美もライラックタイムとは違う姿を見ることが出来ました。

49.ハイファイ☆デイズ(大坪由佳、黒沢ともよ、佐藤亜美菜、高森奈津美、田澤茉純、春瀬なつみ、杜野まこ)

ヴァルキュリアで終りでおかしくないと思ってたところで
最後の最後でハイファイ☆デイズ!
うわあああああああああああああああ
もう、わけわかんない状態でコールしてました。
ばいすてっぷ!すたんだっぷ!
なんだか知らんけどこの曲のCDうちにたくさんあるんだよ!!

7人構成なんだけど、L.M.B.Gのオリメンである薫、みりあがひときわ強いよね。
でも他のメンバーもしっかりかわいく踊りきっててすごい。
ありすはヴァルキュリアからの連闘ってのもすごいな。

とにかく心の底から楽しみました。

MC

TMTY
4人にとって声が決まってから初めての曲だったこと。

モーレツ
SSAでも世直し成功!
雫ちゃんだって怒るぞ!ですが、
ふりまわされるのが楽しいとか。
いつかゆっこも加えて3人で!
(なっぴー、まっこさんが牛さんぽーずで遊ぶ)

メルヘン
何度倒しても復活してくるゼツボーン
うさみん初登場がSSAのアリーナの真ん中あたりのところでした

あんきら
大変でしたね。でも、ゆっくり時間が流れる感じだった。

NBY
アーニャがやっときてくれたよ!
高森「みくにゃんはかっこいい曲は初めてだよ!」
↑絶対の曲(Absolute NIne)があるじゃないとツッコミ入る
↑みくにゃんにとって2回目だよ!(訂正入れる)

ヴァルキュリア
洲崎さんがセンターでジャケのポーズしてた

ハイファイデイズ
ジャンプしたらスカートがまくれて前を見えなくした←まっこさんだったかな
パッション橘

50.夕映えプレゼント(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS(

ということで濃密なライブの本編の最後が夕映えプレゼント
全員で歌うだけあって
合唱力が強い!声が束になる感じですね!


アンコール合唱
アンコールをみんなでいう時に
ペンライトが緑になっていくのが面白い
ちひろさんなら、ちひろさんならなんとかしてくれる・・・・!

ちひろさんがDJぴにゃの無限の可能性を語り出して、
なんだか小鳥さんのようになっていた。

ゴールの前に業務連絡!

しんげき2期が10/3から
キービジュアル公開

トーク&ライブが開催
舞浜アンフィシアター

6周年イベント開催

以上。
ではアンコール
ブラックライトだと白いところ光るのね

En01.EVERMORE(五十嵐裕美、上坂すみれ、桜咲千依、佐藤亜美菜、立花理香、都丸ちよ、新田ひより、のぐちゆり、原田彩楓、藤田茜、松嵜麗、三宅麻理恵、杜野まこ、和氣あず未)

アンコールは半分ずつ!
(当日、なんか人数少ないなと思ってた)
雫がセリフでしたよね。もっともーっと!

En02.M@GIC☆(大坪由佳、嘉山未紗、木村珠莉、黒沢ともよ、下地紫野、洲崎綾、高田憂希、高橋花林、高森奈津美、田澤茉純、中島由貴、花守ゆみり、春瀬なつみ、牧野由依、松井恵理子)

M@GIC☆はあやめ殿がセリフ!


MC
最後の御挨拶

和氣:たくさんビール飲んでいいかしら
新田:失敗もあったかもですが、うけいれてくださりありがとうございました。がんばります。かしこみー。
立花:不安になったことがあったんです。この先どうなるのか?私の知らないシンデレラガールズになっちゃわないか。今は自信持っていけます。おおきによろしゅう。←なんかすごくよくわかる。
桜咲:私もあの子も喜んでます、みなさん今日は後ろに気を付けて。ダイスキ。←ちょこたんのダイスキは強力
ウサミン:永遠の十七歳
高田:ありがとうございました。5thは福岡からの参加でした。去年のSSAは影ナレでしたが、今回は舞台に立てました。
のぐち:もう楽しすぎて胸がいっぱいです!
中島:どんな壁でも乗りこえてみせます←キャラのセリフかな?
洲崎:
上坂:いつもはアーニャによせて髪の毛をまとめてましたがやめました。すみぺ、自然体でいいと思いますよ。
原田さ:
原田ひ:ようやく会えました、伝えたいこといっぱいありますが、手を振っておれいをいいます。
藤田:個人的なこというと、前はお客さんとしてあの辺にいました。メローイエローうれしかった。
大坪:プロデューサーさんはすごいな。福岡ではセンターもやらせてもらいました。
松嵜:すみぺと同じで自然体で参加できたのはPちゃんの魔法にかかったのか。1stの頃は自信がありませんでしたが、今は自分も楽しんでいいんだよね
高森:私もがんばったなぁ
牧野:わたしがこんな快感知ったこと、責任とってくれますよね?
五十嵐:円陣を組んで声を出すことになった。まだ満足してない!
嘉山:一本取れたかな?
黒沢:はーい。いっぱい楽しんでお腹が空きました。なんか子供らしくっていいなと思いました。最初は少なかったチビッコがどんどん増えて、今は最後の曲までまかせてもらえてうれしいです。オレンジいっぱい折ってください。
木村:綺麗に咲けたかな?今日は緊張しませんでした。パンフレットではオレンジのガーベラを持たせていただきました。花言葉は「冒険心」です。これからも夕美ちゃんと作っていきたい。
花守:シュガシュガスイート。4thを見て、シュガーに決まって自分がここにたってる、Pさんのおかげです。
亜美菜:新しい学びの場。もっと高めてみたい。
都丸:スイッチーズ、メロウイエローとして歌えました。るるさんの夢は続くんだよ!OKOKドーナツOK←時間が無いからか一気に言った
田澤:シンデレラ初でこんな大きな舞台を経験させていただきました。これからもあやめをよろしく。
高橋:(突然森久保らしからぬ元気にしゃべりだしてかいじょうどよめく。)セリフ「森久保、森へ帰ります」
下地:せーのオス!
杜野:みんな何かしら我慢してここに来てくれているんだからがんばろうと思ったし輝いてた。CS、シンデレラストーリ。
春瀬:たのしかったー。緊張したけど、これだけ楽しませてくれたのはせんせぇのおかげ。よろしくお願いします。
松井:凛の曲を歌えて、可憐からうけとったバトンをつなげた。みんなだいすきだーーーーーーーー

まつえりさんがだいすきだーーーーの後に、
なっぴーと顔を見合わせるのがかわいい。

En03.お願い!シンデレラ(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)

エグザイルをするれいちゃま、牧野さん、○○

アイマスですよ、アイマスは五十嵐さんでした

退場

ダチャーンが最後になるようみんなが調整。
最後に大きく旗を何回も振って、深く深く礼をしてくれたところに
だちゃーんからの気持ちを受け取れた。


ちひろさんの案内
本日の公演は4:15でした
おつかれさまでしたー



アイマス最高



makotcollection at 02:08|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月11日

シンデレラ5thSSA直前

シンデレラ5thツアーも
あっという間に最終公演のSSAとなりました。
出場人数が多いだけに一体全体どんなライブになるのか想像できませんが、
きっと僕たちの予想を超えるような展開が待っているんだろうなと思っています。

真夏のアイマスライブ、
しかもコミケという大型イベントとも重なって大変ですが、
夏バテ、睡眠不足、熱中症といった
大敵を潜り抜けて
無事にアイマスライブを楽しみたいところです。

さて日清カレーメシとシンデレラガールズのコラボの販売が10日に開始。
1万セット、ネット限定ということで
アイマス民の前では一気に完売するのではと心配してましたが、
10日の夜でも無事に購入できまして安心しました。
こちらもイベント応募券(名刺お渡し会)がついてますが、
まぁ、それは当選は期待しないので・・・。

話を戻してシンデレラガールズライブ。
メンバーを見て、
微妙に揃ってないユニット構成でどの曲を歌うのか。
そして、次にきっと予定されているであろう、
新展開は何があるのか。
そのあたり想像しちゃうのがアイマスPのサガというところですが、
まこTはきっと海外公演の発表だと思ってます。

そんなわけで、シンデレラSSA楽しんでいきましょう!


makotcollection at 22:16|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月01日

シンデレラ福岡を終えて

よしのんのカラーは白

SSAで覚えておこう

makotcollection at 23:20|PermalinkComments(0)clip!

2017年07月27日

ミリオン武道館の事前物販は7/30(日)まで

765ミリオン合同ライブ
THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS HOTCHPOTCH FESTIV@L!!の
事前物販が7/30(日)までということで、
注文を入れました。

公式コンサートライトは4thまでにぷっぷかさんを除く36本を集めていたので、
今回はぷっぷかさん、歌織、紬の3本を購入。
そして、実は購入してなかった765も今回はセットで購入。
正直、765全員がライブに出てくるとは思ってなかったし、
今後も全員が出てくることができるかどうかも心配になるので、
ここでこそと765セットを購入しました。
支払額がかなり大きくなるが、
まぁ、シンデレラSSAはLVなんでそれなりに出費は押さえたかと。

と、まぁ、公式コンサートライトを全部そろえたところで、
現地に行けるか運があるかはあやしいんですけどね。

makotcollection at 23:20|PermalinkComments(0)clip!2017下半期 

2017年07月10日

シンデレラガールズ5thライブ幕張公演 「in fact」「この空の下」「AnemoneStar」

シンデレラガールズ5thライブ
幕張公演が終わりました。

どれも印象的でいい内容でしたが。
1つあげるなら「in fact」から「この空の下」「AnemoneStar」とつなぐ流れ。

「in fact」がすごい仕上がりで、
しかも、公演後にはそれが語り続けられるってのは
3rdライブ、4thライブで実績あるわけで、期待せずにはいられない。
5th宮城公演なんて亜美菜さんがいるけど歌われなかったことで
ずっと話題にあがっていたくらい。

もちろん期待に応える心に残る「in fact」でした。
椅子に座って登場して歌い始める演出でおっと思わせ、
そこから歌声と表情で一気に引き込まれました。
LVだからこそ表情がよくわかる。
椅子に座りながら歌いはじめましたが、
椅子から立ち上がるかどうかはずっと注目してました。
「椅子から立ち上がる」という動きは、心の動きにもつながります。
(あいくるしい同様)
「in fact」がわりと悲壮感あふれる内容なので
さぁ、どうなるかと思いましたが、
やっぱり最後の大サビに向けて心情の変化が入るように立ち上がりました。

「この空の下」は20話でアナスタシアが一歩踏み出す時の歌。
(LOVE LAIKA with Rosenburg Engel )
今回のツアーではアニメ2期の歌を他のメンバーで歌うという試みがあるが、
「in fact」から続けてありすが歌うことで心情、環境の変化へとつながる曲に再構築。
ありすの独唱から、クローネの周子、そしてシンデレラプロジェクトの杏へと歌い継ぐのも良い。
歌詞については「twilight sky」にもつながるが、
星=スター=輝くアイドルにつなげて考えれば
演出としてたくさん輝いた星々はシンデレラガールズの星、アイマスの星なわけで、
リスペクトしあえる仲間がいるというテーマにつながります。

さらには「AnemoneStar」
「この空の下」からの星つながりということで、
AnemoneStar=渋谷凛という星の輝きを歌ってると解釈。
そうすると、「in fact」「この空の下」「AnemoneStar」ときれいにつながるもんだと感心です。

この一緒に輝ける星=仲間がいるというテーマは
EVERMOREにもつながるわけで、
わりとシンデレラガールズの中で共通になっているテーマですよね。


さて、 「in fact」で椅子に座って登場の演出ですが、
後ろからの光だけでシルエットを浮かび上がらせる演出は、
まるでそのまま橘ありすがいる演出でした。
これは本当にすごかった。

そして、座ってると言えばSSR「はじめての表情」のありす。
こちらはフィギュアにもなってるので
そういえばこれ家にもあるよなと思いながら見てました。

というわけでステージの再現をしてみようと撮影してみた。

RIMG0577


座ってるのが木のベンチで、
手に持ってるのはイチゴのアイスクリームではあるが、
シルエットにすれば問題ない。
「in fact」してるよね。

RIMG0568


本体はこれでした。

感想をあげれば他にも新メンバーの2人の活躍、
千枝ちゃんの感想、
るるきゃんのお話など書ききれないところです。
ですが、気持ちの整理がつかないままに、
あっという間に次の福岡、そしてSSAがやってきそうです。

makotcollection at 02:11|PermalinkComments(0)clip!

2017年06月27日

おぼえがき

ちひろさん前説
静岡はホビーの街

01.Yes! Party Time!!(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
02.Romantic Now(黒沢ともよ/春瀬なつみ)
03.き・ま・ぐ・れ Cafe au lait!(高野麻美)
04.ニャンと☆スペクタクル(高森奈津美)
05.空と風と恋のワルツ(津田美波)
06.Heart Voice(藍原ことみ/高野麻美/長島光那/牧野由依)
07.追い風Running(中島由貴)
08.秘密のトワレ(藍原ことみ)
09.心もよう(嘉山未紗/中島由貴/村中知)
10.shabon song(黒沢ともよ/津田美波/長島光那)
11.Jet to the Future(青木瑠璃子/安野希世乃)
12.エチュードは1曲だけ(青木志貴/青木瑠璃子/嘉山未紗/長島光那/村中知)
13.パステルピンクな恋(藍原ことみ/高野麻美/高森奈津美/津田美波/中島由貴/牧野由依)
14.絶対特権主張しますっ!(黒沢ともよ/安野希世乃/原優子/春瀬なつみ)
15.Star!!(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
16.Love∞Destiny(青木志貴/青木瑠璃子/津田美波/中島由貴/牧野由依)
17.共鳴世界の存在論(青木志貴)
18.Sparkling Girl(青木瑠璃子)
19.Rockin' Emotion(安野希世乃/原優子)
20.ハイファイ☆デイズ(黒沢ともよ/高森奈津美/春瀬なつみ)
21.純情Midnight伝説(青木志貴/嘉山未紗/原優子/村中知/安野希世乃)
22.夕映えプレゼント(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
En01.M@GIC(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
En02.お願い!シンデレラ(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)



makotcollection at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

まこT制作ニコニコ動画
Recent Comments
最新記事(画像付)
Archives
記事検索
ユニークユーザ数