2010年07月04日

東京VのJ譲渡決定ついて


東京VのJ譲渡決定「超法規的措置」


東京Vを運営している東京VHD・・・ヴェルディホールディングス
がインターネット接続サービスなどを手がける
ネクシィーズと チームの経営権もしくは広告を通しての
サポートについて交渉を行ったけれども決裂に終わった。

その後頼る先がなくなりJ側に株式譲渡になったわけですが
ココにいたるまでの4年間に様々なことがあって
以前経営権のあった日テレ側からマスコミ肌の社長が来たり
サイバーエージェントが経営に関わったが、上手くいかず
その後読売クラブのOBが日テレ側と交渉して株式を買い取り
東京VHDを立ち上げたわけです。

残念なのはそういったOBの情熱をもってしても結局うまくいかず
Jリーグの直接管理下になってしまったということ。

以前横浜フリューゲルスのチーム存続危機のときに
「誰でもいいから助けて欲しい」
といったエンゲルス氏の言葉が思い出されます。

素人の自分にはまあどうしたらいいかわかりませんが
いちFOOTBOOLファンとして、読売OBの崔氏、渡貫氏、
小崎氏に敬意を表すとともに、このことについて
からかい半分でネタにして書いている一部浦和サポの
ブログがあったので、他人事でなくもう少し真剣に
考えてほしいなと思った暑い梅雨の一日でした。


makoto17ban at 20:30│Comments(0)TrackBack(1)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 浦和レッズを応援  [ ずっとリン ]   2010年07月18日 17:09
まとめて整理してみました

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事