November 04, 2012

Vostro1000でWindows8(ディスプレイドライバの更新)

少し前にWindows7 Home Premium x64 をアップグレード優待期間に購入したので、この週末にWindows8 Professional x64 にすることに。

アップグレードでインストールしたので、基本的に環境はそのまま移行されたのだが、ディスプレイドライバが認識されないで1024x768になってしまった...
Windows7でもそうだったので、Dellからダウンロードしたドライバをインストールしようとしたがうまく導入できない... 調べてみるとセキュリティが厳しくなったため、署名なしドライバのインストールがそのままではできなくなったようで、検索でセキュリティ回避した状態でやってみたら導入でいた。

ここに記載されている手順どおりに、
  1. Wiindowsをテストモードに移行。
  2. 「ドライバ証明の強制化」を解除。
  3. Smart Screen の無効化。
をして、Dellドライバの展開場所 C:\dell\drivers\R169722\Packages\Drivers\Display\LH6A_INF にあるドライバをインストール。無事1280x800で表示可能に。

でも、CCCがうまくアンインストールできなくてゴミが残った状態なのだが。


makoto1m at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) misc 

January 08, 2012

Puntoのバッテリー交換

前回のエントリのときにちゃんと考えておけばよかったのだが、バッテリーあがりを起こしてから、ジャンプスターターを購入して何とかなっていた(なかったらバッテリーあがりしていた)のだが、年明けていざ乗ろうとすると、ジャンプスターターでもかからない事態に。

これは交換しかない、ということで、速攻楽天にてバッテリー購入。
早く配送してくれそうな店でAC Delco 27-44を購入。モノ自体は土曜日午前にオーダーしたら当日発送、日曜日午後には到着した。

ネットからの情報より、27-44は高さが175mmなのでスペーサーが必要、とのことだったので、事前にホームセンタにいって9mmのベニア板を210mm×175mmにカットしてもらって準備。バッテリーケースとの干渉が気になったが、いざ入れてみるとほとんど隙間がないぐらいにぴったり格納できた。

...20分ほどで作業完了し、無事元気にエンジンがかかりましたとさ。

【今回の教訓】
謎のエアバッグエラーが出たときには素直にバッテリー交換する。



makoto1m at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Car 

October 02, 2011

Puntoのバッテリーあがり(2回目)

いつもは毎週土曜日にエンジンをかけてバッテリーをあがらないようにしていたのだが、今週はいろいろ用事(^^;;があったため、エンジン始動を忘れていて気が付いたのが日曜の夜。

...で、エンジンをかけてみると...みごとにバッテリーがあがってました。orz

ロードサービス呼んでエンジンかけてもらって1時間ほど放置。

今の頻度だとまた発生するかもしれないので、ジャンプスターターを物色して購入を検討中。



makoto1m at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Car 

August 18, 2011

Flashtool 0.2.x がエラーで起動しないときの対応

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=920746 には 0.3.0.0 がリリースされていて、ツール自体は起動できるのだが、U20i用の設定を準備しないといけないので、0.2.9.1を利用しようとしたのだが、下記のエラーが発生して起動せず。

JVM could not be started. The maximum heap size (-Xmx) might be to large or an antivirus or firewall tool could block the execution

結果的には、fisrt post からのダウンロード&展開したのちに、http://forum.xda-developers.com/showpost.php?p=12956891&postcount=524 に添付してあるファイルをダウンロードし、展開&X10FlashTool.exeを上書きすることで起動。

0.3.0.0で試行錯誤しているときにxRecovery環境が壊れたので、取り急ぎ普及。



makoto1m at 10:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Xperia mini pro 

June 07, 2011

Motolora Defy 購入

xperia mini pro/xperia pro発売まで待つとか、Milestone3の発売まで待つとか、いろいろ検討していたが、いろいろなスペックの比較と価格(未発表のものは想定でしかないが)を考えた結果、物理キーボードなしのものとしてMotolora Defyを購入することに。

購入は1shopにて315USD+送料25USDの合計340USD(約27,000円ぐらい??)。

(追記)
FedExより請求書が届きました。
消費税/付加価値税:700円、関税・消費税特別手数料:500円、合計:1,200円でした。

6/5 18:26:購入
6/7 18:40:出荷(ここまでかかったのは6/6は香港が祭りで休みだったらしい(^^;;)
6/9 13:50:到着

build.propは後述のとおり。
あと、レンズは green lens だった。
続きを読む

makoto1m at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Defy 

February 27, 2011

xperia mini pro に CyanogenMod6 を入れて b-mobile で使用してみる

最近 xda にて頻繁に更新されている CyanogenMod6 を入れてみた。
インストール方法は記載されているとおり。念のため Factory Reset をして導入。

とりあえずひと通り動作させてみたが、b-mobile U300が利用できない(SIM自体は認識して自動的に日本語表示になるがアンテナ表示がされない状態)ので、2.1.1.A.0.6 の /system/lib/libril-qc-1.so をコピーして再起動したらアンテナ表示もデータ接続もできる状態に。



makoto1m at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Xperia mini pro 

January 22, 2011

Puntoが3回目車検から帰ってきた

先週ディーラーに出していたPuntoの車検が完了したので受け取りに。

内容は下記のとおり。走行距離は12,667km。
2年で約2,000kmしか乗ってない...(^^;;;

・法定費用一式 : 53,570円
・車検整備一式 : 37,800円
・完成検査料金 : 9,450円
・車検代行手数料 : 9,450円
・エンジン/シャシー洗浄 : 8,400円
・ブレーキ廻り分解/点検
  ブレーキフルード交換 : 工賃=5,250円、部品=2,205円
  ブレーキ 残り F:11.0mm、R:4.5mm
・車両下廻り 点検/締付
  タイヤ  残り F:5.5mm、R:6.0mm
・タイヤ前後ローテーション
・N2ガスチャージ充填 : 2,100円
・エンジン廻り点検
  エンジンオイル交換 : 工賃=タダ、部品=7,276円(3.5L)
  オイルフィルター交換 : 工賃=1,050円、部品=1,648円
  ロングライフクーラント交換 : 工賃=6,300円、部品=2,100円(2L)
・灯下廻り点検
・ウォッシャー液 補充 : 315円
・ポーレンフィルター交換 : 工賃=3,150円、部品=2,709円
・バッテリー点検 : テスターにて70% 充電
・ハイフレアー(発炎筒)交換 : 部品=1,050円
・ショートパーツ : 部品=3,150円

合計 : 156,973円



makoto1m at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Car 

November 28, 2010

xperia mini pro でJITを有効化してみる

一度出先で実施していて焦った(^^;;ことがあったのでしばらく放置していたが、改めてJIT有効化してみることに。

最初、ここに記載してある手順で実施したのだが、heapsizeを30mにしてみたら起動後に勝手に再起動→起動後勝手に再起動→(以下ループ)を繰り返した(*1)ので、下記の手順で再度実施してみることに。

*1:とりあえずUSBデバッグモードで接続したら再起動が停止したので、入れ替えたファイルを戻して復旧

  1. http://forum.xda-developers.com/showpost.php?p=9128886&postcount=33 にある mini.7z をダウンロード。
  2. mini.7z を解凍。
  3. 展開後に出てくるファイル群(build.prop, dalvikvm, dexopt, logcat, libcutils.so, libdl.so, libdvm.so, liblog.so, libm.so, libnativehelper.so, libz.so)を予めmini pro本体よりバックアップしておく。
  4. mini.7z の build.prop は mini 用なので、上記でダウンロードしたファイルをコピー&JIT関連修正箇所を反映・更新する。
  5. 展開後に出てくる更新スクリプトの内容に従って手動で反映。手動で実施したのはスクリプトがbusyboxを導入・cpコマンドで利用するようになっていたため、ファイルコピー後にchmodしているが一応念のためにchownしておきたかったため。

上記手順で実施したら、heapsize=30mでも安定して動いているっぽい。
Quadrant は571 、Linpack は 7.643MFLOPS でたことは確認。あとはロングランで電池のもちを確認する必要あり。






makoto1m at 10:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Xperia mini pro 

November 10, 2010

xperia mini pro 2.1 をしばらく使ってみた

しばらく使ってみての感想。

・b-mobileSIM U300 ではアンテナマークが圏外のまま
APN設定すれば動作するので、内部的に「圏外」となっている以外の動作はとりあえず問題なし。Dolphin Browser HDの起動時にダイアログが表示されるがOK押下すれば普通に使えるし。
とりあえずReal SignalとaDataConManを入れて一時しのぎ。

・自動機内モードの動作が怪しい
最初WiFi、Bluetoothを無効しない設定にしていたが、スクリーンオフで機内モードにならず通信するので、チェックを外して無効にする設定したらとりあえず動作。ただ、今度は何かのタイミングでWLANアクセスポイントから切断され、再接続できない(厳密には再接続しようとするが電波が取れない??)状態に。また、画面ONになった直後にロック解除のため、スライドさせようとすると、画面再描画が起こり何度か実施しないとロック解除ができない。
...ということもあり、自動機内モードは止めました...

・電池持ちはよくなっている...っぽい
上記のとおり、自動機内モードを止めて普通に3G通信するようにしているが、いつもと同じように使用していても1日は持つ感じ。ただ、やっぱりcell standbyが電池食ってるような気がしないでもないが...



makoto1m at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Xperia mini pro 

November 03, 2010

【未検証】 Xperia mini pro 1.6のファームウェアを保存しておく

※表題のとおり実機検証していませんので動作しないかもしれません。

XDAを参照すると、どうも X10Flashを使って2.1/1.6のファームウェアが焼けそうなので、万が一のために(= b-mobileSIM U300が使えないときのために)1.6のファームウェアを(たぶん)焼けるように保存しておく。

X10Flashのダウンロードは下記より入手。
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=826455

ファームウェアの変換ツールは下記より入手。
http://forum.xda-developers.com/showpost.php?p=8947532&postcount=5

変換対象のファイルは、C:\Program Files\Sony Ericsson\Update Service\db\(8桁の数字)\blob_fs 配下にある FILE_(8桁の数字) ファイル(3つ)。

変換は、SeusDecrypt.bat FILE_12345678 みたいに引数にファイルを指定すれば tgz 形式で変換される。ただし一番小さいファイル以外は tgz 内でさらに 7zip で圧縮されているので、tgz解凍後、再度 7zip で解凍する必要あり。

XDAにある2.1のファームを確認する限り、必要そうなファイルは、

【サイズが一番小さいファイル】
tgz解凍後のファイルを loader.sin に名前変更
(XDA配布物のloader.sinとバイナリ比較して一致していることを確認済み)

【サイズの中間のファイル】
amss_S1-SW-LIVE-3EDC-0001-S1-PARTITION.sin
cache_S1-SW-LIVE-3EDC-0001-S1-PARTITION-WITH-SPARE.sin
crashlog_S1-SW-LIVE-3EDC-0001-S1-PARTITION.sin
fota0_S1-SW-LIVE-3EDC-0001-S1-PARTITION.sin
fota1_S1-SW-LIVE-3EDC-0001-S1-PARTITION.sin
kernel_S1-SW-LIVE-3EDC-0001-S1-PARTITION.sin

【サイズの大きい方のファイル】
amss_fs_mimmi_BC18_S1-SW-LIVE-3EDC-0001-S1-PARTITION.sin
system_S1-SW-LIVE-3EDC-0001-S1-PARTITION-WITH-SPARE.sin
userdata_S1-SW-LIVE-3EDC-0001-S1-PARTITION-WITH-SPARE.sin

でよさそう。

※追記
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=827273 にて公開されているNL版を見ると、cachelog.sinが含まれていたので修正。




makoto1m at 11:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Xperia mini pro